« 862.日本アカデミー賞(12) | Main | 864.シルク »

February 19, 2008

863.アメリカン・ギャングスター

329107view003329107view005 「イタリアン・マフィアが100年かかっても出来なかったことを、たったひとりで成し遂げた黒いカリスマ、フランク・ルーカス」
 「NY警察組織が100年がかりで築いた悪しき慣習をぶち壊した異端刑事、リッチー・ロバーツ」
 共に実在した2人の男が、競い戦う「実録クライム・アクション映画」。

 フランクを演ずるのはデンゼル・ワシントン(「トレーニング・デイ」)、リッチーはラッセル・クロウ (「グラディエイター」)、オスカーを手にした名優2人である。
 監督はイギリスBBC出身、ナイトの称号を持つリドリー・スコット。「グラディエーター」でアカデミー賞、「ブラック・ホーク・ダウン」「ハンイバル」などヴィジアル派の巨匠として知られている。
 そして徹底的な取材で、時代を色濃く反映した脚本を描いたのがスティーヴン・ザイリアン。「シンドラーのリスト」でアカデミー脚本賞を受賞し、問題作「オール・ザ・キングスメン」を監督したベテランである。

 舞台は1970年代のニューヨーク。ハーレムのボス、バンピーの跡目を継いだフランクは、ベトナム帰還兵の間に広がる麻薬過のニュースを見て、自らタイ奥地の三角地帯に乗り込む。ここで中国国民党残党の麻薬王に直談判、大量のヘロインを購入、米軍機による密輸のルートを確立した。
 産地直送による「本物のヘロイン」は、中間マージンを省いたフランク一家が直接販売。良質で安価なブランド・ヘロインは市場を独占し、他のマフィアやそれにたかっていた悪徳警官らは大打撃を受けた、という実話である。
 こうしたフランクの手法は、大量の商品を安価で幅広く大衆に販売する、現代の家電量販店のビジネスモデルになった、ともいわれる。

329107view002_2329107view001 ミス・プエルトリコを妻に、莫大な資産を築いたフランクのビジネスは、リッチーが指揮する特別麻薬捜査官に暴かれ一家は壊滅する。
 と同時に、ニューヨーク市警に蔓延っていた腐敗刑事たちの悪事も露見、大量の逮捕者を出した。
 フランクは禁固70年の刑に服するが、この事件をきっかけに刑事を辞めたリッチーがフランクの弁護士となり、彼は15年で仮釈放された。

 映画制作にあたっては現存するフランクが、監修?役になってロケ現場に日参、デンゼル・ワシントンに色々とサジェッションした、というエピソードもある。

 作品の下馬評は高かったが、今年のアカデミー賞には母親役のルビー・ディーが助演女優賞、それにアーサー・マックスの美術賞だけがノミネイトされている。 

|

« 862.日本アカデミー賞(12) | Main | 864.シルク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 863.アメリカン・ギャングスター:

« 862.日本アカデミー賞(12) | Main | 864.シルク »