« 863.アメリカン・ギャングスター | Main | 4年目スタート »

February 20, 2008

864.シルク

328557view001_2328557view004_2  1860年代のフランスの田舎と日本の山村が舞台。愛し合う若い夫婦と、絹のような美しい肌を持つ少女の幻影が重なり合う物語である。
 製作はカナダ=日本=イタリア、フランスが舞台でも言語は英語という作品、もちろん日本でのシーンは、日本語が流れる。

 「海の上のピアニスト」で知られるイタリアの作家、アレッサンドロ・バリッコのベストセラー「絹/SETA」(白水社刊)が原作である。
 それを映像化したのが「レッド・バイオリン」の監督、カナダ出身のフランソワ・ジラール。ケベック出身で名前からしてもフランス系だろう。
 そして音楽を坂本龍一が担当した。
 作品の主題である「西洋と東洋で紡がれる、切なく美しい純愛」を、このコンビが作った。

328557view005 出演は、若夫婦に「ラストデイズ」のマイケル・ピット(アメリカ出身27歳)と「パイレーツ・オブ・カビリアン」のキーラ・ナイトレイ(イギリス出身23歳)。
 幻影の少女に新星・芦名星。他、役所広司(「バベル」)、中谷美紀(「嫌われ松子の一生」)、国村隼(「キル・ビル」)、本郷奏多(「大停電の夜に」)と日本からの出演者も多彩である。

 映像が美しい。フランス部分はイタリアで撮影されているが、エジプトの砂漠、ロシアのバイカル湖、ウラジオストック、日本の庄内、最上川、信濃の山村と、主人公の旅の足跡が現地ロケで綴られる。

 作品の時代で言えば、日本は幕末。描写も現実離れしてはいるが、これは原作者も監督も最初から意図したもの。
 小説「絹」の序に、バリッコはこう断っている。
 「この物語の舞台は本当の日本ではなく、ヨーロッパの人たちがイメージとして抱く日本、つまり『幻影』なのだ。」

 原作では、主人公と絹のような肌を持つ少女とは「純愛」で終わるが、映画ではその「幻影」と褥を共にし肌を合わすことで、最愛の妻への想いを表現している。
 一糸纏わぬ芦名星の裸体が瑞々しい。 

|

« 863.アメリカン・ギャングスター | Main | 4年目スタート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 864.シルク:

« 863.アメリカン・ギャングスター | Main | 4年目スタート »