« 848.ナショナル・トレジャー | Main | 850.e-Tax(3) »

February 03, 2008

849.恵方巻

080203_002_640 東京は久し振りの大雪。富岡八幡宮節分祭へのお参りは、諦める。今年の運勢が「六白金星」とあまり思わしくないので、福を招くつもりだったが。
 そこで「太巻き」でも「丸かぶり」して、お願い事を叶えて貰おう。

080203_005_640 今朝のスーパーのちらし、何処も「節分用・太巻き」のオンパレードである。そもそも「節分の日、恵方に向かって巻寿司を無言で丸かぶりする」習慣を、全国に広めたのがコンビニやスーパーだったからだ。
 30年前、セブンイレブンが「節分用恵方巻」を広島で売り出し、瞬く間に西日本に広がった。今世紀に入るとローソンが、続いてファミリーマートが全国に展開、数年前からは スーパーの棚にも並ぶ。 その市場ついに150億円を超えたそうだ。 381pxgod_of_toshitoku                                                       「恵方」とは、方位神のひとつ歳徳神(とんどさん)がいる方向。今年は「丙」の方位、南南東のやや右方向と「八幡暦」には記されている。
 だから節分の日、この方向を向いて願い事をすれば叶えられると言うのだ。
 太巻きを「丸かぶり」(まるかじり)する習慣は、江戸時代大坂・船場で始まった祈願行事だと伝えられている。商売繁盛・無病息災を、船場の商人たちが願ったのだ。
 戦後この風習は廃れたが、30年前大阪の海苔問屋組合が「販促キャンペーン」として「海苔祭」を開き、巻寿司早食い競争を行った。
 このイベントがヒントとなり、コンビニが「節分の日」の目玉商品を生み出したという歴史がある。

080203_003_640_2  スーパーで買った太巻き寿司は、2人前で980円の高級品!。大きすぎて結局切って食べたが、本来は歳徳神との縁を切らないよう「包丁で切らずにそのまま食べる」との事だ。
 商魂といえば商魂だが、国産の具だけを巻いた(と称する)太巻きを、今日一日ぐらいは、風習に乗って食べるのも結構なことだ。

|

« 848.ナショナル・トレジャー | Main | 850.e-Tax(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 849.恵方巻:

« 848.ナショナル・トレジャー | Main | 850.e-Tax(3) »