« January 2008 | Main | March 2008 »

February 29, 2008

871.ラスト、コーション

Wp1_800 「Lust」とは色情、「Caution」はいましめ(戒)。だから「禁断の、そして極限の愛の場面にヴェネチア騒然!」となり、金獅子賞(グランプリ)とオッゼラ 賞(撮影賞)を授けた。

 監督李安53歳、台湾生まれ、ニューヨーク大学院映画学科卒。「ウエディング・バンケット」('93)「いつか晴れた日」('95)でベルリン国際映画祭グランプリ、「グリーン・ディスティニー」でアカデミー賞外国語映画賞他4部門受賞、「ブロークバック・マウンテン」('06)がヴェネチュア国際映画祭金獅子賞とアカデミー監督賞である。
 そして久し振りに上海の松江撮影所で、中国では「禁断」ともいえる「極限の愛」の作品を撮ったのだ。

 お話の舞台は1940年代の香港と上海。日本傀儡政権の情報機関のボスとその彼を暗殺するために誘惑し虜にしてしまう女スパイ。死と隣合わせの二人の間には、肌を重ね合わせるひとときにしか真実はなかった、とだけ紹介しておこう。

328445view003328445view004   そのボスがアジアを代表するスター、トニー・レオンで、女スパイが1万人の中から選ばれた新人タン・ウエイというのも、この作品のウリである。

 レオンといえば「非情城市」('89)「シクロ]('95)に続いて主演作品三度目のヴェネチア・グランプリである。また「花様年華」('00)で、カンヌ国際映画祭主演男優賞を獲った。その彼が45歳の裸体の全てを曝け出すのだ。
 タン・ウエイはモデル出身。純朴な少女と妖艶な女を見事に演じ分けた。それはエレガントでエロチックな作品の主題を象徴する。
 力ずくで奪い奪われる暴力的な情交の中に、アン・リーは「西洋文化ににさらされた東洋の悲しみ」を表現したと言う。それはまた「地獄絵巻を撮っている気分だった』語る。

 作品は今、世界各地で上映されている。中国・シンガポール・マレーシアでは、アン・リー監督自らが手を入れた「ディレクター・カット版」が、日本ではボカシの入った「映倫公認版」が、そしてノー・カットの本編を上映している香港には、大陸から大勢の観客が押しかけていると言う。

 フランスのフイガロ紙は「歴史絵巻とスパイ映画、エロチック・スリラーの間にある豊かで輝かしい作品」と評していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2008

870.ひとまく映画会

 ひとまく歌舞伎仲間の中のシネマファンが、2ヶ月に1回開く「映画鑑賞会」。懐かしの名画を、解説つき2本立で見る。
 6回目の昨日は、ミュージカルの名作「略奪された7人の花嫁」とフランスの名優ジャン・ギャバンの代表作「現金に手をだすな」が上映された。

51a91scbvjl  「略奪された7人の花嫁」
1954年に製作されたアメリカのミュージカル映画。珍しく時代は西部開拓時代、オレゴンの山奥を舞台に、7人の兄弟が町から花嫁をかっさらう楽しいお話である。
 監督はミュージカルの振付師から映画界に移り、「雨に唄えば」「星の王子さま」などMGMミュージカル黄金期を築いたスタンリー・ドーネン。

24977view00124977view002  主演は左の写真のハワード・キールとジェーン・パウエルだが、キールはジョン・ウエンの「戦う幌馬車」に出演したのを最後に、銀幕から去った。
 パウエルの方も「艦隊は踊る」以外に、お目にかかってはいない。
 しかしこの作品では、瑞々しい歌声を聞かしてくれる。

24977view003_2  作品のハイライトは、「納屋新築祭り」の群舞の場面。兄弟6人と町の若者6人が、6人の娘を奪い合う躍動感あふれ野性味たっぷりのダンスシ-ンだ。
 なかでも末弟役のラス・タンブリーの、曲芸にも勝るダンスがピカ一であった。
 タンブリーは、その後「最後のガンファイター」や「ツイン・ピークス」等にも出演している。

Grisbi_pos  「現金に手をだすな」
 ジャン・ギャバン主演、ジャック・ベッケル監督のこの作品は、1954年製作。フイルム・ノワール(暗黒映画)流行のきっかけを作った作品で、ギャバンの代表作とも言われる。
 ギャバンはこの作品で、ヴェネチア国際映画祭主演男優賞を獲った。
 パリの下町を舞台に、老いたギャングの哀愁を漂わせる生き様は、何回見ても感動させる。

Grisbi  この作品には、酒場の踊り子にジャンヌ・モロー、新興ギャングにリノ・ヴァンチェラが出演している。
 まだ新人クラスだった2人が、この映画に抜擢され以後スターの道を歩むことになる。

 ジャン・ギャバンは1904年、パリで芸人夫婦の間に生まれる。1928年、「Ohe!LesValises」で映画初出演。ジュリアン・デュヴィヴィエ監督の「望郷(ペペルモコ)」(’37)の名演技で名声を不動のものにした。
 そして1976年、心臓マヒで亡くなるまでおよそ100本の映画に出演している。

 彼の作品のうち、日本で公開されたものは37本に上る。その中で見た作品を思い出すまま並べてみよう。
 「大いなる幻影」(ジャン・ルノワール監督、'37)、「望郷」('37)、「霧の波止場」(マルセル・カルネ監督、'38)、「現金に手をだすな」('54)、「我らパリッ子」(マルセル・カルネ監督'54)、「フレンチ・カンカン」(ジャン・ルノワール監督'54)、「ヘッドライト]('56)、「レ・ミゼラブル」(’57)、「冬の猿」('62)、「地下室のメロディー」('63)、「皆殺しのバラード」('65)、「シシリアン」('69)、「暗黒街の二人」(’73)そして最後の作品「脱獄の報酬」('76)。

 「現金に手を出すな」の原題は「Touchez Pas Au GRISBI」。フランス語には弱いのでどう訳すか、「grisbi」 とは戦利品というような俗語らしい。
 作品の中でしばしば流れる音楽「グリスビーノのブルース」が、懐かしかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2008

869.エリザベス女王とその時代

エリザベス女王(一世)
 イングランド・テューダー朝の女王(在位1558~1603)。ヘンリ8世と国王離婚事件の当事者アン・ブーリンとの間に生まれる。そのため映画でも、敵側から「私生児」とか妾腹の子と蔑まれる。
 父王死後、異母弟エドワード6世、続いて異母姉メアリ1世がイングランドの王位を継ぐ。メアリ女王治世下に、エリザベスはプロテスタントの反乱に加担したとしてロンドン塔に幽閉される。そしてメアリの死後25歳で即位。
 国王至上法を制定し、イングランド国王はイングランド国教会の唯一最高の統治者と規定、宗教的にはローマ・カトリックから完全に独立した。
 国際的な紛争に巻き込まれる事を警戒して、メアリ前女王の夫であったスペイン国王フェリペ2世を始めとする、列強各国の王族からの求婚を断り続け、バージン・クイーンとなる。
 新大陸植民地の争奪でスペイン商船の奪略など、配下?の海賊を支援、1588年スペイン無敵艦隊との「アルマダの海戦」となる。
 海賊の1人でもあった寵臣・ウオールター・ローリー等の活躍もあって無敵艦隊を打ち破り、イングランド海外展開の基礎を作った。いわゆる「ゴールデン・エイジ」である。
 映画でも語られるが、現在のアメリカのバージニア州はローリーが開拓し、エリザベス女王に捧げた土地である。エリザベス曰く「もし結婚してたらそこはマリッジニア?」
 70歳で逝去、当時としては長寿だった。

