« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

434.焼酎バー「黒瀬」(55)

 「黒瀬の逸品シリーズ」が途絶えている、とのメールを頂いた。このところ飲み比べを怠っていたので、申し訳ない。3ヶ月ぶりに第15回をお届けする。

Kajikitiku 鹿児島県の各蔵元では、税務署管内毎に酒造組合をつくっている。これから紹介するのは、加治木地区の14の蔵元。4回にわけて飲み比べてみる。
 まずは「伊佐地方の三銘酒」から。

 「伊佐大泉」
 金山で有名な菱刈町の蔵元は、大山酒造。ここでは、この銘柄1種類だけを昔ながらの手作りで、淡々と造り続けている。焼酎ブームとも距離を置いて、とくに増産もしない。
 古い麹室そのままに白麹を育てる。原料の芋はシロユタカ、仕上がるとまろやかな芋の香りがほどよく漂う。のどごしはあくまでも上品で、ソフトな甘味に包まれる。お湯割りがもっとも美味い。

 「黒 伊佐錦」
 熊本県境の町、大口酒造協業組合が造るこの銘柄は、「黒麹ブーム」の火付け役となった焼酎である。華やかな香りとコクが売り物で、1年貯蔵してから売りに出す。お湯割りも美味いが、水で割ってお好みの度数で楽しむのも面白い。
 地元で飲むのは白麹仕込みの「伊佐錦」、飲み飽きないすっきりした旨みである。
他に「原酒 黒」「「焼酎発見」、「発見」とは、すぐ近くの郡山八幡神社から、焼酎にまつわる最古の文書が発見されたことが由来。

 「伊佐美」
 焼酎飲みでこの銘柄を知らない者はモグリ、幻の焼酎の元祖である。その後「森伊蔵」「村尾」「魔王」等々プレミアム焼酎が続出したが、「伊佐美」は30年昔からなかなか手に入らない銘柄だった。
 というのも、白麹中心の時代から頑なに黒麹を使い、手作り・甕仕込みに拘った質の良さの所以である。
 都会ではなかなか手に入りにくいが、蔵元の甲斐商店では一升瓶を1.780円で売る。地元の友人がお歳暮で送ってくれるが、大事にチビチビと飲んでいる。コクがありなんともまろやかな焼酎である。

 焼酎バー「黒瀬」のホームページ
 http://keida.cocolog-nifty.com/kurose/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2006

433.青春漫画

 原題は「Almost Love」。日本のタイトルは、「僕らの恋愛シナリオ」の副題はついているが解りにくい。と思っていたら、「光と影が織りなす青春。漫画のように楽しくて切ない」とのイ・ハン監督のコメントがあった。配給元は、そこから単純に引用したのか?

 韓流ラブストーリーには少々飽きたので躊躇していたが、あの「奇跡の夏」のパク・チビンが、主人公の子供時代を演ずるというので見に出かけた。
 劇場は相変わらず、30代以上の女性で満員だった。この客層で困るのは、上映中に私語が多いことだ。時々注意するが、自宅のテレビで韓国ドラマを見ている感覚らしい。

Mannga1 主演はクォン・サンウ。日韓両国で人気の高い俳優である。日本の女性週刊誌に、このところ毎号登場している。
 今年30歳、5年前「火山高」で一匹狼の学生役で映画デビュー、「マルチュク青春通り」「同い年の家庭教師」「恋する神父」そして昨年「美しき野獣」で落ちこぼれの刑事役を演じた。
 こうして並べて見ると、私も結構彼の映画を見ている。
 今回の役は、「怪我のためにアクション俳優を断念した青年」。現在も韓国映画界で、アクション指導者として活躍している実在の人物の話を基にしたそうだ。

Seisyunn2_1 相手役は、キム・ハヌル28歳。「同い年の家庭教師」でしか見たことはないが、キュートな笑顔をもつ女優である。「同い・・・」以来3年ぶりの共演だが、韓国では「映画史上最高のカップル」と騒がれているようだ。

 監督は、此の手のカラッとしたラブストーリーを得意とするイ・ハン36歳。
 
 韓流ラブストーリー、かっての日本のラブストーリー「君の名は」より若い世代を描く。そして現在の日本のラブストーリーは、さらにもうひとつ若い世代が主人公になる。
 韓流が、30代以上の日本の女性に受けるのも、そのためかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2006

432.喋り倒し

 高校の後輩、林家彦いち師匠の独演会「喋り倒し」。先輩5人で徒党を組み、「野次り倒そう」と下北の「劇」小劇場に出かけた。
 この独演会も31回になるが、このところ彦いちが毎年出かける「不思議旅シリーズ」が面白い。

 落語家には珍しいアウトドア派の彦いちは、毎年夏になると行方不明になる。だいたい南アジアの無人島でテントを張って、原始人生活を楽しんでるらしい。
 「新作落語のネタの構想でも練ってるのかい?」と尋ねたが、もっぱら魚釣りと昼寝のようだ。帰国後も彼の口から「無人島ネタ」は聞かないから、遊んでいただけのようだ。

 一昨年からは、ちょっぴり「テーマ」らしきものを持って辺境の旅に出るようになった。それも作家の夢枕莫さんやカヌーの野田知祐さんなど著名な仲間2~3人の旅である。
 第1弾は、夢枕・野田ご両人とアラスカのユーコン川を下った。そして昨年は、夢枕さんに加えて、写真家の佐藤秀明さんや噺家の三遊亭白鳥さらとシルクロードを歩いた。
 今年の旅は「ロシア・バイカル湖紀行」である。それもバイカル湖周辺や、湖の島に残る紀元前の岩絵や古代文字、シャーマンの聖地を訪ねるというもの。ただ例年と異なり今回は、「ぶどう狩りツアー」もどき団体も含めた総勢14人という集団の旅である。

 彦いちの「人間観察力」は鋭い。旅先で素顔に戻る「著名人」たちの、ふと息を抜いた姿をユーモアたっぷりに語る。それがうけて、場内は爆笑に包まれるのだ。
 今回の「独演」はちょっと様変わりだった。本人も途惑っていたが、観察する相手が多すぎた。だから話しは散漫になる。もうひとつ、腹の底から笑えないのだ。帰国してまだ日が浅いので、彼の頭の中でもまだ「旅のお話」が熟していなかったのかも知れない。
 それでも約140分間、映像満載のノンストップ・スタンダップトークを続けた。構成・撮影・出演の一人三役で。

 このあとの林家彦いち師匠の出番は
 9月3日 午後2時 横浜にぎわい座
 「彦いち噺大全・第1期全20巻」の「第1巻『小言幸兵衛』ほか一席」

 9月15日 午後7時 かめあり・リリホール
 「林家彦いち独演会」

 詳しくは、
 http://hikoichi.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2006

431.冨士総合火力演習

Imgp1168Imgp1169Imgp1098 「火力演習」といっても防火演習ではない。写真のように陸上自衛隊が、東冨士演習場で毎年1回開く、実弾を使用した公開戦闘演習である。

 観客は4万人弱、防衛庁長官はもとより国会議員やその後援会、スポーツ選手やタレントまで招待されている。一般にはなかなか入場券が取れないらしく、ヤフーのオークションでは駐車券付きで最高8万円ついていた。戦争オタクにとっては垂涎の的らしい。

 今回防衛庁に勤めていた友人に招待されたので、朝5時に起きて御殿場・冨士の裾野に出かける。

Imgp1109Fuji1Imgp1160 演習は陸上自衛隊の主要装備を実弾を使って紹介、またヘリと戦車、甲機動車、装甲戦闘車による偵察・攻撃・突撃の戦闘様相を、1時間30分かけて観客の前に披露した。あいにくの天候のため、戦闘機による支援射撃や空挺部隊の降下は中止された。常連によると、これが最も見ごたえがあるという。

