« 866.ひとまく会 | Main | 868.エリザベス・ゴールデン・エイジ »

February 25, 2008

867.ルーヴル美術館展

 新聞販売所の懸賞に応募したら、招待状が届いたので上野・都美術館に出かけた。「ルーヴル美術館展~フランス宮廷の美」、フランスの装飾美術が劇的に変化し発展した18世紀の美術工芸品138点の展示である。
 これまで「ルーブル」に関係する展覧会は、度々催されている。「モナ・リザ」など有名な絵画等とは異なって少々小粒だったが、結構興味深く見せてくれた。

022023  というのも、今回は2人の女性に焦点を絞って展示されていたからである。
 1人は左側の絵、ルイ15世の愛人ポンパドゥール侯爵夫人、もう1人は右のマリー・アントワネットだ。

 1740年代、王に招かれて王宮に居を移したポンパドゥール夫人は、その幅広い教養によって芸術を愛した女性として知られている。

024  彼女は、画家や工芸家たちのパトロンとなって、軽快で優美なロココ様式の流行に一役買った。上の肖像画を描いたフランソワ・ブーシェもその庇護を受けたひとりで、左の写真の「嗅ぎ煙草入れ」を作ったセーブル製作所も夫人が設立を支援している。

 一方ポンパドゥール夫人と入れ替わるようにパリ社交界に登場したのが、ルイ16世の王妃アントワネット。彼女は、過剰な装飾ともいわれたロココに代わって、直線的ですっきりした表現で知られる新古典主義の様式を好んだ。

025  展示品で目を引いたのは、食器や化粧道具など約90点を収納している「旅行用携帯品入れ」だった。金銀細工やガラス製品には、マリー・アントワネットの頭文字「M」と「A」を組み合わせた印がついている。
 ベルサイユ宮殿からパリのチュイルリー宮に出かけた時など、この「携帯品入れ」を必ず持ち運んだ。
 フランス革命に追われ亡命を企てたルイ16世一家が、国境手前で捕らえられた時彼女の手元にあった品である。
 マリー・アントワネットは、その翌年ギロチンにかけられる。

「ルーヴル美術館展」は、上野・東京都美術館で4月6日まで。入場料は1500円。(65歳以上の方は、毎月第3水曜日に出かけると無料で入場できることを、初めて知った。今回混雑を避けて、夕方出かけたがシニア招待日にぶつかり、大混雑だった。)

|

« 866.ひとまく会 | Main | 868.エリザベス・ゴールデン・エイジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 867.ルーヴル美術館展:

« 866.ひとまく会 | Main | 868.エリザベス・ゴールデン・エイジ »