●ヘンリ8世
 エリザベス1世の父ヘンリ8世は漁色家としても有名で、在位38年間に6人の后を変えた。そのうち2人は処刑している。
 最初の王妃が夭折した兄の未亡人キャサリン。この間に後のメアリ1世が生まれる。メアリはスペイン国王フェリペ2世に嫁ぐが、のちイングランド女王として戻る。
 エリザベスの母となるアン・ブーリンと恋に落ちキャサリンと離婚するが、これがローマ教皇に認められなかったのでローマ・カシリック教会から独立する事になった。
 全国にある修道院を解散するなどカソリックを弾圧、ジェーン・シーモアに惚れて後のエドワード6世が生まれると、ブーリンを処刑するなど残虐な面も持つ。
 ヘンリ亡き後は、エドワード、メアリと再びカトリックの国に戻るが、その後を継いだエリザベスが父王の遺志を継ぎ、本格的なイングランド国教会を確立した。
 現代の北アイルランドにおける、プロテスタントとカソリックの血なまぐさい抗争の遠因がここにあるのだ。

●フェリペ2世
 スペイン王(在位1556~1598)、ポルトガル王、ナポリ王国、ミラノ公国、オランダ、アメリカ新大陸、フィリピンの領主となり「太陽の沈まぬ国」の王と称され、絶対王政絶頂期を築いた。
 イングランドの王女メアリと結婚、ローマ教皇の擁護者としてカトリックによるヨーロッパ支配を目指した。
 メアリ亡き後は、エリザベスを我が物にしてイングランドを手に入れようとしたが彼女に振られ、無敵艦隊で攻撃する。この海戦に敗れた事で、オランダがプロテスタントの国として独立するなど、スペインの野望は潰えた。
 神聖ローマ帝国のマクシミリアン1世のひ孫という、由緒ある血統を誇った。
 現在のスペイン皇室は、この血統が途絶えた後フランス・ブルボン朝から迎えた王の末裔。

●メアリ・スチュアート
 映画の中でも重要な人物として登場するが、もともとはスコットランド女王(在位1542~1567)。
 フランス宮廷で育てられ、後のフランソワ2世と結婚。夫の死後スコットランドに帰国して王となるが、カトリック陣営の中心人物とみなされた事、また彼女自身の不行跡もあって王位を息子のジェームズ6世(後のイングランド王ジェームズ1世)に譲位してイングランドに逃れる。
 その後エリザベス女王に19年間監禁されたのち、女王暗殺陰謀の首謀者として断首される。この歴史上の事実は、スペイン王による謀略として映画では描かれている。
 エリザベスとは従妹という関係。現在のイギリス皇室は、メアリ・スチュアートの血統を継ぐ。
 エリザベス女王がバージン・クイーンだったので血統が絶え、ジェームスがイングランドに迎い入れられたからだ。

 と、映画の背景を人物で綴ったが、ヨーロッパにおける王族たちの婚姻関係は複雑に入り組んでおり、また女性はエリザベス・メアリ(マリ、マリア)・キャサリン、男性はルイ・フイリップ・シャルル・リチャード・ヘンリと同名の王や王妃が多くて覚えるのが大変だ。
 また「ルーブル美術館展」でも一部紹介したように、王族の男女関係は奔放でそれがまた歴史を複雑にする。

 イギリスだけをとっても、現女王エリザベス2世の伯父エドワード8世は人妻と駆け落ちして1年で王位を捨てているし、現皇太子も人妻を事実上の妃としてダイアナを追いやった。ダイアナもまたお付きの武官を情人にするなど、マリー・アントワネットと同じ轍を踏む。
 だから、こうした世界をネタにした映画も次々と誕生し、我々を楽しませてくれるのだ。
 日本における「大河ドラマ」と同じように。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

February 26, 2008

868.エリザベス・ゴールデン・エイジ

329147view001 「イングランド国王の娘として生まれながらも『私生児』の烙印を押されたエリザベスが、類い稀な英知と持って生まれた強運によって女王の道を切り開いていく」
 10年前シェカール・カプールが監督した「エリザベス」は、大ヒットしアカデミー賞7部門にノミネイトされた。

 この作品はその続編とも言うべきもので、当時の宗教対立の凄まじさ、列強との駆け引き、そして「ヴァージン・クイーン」を守らざるを得なかった「生身の女」の孤独と愛を描く。
329147view003  さらにまた作品は、ドレスを脱ぎ捨てて甲冑を身に着けて、世界最強の国「スペイン」の無敵艦隊に立ち向かう騎士エリザベスを描き、イングランドの黄金時代を築いた真の女王を浮き彫りにする。

 エリザベスを演ずるのは、前作に続いてケイト・ブランシェット。この作品でもアカデミー賞主演女優賞にノミネイトされたが、昨日ハリウッドのコダック・シアターで開催された「第80回授賞式」では、惜しくもオスカーを逃した。
 側近の役も前作と同じ、「シャイアン」のオスカー男優でオーストラリア出身のジェフリー・ラッシュが務める。
329147view002  今回初登場は、女王の恋心をかきたてた海の男、後に彼女の寵臣となるサー・ウオルター・ローリー役のクライヴ・オーエン(「クローサー」)に侍女役のアビー・コーニッシュ(「キャンディ」)。
 またスコットランド女王メアリーのサマンサ・モートン(「マイノリティ・リポート」)の歴史上の重要な人物として登場する。

 監督はもちろんシェカール・カプールだが、脚本・撮影・衣裳などスタッフの多くは10年前と同じメンバーで、衣裳デザインのアレクサンドラ・バーンは昨日アカデミー賞に輝いた。
 カプール監督はインド出身。「女盗賊ブーラン」で世界中に物議を交わしたインド娯楽映画の名人で、この英国史劇も「宮廷陰謀スリラー」に恋と大海戦を組み合わせた豪華絢爛な娯楽映画に作り上げている。

 ロンドンのウエストミンスター大聖堂、ウインチェスター大聖堂などエリザベス女王が実際に過ごした歴史的な名所・建築物でロケするなど、作品にリアリティーを持たせているが、スペイン無敵艦隊との合戦シーンは、実物大の船を建造して撮影したと言う。

 この作品の舞台は16世紀後半のヨーロッパ。凄まじい宗教対立と殺戮、列強間の領土争いと権謀術数、ローマ教会の陰謀などその背景を知った上で映画を見ると、一段と面白い。
 俄か勉強だが、次号に少し解説を加える。 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 25, 2008

867.ルーヴル美術館展

 新聞販売所の懸賞に応募したら、招待状が届いたので上野・都美術館に出かけた。「ルーヴル美術館展~フランス宮廷の美」、フランスの装飾美術が劇的に変化し発展した18世紀の美術工芸品138点の展示である。
 これまで「ルーブル」に関係する展覧会は、度々催されている。「モナ・リザ」など有名な絵画等とは異なって少々小粒だったが、結構興味深く見せてくれた。

022023  というのも、今回は2人の女性に焦点を絞って展示されていたからである。
 1人は左側の絵、ルイ15世の愛人ポンパドゥール侯爵夫人、もう1人は右のマリー・アントワネットだ。

 1740年代、王に招かれて王宮に居を移したポンパドゥール夫人は、その幅広い教養によって芸術を愛した女性として知られている。

024  彼女は、画家や工芸家たちのパトロンとなって、軽快で優美なロココ様式の流行に一役買った。上の肖像画を描いたフランソワ・ブーシェもその庇護を受けたひとりで、左の写真の「嗅ぎ煙草入れ」を作ったセーブル製作所も夫人が設立を支援している。