Fuji2Imgp1159Fuji3 目の前に展開する軍装備、隣に座っていたオタクが解説してくれた。
 「多連装ロケットシステム」が20億円、「99式自走155mmりゅう弾砲」が9億円、「87式自走機関砲」が16億、「90式戦車」が8億、「AH対戦車ヘリ」73億、「CH輸送へり」53億、今回消費した実弾の値段はメモを取り忘れたが1発数百万から数千万するそうだ。

Imgp1113Imgp1144Imgp1146 今年度の日本の防衛予算は、4兆8000億円。英国の軍事専門誌によれば、米・ロ・仏・独についで5番目だそうだ。英国より多いが、日本の専門家によれば人件費が他国より高いのがその原因だという。別会計になっている「恩給」を他国並に加えると、3位になる。
 中国、北朝鮮の軍事費は不明なので比較できない。

Imgp1130Imgp1132 48回目となる「冨士総合火力演習」、特に今回は先月「イラク人道復興支援活動」が終了しただけに、休憩中の陸自の広報活動は「国際貢献」を表に出してPRしていた。
 しかし大半の観客は、会場の外の売店で売られていた「自衛隊限定」の商品にむらがっていた。そして「迷彩服」や「戦闘帽」には、売り切れの札がさがる。

Imgp1171 初めて日本国内で「実弾による戦闘」を見た。しかし相手は、ベニヤ板の張りぼてや塹壕・陣地だった。
 しかし今、イラク、アフガン、レバノンを始め、南アジア、アフリカ、中南米では「人命」を相手にした「実弾」が飛び交わっているのが現実なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2006

430.ワイアット・アープ

Waiatto お盆休みの先週、映画館は遠慮してもっぱらDVDを楽しんだ。
 そのひとつがローレンス・カスダン監督の「ワイアット・アープ」、ケヴィン・コスナー主演の1994年の作品である。 デニス・クエイドがドク・ホリデイ、ジーン・ハックマンがワイアットの父親の役だが、映画館で見てつぎはテレビ、そしてDVDと3回目になる。
 そう言えば「ワイアット・アープ」の登場する西部劇は数多くある。そこで暇に任せて資料をひっくり返してみた。

 実際に見た映画を並べると、まず「愛のクレメンタイン」で忘れられないジョン・フォード監督の「荒野の決闘」があげられる。アープをヘンリー・フォンダ、ドクがヴィクター・マチュアだった。
 次ぎは「OK牧場の決闘」、スタージェス監督の作品である。バート・ランカスターのワープ、カーク・ダグラスのドク、そしてドクの愛人ケートがジョー・ヴァン・フリートだったと記憶している。
 後はハリス・ユーリンの「ドク・ホリデイ」、ジェームス・スチュワートの「シャイアン」、ジェームス・ガーナーの「墓石と決闘」、最も新しいのがジョージ・P・コスマトス監督の「トゥームストーン」。カート・ラッセルがアープ役だったが、チャールストン・ヘストンも出演していた。
 うろ覚えだが、「ならず者」「辺境の保安官」「硝煙のカンザス」「法律なき街」「国境の彼方に明日はない」、そして60年代のテレビシリーズ「保安官ワイアット・アープ」があった。

 ある映画評論家に聞いた話しだが、実在のワイアット・アープが80歳で亡くなったあと現在までに、40本近い映画が作られているという。もちろん、アープが主人公のものばかりではないが。
 そのなかで最も古いのが「法と秩序」、死後3年目の1932年に作られ、主人公はウオルター・ヒューストンが演じた。有名なヒューストン監督の父親である。

Waiatto2 ワイアット・アープが生まれたのは1848年、日本で言えば江戸末期、ペルーが浦賀に来航した4年前である。そしてガンマンにしては珍しく畳の上、いやベッドの上で死んだ。81歳の長寿である。

 アープの名を今日に残したのはご存知「トゥームストーンのOKコラル」での決闘。牧場ではなく町の入り口にある馬囲いが「事件」の現場だった。
 ヴァージル、ワイアット、モーガンのアープ三兄弟にドク・ホリデイの4人、対するはアイク、ビリーのクラントン兄弟にフランク、トムのマクロウリー兄弟にビリー・クレイボーンの5人、ただアイクとビリーは途中で逃げたので4対3の決闘だった。
 結果はアープ側が2人負傷、クアラントン側は3人が射殺された。そして無傷のワイアットとドクは殺人罪で起訴拘留されるが、無罪。郡保安官補であったワイアットによる公務執行(武器不法所持の解除)が認められたのである。
 
 アメリカでは「アーピアナ」(アープ研究)とくくられる西部開拓史研究の一分野がある。それによると、アープの評価は「英雄説」と「悪党説」に真っ二つに割れるそうだ。
 映画の方は、ほとんど「英雄説」に則って製作される。しかし研究家の間では、「決闘」は決して「公務執行」ではなく「私闘」にすぎない、とする者が多い。
 アープは保安官には一度も任命されていない。保安官の兄の助手、保安官補を勤めただけでもともと賭博師だった。また売春宿や酒場を経営し、駅馬車強盗の黒幕でもあった、というのである。

 この「決闘」には「南北戦争」が大きな影を落としている。アープ兄弟のように商人や酒場経営者、賭博師は北の出身者が多く共和党支持者。クラントン、マクロウリー一家などカウボーイ、牧場経営者は、地元南の人間で民主党支持者。両者の「確執」にはこうした背景があったらしい。

 日本でも、国定忠治、清水の次郎長、黒駒の勝蔵、大前田英五郎、会津の小鉄など同時代に生きた渡世人やヤクザが犯罪者であったり十手獲り縄を預かったりしていた。アメリカでも賭博師やガンマンが、保安官に追われたり保安官になったりしても不思議ではない。

 もうひとつ、ワイアット・アープとドク・ホリデイのガンマンとしての腕と友情は、土方歳三と沖田総司に相通ずるものがある。ドクも沖田も結局肺結核で血を吐いて死んだ。
 それが両者とも、たびたび映画化される所以だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2006

429.マッチポイント

01 「マチポイント」とは、あと1点でゲームの勝負が決まる最後の得点のこと。映画もまた欲望と運に翻弄される男と女の最後の勝負を描く。運は果してどっちに転ぶのか。
 
 ウディ・アレン監督は、彼らしい予想外の驚きのラストを見せる。アンモラルな結末である。ニューヨーク・タイムスは「まさに、現代版『太陽がいっぱい』だ!」と評したが、それより衝撃的であった。
 アレンにとっては、36作目にして初めてニューヨークを離れた作品となった。
 イギリス上流社会を舞台に、愛欲の衝動、情熱、裏切りという濃厚な人間ドラマを描く。スリリングで魅惑的なサスペンスに仕上がっている。

05 出演者もその物語の通り、出身地が異なる。アイルランドの貧しい家庭に生まれた野心家の元プロテニス・プレイヤーの主人公は、アイルランド出身のジョナサン・リース・メイヤーズ、最近では「M:i:III」でトム・クルーズのチームの一員を演じた若手俳優である。
 対する相手役は兆発的なアメリカ人の女優志願者、主人公の愛人となる役をスカーレット・ヨハンソンが演ずる。ニューヨーク出身の彼女は、「ロスト・イン・トランスレーション」でヴェネチア国際映画祭、英国アカデミーで主演女優賞を獲った。
 あとは、主人公の妻がイングランド出身ンのエミリー・モーティマー(「Dear フランキー」)、その兄はイングランド出身のマシュー・グード、父がスコットランド出身で英国貴族のブライアン・コックス(「アダプテーション」)、母がイングランド出身のペネロピー・ウイルトン(「プライドと偏見」)と英国人の俳優で固めた。

 音楽がまた映画の雰囲気を盛り上げる。アレン好みのジャズやポップスではなく、オペラのスタンダード・ナンバーが流れる。それも、スクラッチの入ったSPレコードによるものだ。
 それぞれのシーンに、意味ありげなヴェルディ、ロッシーニの名曲・・・・・。「ウイリアム・テル」より「何に気をとられて」、「椿姫」より「想い出の日から」、「オテロ」より「罪を犯したデスデセーナ」、「マクベス」より「ああ父の手は」と。オペラフアンなら「ニヤリ」とする選曲である。

 ウディ・アレン、今年71歳。もともとコメディアンとしてスタート、その後俳優・監督・脚本家を兼ねる。愛人ダイアン・キートンと共演して製作した「アニー・ホール」で、アカデミー賞の作品・監督・脚本・主演女優賞の4部門を獲って一躍注目された。
 多才な彼は、作家でもあり戯曲家でもあり、クラリネット奏者としても知られている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 24, 2006

428.蟻の兵隊

 凄いドキュメンタリー映画である。元同業者として嫉妬を覚えるほどの作品である。

 東京・大阪・名古屋の3ヶ所でしか上映されていない。鹿児島・長野では一日だけの自主上映、9月にはいると札幌他でも始まるという。しかし、渋谷のイメージフォーラムでは1ヶ月で一万人を突破した。
 昨今の風潮を苦々しく眺めていた戦争体験者のひとりとして、「満更、この世も捨てたものではないな」と少し溜飲を下げた。

 NHKのテレビや幾つかのメディアで紹介されたので内容は省くが、「敗戦後も蟻のようにただ黙々と戦って、国に捨てられた帝国臣民」を追ったドキュメンタリーである。
 しかしこの映画の凄さは、国に向けた刃を自らにも突き付けたことである。敗戦後も中国に残留して戦わさせられた「戦争の被害者」が、罪もない中国人を命令で刺殺した「戦争の加害者」でもあったことを、映像は描く。
 それは「日本軍山西省残留問題」に真正面から切りこむ以上、避けては通れない問題であった。

 監督の池谷薫は、4年前に「延安の娘」というドキュメンタリー映画を製作している。これは、「聖地延安」に置き去りに去れた下放青年の娘が、父母を探して北京をさ迷う話しだった。この作品は、ベルリン国際映画祭で正式招待作品として上映され大きな反響を呼んだ。そして数多くの賞も受賞している。
 この作品も、香港国際映画祭で「人道に関する優秀映画賞」を受けた。

 終戦後の「日本軍残留問題」は、他の地でもあった。
 個人的な体験だが、60年前の4月16日、旧満州国新京市興安胡同の住宅街で中央軍(国民政府)と八路軍(共産軍)が激突した。6時間にも及ぶ市街戦だった。
 我が家の裏庭には八路軍が塹壕を掘り、道路を隔てた前の住宅には中央軍が集結していた。家の中に銃弾が次々と飛びこむ中、避難を誘導してくれたのは八路軍の元日本兵だった。
 そして翌日、中央軍が敗退したあとに多くの遺体が散乱していたが、その中には、国民党政府側に加わった幾つかの日本軍人のものもあった。在留日本人会の方々が、彼等の遺品を集め仮埋葬していた姿を思い出す。
 終戦後8ヶ月後の中国内戦での出来事である。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 23, 2006

427.ユナイテッド93

U93_desktop_md_1 「『9.11』については、あらゆるメディアが取り上げてきた。唯一私たちが語っていなかった場所は、最も影響力のある映画という領域だった。」(ポール・グリーングラス監督)

 あの悲劇から5年が経つ。そしてこの夏から秋にかけて2本の映画が、「9.11」を語る。1本はオリバー・ストーン監督の「ワールド・トレード・センター」であり、もう1本がグリーングラス監督のこの作品である。
 前者は、ニコラス・ケイジやマギー・ギレンホールなど主役がいるドラマであるが、「ユナイテッド93」には主演スターは存在しない。登場する40人の乗客乗員、管制官や軍関係者は無名の役者でありパイロットや乗務員経験者や現役の管制官たちだ。
 グリーングラス監督は、事実を描くことで限りなくドキュメンタリーに近い真実に迫ったのである。

「ボーン・スプレマシー」の大ヒットで大監督の名を得たグリーングラスは、イギリスTV界で数々の名作ドキュメンタリーを作ったディレクター。1972年に起こった北アイルランドのプロテスタントとカソリックの抗争、「血の日曜日事件」をドキュメンタリータッチの映画で描き、ベルリン国際映画祭最高作品賞(金熊賞)を受賞し映画界に入った。

 彼は、まだ「歴史」にはならない「現実」である「9.11」を何時描くか悩みながら、昨年夏からリサーチに入った。遺族全員を説得し7週間にわたっての個別インタビューを続けた。
 また、あの悲劇を地上から目撃した人々を描くため、管制官や軍関係者にも膨大な量のインタビューを行った。
「あの日、あの時何が起こったのか」ただそれだけを追い求めたのである。

 「私達は『二度とそれを見たくはない』という気持ちはある。しかし何がどうして起きたのかを記憶にとどめておかなくてはならない」
 遺族がこう求めた映画が「ユナイテッド93」である。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 22, 2006

426.花田少年史

Hanada 韓国映画「奇跡の夏」で評判のバク・チビン、彼に対抗できる日本の少年は須賀健太、と先月のブログに書いた。その健太君が始めての主役で、並み居る大人達を食ってしまったのが、この映画である。
 「ALWAYS 三丁目の夕日」で見事な演技と存在感をアッピールした彼が、難しい主役でどんな冴えを見せるか。それは期待以上、わんぱく少年の天真爛漫さが不思議なファンタジーを描いた。
 彼をとりまく共演者たちも芸達者、両親に篠原涼子と西村雅彦、幽霊たちが北村一輝、安藤希、杉本哲太、もたいまさことくる。

 原作は「ミスターマガジン」に連載された一色まことの傑作コミック。破天荒な少年と成仏できないオバケたちの笑いと涙の人間ドラマである。
 すでに日本テレビのアニメーションでも放送されたが、その物語を映画にしたのが同じ日本テレビのディレクター水田伸生である。テレビドラマ「恋のバカンス」など人気ドラマを手がけてきた水田にとって、初めての監督作品となった。
 脚本もいい。映画「星になった少年」やTV「てるてる家族」等を書いた大森寿美男である。彼は来年の大河「風林火山」も担当する。

 ロケ地がなつかしい。広島県の忠海、瀬戸内海大三島を前にした小さな漁港とすぐそばにある小学校が主要舞台となる。広島出身の水田監督が拘った。
 地元総出演と協力、町中が熱気で燃えただろう。

 家族の愛と絆、ありふれた話がもたい達の幽霊によって感動する。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 21, 2006

425.江戸文化歴史検定

 3年前の「京都検定」から始まった「ご当地検定」、いよいよ真打の登場である。

 江戸の文化や歴史から学ぶ「えどケーション」、多くの人々にもっと江戸を知ってもらい、日本人が創り出した素晴らしい文化を後世に伝えてゆきたい、そんな目的で「江戸文化歴史検定」が実施される。
 主催は東京都歴史文化財団と江戸東京博物館、それに小学館グループが加わる。

 第1回の検定は11月3日の文化の日、青山学院大学青山キャンパスが会場でである。
 3級・2級の二つのレベル、前者が易しいようだが受験料が4200円と、この手の検定では飛び抜けて高い。さらに2級となると5250円、そして2級合格者のみが次回行われる予定の「1級」を受けられる。
 公式テキスト(初級篇)は、小学館から発行される「大江戸見聞録」(1800円)。これをマスターすれば、3級合格は間違いない。というのも、検定出題100問のうちこのテキストから80%出題され、70%以上の正解で合格が認定されるからである。

 因みにどんな問題が?
 「吉原など遊郭で、『裏を返す』といえば、どのようなことをいうのでしょう? ア、布団などの寝具を替えること、つまりベッドメイキング イ、遊女と一晩いっしょに過ごすこと、つまりオールナイト ウ、馴染みの遊女と駆け落ちしてしまうこと、つまりランナウエイ エ、同じ遊女を2度目に指名すること、つまりリピート」
 「『お江戸日本橋七つ立ち』の『七つ』は、春分の日でいえば何時ごろ? ア、午前4時ごろ イ、午前5時ごろ ウ、午前6時ごろ エ、午前7時ごろ」

 京都に始まった「ご当地検定」は、「奈良検定」「岡山文化観光検定」「博多っ子検定」「長崎観光検定」「沖縄旅行地理検定」そして昨年暮れの「金沢検定」、今年3月には「かごしま検定」が行われた。
 なかでもユニークなのは「博多っ子検定」、検定料が525円と安価なうえ日・英・中・韓の4ヶ国後で行われた。
 東京も既に、東京商工会議所らが主催した「東京シティガイド検定」があるが、これはセミプロのガイド希望者向け。今回の「江戸文化歴史検定」は、「粋に、楽しく、えどケーション」出きる「お遊び」である。

 詳しくは http://edoken.shopro.co.jp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2006

424.老老介護

 ひとり暮らしの母親の老化が急にすすみ、介護保険の最低ランク(要支援)から一挙に最高の「要介護5」に認定された。
 「年金暮らしにとって、介護保険料の負担は大きい。特に今年からは2万円も増えた」と予てから不満を持っていた介護保険制度だが、身内が介護サービスを受けるようになって少々納得出来た。
 とくに、老老介護をする身にとっては、きめ細かいサービスは助かる。
 そう長くない先に、自らもこうした「介護サービス」を受けることになるだろうと思い、メモしておいた。

 「要支援」のころは、せいぜい週2回ホームヘルパーがやってきて1時間弱掃除や洗濯などの「生活援助」をしてくれた。1回2,229円、その1割が自己負担である。途中から療法士による「訪問リハビリテーション」を受け始めたが、これは5,764円。
 その後老化が進んできたので、家族が交代で毎日介護に当ったが負担が大きい。思い余ってケアマネージャーに強く「介護認定の変更」を申し入れたところ、一足飛びに「要介護5」となった。もちろん区役所からの訪問調査、主治医の意見書提出、認定審査会という経緯を辿ったが。

 「要介護5」になると、サービス利用料金がこれまでの5倍強になった(上限およそ37万円)。そこで訪問介護を週3回の「身体介護」(4,309円)、と朝と夜計14回の「巡回介護」にした。とくにこの巡回介護は家族にとって助かる。朝と夜付きっきりにならずに済むからだ。
 週1回の「リハビリテーション」はそのまま続けて、2週1回の「訪問入浴」(13,400円)を加える。そして同じく1回「訪問看護サービス」(4,454円)を受ける。
 これは療養上の世話や診療の補助を看護婦が訪問して行ってくれるのである。また担当医が月に1~2回訪問して(5,000円)、介護関係者の指導と治療に当ってくれる。
 この結果、時間はそれぞれ1時間弱だが毎日3回、何らかの「訪問」を受けることになる。
 あとベッドや車椅子、酸素吸入器具のレンタル料を加えて、上限の37万円となるのである。そして利用者負担はその1割である。

 動ける人はデイ・サービス(施設での日常生活訓練)や通所リハビリテーション、またショートステイ(短期入所生活介護)など様々なサービスがあるし、地方自治体独自のサービスもある。
 特別養護老人ホームや老人保健施設はどこも順番待ち。まずは在宅介護を覚悟して、今からでも家族と相談しておいたほうが良いようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2006

423.鎌倉五山

 体調を崩していた先輩が元気を取り戻したというので、会いに出かけた。北鎌倉駅での約束の時間に間があったので、久し振りに駅前にある円覚寺を訪ねる。

Imgp1075Imgp1090Imgp1089 中国の南宋に習って鎌倉のお寺には、五山制度という寺院の格付けがある。この円覚寺は、その中で№2。因みに1位は建長寺、3位が寿福寺、続いて浄智寺、浄妙寺の順である。そして現在市内にある寺は108ケ寺、「煩悩の数」である。

 円覚寺は、鎌倉幕府8代執権北条時宗が建立した。文永・弘安と、二度にわたる元・高麗連合軍の来襲を打ち破った時宗は、敵味方両軍の死者の菩提を弔うためこの寺を建てたのである。そこが、「官軍」のみを祭る靖国神社との違いである。
 6万㎡という広大な寺域、創建当時は42もの塔頭があったというが、火災や兵火でほとんどが焼け、元禄時代に再建した18ケ寺が山内にある。

Imgp1088 鎌倉の寺院の多くは、「花の寺」として観光客を集める。明月院はあじさい寺と呼ばれているし、東慶寺はハナショウブ、瑞泉寺・浄妙寺は梅の花で有名だ。
 円覚寺もウメやハクモクレン、カイドウ、ボタン、アジサイ、キンモクセイと季節毎に花で飾られるが、現在はユリの花だけが猛暑に耐えていた。

Imgp1093Imgp1096 先輩・友人と三人で精進料理を囲みながらの語らいの後、すぐ近くの浄智寺を訪ねる。鎌倉五山の第4位の寺だが、観光客はひとりもいない。
 総門をくぐると、杉木立の中に唐風の鐘楼門が見える。北条一族が円覚寺と同じ頃に創建した寺で、室町時代には壮大な伽藍を持っていた。
Imgp1095Imgp1094 しかし、江戸時代に入り鎌倉が一漁村になってさびれると、多くの寺院も勢いを失う。浄智寺も江戸末期には、仏殿・方丈・鐘楼・外門・惣門と僅かな塔頭を残すのみとなった。そのほとんどが関東大震災で倒壊したという。
 今に残る萱葺きの方丈と客殿が、その歴史を物語っている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2006

422.M:ⅰ:III

Mi3 アップテンポの時を刻むようなリズム、お馴染みのテーマ音楽で始まる「ミッション:インポッイブル」シリーズの第3作目。10年前の第1作、6年前の「M:I:2」で1200億円の興行収入をあげ、プロデューサー兼主演のトム・クルーズを億万長者にしたが、今回もまたそれ以上を狙う。それも決して「インポッシブル」ではないのだそうだ。

 前作品はブライアン・デ・パルマ、ジョン・ウーと巨匠が監督したが、今回は新人のJ・J・エイブラムスをクルーズは指名した。といってもエイブラムは、TV業界ではエミー賞もとった辣腕ディレクター。これまでのシリーズにない切り口で観客を楽しませてくれた。

 もうひとつの話題は、「冷血」な敵役・クルーズと死闘する国際武器商人に、フィリップ・シーモア・ホフマンを配したことだ。ホフマンは今年のアカデミー主演男優賞受賞者。「冷血」を書いた米国の作家トルーマン・カポーティーを演じて獲った。

 「インポッシブル」シリーズの代名詞ともなった「チーム・プレイ」も健在だ。全作品に登場しているヴィング・レイムスに「アレキサンダー」のジョナサン・リス=マイヤーズ、「ラッシュアワー2」のマギー・Qが加わる。そして冷酷な上官はお馴染みのローレンス・フイッシュバーンである。
 ただ今回は、ミッシェル・モナハンが演ずる美女が、クルーズの恋人として登場する。アクションだけでなく、主人公に人間らしい血を通わせようという試みだが、これはあまり頂けない。

 ベルリン・ローマ・ヴァージニア・上海と舞台も広がり大掛かりになったが、見終わった後なぜか「TVシリーズ・スパイ大作戦」が懐かしくなった。映画に比べると何十分の一かの製作費だっただろうが、スリルとサスペンスにはワクワクした。エージェント達の人間性も良く描かれていたと思っている。

 指令を伝える小道具が、テープからチップに変わったことに時代の流れを感じる。TVシリーズがスタートしたのは、いまから40年も昔の1966年だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2006

421.終戦の日

 あの日、満州国新京市郊外にある満州軍官学校の校庭にいた。ソ連軍の突如の侵攻、婦女子だけの避難民の一人だった。正午、護衛の満州軍兵士が空に向かって数発の弾を撃った。それが「終戦」を知った瞬間である。
 その後は兵隊による護衛ではなく、監視されながら市街地に引き返した。雲ひとつない青空だった。

 61年目の今日の正午は、銀座四丁目にいた。小雨、時々強い太陽が照りつけるという不思議な天気。
 連れはアメリカのテレビキャスター、靖国の取材を終えて「正午の日本人」を見たいという。足を止めて黙祷する人は見つからなかった。
 彼はこのあと厚木に向かう。終戦に異を唱えた、厚木航空隊指令小園大佐の足跡を追っている。撃墜王とも呼ばれた軍人である。
 「厚木の反乱」によって彼は、戦後の日本軍による軍事裁判で禁固刑を受けた。たしか「反逆罪」だった。
 郷里の大先輩でもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2006

420.東京湾大華火祭

Imgp1024Imgp1052Imgp1062 昨夜の東京湾大華火祭、雷雨のため一日延伸したせいか人出は例年より少ない。
 今朝プールで一緒になった船宿の大将によると、土曜日は4隻が予約で満席だったのに、昨夜はキャンセルが多く2隻になってしまったそうだ。一人あたま2万5000円、100万以上がフイになってしまったという。雷さんも罪作りをしたものだ。
 
 主催している中央区の依頼で富士通総研が経済効果を調べた。昨年のデータを基にはじいたところ、地下鉄などの交通費やホテル滞在費、弁当やお酒など開催当日に観客が消費する「直接需要」は約21億円。当日以外の「経済波及効果」は50億円以上に上るそうだ。一方主催者側の支出は約3.5億だから、開催効果は20倍になる。
 ということで、中止になれば準備にかかった経費が赤字で残るが、延伸だったので50億円ぐらいの効果はあっただろう。

Imgp1029Imgp1051Imgp1048 一方、花火の演出効果の方はどうだっただろうか。私見ではあるが、昨年、一昨年に比べて迫力が不足していたように思える。目の前に50数階建ての超高層マンションが建築中で、一部が重なって見えなかったせいもあるが。

 隅田川は2ヶ所だが2万発、こちらは1万8000。前者は「花火コンクール」を兼ねているので業者も工夫を凝らし、「魅力的な花火」が多い。東京湾は、見物場所が多く遮るものが少ないので見やすい。また海上で打ち上げられるので「尺5寸玉」の迫力を味わえる、というのが花火フアンによるアンケートの結果である。

 我が家から見える花火は、残り明後日の「神宮」だけ。好天を期待している。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 13, 2006

419.焼酎バー「黒瀬」(54)

 焼酎の話題を、最近の新聞から要約で。

 「薩摩焼酎」・原産地表示の売り込み
 国税庁では、「薩摩焼酎」の表示について、「原料は鹿児島県産のサツマイモ使用、製造から容器詰めまでの全工程を奄美をのぞく県内で実施」に限ると告示した。
 これを受けて、鹿児島県酒造組合連合会では、酒類業組合法に基づき定められた地理的(原産地)表示の「薩摩焼酎」を国内外にPRするため、産学官による検討委員会を発足させた。
 委員会では「厳格な原産地指定は、他と比較して高品質の焼酎を製造する大きな義務を背負ったとの自覚が必要」「県外の大手メーカーのマーケティング力に対抗するには、消費者に蔵元などを見てもらう機会を増やし、薩摩焼酎の良さを知ってもらうべき」などの意見が出された。
 現在焼酎の地理的表示には「壱岐焼酎」「球磨焼酎」「琉球泡盛」などがある。(南日本)

 「焼酎かすの活用を」
 来年から始まる「焼酎学講座」を前に、鹿児島大学では「焼酎かすの有効利用」ヲテーマに、研究者らによるシンポジュンムを開いた。
 焼酎かすは、生産される焼酎の倍の量が発生するが、これまでその一部は海に捨てられていた。しかし来年4月からは、海洋投棄規制が実施されるため、廃棄せずに再利用することが喫緊の課題となっている。
 シンポジュムでは、「陸・人・海」の各分野からそれぞれ事例発表がされたあと討論に移った。
 議論では「業界で『かす』と呼んでいるその意識をまず変えなければならない。畜産物の飼料や養殖の飼料、入浴剤等への利用など、工夫次第では色々と展開できる。かすではなく、食品素材として扱うべきだ」との声が出された。(西日本他)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2006

418.焼酎バー「黒瀬」(53)

 最近の焼酎の話題を、各社のリリースから要約で。

 「鹿児島県産本格焼酎の生産量・出荷量」
     ~鹿児島県酒造組合連合会~
 05酒造年度(05.7-06.6)の生産量は25万5000kl、前年度に比べ0.1%減となった。内訳では、芋焼酎が前年度比15.94%増の15万4000kl、黒糖が2.4%減の1万6000kl。麦は20.8%減、そばは20.2%減と大きく落ちた。これは、芋焼酎ブームで蔵元各社が、芋に力を入れた結果といえる。
 出荷量は、県内が6万3800kl(13.7%増)、県外が8万5700kl(5.7%増)と特に県内での消費が麦やそばから芋へと移っているのが数字に表れている。
 なお、大分など県外メーカーに麦焼酎などの原酒の「おけ売り」は、微増の6万6000kl。中国など外国出荷は、357klとなっている。

 「本格焼酎『黒丸』を10月に販売開始」
    ~サントリー㈱~
 サントリーは、今年収穫したばかりのさつまいもを原料とした本格焼酎「黒丸新酒」を、10月17日から全国で発売する。
 この焼酎は、濱田酒造(鹿児島県いちき串木野市)と共同開発した本格焼酎の逸品で、華やかで芳ばしい香りと甘みを持った濃い味わいが特徴。
 パッケージは、これまでの「黒丸」のデザインを踏襲しながら、出来立ての新酒を強調するため、ラベルに「平成一八年初収穫」「蔵出し新酒」の文字を表記した。
 希望小売価格(消費税別)720ml 1202円。

 「しそ焼酎『しそ小町』」を8月下旬に販売開始」
    ~宝酒造㈱~
 「しそ小町」は、新鮮なしその葉を仕込みに用い、華やかの香りを持った焼酎で、やわらかくなめらかな伏見の名水「京都伏水」を割り水に用いることで、繊細ですっきりした味わいに仕上がっている。
 ボトルは、華やかなしその香りをイメージしたピンク色のフロスト壜を使用。ラベルには商品名「しそ小町」にふさわしい、昭和の人気作家中原淳一の作品「祭りの宵」を採用した。
 参考小売価格(消費税抜き)720ml 785円

 「焼酎原酒の自社生産開始」
    ~キリンビール~
 キリンビールでは、生産コストを削減して焼酎の増産体制を整えるため、麦焼酎の原酒の自社生産を開始した。
 醸造工場は、御殿場市にある冨士御殿場蒸留所。従来は台湾産の原酒を使った麦焼酎を商品化してきたが、今週からは自社製原酒を配合した麦焼酎を出荷する。
 そして06年12月期の販売量を、前年度比38%増の49万2300ケース(1ケースは8.4㍑)に拡大する。


 *「黒瀬」の夏休みは、13日~15日
 *初めて「黒瀬」を訪ねる方は、下記のHPから地図をダウンロードしてください。
  http://keida.cocolog-nifty.com/kurose/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2006

417.太陽

Hirohito1 先週封切られて以来連日満席である。立見も入れて200人ちょっと、銀座の小劇場だから仕方あるまい。明後日からは隣の「シネパトス2」でも急遽上映することになった。これで1日10回の上映となる。
 今日も午前中から行列だったが、観客はほとんどが60代以上、元日本帝国臣民経験者たちが「ヒロヒト」と対面する。

 「ヒロヒト・・・彼は、悲劇に傷ついた、ひとりの人間。彼はあらゆる屈辱を引き受け、苦々しい治療薬をすべて飲み込むことを選んだのだ」(監督アレクサンドル・ソクーロフ)
 1945年の暑い夏から占領軍最高司令官マッカサーとの会見までを描く。

 ロシアの鬼才ソクーロフにとってこの作品は、激動の20世紀の人物像を描く4部作の3番目にあたる。「モレク神」(ヒトラー)、「牡牛座」(レーニン)と続いて4年ぶりに取り組んだ。
 「The Sun」は、昨年春のベルリン国際映画祭で招待作品として上映され、批評家たちの絶賛の支持を浴びた。そしてこれまで12カ国で上映されている。
 しかし日本では、なぜか大手の配給会社が敬遠して「幻の作品」となりつつあった。
 完成してから1年半、ようやく日本にも輸入されたが、小劇場での「単館上映」、それも東京と名古屋だけである。

 映画は、「ヒロヒト」に名を借りたソクーロフの「日本人論」とも読める。
 「日本人は、異なる人間世界を代表している。彼らの世界は、ヨーロッパ人の世界ともアジア人の世界とも違っている。この様に完全に切り離されているために、日本人特有の繊細さ、優美さ、冷酷さの例が生まれたと考えられる」(ソクーロフ)
 この夏の「日本の政治と社会」を凝視してみると、ソクーロフの指摘もまんざら見当違いではなさそうだ。

 ロシアの撮影所のセットに集まったのは、イッセー尾形(ヒロヒト)、桃井かおり(皇后)、佐野史郎(侍従長)、田村泰二郎(鈴木総理大臣)、西沢利明(米内海軍大臣)、六平直政(阿南陸軍大臣)、草薙幸二郎(東郷外務大臣)、戸沢佑介(木戸内大臣)・・・・・・そしてロバート・ドーソン(マッカサー将軍)。

 2時間近い映画が終った後、元帝国臣民たちはほとんど押し黙ったまま劇場を去った。あくまでもフィクションであり、軽妙なユーモアも随所にみられたが、やはり重く強烈な作品だったのだ。

 もうひとつ、「忘れ去られた帝国臣民」を描いたドキュメンタリーが、単館上映されている。「蟻の兵隊」、渋谷のイメージフォーラムで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2006

416.幸せのポートレート

Siawase1 物語の主人公、華やかでお洒落なNYのキャリア・ウーマンは(写真中央)サラ・ジェシカ・パーカー。「セックス・アンド・ザ・シティ」(TV番組)でエミー賞、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞をとったベテラン女優、映画では「マイアミ・ラプソティー」「家族の絆」など多くの作品に出演、プロデューサーもこなす。
 共演は左上から妹役のクレア・ディンズ(「ロミオとジュリエット」「めぐりあう時間たち」)、そしてダイアン・キートン。キートンは、主人公の恋人の母親、物語のキーパーソンである。「アニー・ホール」でアカデミー主演女優賞、「恋愛適齢期」でゴールデン・グローブ賞、「ゴッドファーザー3部作」にも出演した大ベテラン女優である。
 その隣が恋人の弟、ルーク・ウイルソン(「チャーリーズ・エンジェル」「あなたにも書ける恋愛小説」)。アンドリュー、オーエンに続くウイルソン兄弟の末っ子である。
 真中左は恋人の妹、レイチェル・マクアダムス(「きみに読む物語」「ミーン・ガールズ」)。下に移って恋人の父親、クレイグ・T・ネルソン(「キリング・フィールド」)。TV番組の監督・脚本家でもありエミー賞主演男優賞もとった俳優である。
 最後に主人公の「理想」の恋人が一家の長男、ダーモット・マローニー(「カンザス・シティ」「アバウト・シュミット」)。

Siawase2 こう並べると、お話はだいたい想像つくと思うが、「マリファナから同性愛、初体験の味」まで何で話し合う一家に飛びこんだ、コチコチのキャリアウーマンが傷つきながらも「家族と愛と幸せ」に辿り着く物語である。

 原題は「the family stone」。そのストーン家の「stone」がキートンの母親である。一家の「重石」であり「宝石」でもある。
 もともと「ポロ」や「コーチ」などファッション・ブランドのクリエーターだったトーマス・ベズチャー監督は、自分の周辺にいるアメリカ東部のリベラルな家族達の複雑な人間関係を、この作品で描いて見せた。

 「滅多にない豪華アンサンブル・キャストの素晴らしい演技」とNBC-TVは、この映画を評している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2006

415.トランスアメリカ

Torans3 「ブロークバック・マウンテン」と並んで、もうひとつのセクシュアリティをモチーフにした作品として話題を呼んだ作品である。
 「NYからLAへ 世にもフクザツな親子が愛を見つけた旅物語」。ストーリーはこれが全てを語る。

 「trans-」という接頭語は、①越えて、横切って ②貫いて、通って ③(別の状態)へ ④超越して ⑤~の向う側に を意味する。だから「TRANSAMERICA」はアメリカ大陸横断の旅と、ストレートに訳せる。
 しかしこの映画は、もうひとつ③(別の状態)になろうとする「トランスセクシャル」の男の物語でもある。さらにまた④性を超越した親子の愛情の物語である。

 「transsexual=性同一性障害」という英語は、常備している50年前の「コンサイス辞書」には掲載されていなかった。つまりそのことが「普通の人間の障害のひとつにすぎない」と認められたのは、最近のことだからだ。
 だから、性転換手術は好奇の目にさらされていたし、この映画でもまだ偏見が強いことを示唆している。しかし主人公が手術を終え、初めて女の全てを見せた幸な表情、それも「トランス」だった。

 「女になりたい男が女装する」難しい役を、女優のフェリシティー・ハフマン(「デスパレートな妻たち」)が見事に演ずる。
 父親であり女である複雑な演技を時にはユーモラスに、時には哀切をこめて見せる。今年のゴールデン・グローブ主演女優賞他を数多く獲得したのもうなずける。

 相手役の息子は、カナダの子役出身「Xファイル」などTVで活躍しているケヴィン・セガーズ。監督はこれが始めての長編作、ダンカン・タッカー。プロデューサーを、ハフマンの夫で名優のウイリアム・H・メイシー(「マグノリア」)
がつとめる。
 ちょい役だったが、旅の途中出会うネイティヴ・アメリカンに「ダイハード」や「グリーンマイル」でお馴染みのオネイダ族出身のグレアム・グリーンがでる。ハフマンにちょっぴり恋をする役である。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 07, 2006

414.スイミング

Imgp0979Imgp0984Imgp0982 日課で毎朝1㎞泳いでいる。旅行先にも水着を持っていくが、1年でだいたい300㌔泳ぐ。
 水泳を楽しむようになって30年、現役時代はせいぜい週2回程度だったので総計はまだ5000の大台には乗らない。
 夏の楽しみは、区営プールの天井が開き朝の光と大気に触れられることだ。最近新設される公営のプールには、こうした仕掛けが多い。もちろん雨の日は、閉ってしまう。

 もともとスポーツ施設は、どこでも屋外でオープンだった。しかし天候に左右されることを嫌って、屋内型が増えてきた。体育館と文化施設とを兼ねるハコモノを、公共団体が作るようになったことも一因である。
 野球はもちろん、北海道ではサッカーまで屋内で観覧するようになった。空調の効いたドームでの野球見物も確かに心地よいが、「夏の甲子園」のように炎天下「カチワリ」を頬張って応援するのも一度は経験したほうがよい。

 屋内競技場が増えた所為とテレビ放送の影響で、オリンピック競技が真夏の夜を中心に開催されるようになった。東京も手を挙げている2016年のオリンピックも計画では、8月開催だ。ヒートランド東京と南国福岡、どちらにしても猛暑を覚悟しなければならない。

 42年前の東京オリンピックは、10月10日が開会式だった。秋晴れの真っ青な空が印象に残っている。テレビの仕事で国立競技場の放送席にいたが、自然の光の中での入場行進は気持ちがよかった。ただ、聖火の炎は夜の開会式ほど目立たなかったが。

 閑話休題。痛ましいプール事故があったせいか、監視員が真面目に仕事をしている。この4月から管理・運営が民間に委託されるようになり、ビジネスのためスポーツ・ジム並の有料の教室が増えてきた。無料で利用している「高齢者」としては少々肩身が狭かったが、アルバイトの大学生だけでなく、管理会社から専門の社員も常駐しているしサービスも良くなった。これで良しとするか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2006

413.パイレーツ・オブ・カリビアン~デッドマンズ・チェスト

Karibiann1 "You're a marked man,Jack Sparrow.”
 10数回は見た「予告編」に出てくるこの言葉が、耳から離れない。
 この夏、映画フアンをJACKした映画だそうだ。先週封切られた「パイレーツ・オブ・カリビアン」は、全国762のスクーリンもJACKした。
 前の日に指定席券を確保して、平日の午後いちばんに入場したが館内は満席、こんな経験は久し振りである。

 文句なく面白かった。前作「呪われた海賊たち」も面白かったが、それ以上である。
 ストーリーなんてどうでもいいのである。頭の中をカラッポにしてエキサイティングなアドベンチャーを楽しめば、夏の暑さも忘れる。

Karibiann2 主役の海賊船船長ジョニー・デップがいい。惚けてズル賢い役はピッタリである。
 前にティム・バートン監督と組んだ幾つかの作品を観て、すっかりフアンになった。「パイレーツ・シリーズ」とは正反対の役柄だった「リバティーン」の演技も素晴らしかった。もともとロックスターを夢見ていたが、ニコラス・ケイジに薦められて役者になったという。
 濃いアイラインとクネクネした身のこなし。「キース・リチャーズを参考に役作りしたのさ」とディップはいう。

Karibiann3 ロス生まれのディップを除いて、他の主要な役がイギリス出身の俳優で固められているのも面白い。提督の娘で剣にも強い美女はキーラ・ナイトレイ。「偏見とプライド」でアカデミー主演女優賞にノミネートされた、若手ナンバーワン女優である。この映画で唯一のセクシュアルシーン、恋人の前でディップとのディープキスを見せる。
 その恋人役がオーランド・ブルーム。「ロード・オブ・リング」で一躍脚光を浴びたイギリスの男優である。そしてディップを怯えさす「海の怪物」ビル・ナイやディップの昔の恋人でジプシークイーンのナオミ・ハリスもイギリス出身である。
 監督ゴア・ヴァービンスキーは、演技の基礎がしっかりしている彼等を敢えて選んだのだろう。もちろん前作に引き続いてだが。
 ヴァービンスキーといえば、日本のホラー映画のハリウッド・リメイク版「ザ・リング」を手がけているが、才人は正反対の作品でも、客を楽しませるコツを持っている。ジエットコースター並の連続アクションだった。

 すでに「第3部」も同時撮影されたそうだが、公開は来年5月。ゴールデンウイークである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2006

412.青磁の美~秘色の探求~

Chaseiji1 「青磁刻花牡丹文多嘴壷」。中国越州窯で作られた北宋時代の青磁である。

 中国の青磁の名品150点余を集めた出光美術館の「青磁の美」展を観た。開館40周年を記念した「やきものに親しむ」展第5回である。
 展示は、出光美術館が所有するものだけではなく、例えば大阪市立東洋陶磁美術館蔵の国宝「青磁鉄斑文瓶」など五島美術館や白鶴美術館蔵の国宝・重文級の作品も並んでいる。

 Chaseiji2 
 青磁は、「玉」の再現をめざした中国陶磁器文化である。紀元1世紀の漢の時代から始まり、西晋・南北朝と時代を反映して型と色合いは少しづつ変わっていった。特に越州窯は、漢の時代に始まり、唐、宋の時代にまで続いた。
 青磁の色は「翡色」「碧玉」「秘色」とよばれ、その美しさは多くの詩人たちも詠んでいる。北宋・南宋の時代には龍泉窯を中心にその技術は完璧になったという。

Kannseiji1 こちらは「高麗青磁・青磁刻花牡丹唐草文瓢水注」。中国の青磁とは、色合いが異なる。青磁の技術は、もちろん中国から宋の時代に伝わったが、釉薬の違いから色は微妙に違う。
 これまで、両方の青磁を並べて詳しく鑑賞したことはなかった。そのため「青磁」と「高麗青磁」が別物だと言うことを今回始めて知った。高麗の青磁は「秘色」ではなく、「翡翠色」なのだそうだ。

Kannseiji2 美術館に展示されている作品ではないが、これは韓国の人間国宝・故柳海剛が焼いた「青磁象嵌雲鶴文梅瓶」。現代に高麗青磁を復活させた名陶工85歳の作品である。
 彼は若い頃から古窯跡を探して放浪し、欠片を分析して釉薬を研究、60年かけて青磁を再現した。
 海剛は既に亡くなり子息が2代目を継いでいるが、韓国・やきものの里「利川」にある高麗青磁博物館には彼の作品が展示されている。

 30年前、私は柳海剛を追ったドキュメンタリー番組を制作した。この写真の高麗青磁は、彼が撮影時に作った「象嵌青磁」である。数年後どうしても忘れられなくて、ついに大枚はたいて購入してしまった「梅瓶」である。今回の出光美術館の青磁展を観て思いだし、久し振りに箱から出して眺めている。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 03, 2006

411.ゲド戦記

 「指輪物語」「ナルニア物語」と並び称されるファンタジー小説の傑作「ゲド戦記」。その第3巻「さいはての島へ」の映画化である。といっても経緯は複雑で、「ゲド戦記」に刺激されて宮崎駿の書いた「シュナの旅」を原案に、息子の吾朗が監督した。
 もともと父親が作りたかったらしいが、スタジオジブリのプロジューサー鈴木敏夫は、息子の吾朗を起用した。その意図は、日本アニメ界で神格化されてしまった宮崎駿からの脱皮を図ろうということかもしれない。

 それにしては、評判が芳しくない。今日発売された週刊誌「文春」「新潮」は、宮崎親子の確執を揶揄しているし、「週刊朝日」も否定的である。映画の製作委員会に「電通」「博報堂」と二大広告代理店が加わっているにも拘わらず、パブリシティーも巧くない。
 夏休みだから満員だろうと覗いて見たが、6日目の午前中は5分の入りである。

 確かに傑作とは言えない。宮崎アニメを支えた、ジブリスタッフが製作しているので、創り方は丁寧だしキャラクターの設定も作画も巧い。しかし物語の展開が単調である。例えば、「主人公の父親殺し」は唐突で深い苦しみがない。これでは、見ている子供たちはさっぱりわからない。ある映画評論家は「息子の吾朗による父親追放のクーデターだ」と笑い飛ばしていたが。

 原作者のアーシュラ・クローバー・ル=グウィンは文化人類学者の父と作家の母をもつ女流SF作家。ヒューゴー賞など数々の賞に輝く彼女は、自然破壊をはじめ、地球全体さらには宇宙までもコントロールしようとする近代文明の病理を、ファンタジーによせて描いた。
 「ゲド戦記」は、人間の心の奥底に潜む負のエネルギー=「影」との戦いがテーマであった。この狙いをどこまでアニメ映像によって表現するかは、監督の力量になる。
 宮崎吾朗にとって、初めての監督作品には重たすぎるテーマだったのだろう。宮崎駿が「まだ現役である」とアメリカアカデミー協会会員を辞退したのもうなずける。

 声優陣は豪華である。善の側に岡田准一、手嶌葵(新人)、菅原文太、風吹ジュン。悪の側が田中裕子、香川照之。他に小林薫、夏川結衣、倍賞美津子。
 予告編に始まって、今各書店で流れる挿入歌「テルーの唄」がいい。萩原朔太郎の詩をもとに吾朗監督が作詞し、谷山浩子が作曲した。それを新人の手嶌葵が唄う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2006

410.焼酎バー「黒瀬」(52)

 最近の「焼酎の話題」を新聞・HPから要約で。

 「黒糖焼酎をベースに『黒あまチューハイ』」
 メルシャン㈱は、奄美大島産の黒糖焼酎をベースに黒砂糖のほんのりした甘さを活かし、人気の果実とブレンドした新チューハイを来月から全国で販売する。
 黒糖焼酎は、1953(昭和28)年、奄美群島が米国から返還された際、黒糖を原料に造って飲まれていた焼酎が評価され、以来、酒税法により奄美群島だけにその製造が認められた、稀少価値の高い焼酎である。
 メルシャンは、黒糖焼酎「れんと」の蔵元と共同開発した焼酎に、「シークワーサー」「ピンクグレープフルーツ」「パッションフルーツ」をそれぞれブレンドした3種類のチューハイを開発した。
 「黒糖」から想起される「ほんのりとした甘み」「ナチュラルな健康のイメージ」と、「奄美」から想起される「自然」「癒し」をテーマにした独特のパッケージデザインによって、若い人達のニーズに応えていく。
 税別希望小売価格・350ml・145円  (NIKKEI NET)

  「新銘柄焼酎『山神講』」
 南さつま市加世田武田の「山神講焼酎を造る会」では、昨年春会員たちで植えたサツマイモを原料に、昨年秋焼酎を仕込み、半年間貯蔵した1200本(720ml)をこのほど売り出した。
 山神講は、昔から山仕事での安全を祈願して開く仲間達の宴で、毎年11月23日に開いている。3年前の講の宴席で、地域起しに役立てようと「焼酎を造る会」を結成、サツマイモの植えつけをスタートさせrた。
 焼酎の醸造は、市内にある萬世酒造に委託、先月完成した。「山神講」(やまかんこ)は、1本1500円。問い合わせは、アイショップ武田店(0993-53-4100)。  (南日本)

 「中国産芋焼酎を本格輸入」
 ブームで値段が高くなった芋焼酎市場に低価格商品を投入しようと、鹿児島市の酒販店が愛知の日本酒メーカーと組み中国産本格芋焼酎「桂林」1000本を輸入、1.8㍑1000円で売りだしている。
 この焼酎は、日本酒メーカーの中国関連会社が江蘇省丹陽市で製造しているもので、原料は中国産のコガネセンガン、黒麹を使った甕仕込み焼酎で、アルコール度数は25度。日本から出向している技術者の指導で造られており、「味も品質も日本のものと変わりはない」としている。
 すでに年内には2万本の輸入が確定しており、来年からは年間5~6万本を輸入・販売する計画となっている。(373NET)

 焼酎バー「黒瀬」・渋谷区渋谷2-14-4・℡5485-1313

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2006

409.隅田川花火大会(3)

 今日は「花火の日」。昭和23年8月1日、戦後第1回の「両国花火大会」が開催された事に因む。

 さて江戸時代から「文明開化」の時代へ・・・前号に続いて「さわり」だけを。

 「和火から洋火へ」
 江戸の町衆は強い。官軍が江戸城に入り彰義隊が破れた直後、「両国の花火」は復活する。まだ明治に改元されない慶応4年6月8日、川開きは挙行された。この日、屋形船4隻、屋根船400隻、小舟150隻が隅田川を埋め尽くしたという。その翌月、江戸は東京と改められ、9月「明治元年」となる。
 この年すでに西洋花火が輸入されたというが、日本の花火が大変革したのは、1879(明冶12)年と言われている。この年「塩素酸カリウム」が輸入され、赤橙色だった花火に深紅や緑が加わった。さら炭酸ストロンチウム、硫酸バリュム、炭酸銅などの薬剤を使って赤・緑・青が揃った。これらは「洋火」とよばれ現代の花火の原型となる。

 規模も大きくなった。明治の末には「スターマイン」の連発が始まり、20本を超える仕掛け、100本を超える打ち上げとなった。
 しかし1897(明治30)年、両国橋を埋めた花火見物の群集が一方向になだれ込み、木造の欄干が10mほど崩れ落ちた。このため多数の溺死者・重傷者がでた。この惨事以降現在まで、隅田川の橋の上では必ず歩きながら見物することになっている。
 現在の両国橋は、この事件の後20m上流に架けられた鉄橋である。

Hanabi 「幻の大仕掛け」
 1936(昭和11)年7月18日の両国の川開き。人出は100万人、この年が史上最高の見物客だった(今年は96万人)。呼び物は4年後の「東京オリンピック」を歓迎する大仕掛け。しかしオリンピックは、戦争のため幻で終った。
 「両国の花火」も、翌年を最後に中止となる。

 「消えた両国の花火」
 戦後GHQによって規制されていた花火の製造も、1949(昭和23)年に解禁。この年の8月1日、「両国の川開き」は復活した(花火の日)。
 しかし228年の伝統をもつ「両国の花火」は、1961(昭和36)年をもって花火のごとく消える。隅田川周辺の人口過密と交通事情の悪化、それにも増して隅田川に流れ込む生活廃水・工業排水による悪臭で、見物客は勿論、花火師たちも川に近寄れなくなったからだ。
 それでも最後の年は、24万人の見物客と900隻の舟で賑わった。多くの見物客は、隅田川から遠く離れたビルの屋上から名残を惜しんだという。

Hanabi6 「隅田川花火大会」
 現在の隅田川花火大会が始まったのは1978(昭和53)年からである。東京都と墨田・台東・中央・江東区が主体となって予算を組み、地元住民による実行委員会が運営する。
 会場も両国橋を離れて、第1会場は言問橋と白髭橋の間、第2会場は厩橋と駒形橋となった。今年の花火の数は、「5寸玉」から「スターマイン」まで2万発、尺玉はないが規模だけでは関東一である。
 そして両会場とも「祝・新東京タワー決定」の仕掛けから始まった。タワー完成後には、はるか上から隅田川の花火を見下ろすことが出来るかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »