« 849.恵方巻 | Main | 851.e-Tax(4) »

February 04, 2008

850.e-Tax(3)

 新聞報道によると、新潟県の粟島浦村が「e-Taxの村」を宣言したそうだ。日本海に浮ぶ離島のため冬場は海が荒れ、対岸の村上市にある税務署に出かけるのが難儀という。そこで役場にあるパソコンを使って、村民はオンラインで確定申告をする。
 国税庁はPRになるとバックアップするし、ITに強い役場職員が手伝ってくれるから、きっとうまくいくだろう。

 私のブログ読者の1人は「悪戦苦闘記」を読んで諦めたらしく、こんなコメントを送って来た。
 「・・・・・というわけで、カードリーダライタが激安になるまでは、電卓と糊付け作業でいくことにする」と。

 そしてニフティの検索キーワード数は、「e-Tax」が代4位。
 それでは頑張ろう。 以下、先週土曜日の「e-Tax顛末記」である。

〔申告書データ作成〕
 先週土曜日のこと。書類も揃ったので国税庁ホームページを開き「確定申告書等作成コーナー」をクリックする。
 あとは画面の指示に従い、データを打ち込んでいく。まず「第三表」の申告分離課税「特定口座・株式譲渡」のデータ、続いて「公的年金等」の収入、「医療費控除」「社会保険料控除」「生命保険料控除」「寄付金控除」「配偶者控除」等々。
 数値は自動的に計算されて、「差引所得税額」「源泉徴収税額」との差(申告納税額)が現れる。ここで忘れてはならないのが「電子証明書等特別控除」5000円のインプットだ。
 結果は、28,148円の還付。受け取りのための郵便局口座番号をインプットして作業は完了。ここまでおよそ20分。

 〔電子証明書添付・オンライン送信〕
 住民基本台帳カードをカードリライタで読み込み、先に送られて来た「利用者識別番号」「暗礁番号」打ち込んで、申告書データに添付。データを一応保存した上で「e-Taxシステム」に送信。説明書の漫画通り「らくらく送信完了!」だ。

 結果は?パソコン画面には大きく「エラー」!!と出た。
 ここからが大苦戦だった。国税庁のサービス窓口の電話は、何回かけても話し中。あちこちクリックして 「エラーコード」を見つけて「ヘルプ」へ。パソコンのスタートからプログラム一覧を引っ張り出し「公的個人認証サービス・利用者クライアントソフト」へ・・・・。

 結論から言おう。ソフトがバージョンアップされていて、以前インストールしたソフトが使えないのだ。
 それならば、区役所の窓口で電子証明書を申請した時、なぜ一言注意してくれなかったのだ。素人には、バージョンアップの情報なんてなんも判らない。

 古いソフトをアンインストールした後、まず「Java VA」をインストール、「JPKI」のポータルサイトから新しい「公的個人認証サービスクライアントソフトVer2.2」をダウンロード、そしてインストール。この間は、古いノートパソコンを開いて「JPKI」のホームページを参照しての作業。

 新しいシステムを使って再度「オンライン送信」。しかし再び「エラー」。いろいろいじくりまわしているうちに肝腎の「申告書データ」も破壊!されてしまった。この間およそ2時間。

 続きは次回。

|

« 849.恵方巻 | Main | 851.e-Tax(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 850.e-Tax(3):

« 849.恵方巻 | Main | 851.e-Tax(4) »