 一方ポンパドゥール夫人と入れ替わるようにパリ社交界に登場したのが、ルイ16世の王妃アントワネット。彼女は、過剰な装飾ともいわれたロココに代わって、直線的ですっきりした表現で知られる新古典主義の様式を好んだ。

025  展示品で目を引いたのは、食器や化粧道具など約90点を収納している「旅行用携帯品入れ」だった。金銀細工やガラス製品には、マリー・アントワネットの頭文字「M」と「A」を組み合わせた印がついている。
 ベルサイユ宮殿からパリのチュイルリー宮に出かけた時など、この「携帯品入れ」を必ず持ち運んだ。
 フランス革命に追われ亡命を企てたルイ16世一家が、国境手前で捕らえられた時彼女の手元にあった品である。
 マリー・アントワネットは、その翌年ギロチンにかけられる。

「ルーヴル美術館展」は、上野・東京都美術館で4月6日まで。入場料は1500円。(65歳以上の方は、毎月第3水曜日に出かけると無料で入場できることを、初めて知った。今回混雑を避けて、夕方出かけたがシニア招待日にぶつかり、大混雑だった。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2008

866.ひとまく会

Kabukiza200802b_handbill 二日連続の歌舞伎座である。昨夜は恒例の「ひとまく会」、四階席で立ち見を覚悟しての一幕鑑賞。料金は700円。

 初代松本白鸚二十七回忌追善・夜の部は「寿曽我対面」「口上」「熊谷陣屋」と続いて、最後は「春興鏡獅子」。長唄に乗って舞う舞踏劇である。

 この演目は、九代目市川団十郎が娘の踊る「枕獅子」を見て、設定を遊郭から江戸城大奥に移し変えて作り直したもの。福地桜痴が作詞して三世杵屋正次郎が作曲した。初演は1893(明治26)年 。

 話は少々脇道に逸れるが、作詞を担当した福地桜痴と言う人物、江戸末期に長崎で生まれたジャーナリストである。維新後、現在の「毎日新聞」の前身、「東京日日新聞」の創刊に参画して文筆を振るった。また1989(明22)年には、演劇改良運動の一環として歌舞伎座を建設、座主は譲ったがその後も立作者として九代目団十郎のため、多くの演目を作劇した。
 この「鏡獅子」は、九代目が選定した「新歌舞伎十八番」のひとつとして、度々上演されている。

 「春興鏡獅子」は、役者の力量が問われるむづかしい舞踏劇と言われる。大奥勤めの小姓が、殿の命で舞を踊るうちに獅子の霊が乗り移るというストーリーだが、乙女の恋心から彼岸に戯れ遊ぶ勇壮な獅子への変身、女と男、柔と剛、此岸と彼岸を踊りわけなければならない。
 今回は、白鸚の孫染五郎がそれに初挑戦した。前半の娘の踊りには固さがみられたが、後半の勇壮な獅子の舞は若さを生かして観客の拍手を集めた。
 鏡獅子には必ず2人の胡蝶が登場。プログラムの紹介はないが多分高麗屋一門の子女であろう、なかなか可愛い舞を見せてくれた。この場だけは、女の子も舞台に上がれるそうだ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2008

865.二月大歌舞伎

2008022116070002_640 カミさんが体調を崩したので、急遽前売り券を貰って歌舞伎座へ。途中築地市場で昼の弁当を買う。自転車だから便利だ。
 今月は「歌舞伎座120年・初代松本白鸚二十七回忌追善」興業である。来週月曜日が千穐楽だから、ほぼ満員だった。

 2008022114200000_640 白鸚は先代の幸四郎、つまり高麗屋の八代目である。
 1975(昭50)年に歌舞伎立役として人間国宝に、1981(昭56)年には文化勲章を受章、その翌年に亡くなった。
 岳父である初代中村吉右衛門、兄の養子先である成田屋の芸風も継ぎ、歌舞伎だけでなく「オセロ」など外国物にも挑戦した、昭和を代表する立役だった。
 白鸚(はくおう)とは、白いオウムのこと。文化勲章を受章した年に、幸四郎の名跡を息子に譲り初代白鸚を、そして孫の市川染五郎とともに三代同時襲名披露を行ったが、この舞台が最後になった。

 今回の出し物は、昼・夜とも白鸚が得意とした、また由緒ある演目が並ぶ。それを長男の九代目幸四郎をはじめ、次男の二代目吉右衛門、孫の七代目染五郎、弟の孫四代目松緑、甥の大谷友右衛門、中村芝雀等が演じた。

 一幕目の「小野道風青柳硯(おののとうふうあおやぎすずり)」は、平安時代の三大能書家のひとりといわれる道風を相撲の強い建築技師!にして、謀反の企てを蹴散らすというユーモアたっぷりのお話。道風を梅玉、敵役独鈷の駄六を三津五郎が演じた。
 実はこの演目、歌舞伎座で上演されるのは62年ぶりのことで、その時は道風を初代吉右衛門、駄六を初代白鸚が勤めた。
 副題が「柳ヶ池蛙飛の場」、つまり小野道風伝説を巧みに取り入れた狂言だった。

 二幕目「菅原伝授手習鑑・車引(くるまびき)」は、義太夫狂言中の三大傑作といわれる王朝ものの代表作品。
 車鬢を着け隈取りした顔に仁王襷、厚手の綿入れを着た松緑の梅王丸は、菅原道真の舎人。敵を襲って大暴れ、成田屋に伝わる大荒事の芝居だ。兄弟の松王丸を橋之助、桜丸を錦之助、道真を陥れた藤原時平を歌六が貫禄たっぷりに見せる。

 三幕目「積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」は初めて見る。1784(天明4)年に初演された舞踏劇。能「墨染桜」や狂言「倭花小野五文字」をもとに、六歌仙の世界に皇位継承の謀反をからませた「重重人重小町桜」の二番目の大切りである。
 関守実は大伴黒主という悪党を吉右衛門が、小野小町と墨染桜の精を福助、小町の恋人を染五郎が演ずる。
 初演のとき関守を勤めたのが初代中村仲蔵で、この時の洒落っ気に富んだ振り付けを吉右衛門が引き継ぐ。この役もまた初代白鸚の当り役だった。桜の精と関守の大立ち回りもあるが、おおらかで夢幻的な舞踏劇である。

 最後は「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)・祇園一力茶屋の場」。
 白鸚襲名の時の披露狂言。大星由良之助を白鸚、足軽の寺岡平右衛門を幸四郎が演じたが、今回は由良之助を幸四郎、平右衛門を染五郎と一代づつの代送りとなる。遊女おかるは、芝雀。
 以前この演目を、由良之助・吉右衛門、平右衛門・仁左衛門、おかる・玉三郎で見た。幸四郎・吉右衛門兄弟はそれぞれ贔屓もあるので比較は遠慮するが、あとの二役はやはり前回の方が優れていた。
 こうした人気狂言は、たびたび上演されるので、役者たちも比べられて大変だろう。
 なおこの由良之助、初代白鸚にとっては最後の舞台だった。

 予定外で4時間強の歌舞伎を楽しんだ。カミさんいわく「誕生日プレゼント」だそうだ。
 今夜は恒例の「ひとまく会」、夜の部最終回「春興鏡獅子」を見に歌舞伎座に出かける。観劇の前に「いっぱい」やるのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2008

4年目スタート

 65歳を機に始めたこのブログ、今日から4年目に入る。ペースは落ちるかも知れないが、生活にメリハリをつける為にも続けていきたい。
 アクセス解析によれば、毎日クリックされてる方が3人いらっしゃる。また2日に1回21人、週に1回以上の方が102人、愛読者の方々には心から感謝する。ちなみに1ヵ月では309人、以上の固定読者のためにも頑張ろう。

 アクセス地域別に見ると、首都圏46%、関西10%、鹿児島・北海道がそれぞれ6%、私の知人・友人の在地分布と重なる。と言う事で、話題もこの辺りから。

 これからもよろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2008

864.シルク

328557view001_2328557view004_2  1860年代のフランスの田舎と日本の山村が舞台。愛し合う若い夫婦と、絹のような美しい肌を持つ少女の幻影が重なり合う物語である。
 製作はカナダ=日本=イタリア、フランスが舞台でも言語は英語という作品、もちろん日本でのシーンは、日本語が流れる。

 「海の上のピアニスト」で知られるイタリアの作家、アレッサンドロ・バリッコのベストセラー「絹/SETA」(白水社刊)が原作である。
 それを映像化したのが「レッド・バイオリン」の監督、カナダ出身のフランソワ・ジラール。ケベック出身で名前からしてもフランス系だろう。
 そして音楽を坂本龍一が担当した。
 作品の主題である「西洋と東洋で紡がれる、切なく美しい純愛」を、このコンビが作った。

328557view005 出演は、若夫婦に「ラストデイズ」のマイケル・ピット(アメリカ出身27歳)と「パイレーツ・オブ・カビリアン」のキーラ・ナイトレイ(イギリス出身23歳)。
 幻影の少女に新星・芦名星。他、役所広司(「バベル」)、中谷美紀(「嫌われ松子の一生」)、国村隼(「キル・ビル」)、本郷奏多(「大停電の夜に」)と日本からの出演者も多彩である。

 映像が美しい。フランス部分はイタリアで撮影されているが、エジプトの砂漠、ロシアのバイカル湖、ウラジオストック、日本の庄内、最上川、信濃の山村と、主人公の旅の足跡が現地ロケで綴られる。

 作品の時代で言えば、日本は幕末。描写も現実離れしてはいるが、これは原作者も監督も最初から意図したもの。
 小説「絹」の序に、バリッコはこう断っている。
 「この物語の舞台は本当の日本ではなく、ヨーロッパの人たちがイメージとして抱く日本、つまり『幻影』なのだ。」

 原作では、主人公と絹のような肌を持つ少女とは「純愛」で終わるが、映画ではその「幻影」と褥を共にし肌を合わすことで、最愛の妻への想いを表現している。
 一糸纏わぬ芦名星の裸体が瑞々しい。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2008

863.アメリカン・ギャングスター

329107view003329107view005 「イタリアン・マフィアが100年かかっても出来なかったことを、たったひとりで成し遂げた黒いカリスマ、フランク・ルーカス」
 「NY警察組織が100年がかりで築いた悪しき慣習をぶち壊した異端刑事、リッチー・ロバーツ」
 共に実在した2人の男が、競い戦う「実録クライム・アクション映画」。

 フランクを演ずるのはデンゼル・ワシントン(「トレーニング・デイ」)、リッチーはラッセル・クロウ (「グラディエイター」)、オスカーを手にした名優2人である。
 監督はイギリスBBC出身、ナイトの称号を持つリドリー・スコット。「グラディエーター」でアカデミー賞、「ブラック・ホーク・ダウン」「ハンイバル」などヴィジアル派の巨匠として知られている。
 そして徹底的な取材で、時代を色濃く反映した脚本を描いたのがスティーヴン・ザイリアン。「シンドラーのリスト」でアカデミー脚本賞を受賞し、問題作「オール・ザ・キングスメン」を監督したベテランである。

 舞台は1970年代のニューヨーク。ハーレムのボス、バンピーの跡目を継いだフランクは、ベトナム帰還兵の間に広がる麻薬過のニュースを見て、自らタイ奥地の三角地帯に乗り込む。ここで中国国民党残党の麻薬王に直談判、大量のヘロインを購入、米軍機による密輸のルートを確立した。
 産地直送による「本物のヘロイン」は、中間マージンを省いたフランク一家が直接販売。良質で安価なブランド・ヘロインは市場を独占し、他のマフィアやそれにたかっていた悪徳警官らは大打撃を受けた、という実話である。
 こうしたフランクの手法は、大量の商品を安価で幅広く大衆に販売する、現代の家電量販店のビジネスモデルになった、ともいわれる。

329107view002_2329107view001 ミス・プエルトリコを妻に、莫大な資産を築いたフランクのビジネスは、リッチーが指揮する特別麻薬捜査官に暴かれ一家は壊滅する。
 と同時に、ニューヨーク市警に蔓延っていた腐敗刑事たちの悪事も露見、大量の逮捕者を出した。
 フランクは禁固70年の刑に服するが、この事件をきっかけに刑事を辞めたリッチーがフランクの弁護士となり、彼は15年で仮釈放された。

 映画制作にあたっては現存するフランクが、監修?役になってロケ現場に日参、デンゼル・ワシントンに色々とサジェッションした、というエピソードもある。

 作品の下馬評は高かったが、今年のアカデミー賞には母親役のルビー・ディーが助演女優賞、それにアーサー・マックスの美術賞だけがノミネイトされている。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2008

862.日本アカデミー賞(12)

 先週金曜日の夜、グランドプリンスホテル新高輪で2008(第31回)日本アカデミー賞授賞式が開催された。
 会場には、既に優秀賞が決定した監督や俳優、製作関係者のほか、映画ファン多数が詰めかけた。
 司会は関口宏さんと昨年最優秀女優賞に選ばれた中谷美紀さん。艶やかな衣裳を纏った女優にスタイリッシュな男優達と、会場は華やかな雰囲気につつまれていた。

 最優秀賞はこの会場で発表され、既に新聞やインターネットで紹介されているが、これまでこのブログで経緯を書いてきたので、改めて記録に残す。

 ●作品賞「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(〃製作委員会)
 ●アニメーション作品賞「鉄コン筋クリート」(〃製作委員会)
 ●主演男優賞=吉岡秀隆(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」)
 ●主演女優賞=樹木希林(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」)
 ●助演男優賞=小林薫( 〃 )
 ●助演女優賞=もたいまさこ(「それでもボクはやってない」)
 ●監督賞=松岡錠司(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」)
 ●脚本賞=松尾スズキ( 〃 )
 ●音楽賞=大島ミチル(「眉山ーびざんー」)
 ●撮影賞=蔦井孝洋( 〃 )
 ●照明賞=疋田ヨシタケ( 〃 )
 ●美術賞=部谷京子(「それでもボクはやってない」)
 ●録音賞=鶴巻仁(「ALWAYS 続・三丁目の夕日」)
 ●編集賞=菊地純一(「それでもボクはやってない」)
 ●外国作品賞「硫黄島からの手紙」(ワーナー・ブラザーズ)

 なお新人賞は、新垣結衣(「恋空」)、内田也哉子(「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」)、夏帆(「天然コケコッコウ」)、北乃きい(「幸福な食卓」)、ウエンツ瑛士(「ゲゲゲの鬼太郎」)、林遺都(「バッテリー」)、三浦春馬(「恋空」)。
 また会長特別賞を故植木等さんと故熊井啓さん、協会特別賞を音響効果の柴崎憲治さんに授与した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2008

861.東京マラソン2008

080217_021

 3万人が都心を駆け抜けた「東京マラソン2008」。朝10時過ぎ銀座通りを、先頭集団が走っていく。
 昨年の覇者ケニアのジェンガを、ペースメーカーが囲む。その後に、国内招待選手諏訪、入船が続く。右寄りゼッケン183、グリーンのユニホームは一般参加JR東日本の藤原新。

080217_032_640080217_033_640  およそ40分後、自宅から眺めた36㌔地点をトップランナーが通過した。外国招待選手スイスのロスリンだ。
 銀座から茅場町、蔵前を通って浅草雷門を折り返した。そして再び銀座中央通りを抜け、築地、入船、佃大橋を渡る。
 そのロスリンにやや遅れて一般参加の藤原が続く。マラソンは2回目の経験だそうだ。

080217_043_640080217_046_640080217_048_640_2  第2回の東京マラソンには、およそ15万6千人が応募した。昨年より6万人多かった。そして抽選で選ばれたのは3万人、彼等はそれぞれの思いを胸に、それぞれの衣裳を纏って走る。

 昨年抽選に洩れた娘が、今回は参加できた。インターネットでラップタイムを確認して、佃大橋で応援。ここの上り坂は、一番の難所だったが、軽快に走り抜けていった。
 今回でフルマラソンは12回目。タイムは別として全て完走している。
 タレントの猫ひろしよりは少し遅れたようだが、北海道の鈴木議員や宮崎の東国春知事よりはかなり前を走っていった。3時間台の記録は間違いないだろう。

 速報によれば、優勝したのはロスリン(スイス)2時間7分23秒。2位が藤原2時間8分40秒、3位ギタヒ(日清食品)、4位諏訪(日清食品)、5位入船(カネボウ)。
 昨年優勝したジェンガは13位だった。

 午後3時過ぎ、この先のゲートが閉まる。あと6キロ足らず、ランナーたちは無念の涙をしぼりバスに収容される。
 今回の参加ランナー32,400人、完走31,702人。娘の順位は4000番以内。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2008

860.e-Tax(最終回)

 かなりの「力仕事!」となったネットによる「確定申告書の提出」は、2月2日に無事?成功した。
 そして昨日、「国税還付金振込通知書」が送られてきた。17日(月)入金とのこと。これで今年の「ドタバタ」は全て完了。
 受付からおよそ2週間、確かに早い応対だった。しかし来年からは、もう5000円の特別控除は付かない。
 とりあえず報告まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2008

859.東京道産酒の会(20)

 月に1度、北海道を慈しむ仲間が集まり、地元の酒と料理と会話を楽しむ「東京道産酒の会」。191回の昨夜もジャズのナマ演奏を聴きながら、楽しい時間を過ごした。

 今月のゲストスピーカーはスポーツライターの佐野正幸さん。「今年の日本ハムファイターズ」の予測を交えながら、スポーツライター人生を語ってもらった。

 佐野さんは札幌出身。子供の頃の野球ゲームで「阪急」を当てられたのが、そもそもの始まり。当ったので仕方なく阪急を応援したのだが、当時の西元監督にフアンレターを送ったところ返事を貰った。有頂天になってそれからは本気で阪急を応援したそうだ。
 学校を卒業して近鉄百貨店に入社したのも、西元さんの縁。その頃は彼が監督だった。そして西元さんが引退した時、佐野さんも近鉄を退社、文筆の世界に入った。それも野球を中心にスポーツの世界を描く。
 2004年近鉄は消滅したが、日本ハムが郷里の札幌をフランチャイズにしたことは嬉しかった。さっそく「札幌人・日ハムで大きく変わる」と本を書いた。
当時の北海道は、ジャイアンツフアンが大勢。しかし日ハムに若者とカミさんが飛びついた。そして最後にジャイアンツのオジさんたちが付いていく。拓銀破産、雪印中毒事件と暗い話題ばかりだった北海道に、灯がともったのだ。
 そして3年目で日本一、新城、小笠原が抜けた昨年も2年連続の偉業。これで日ハムは、すっかり北海道民・札幌市民の球団になったのだ。

 さて今年の日ハムは?
 近鉄時代からの知人梨田が監督になった。彼の采配は信用できる。中田は確実にホームラン10本は打つ。守備が弱点というがセンスは十分にある。ヤクルトから移籍した藤井投手の10勝は固い。3年連続も夢ではないのだ。東京ドームでも8試合行われる。応援よろしく。

 この後、前愛知万博事務総長だった会員の坂本春生さんの3分スピーチは「プロのカウンセラーになるための七転八倒記」。

 ジャズ演奏は、中山育美さんのピアノにクラリネット後藤雅史、コルネット下間哲。「ティーフォーツー」「ダニーボーイ」「マイチャイナタウン」。
 全員で「知床旅情」を唄って解散。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2008

858.陰日向に咲く

Kagehinata ギャンブルに嵌まって借金だらけ、オレオレ詐欺で食っている気の弱い男(岡田准一「花よりもなお」)。
 母の軌跡を追う借金対策相談事務所に勤める弁護士(宮崎あおい「NANA」)。
 ストリップ劇場で働く売れない芸人(伊藤淳史「西遊記」)。
 その彼に恋して鳥取から上京してきた女(宮崎あおい・二役)。
 アキバ系オタクで、売れないアイドルを追っかけている男(塚本高史「タイヨウのうた」)。
 実は彼の子ども時代の憧れだった売れない崖っぷちのアイドル(平山あや「釣りバカシリーズ」)。
327992view005  モーゼのような風体で大ボラ吹きのカリスマ・ホームレス(西田敏行)。
 ダンボール生活を始める人生逃避のエリートサラリーマン(三浦友和)。
 35年前のストリッパー実は・・(緑川たまき「夢十夜」)。

 お笑いコンビからピン芸人、今や俳優としても活躍しているベストセラー作家!(劇団ひとり「原作」)。
 「そのときは彼によろしく」で監督デビューしたテレビドラマ界の若手ホープ(平川雄一郎「監督」)。

327992view001  物語は、一組の男女の出会いを軸に、陰日向で懸命に生きる原作者・監督も含む「以上」の人々の、人生の交錯が綴られる。
 原作者と監督は、それをユーモア溢れる優しい視点で 描いた。だから本は100万部近く売れ、劇場には老若男女が通う。

 ただ「日の当らないどこか不器用で、カッコ悪い」登場人物たちが、西田敏行を除いて皆ハンサムで美人でカッコイイのがこの映画の難点!なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 13, 2008

857.母(かあ)べえ

327619view001  「家族」は、山田洋次監督が時代に応じて、大切に描いてきたテーマ。
 1970年「家族」、1972年「故郷」、1975年「同胞」、1991年「息子」、そして今平和を危うくする風潮のなかで、山田は「母」を描いた。

 昭和15年の東京、父と母二人姉妹の野上家は、仲睦まじい家族。この小さな家庭の穏やかな日常は、ドイツ文学者である父が治安維持法で検挙された朝から一変する。
 戦争に反対する事が罪となった時代・・・・・・、母は明るく懸命に生き抜いた。

327619view004  原作は、黒澤明監督のスクリプターを長く努めた野上照代の「父へのレクイエム」。自身の家族の思い出を綴ったノンフィクションである。
 ここのところ、「たそがれ清兵衛」など時代劇三部作を製作してきた山田監督が、時代に異議を申したてて昭和を描いたのだ。

327619view005   主演は吉永小百合。今回で112本目、久々の山田作品である。文学者の夫は歌舞伎界から坂東三津五郎。「武士の一分」に引き続いて山田組に参加する。またその妹が、同じく「武士の一分」の檀れい。
 夫の教え子で留守家族を支える編集者は、若手個性派俳優の浅野忠信、変わり者の叔父が笑福亭鶴瓶と芸達者が並ぶ。
 2人の姉妹は志田未来(倍賞千恵子)と佐藤未来(戸田惠子)。母の臨終の場、作者の分身でもある大人になった妹役の戸田惠子が泣かせる。

 脚本平松恵美子、撮影長沼六男、美術出川三男、音楽冨田勲と、「たそがれ清兵衛」「武士の一分」などを撮った山田組の息のあった取り組みが、佳作を生み出した。
 日本映画界の「良心」ともいうべき作品である。

 「母べえ」は、現在開催中の「ベルリン国際映画祭」のコンペティション部門に出品されている。国内では抜群の人気を誇る山田監督と吉永小百合が、世界でどんな評価を受けるか楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2008

856.ジェーシー・ジェームズの暗殺

Wall_2_800 「バベル」「オーシャンズ13」と次々とヒットを飛ばすブラッド・ピットは、ハリウッドを代表するトップスター。
 その一方では、パラマウントのCEOだったブラッド・グレイと組んで製作会社ブランBエンターテイメントを設立、「デイパーテッド」などで数々の賞を獲った。
 そのピットが、プロデューサーと主役を兼ねて作ったのがこの作品である。そしてジェーシーになりきった彼は、ヴェネチア国際映画祭で最優秀主演男優賞に選ばれた。

 ビリーザ・キッドと並んで、アメリカでは最も有名なアウトローのヒーロー・ジェーシー・ジェームズ。
 貧しい庶民を食い物にする鉄道会社や銀行を狙うロビン・フッド。
 南軍兵士として戦いながら人生を台無しにされた悲劇の主人公。
 西部開拓時代の自由でアメリカ的精神を象徴する最後の男。
 法を嘲り自分自身のルールに生きたカリスマ的な反逆者。

 このようにこれまでも多くの本に書かれ、映画に登場した人物だが、もうひとつの謎があった。
 それは、メディアによって誇張され英雄視されたが故に心に傷を負い、結局自分の「伝説」に追い詰められ殺されてしまったことだ。
 この映画はそこに焦点を絞った。だから「アメリカで最も愛された無法者を、背中から撃った卑怯者の物語」ともなったのだ。

Wall_3_800  アメリカ一の卑怯者と言われたのが、右側の男ロバート・フォード。彼にとってジェーシーは最大のアイドル。自分にない全てを持つジェーシー、その全てを手に入れたかった彼が選んだのは、暗殺と言う手段しかなかったのだ。
 そのロバートを、ケイシー・アフレックがピットに負けず見事に演じた。「オーシャンズ・シリーズ」ではいつもピットと共演しているアフレックも、脚本を書き監督もこなす才人である。

Wall_6_800

 他の出演者は、兄にサム・シェパード(「アメリカ、家族のいる風景」)、ジェーシー一家と言われた無法者たちにポール・シュナイダー(「幸せのレポート」)、ジェレミー・レナー(「スタンドアプ」)、サム・ロックウエル(「グリーン・マイル」)、ギャレット・ディラハント(「未知からの生還者」)。
 女性陣はジェーシーの妻がメアリー=ルイーズ・バーカー(舞台女優)、ロバートの恋人ズーイー・デシャネル(「テラビシアにかける橋」)。

 この作品には列車強盗のシーンもあるが、銃を撃ちまくる「西部劇」ではない。ひとりの臆病者が、憧れてやまなかった彼のヒーローの背中に向かって、引き金を引くまでの息詰まる心理サスペンス映画である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2008

855.焼酎バー「黒瀬」(90)

 焼酎の話題を新聞・ホームページから。

 「『篤姫』酵母誕生
 全国唯一の焼酎学講座をもつ鹿児島大学に、テレビドラマ「篤姫」にちなむ「焼酎酵母」が誕生した。
 この酵母は、同講座の高峯准教授が開発したもので、出身地でもある今和泉の島津家城跡から採取した土壌から分離し培養した。
 そして学内にある蒸留施設「北辰蔵」で、この酵母を使って焼酎を仕込みこのほど完成させた。
 焼酎は、同大学の大学院生でもある蔵元の社長が商品化、年間3万本を販売する予定。
 蔵元の大山さんは「篤姫のような優しい味の焼酎が出来た。女性に受けると思う」とできばえに自信を見せている。
 鹿児島大学では、この酵母を「篤姫酵母」「姫酵母」の名前で商標登録を出願したが、県内の焼酎メーカーにも希望があれば配るという。
 「天翔宙」と名づけられた焼酎は、720ml瓶1480円 。この20日からまず3000本が売り出される。(朝日、西日本ほか)

 「鹿大産焼酎、続々誕生
 先週鹿児島大学焼酎学講座で、学生達が造った焼酎を試飲する初の「利き酒会」が行われた。
 同講座は昨年から学生を募集、農学部の3年生10人と焼酎業界に勤める社会人入学の大学院生4人が在籍している。
 この日は、昨年12月に枕崎産のサツマイモを使って仕込んだ焼酎をそれぞれが試飲、お互いに焼酎の香りや味を採点した。
 蔵元の社長でもある大学院生は「商品として通用する出来栄えのものが多く驚いた。講座で学んだ科学的な焼酎造りを、現場で生かしたい」と話し、講座で指導に当った鮫島教授は「学生の手による焼酎が実際にできたことは、講座としても大きな自信になった」と話している。(南日本、西日本)

 「ねんりんピック版焼酎誕生
 「焼酎を飲んで大会を成功させよう」と、ねんりんピック鹿児島2008のラグビー会場となるさつま町で、地元の蔵元3社が同競技のポスターをラベルにした焼酎を造った。
 この焼酎は、1.8ℓが1950円、900mlが1050円。先週からで町内の商店で売り出されている。
 蔵元では、売り上げの一部を協賛金とし町の実行委員会に寄付、大会経費に充てられる。
 ねんりんピックは、県内各地で10月下旬に開催される全国健康福祉祭の愛称。ラグビーには37チーム約900人が、全国各地から参加する。実行委員会では、来町した選手たちも記念のお土産として買って欲しい、と話している。(373news.com)

 「黒瀬」(渋谷区渋谷2-14-4 電話5485-1313)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2008

854.世界遺産ナスカ展

TesutoTesuto_001 BC100~AC700年の間、ペルーの南海岸地帯で栄えた「ナスカ」文化は、数々の地上絵で有名だ。
 左は「ハチドリ」の地上絵、右が「サル」の絵である。このほか「コンドル」や「クモ」「小鳥」「トカゲ」「オウム」「シャチ」「キツネ」などが、雄大なインヘニオ台地に刻まれている。その大きさは100m~200mと巨大なもので、一筆書で描かれている。
 この地上絵は、誰が何のために、どんな方法で描いたのかは、まだ定説はなく謎のままだ。ある空想家は「宇宙人の手」によるものだと主張し、ある者は偶然の産物だという。

 国立科学博物館で先週から、「アンコール・ナスカ特別展」が開かれている。これは一昨年ここから始まり、全国9会場を巡回した展覧会をバージョンアップして再度開催したもの。
 朝日新聞のアスパラクラブのHPをクリックして応募したら、特別ご招待に当選した。一般入場者が帰った後の17時30分から、無料で見学出きる。寒い夜だったが、上野まで出かけた。

 最後はスペイン人の侵略によって滅んだが、中南米にはインカ帝国など先住民が築いた高度な文化圏がいくつもあった。
 アンデス文明のひとつといわれるアスカ文化は、その前史にあたるもので、現在も次々と遺跡や出土品が発掘されている。

Tesuto_002Tesuto_003 特にこの一帯が砂漠等乾燥地帯 だったため、土器や織物、ミイラなどの保存状態が良く、原型を留めたまま出土したものが多い。
 今回特別に展示されている子供のミイラは、不思議な瞳を残したままこの世に甦った。

 上の写真左は「ピーナッツ入りの容器を持つサル」の土器、右はミイラを覆っていたマントだが、その造形はユーモラスで色もまた鮮やかだ。

 ハチドリやクモ、サルなど、地上絵と全く同じ図柄が描かれた土器も多数展示されている。つまり地上絵は、ナスカ人たちが描いたものに間違いがないのだ。

 ミイラをCTスキャンするなど、現代の技術で謎の解明が進んでいるそうだ。DNAの解析で、人種的にも日本人とも共通するものが多いと解説されていた。そんな事を知ると、彼等の作った土器や織物に親近感が沸く。
 あのサルの置物、何処かのおもちゃ屋から持ってきたのではないかと錯覚するのだ。

 「世界遺産ナスカ特別展」、今月24日まで上野公園・国立科学博物館で。  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 07, 2008

853.テラビシアにかける橋

Img_originalbook 「テラビシア」とは空想の王国のこと。30年前児童文学者キャサリン・パターソン が書いた本が原作となっている。
 「親が子供に必ず読ませたい本」として、世界24ヵ国500万部が発行されている。もともとキリスト教の布教師として、日本にも滞在したことのある彼女は、息子にふりかかったある出来事にインスピレーションを受け、一気に書き上げた。
 それは「子供たちが抱える葛藤や喜び、かけがえのない友情、想像力の素晴らしさと勇気、そして生命の尊さを書いた」物語だった。

Off01 この物語を映画化したのは、「ナルニア国物語」 のウオルデン・メディア。アニメ監督としては著名なガボア・クスボを監督に起用した。彼にとっての初めての実写映画となる。

 しかし作品の完成度をここまで高めたのは、何といっても2人の子役である。
 ジョッシュ・ハッチャーンは「ザスーラ」、アナソフィア・ロブは「チャーリーとチョコレート」の脇役として知られているが、今回は見事主役をこなした。
 まだ十代半ばの2人は「人生の真実に向き合わざる得ない子供たちの内面」を、素直にさらけ出した。
 脇を固めたのは父親役のロバート・パトリック(「ターミネーター2」)と音楽教師役のズーイー・デシャネル(「恋するレシピ」)。2人の子供たちに大きな影響を与える。

 脚本を書いたのが主人公のモデルとなった原作者の息子、デヴィッド・パターソンというのも面白い。母親の書いた本に自らの思い出を投射しながら、心の中の「テラビシア」を作り上げた。
 その「テラビシア」は、「ロード・オブ・リング」のVFXを手がけたWETAデジタルが映像化している。
 MISAが日本版イメージソングを唄い上げる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2008

852.ヒトラーの贋札

Book2 1959年、ナチスの元親衛隊員の証言でオーストリアのドブリッツ湖を浚ったら、大量のポンド紙幣が見つかった。その額1億3460万ポンド、全て贋札だったという事件があった。
 強制収用所で贋札をつくり、イギリス経済を混乱させようとした「ベルンハルト作戦」。これまでもたびたび映画などで紹介されたが、今回は収容所で直接贋札を作った印刷技師、アドルフ・ブルガーの著作の映画化である。

 著者自身も「正義感によって他人を危機に陥れるエゴイスト」として作品に登場するが、主役は贋札つくりのプロである。

20071031017fl00017viewrsz150x  この人物のモデルは、サロモン・スモリアノフ。1887年ロシア生まれの彼は、旅券や贋札の「ニセ作師」として国際的にも暗躍、1927年には50ポンド紙幣贋造の罪でアムステルダムで捕まり入獄したが出所後も仕事を続け、1936年ベルリンで捕まった後は、ユダヤ人でもあったので収容所送りとなった。そして「ベルンハルト作戦」の中心人物にさせられてしまう。
 戦後解放されてからも、贋造に手を染め国際手配されるもブラジルに逃亡、1978年彼の地で死去した。

 映画を撮ったのは「エニグマ奪還」「アナトミー」のステファン・ルツオヴィッキー、オーストリア映画界をを代表する監督である。
 彼は「理想主義を追うことで、反って他人の人生を狂わせてしまう」ことを、描く。それは主人公の話すこの言葉に凝縮される。
 「私は、今日の銃殺より、明日のガス室を選ぶ。今日は、生き延びられるからだ」
 つまり「不条理の世界でのよき行動とは何か、そこで生き延びる意味は何なのか」と理想主義と現実主義のハザマに生まれる緊張感を主題とした。

 キャストは、オーストリア・ドイツの役者達。顔なじみは少ないが、贋札づくりの主人公を、オーストリアのTV・舞台でも活躍しているカール・マルコヴィックスが演じた。
 手記を書いた印刷技師をアウグスト・ディール(「青い棘」)、それに主人公の彼と一夜を共にするカジノの女として、チャーリー・チャップリンの孫ドロレス・チャップリンが出演している。

 作品は、昨年のベルリン国際映画祭コンペテイションに正式出品されたが、今年のアカデミー賞外国語映画部門に、オーストリア代表としてノミネイトされている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2008

851.e-Tax(4)

 「オンラインでらくらく。確定申告はe-Taxをご利用ください。」「さらに便利で使いやすく!ネットでどこでも申告・納税。」
 税務署から送られて来た「ご利用のお願い」のパンフ。これに釣られてトライした結果は、ギブ・アップだった。所詮素人には無理?
 あきらめて「南の島」に避寒旅行。そして一週間が過ぎた。

 例年、国税庁のソフトを利用して申告書を作成、それを印刷して添付資料と一緒に税務署に持参している。
 この日曜日、気持ちを新たに作業開始。2度目の作業だから、迷うことなくデータをインプット、およそ10分で完了。印刷をクリック、「控」も含めて12枚がハードコピーされた。もちろん「5000円」の税額控除はナシである。

 しかし癪に障る。出費はもちろん、かなりの時間を消耗した。あの粟島浦の村民だって出来るのに何故だ。
 白紙に戻って始めからトレースしてみる。

 ①区役所で新しい「住基カードを取得」(区のミスで再発行なので無料)した折の資料を精読。
 ②JPKI(ICカードリーダライタ普及促進協議会)のホームページを読みながら「電子証明書の取得」を確認。
 ③公的個人認証利用者クライアントソフト」のバージョンアップ。もちろん「Java」のUpdateもパソコンを開いて確認。
 ④新規に購入した「ICカードリーダライタデバイスドライバのインストールをチェック。

 ここで重要な事に気が付いた。リーダライタ販売会社のホームページを見ていたら「クライアントソフトをインストールした後、リーダライタを設定する。」とある。
 先週「エラーメッセージ」が出たので、クライアントソフトをバージョンアップした。ならばリーダライタの設定も、始めからやり直さなければならなのでは?と。

 ④’まず「ドライバ」をパソコンからアンイストールする。そして「新規インストール」。リーダライタに「ICカード(住基カード)を差し込む。PC/SC動作」「リーダライタ情報」を確認。
 ⑤保存してある「開始届書」を確認。「利用者識別番号」「暗証番号」「電子証明書」「納税者確認番号」を再度登録。
 ⑥申告書データは、先の「持参用資料」を呼び出して「5000円」の控除だけを追加。
 ⑦完成した「申告書データ」に電子証明書を添付(住基カードをICカードリーダライタで読み込む)。
 ⑧e-Taxシステム」に送信。
 ⑨受信通知」が送られてくる。無事完了

 ここまで、およそ2時間。成功したが決して「カンタン申告」ではなかった。また、「還付金」が振り込まれるまでは、どうも納得いかない気持なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2008

850.e-Tax(3)

 新聞報道によると、新潟県の粟島浦村が「e-Taxの村」を宣言したそうだ。日本海に浮ぶ離島のため冬場は海が荒れ、対岸の村上市にある税務署に出かけるのが難儀という。そこで役場にあるパソコンを使って、村民はオンラインで確定申告をする。
 国税庁はPRになるとバックアップするし、ITに強い役場職員が手伝ってくれるから、きっとうまくいくだろう。

 私のブログ読者の1人は「悪戦苦闘記」を読んで諦めたらしく、こんなコメントを送って来た。
 「・・・・・というわけで、カードリーダライタが激安になるまでは、電卓と糊付け作業でいくことにする」と。

 そしてニフティの検索キーワード数は、「e-Tax」が代4位。
 それでは頑張ろう。 以下、先週土曜日の「e-Tax顛末記」である。

〔申告書データ作成〕
 先週土曜日のこと。書類も揃ったので国税庁ホームページを開き「確定申告書等作成コーナー」をクリックする。
 あとは画面の指示に従い、データを打ち込んでいく。まず「第三表」の申告分離課税「特定口座・株式譲渡」のデータ、続いて「公的年金等」の収入、「医療費控除」「社会保険料控除」「生命保険料控除」「寄付金控除」「配偶者控除」等々。
 数値は自動的に計算されて、「差引所得税額」「源泉徴収税額」との差(申告納税額)が現れる。ここで忘れてはならないのが「電子証明書等特別控除」5000円のインプットだ。
 結果は、28,148円の還付。受け取りのための郵便局口座番号をインプットして作業は完了。ここまでおよそ20分。

 〔電子証明書添付・オンライン送信〕
 住民基本台帳カードをカードリライタで読み込み、先に送られて来た「利用者識別番号」「暗礁番号」打ち込んで、申告書データに添付。データを一応保存した上で「e-Taxシステム」に送信。説明書の漫画通り「らくらく送信完了!」だ。

 結果は?パソコン画面には大きく「エラー」!!と出た。
 ここからが大苦戦だった。国税庁のサービス窓口の電話は、何回かけても話し中。あちこちクリックして 「エラーコード」を見つけて「ヘルプ」へ。パソコンのスタートからプログラム一覧を引っ張り出し「公的個人認証サービス・利用者クライアントソフト」へ・・・・。

 結論から言おう。ソフトがバージョンアップされていて、以前インストールしたソフトが使えないのだ。
 それならば、区役所の窓口で電子証明書を申請した時、なぜ一言注意してくれなかったのだ。素人には、バージョンアップの情報なんてなんも判らない。

 古いソフトをアンインストールした後、まず「Java VA」をインストール、「JPKI」のポータルサイトから新しい「公的個人認証サービスクライアントソフトVer2.2」をダウンロード、そしてインストール。この間は、古いノートパソコンを開いて「JPKI」のホームページを参照しての作業。

 新しいシステムを使って再度「オンライン送信」。しかし再び「エラー」。いろいろいじくりまわしているうちに肝腎の「申告書データ」も破壊!されてしまった。この間およそ2時間。

 続きは次回。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2008

849.恵方巻

080203_002_640 東京は久し振りの大雪。富岡八幡宮節分祭へのお参りは、諦める。今年の運勢が「六白金星」とあまり思わしくないので、福を招くつもりだったが。
 そこで「太巻き」でも「丸かぶり」して、お願い事を叶えて貰おう。

080203_005_640 今朝のスーパーのちらし、何処も「節分用・太巻き」のオンパレードである。そもそも「節分の日、恵方に向かって巻寿司を無言で丸かぶりする」習慣を、全国に広めたのがコンビニやスーパーだったからだ。
 30年前、セブンイレブンが「節分用恵方巻」を広島で売り出し、瞬く間に西日本に広がった。今世紀に入るとローソンが、続いてファミリーマートが全国に展開、数年前からは スーパーの棚にも並ぶ。 その市場ついに150億円を超えたそうだ。 381pxgod_of_toshitoku                                                       「恵方」とは、方位神のひとつ歳徳神(とんどさん)がいる方向。今年は「丙」の方位、南南東のやや右方向と「八幡暦」には記されている。
 だから節分の日、この方向を向いて願い事をすれば叶えられると言うのだ。
 太巻きを「丸かぶり」(まるかじり)する習慣は、江戸時代大坂・船場で始まった祈願行事だと伝えられている。商売繁盛・無病息災を、船場の商人たちが願ったのだ。
 戦後この風習は廃れたが、30年前大阪の海苔問屋組合が「販促キャンペーン」として「海苔祭」を開き、巻寿司早食い競争を行った。
 このイベントがヒントとなり、コンビニが「節分の日」の目玉商品を生み出したという歴史がある。

080203_003_640_2  スーパーで買った太巻き寿司は、2人前で980円の高級品!。大きすぎて結局切って食べたが、本来は歳徳神との縁を切らないよう「包丁で切らずにそのまま食べる」との事だ。
 商魂といえば商魂だが、国産の具だけを巻いた(と称する)太巻きを、今日一日ぐらいは、風習に乗って食べるのも結構なことだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2008

848.ナショナル・トレジャー

Photo_07 「パイレーツ・オブ・カビリアン」など、ヒット作を次々と飛ばすスーパー・プロデューサー ・ジエリー・ブラッカイマーが「ナショナル・トレジャー」の続編「リンカーン暗殺者の日記」を放った。

 本来シリーズ出演を避けてきたニコラス・ケイジが、このトレジャー・ハンターのキャラクターだけは自分の物にしたいと始めて連続出演をOKした。
Photo_02 だからいつも喧嘩している恋人の古文書研究家も、ダイアン・クルーガーが引き続き出演。父親ジョン・ボイト、天才ハッカー・ジャスティン・バーサ、フリーメイソンのFBI捜査官ハーヴェイ・カイテェルと顔を揃える。

 そして初めて登場するのが、古代語・先住民語に強い言語学者役ヘレン・ミレンともうひとりのハンターエド・ハリスである。
 ミレンは、昨年「クイーン」でアカデミー主演女優賞をはじめ映画祭の主要な賞を独占したあのイギリス女優である。
 言語学者ヘレン・ミレンはまた、ニコラス・ケイジの母親という立場。つまりジョン・ボイドの別れた妻ということで物語を面白くする。

 役者が同じなら、スタッフも「ブラッカイマー」組が顔を揃える。
 監督ジョン・タートルトープは「クール・ランニング」のヒットでブラッカイマーに認められ、前作の監督に抜擢された。
 テッド・エリオットとテリー・ロッシオの脚本コンビは、「パイレーツ・オブ・カビリアン」でも大ヒットを飛ばしたし、前作に引き続いて音楽を担当したトレバー・ラビンは、「アルマゲドン」「60セカンズ」など映画音楽では数々の賞を獲っているベテランだ。

Photo_05  お話はいわゆる「都市伝説」と古代史の組み合わせ。「リンカーン大統領暗殺の謎」をベースに、「南軍ゴールデン・サークル騎士団の隠し財宝」「自由の女神像に隠させた謎」「国璽と大統領紋章の謎」「聖地ラシュモア山の謎」、それに前作を引き継いだ「テンプル騎士団」と「フリーメイソン」とくる。

 今回は、前作以上に大規模なロケを敢行している。
 歴代大統領4人の彫像が岩に彫られている、サウスダコダのラシュモア山をはじめロンドンのバッキンガム宮殿、パリ・リュクサンプール公園。もちろん話の中心となるワシントンではホワイト・ハウス、議会図書館、リンカーン記念館が舞台となる。
 そういう意味で、世界旅行好きにとっては楽しい映像の連続である。

 主役のニコラス・ケイジ、すっかりトレジャー・ハンターになりきっていた。
 フランシス・フォード・コッポラ監督の甥、ソフィア・コッポラとは従妹同士というケイジ、「リービング・ラスベガス」(’95)でアカデミー主演男優賞を獲って以来、「ロード・オブ・ウオー」「アダプテーション」などハリウッドを代表する俳優の1人となった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »