« February 2008 | Main | April 2008 »

March 31, 2008

893.桜・さくら・サクラ

080330_001_4
     中央区・日本橋さくら通り(28日14時)

080330_009_2
     渋谷区・代々木公園(29日13時)

080330_041
      中央区・大川端リバーサイド(30日10時)

080330_043
    江東区・お江戸深川・大横川(30日13時)

080330_015_640080330_017_640080330_025_640080330_040_640   

| | TrackBack (0)

March 29, 2008

892.ノーカントリー

018 昨年のカンヌ国際映画祭に正式出品され、その後は世界各地の映画祭に招待された「NO COUNTRY FOR OLD MEN 」。
 今年のアカデミー賞では作品賞他4部門でオスカーを、ほかゴールデングローブ賞や各地の映画批評家協会賞を総なめした映画である。
 なかでもコーエン兄弟への監督賞とハビエル・バルデムへの助演男優賞が光る。

 兄ジョエルと弟イーサンのコーエン兄弟は、共同でまたは役割分担して脚本・監督を務め、製作した作品のほとんどがカンヌやアカデミーの賞を独占するという異能の映画人だ。
 例えば30代の頃の作品「バートン・フインク]('91)は、カンヌでパルムドールをはじめ監督賞・主演男優賞。「ファーゴ」('96)はカンヌ・監督賞、アカデミー脚本賞・主演女優賞。「オー・ブラザーズ」(00)はゴールデングローブ、「バーバー」('01)カンヌ・監督賞、「レディ・キラーズ]('04)カンヌ・審査員賞等々である。
 
 兄弟の作品には、ブラックコメディー が多いがこれまでは「完全オリジナル」、今回が初めての「原作」映画化。それもアメリカ文学界の異端児、ピューリツアー作家のコーマック・マッカーシーの作品「血と暴力の国」(邦題、原題は映画と同名)である。
 「この小説には独特のユーモアと暗さがあり、血なまぐさい。これは最も暴力的な映画になる予感がした」とコーエン兄弟。

 映画は「逃亡劇」であり「追跡劇」である。
328975view007328975view006  大金を盗んだため、追っかけられる人生を選んでしまったリタイア男・ジョシュ・ブローリン(「アメリカン・ギャングスター」)。
 目的のためには、自分の身体でさえ道具にする異様なまでも生真面目な殺し屋・ハビエル・バルデム(「海を飛ぶ夢」)。
328975view008  そして「逃げる男」を保護し「追う男」を捕らえるために、二人を追う引退間近い保安官・トミー・リー・ジョーンズ。彼はまた、この作品の語り部の役も務める。
 ジョーンズといえば、「逃亡者」でハリソン・フォードを追ってアカデミー助演男優賞を獲ったあの保安官である。今回は少々草臥れてはいるが、主役になった。

328975view001  映画の話題はなんと言っても、あらゆる助演賞掻っ攫ったスペインを代表する俳優バルデムである。
 「バルデムの演じた恐ろしく異様な殺し屋は、一瞬にしてこの作品を歴史に刻んだ」(ニューズウイーク)とあるように、ゆきずりの男であっても邪魔だと思ったら、必ずボンベ付のエアガンで撃ち殺す。それが彼にとっての殺しのルールなのだ。
 この可笑しいほど残酷な異様さが、コーエン兄弟のメッセージなのだ。

 映画は、原題の「老人たちに住む土地はない」というより、邦題が暗示するように人間にとってこの世はもう「ノーカントリー」なのだ、という「黙示録」になっている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 28, 2008

891.スルース

329519view003 まるで舞台劇を見ているような、洒落たイギリス映画である。
 出演者は、たったの二人だけ。一人は初老の推理小説家、知性的でスタイルに拘る紳士だが、尊大で無慈悲なところもある。
 もう一人は俳優と自称するが実は若い美容師、女はもちろん男も惑わす美貌の持ち主、しかし野卑にて繊細。
 この二人の関係、それは寝取られた男と寝取った男というわけ。

 話は、寝取った若い男が愛人の亭主に離婚を求めて、豪勢な屋敷に押しかけてきたところから始まる。二人の一挙手一投足、ひとつひとつのセリフが観客をも困惑させる「だまし絵」の世界に誘う。

 この傑作ミステリーは、35年前「探偵<スルース>」として映画化された。役者は、初老の小説家に名優ローレンス・オリヴィエ、若い男がマイケル・ケインだった。
 作品は評判を呼び、オリヴィエとケイン二人が同時にアカデミー賞の主演男優賞にノミネイトされた。
329519view004_2  そして今回は、オリヴィエの役を今年75歳になるケインが演じたのだ。
 若い男の方は40歳若いジュード・ロウだが、彼は今回の再映画化にあたってプロデューサーを兼ねており、ケインを口説いて出演させた。
 二人が熱のこもった演技をぶつけ合うのもこうした背景がある。

 マイケル・ケインといえば、イギリスを代表するベテラン俳優。2度にわたってアカデミー賞を受賞している。最近の作品は「プレステージ」。
 一方のジュード・ロウ、今が盛りの中堅俳優。「ホリデイ」「オール・ザ・キングスメン」「マイ・ブルーベリー・ナイツ」と、立て続けに彼の主演作が日本で上映されている。

 そして洒落た演出をしたのは、ケネス・ブラナー監督。ローレンス・オリヴィエ2世とも言われるシェイクシピア役者だが、「ヘンリー五世」の監督・主演で映画界に進出、話題作「魔笛」はこのブログでも紹介した。

 さらに今回は、ノーベル文学賞作家でもあるハロルド・ピンターが脚本を書いた。御歳78歳とは信じられない若さ溢れるストーリー構成である。

 両刀遣いの男たちが色気をたっぷり見せて、金と欲望と嫉妬の戦いは、己の持ち物とベッドでの腕を自慢しながら続く。その判定が出きるただ一人の女、小説家の妻が決して顔を見せないのがオチ。  

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 27, 2008

890.焼酎バー「黒瀬」(92)

 焼酎の話題を、最近の新聞・HPから要約で。

 「全量芋仕込み焼酎誕生」
 鹿児島県工業技術センターと四つの焼酎蔵元が協力して、サツマイモで作った麹の開発に成功、「全量芋仕込み焼酎」を商品化した。
 芋麹を使った焼酎は風味が良いことから、焼酎愛好家からのニーズが高い。しかし芋は米に比べて水分が多く、麹が安定して作れないという難点があった。そこでセンターと蔵元で研究会を設け、5年前から安定した品質を持つ芋麹の開発に取り組んできた。
 量産化に成功した芋麹は、小さな粒状の「乾燥さつまいもダイス」に麹菌を混ぜたもので、この麹を使った焼酎は、香ばしさとすっきりした風味を持つという。
 現在市販されている銘柄は次の通り。「根唐芋」(薩摩酒造)、「島津藩」(田苑酒造)、「さつま小鶴いもいも」「蔵の師魂いもいも」(小正醸造)、「海童2000純芋」(濱田酒造)。(かごしまフアンNET)

 「焼酎販路拡大シンポ」
 「焼酎ブーム一服」との声が上がるなか、鹿児島本格焼酎技術研究会では、「本格焼酎の可能性を探る」と題して東北・北陸などの清酒圏、また海外への販路拡大を狙うためのシンポジュウムを開いた。
 壇上には、酒業界専門ジャーナリストや蔵元の技術者ら6人が並び、それぞれ意見を交わした。そして「改めて焼酎の魅力をPRしなければならない」「中国など輸出を伸ばすには、その国の人々の好みにあった味や香りを引き出し工夫が必要」等々の意見が出された。
 パネル・ディスカッションの前には講演もあり「全量芋仕込み焼酎の製造技術」が紹介された。またこのほど開発された「篤姫酵母焼酎」の試飲会も行われた。(373com)

 「春限定の芋焼酎発売」
 薩摩本格芋焼酎生産者協議会は、このほど春季限定の芋焼酎「春薩摩旬(とき)あがり」を、7社各5000本限定で販売開始した。
 この焼酎は、蒸留後180日以上熟成させたもので、まろやかな味わいが実現した。そしてラベルに桜などをデザインして、春らしさを演出している。
 900ml 970円。問い合わせは事務局099(269)9558。(南日本)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 26, 2008

889.アメリカを売った男

329607view005 アメリカのエージェントの中では、史上最悪の裏切り者と言われているロバート・ハンセン。2001年に逮捕されたFBIハンセン捜査官は、終身刑の判決を受け、今コロラド州連邦刑務所に服役している。

 対ソ連・ロシア諜報の責任者であった彼が、実はKGBのスパイで、20年間にわたってFBIだけでなくCIAやホワイトハウス、国防総省、国家安全保障局の極秘文書を売っていた。
 彼が売った情報の被害額は10億㌦を超えると言われているが、それよりもアメリカがKGBに送り込んだスパイの身元が割れて、50人以上が抹殺されたことによる損失ははかり知れない。

 この映画は、ハンセンの犯罪の確証を掴むために、彼の補佐官としてオトリ捜査に送られた若きFBI調査官エリック・オニール、その証言をもとにハンセンが逮捕されるまでの2ヵ月を描いたものである。

329607view007  映画の主人公の一人、ハンセン捜査官を演ずるのはクリス・クーパー。「アダプテーション」でアカデミー助演男優賞を獲ったカメレオン俳優とよばれるベテラン、「ボーン・アイディティ」や「カポーティ」でも名脇役を見せた。
 クーパーは、既に追われる身である事を悟ったスパイの沈鬱といらだち、誰かを信じたい哀れさをうまく表現する。

 もう一人の主役オニール調査官はライアン・フィリップ(「父親たちの星条旗」)。捜査官昇進をエサに、真実を知らされぬままにハンセンの動静を探らさ競られる。
 その上役の女性捜査官がローラ・リニー(「ミスティック・リバー」)、ハンセンンの犯罪を捜査する50人のFBIの指揮官にデニス・ヘイスハート(「ジャーヘッド」)という組み合わせである。

 監督は、「ニュースの天才」で脚本・監督を務めたビリー・レイ。脚本もエリック・オニールの監修を受けて彼が書いた。映画ならではのサスペンスの手法はさすがだ。

329607view003 「追うものと追われるもの、その二人が同じように真二つに引き裂かれるキャラクターに引かれた」とレイは語っているが、「ハンセンはなぜ祖国を裏切ったのか、またいかにして裏切りを隠し続けたのか」、映画はまさに人間の深い心の闇に迫っていく。

 スパイ映画、例えば007シリーズのような派手さはないが、犯罪に手を染めた捜査官と彼の中に潜り込んで苦しむ若き調査官の心理戦が見もの。

 原題は「Breach」、違背・侵犯というより秘密漏洩と訳すべきか。それを「アメリカを売った男」とズバリネイミングした邦題は傑作。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2008

ブログ休刊

 ニフティ・ココログのメンテナンスのため、本日のブログは休刊します。
 ニフティのデータベースを整理するためだそうです。

 明日は、映画「アメリカを売った男」を紹介する予定です。
 7年前にアメリカで生じた事件で、情報戦史上最大の汚点と言われたものです。
 明日、日比谷シャンテで観ます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2008

888.明日への遺言

Ashitahenoyuigon02_1024 小泉堯史監督の作品は、安心して観られる。そして必ず感動を得られる。「雨上がる」('99)「阿弥陀堂だより]('02)「博士の愛した数式]('05)そして4作目の「明日への遺言」、いずれも静謐な映画である。

 第二次世界大戦でB級戦犯となり、軍事裁判を一人で戦い抜いた岡田資を描く。彼は、米軍の無差別空爆の非合法性を訴え、部下を助けるため責任を一人でとる覚悟を決めた信念の人。
 その役をベテラン俳優藤田まことが演じた。

328955view004  映画は、ほとんどの軍事法廷内のシーンである。アメリカ人主任弁護士ロバート・レッサー(「エンド・オブ・デ」)、主任検察官フレッド・マックイーン(「ローレライ」)、裁判長リチャード・ニールと藤田との厳しいやりとり、それに弁護側証人西村雅彦、蒼井優、田中好子が無差別空爆の悲惨さを訴える。
 ロサンゼルスと東京で、60人を超える外国人俳優のオーディションで選んだ役者たちの演技は本物だ。

328955view001  日本最大級の400坪スタジオに作られた、当時の「横浜地方裁判所法廷」のセット。3台のカメラが人物を追う。
 撮影監督は上田正治、「影武者」「乱」など黒澤明監督の作品を殆ど担当してきた。そして黒澤の後継者小泉の作品は、彼が全て撮っている。

  100mmから300mmと、絶えずレンズを換えて撮った法廷真正面からの映像、藤田を捉えた構図の向こう、傍聴席には岡田夫人役冨司純子の姿が必ずある。
 その二人の表情が、だんだんと変わっていく。冒頭は厳しい二人、そして裁判が進行するに連れて柔和に、最後判決の時はまるで菩薩なのだ。

 原作は大岡昇平のノンフィクション「ながい旅」(角川文庫刊)。「岡田中将が命を懸けてまでも伝えたかったこと、守り抜いたものとは何だったのか」、小泉堯史と共同脚本のロジャー・パルバースはそれをきちんと書き込んだ。
 作家で演出家でもある東京工大教授のバルバースは、イラク戦争を経験したアメリカ人なら岡田の気持ちは理解出きるだろう、と言う。

 「戦争を見つめることで、平和の意味を考え、逆境の中にあって人間としての責任を全うする・・・・。この映画の主人公、B級戦犯、岡田資中将は、われわれにこのことを教えてくれた。戦争を体験した最後の世代の一人として、この岡田中将の遺言を、明日を担う若い人々に託したいと思う」
 今年77歳のプロデューサー原正人のメッセージである。
 岡田を含め、BC級戦犯で絞首刑となった軍人は900人を超える。TV名作「私は貝になりたい」が一般兵士ならば、この映画は責任ある上官の生き様だった。

 死を前にした男たちの歌う「ふるさと」が、最後まで耳に残る。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 21, 2008

887.黒い土の少女

 渋谷・宮益坂を上った右の路地に、「イメージフォーラム」というミニ・シアターがある。焼酎バー「黒瀬」の近くなので、時々覗く。
 座席数108と64の2スクリーンだが、ここではインディペンデント系の話題作・問題作を見ることができる。
 また付属の映像研究所もあり、映像作家やアニメーション作家を育てている。

Main  昨日見た映画は「黒い土の少女」。もっと早く紹介すれば良かったのだが、今日が最終日である。

 この作品、これまでの韓国映画のイメージをがらりと変える。「反韓流」とイメージフォーラムが宣伝しているが、まさにその通りだ。

 高度経済成長から見捨てられ、閉山を余儀なく迫られている炭鉱の町。そこに住む3人の親子の物語だが、主人公である9歳の少女の心の風景が主題である。
 寂れ行く炭住、人通りの無い商店街、錆付いた鉱山の建物、雪の残るボタ山、遠くの山々、ほとんど列車も通らない踏み切り・・・・。
 炭塵で肺を侵され酒びたりの父、障害児の兄、その全てを背負った少女はこの世界に何を見たのか。

 監督は釜山の大学で映画を教えているチョン・スイル。パリの大学院でアンドレイ・タルコフスキーの映画を学んだ彼は、「インディペンデント」の立場を守るためソウルを離れる。「反韓流」の所以である。
 「喪失感」を基本テーマに、これまで4本の映画を撮ってきた。カンヌでも作品は招聘され、各地の国際映画祭にも入賞した。
 そして5作目の「黒い土の少女」は、昨年のベネチア国際映画祭で芸術映画館連盟賞を獲った。また釜山国際映画祭では、最優秀アジア映画賞に輝いた。

 主役の少女ユ・ヨンミがいい。夢を見ているような、どこか遠くを見ているような目が印象的だ。監督もまた、その目に惚れて選んだ名子役だ。
 映画のラスト、少女の視線が真正面からスクリーンの外側へ、つまり観客を捉える。監督がこの作品で語りたかった事が、集約される。

 同じように、閉山に追い込まれた炭鉱の少女を描いた今村昌平の作品があった。映画評論家の川本さんは、この「にあんちゃん」(’59)をリアリズムとすれば、「黒い土の少女」はファンタジーだという。
 まさに寓話というか、神話的な世界を描いた作品である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2008

886.続・消えた年金記録

 昨年の9月、偶然にも「年金記録」の記入洩れが見つかった事は、このブログでも報告した(734号・07.9.14)。
 それから半年もかかって、訂正された「年金証書」と「厚生年金保険裁定通知書」が送られてきた。
 宙に浮いてる「5000万の年金記録」、その特定作業で大忙しなのは判るが、見つかった記録による訂正に6ヶ月もかかるとは驚いた。
 昨年暮れ、どうなっているのか社会保険事務所に問い合わせたところ、もう少し待って欲しいとの返事だったが。

 証書に同封された「詫び文」の一部を紹介しよう。
 
 「この度の年金記録をめぐるさまざまな問題につき、皆様にご心配をおかけし、お手をわずらわせましたことを改めて心よりお詫び申し挙げます。
 今後は、一刻も早く国民の皆様の年金制度に対する信頼を回復できるよう・・・・・・・最善を尽くして参りますので、今後ともよろしくお願い申し挙げます。
 今般、あなた様の年金記録に訂正があったことに伴い、年金の裁定または年金裁定の訂正処理を行いましたので、ご確認ください。
 なお、この処理によりさかのぼってお支払いする年金の取り扱いについて、下記のとおりお知らせします。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 とあって「さかのぼってお支払いする年金の所得税の扱いの説明」、そして最後に「『時効特例給付』のお支払いに関するお知らせは、後日お送りいたします。(このお知らせを受けとってから3~4か月程度お待ちください。)」 

 税金の場合、納付が遅れると延滞金を取られる。さて、遅れて支給される年金、利子!はどうなるの?
 本来の年金をキチンと受け取れるのは、まだまだ先のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2008

885.小江戸雛めぐり

080312_070

080312_068_640080312_055_640080312_062_640 小江戸と呼ばれる「佐原」、利根川沿いの水郷の町である。
 「暖簾」「格子戸」「蔵造り」・・・・。千葉県有形文化財に指定された商家が、利根に流れ込む小野川沿いに並ぶ。
 関東では初めて国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定された。

080312_063_640080312_065_640 佐原はまた江戸時代に「日本実測地図」を作った、伊能忠敬の出身地としても知られている。
 そして桃の節句になると、伊能家を始めとして町中が「雛の博物館」になる。

 江戸時代この地は、物産の集散地として栄えた。一帯には河岸問屋や醸造所が並び、農産物や商品が川を利用して江戸に運ばれた。
 今も続く商家たちが、この季節になると代々伝わる雛壇を飾って、道行く人たちを楽しませてくれるのだ。
                                       
080312_074_640_4080312_060_640_2080312_054_640080312_075_640  和菓子屋さん、薬屋さん、酒屋さん、小間物屋さん、佃煮屋さんとその数は35店を超える。
 この季節だけ、廃業した本屋さんも店を開けて雛を飾る。

080312_059_640_2080312_073_640_3   これは「佐原まちぐるみ博物館」なのだ。
 生活に密着した形で、町の歴史に触れる事のできる新しい博物館。5月には武者人形が、ある時は自慢のお宝が並ぶ。
 「中に入って、おかみさんとの対話を楽しんでください」と、佐原おかみさん会が呼びかけている。

 JR成田線佐原駅下車徒歩10分。東関東自動車道佐原・香取インターチェンジから15分。小江戸さわら小野川・町並み舟めぐり、水郷佐原・十二橋舟めぐりも楽しめる。
 近くには、国指定重要文化財「香取神宮」もある。   

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 18, 2008

884.春・犬吠埼

080312_035

080312_036_640_2080312_041_640_2080312_045_640_2  房総半島の東端「犬吠埼」。黒潮が洗うこの岬の春は早い。
 久し振りに潮風にあたる旅に出た。
 
 地球が丸く見える事で知られる灯台は、残念ながら工事中。仕方がないので、波しぶきの磯を歩く。

080312_033

080312_018_640080312_031_640 犬吠までは、JR成田線銚子駅から今話題の「銚子電鉄」に乗った。
 この鉄道、1922年設立と関東地方でも旧いほうだが、10数年前に土建屋に乗っ取られた。その後その土建屋が横領罪で逮捕され、有罪判決を受ける。会社は自己破産してしまったのだ。

 存続の危機に立ち上がったのが全国の鉄道フアン。「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」と、会社が訴えるホームパージに応えて、昨年「銚子電鉄サポーターズ」が結成された。
 ボランティアたちは、「まくら木交換」「踏み切り設備改善」のための基金を集めたり、さまざまなイベントを仕掛けている。
 それがインターネットで話題となり、銚子電鉄に乗ろうと観光客が押し寄せてきたのである。

080312_022_640_3080312_029_640080312_025_640_3  今回乗車したのは、デハ1001号「桃太郎電鉄ラッピング」車。コンピューター・ゲームとタイアップして広告費を稼ぐ。
 実はこの電車、昔地下鉄銀座線を走っていた車両なのだ。と言う事は、たびたびお世話になった車体なのだ。
 そしてご覧の通り、車内は銀座線並の混雑である。ウイークデイ、お昼の時間帯なのに。080312

 銚子から終点とかわ駅まで6.5キロ、駅の数は10箇所。料金は片道320円、観光客のための一日乗り降り自由の「弧廻手形」は620円。これには、銚子電鉄が自ら製造・販売している「ぬれ煎餅」が一枚付く。  
                                                 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2008

883.武田光弘個展

026

 TVディレクター時代の先輩武田さんから、今年も絵画展の案内をいただいた。今日から23日(日)まで、東京駅八重洲地下街にある「ギャラリー八重洲・東京」で催される。
 昨年の春から夏にかけて滞在したフランスやイタリアの風景画、静物など20数点が展示される予定だ。

 昨年もこのブログで紹介したが、武田さんは放送関係の仕事をリタイアした60代半ば、華麗なる転進を遂げた。6年前突然パリに住み、油絵を描き始めたのだ。そしてプロの画家としての道を歩き始めた。
 父親が画家だったから、美のDNAは継いでいたのかも知れないが、それまでは絵筆を握った事もなかった彼である。

 以来6年、半年はパリで暮らして絵を描く。そして3月に東京で個展を開く。始めの頃口うるさい仲間達は、「道楽も才能のうち」と冷やかしていたが、今では脱帽である。
 武田さんから頂いた葉書によれば、「絵が少しずつ変化してます。自分でも不思議に思っているのですが」とあった。
 明日にでも出かけてみよう。彼の絵の変化が楽しみだ。

 なお今夜のテレビ番組でも、紹介される予定である。
   「佐藤しのぶ出逢いのハーモニー」
    17日21:00~ テレビ神奈川、テレビ埼玉
    〃  22:30~ 千葉テレビ

027

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 15, 2008

882.東京道産酒の会(21)

 月に1回、北海道を慈しむ仲間が集まり、地元の酒と料理と会話を楽しむ「東京道産酒の会」。かっての北海道勤務時代を想い出す人、北海道で青春を送った人、北海道にエールを送る人たちの集まりである。
 192回の夜も、ジャズのナマ演奏を聴きながら、楽しい時間を過ごしたbottle

 今回は、池田会員の紹介によるスペシャル・ゲストの尺八演奏がメイン。13歳から尺八を習い、今では日本国内はもとより欧米でも活躍している帯広出身の菅原久仁義さんの登場である。
 菅原さんの弟子でもある、池田会員のガイダンスによれば
 ①尺八と洋楽との違いは、音と音の中間にある微妙なもう一つの音が出せる。
 ②その音色は幽玄・深遠と禅の世界に通ずる。
 ③尺八には癒しの効果がある。耳には聞こえない音が出て人の心をリラックスさせる。
とのこと。
 菅原さんの尺八の演奏曲はバッハやベートーベンの曲と共に、1977年に打ち上げられた探査衛星「ボインジャー2号」に搭載されて、現在も宇宙を飛んでいるそうだ。

P1000023_640  演奏はまず菅原さんの尺八ソロによる「鹿の峠」。これは虚無僧たちが吹く名曲の一つだそうだ。
 続いて中山育美さんのピアノとコラボして有名な「春の海」、会の最後にはアンコールとして「イット・オンリー・ペーパームーン」をクラリネット、ピアノ、ギター(阿部寛)、ベース(小林眞人)のジャズ・カルテットと共演した。
 とくに清水出身の後藤雅広さんのクラリネットと帯広出身の菅原さんの尺八の掛け合いが会場を沸かせた。note

 石水会員から、「白い恋人」に対して会員からの激励に感謝する旨の挨拶と、営業再開後の動きについての報告があった。
 再開後、以前より3倍の売り上げがあり海外からの注文が増えてる。チョコレートの本場スイスやベルイーにも「北海道のチョコレート」の美味しさを知ってもらいたい、とのこと。
 また千竜会員から、北海道言葉「おばんでした」の講釈。過去形で話すのは、道産子にとっては丁寧な言葉なのか?

 今回の献立・北海道産の食材は「烏賊」「鰊」「帆立貝」「ジャガイモ」「キャベツ」「行者にんにく」「蕗の唐」「タラの芽」・・・・。酒は「国稀」。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2008

881.クロサギ

021

 「詐欺師には人を騙して金銭を巻き上げる白鷺(シロサギ)、異性を餌に心と体を弄ぶ赤鷺(アカサギ)、人を喰わずシロサギとアカサギのみを喰う黒鷺(クロサギ)がいる。」

 父親がシロサギにはめられて、無理心中した家族のたった一人の生残りが主人公。
 彼は家族を破滅に追い込んだシロサギをひたすら憎み、そのシロサギを喰いちぎる男のリベンジ。
 先週末封切られた映画である。

S_2 ストーリーからも想像がつく様に、これは「劇画」が原作。5年前若干22歳の黒丸が、「週刊ヤングサンデー」に連載を開始した作品が基になっている。
 原案は、夏原武48歳。アウトローの世界に身を晒し「サギの手口」などのドキュメントを書いてきた。この体験が、ストーリーにリアリティーを持たせる。

328970view003  劇画は2年前TBSの金曜ドラマになる。現実の詐欺犯罪を、圧倒的なリアリティーと巧みなストーリーティングで描いたと評判になった。
 そしてTBSが総力あげて映画化した。

 出演は、TBSドラマのメンバーが顔を並べる。
 「クロサギ」は、NEWSのリーダー山下智久、映画は初出演だ。他、詐欺師業界の大黒幕に山崎努、知能犯追うキャリア刑事に哀川 翔、クロサギを慕う女子学生に掘北真希と市川由衣の皆さん。
 映画で初登場は山下の敵役、史上最悪のシロサギ竹中直人ほか、大地真央、飯島直子、笑福亭鶴瓶、石橋蓮司など芸達者の面々である。
 そして監督もドラマに引き続いてTBSの石井康晴がつとめた。

 オレオレ詐欺から始まって、巨大な金を騙し取る詐欺事件は、毎日の新聞・テレビを賑わす。もう慣れっこになってしまったのか、驚く事もないし被害者への同情も沸かない。
 しかし肉親を犠牲にした被害者たちの、リベンジの気持ちは良くわかる。だからコミックもドラマも、そして映画もヒットするだろう。

 ただ「クロサギ」を始めて映画で見る人は、少々戸惑うかも知れない。愛読者、テレビフアンを前提にした組み立てだからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2008

880.バンテージ・ポイント

329345view007 この半年「大統領暗殺」をテーマにした映画を、3回見た。「(ブッシュ)大統領暗殺」「大統領死す」、そしてこの「バンテージ・ポイント」である。

 「民主主義国家」アメリカの大統領は、命がけである。43人の歴代大統領の中で、A・リンカーン、J・ガーフイールド、W・マッキンレー、D・ケネディと4人が暗殺されている。狙撃を受け間一髪で助かったレーガンなど、襲われた大統領はもっと多い。
 日本の場合は、58人の総理のなかで現職中に殺されたのは、原敬と犬養毅の二人だけ。浜口雄幸は未遂だったが、それが原因で退任後病死した。伊藤博文は何度も首相を務めたが、暗殺されたのは退任後である。
 イギリス、フランス、ドイツなどのケースと比べても、アメリカの比率は高いのだ。

329345view004329345view005   この映画は、テロ撲滅のためのサミットが開かれたスペインのサラマンカが舞台。歓迎とデモの大群衆の目の前で、アメリカ大統領が暗殺された前後30分を描いたものだ。

 面白いのは、この1時間を8人の目撃者の視点で、8回繰り返して見せる手法である(リワインド)。そして8つのシーンが一つになった時、暗殺の真実が暴かれる。
 8人のひとりは、以前にも大統領の盾となって重傷を負ったシークレット・サービス(デニス・クエイド)。それにコンビを組むもうひとりのシークレット・サービス(マシュー・フォックス)、テロで妻を亡くした旅行者(オスカー俳優フォレスト・ウイテッカー)、サミットを中継する女性ディレクター(シガニー・ウイーヴァー)、地元の覆面刑事(エドヴァルド・ノエリガ)、その恋人(アイエレット・ゾラー)、テロリスト(エドガー・ラミレス)、そのリーダー(サイード・タグマウイ)。
 もちろん大統領(オスカー俳優ウイリアム・ハート)も目撃者ではあるが犠牲者だから、彼の「視点」別だ。

329345view006  考えてみると、うまい作りだ。同じシーンの繰り返しだからロケ時間は節約?される。しかし、その繰り返しが見るものに緊張感を与え、休む間も無いダイナミックなアクションとなる。
 監督ピート・トラヴィスは、そこをきちんと計算している。
 現代らしくハンディカムと携帯電話が、重要な小道具となったリアルなお話である。

 アメリカ大統領の予備選が大きな話題となっている。民主・共和で今残っている候補の中では、オバマの安全を守ることが最も重要だと、ある識者がコメントしていた。外からのテロリストだけでなく、アメリカは絶えず内部にも狂信者を抱えているからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2008

879.アスパラ屋仁左衛門

P1000011_640 郷里からアスパラガスが届いた。さっそくナマで齧って、次はボイル、夜はバター炒めと天麩羅でいただいた。
 前日収穫したもので、香りがよく柔らかくて美味しかった。
 残りは、水を入れた容器に立てたまま入れて、冷蔵庫に保管している。これで1週間は鮮度を保つ。

Img55446846  栽培したのは、鹿児島・吹上の森下農園。友人の大学時代の同級生、大阪出身と群馬出身の夫妻一家が、農業を志して東京からやってきた。  異郷に就農して4年目になる。
 彼等は「世界一美味しい、感動できるアスパラ作り」を目指して、土造りからスタートした。
 なれない土地と始めての農業、苦闘の末にようやく販売するまでに至った。そして今月、楽天に「アスパラ屋 仁左衛門」を開店する。インターネットによる全国販売を開始したのだ。

 アスパラガスといえば、北海道や長野など寒冷地が特産地である。鹿児島での栽培はあまり聞かない。
 しかし温暖な気候を生かすと、3月から11月ごろまで収穫ができる。とくに春先の今と、9月下旬以降のものが美味しいそうだ。

 アスパラガスは、生育旺盛な植物である。だから大量の堆肥が必要だ。彼等は、減農薬・減化学肥料にこだわり、有機物や発酵させた牛糞堆肥を大量に畑に鋤きこんでいる。
 その栽培法によって、鹿児島県からエコファーマーの認定を受けた。

 栽培面積は約30アール、1000坪である。これから1日2回以上の収穫作業が、毎日続く。注文順に全国何処でも送るそうだ。
 このアスパラガスを食べたら、もうスーパーのものは食べられない。本当に美味しいのだ。

 価格は、楽天オープン記念として当面は送料無料、500g1380円、1kg2640円、2㎏4680円。
 詳しくは下記をクリック。

 http://www.rakuten.co.jp/nizaemon/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2008

878.焼酎バー「黒瀬」(91)

 bottleふるさとの焼酎の話題を、最近の新聞・HPから要約で。

 「同級生で手作り焼酎」
 「飲ん方ばっかいしても銭にならん」と、南さつま市の万世中学校を昭和36年に卒業した25人が、地元の原料に拘った焼酎を造った。そして銘柄を卒業年度にちなみ、「昭和みろく(36)」と名づけ、全国の同級生たちに販売している。
 このアイデアは、地元に残った1人が「皆で集まって飲むにも金が掛かる。芋を植えて焼酎を造れば同窓会の経費も助かる。作業で集まるたびに飲ん方もできる」と提案、同級生でもある蔵元の社長の指導で始まった。
 「自分達が造る焼酎だから原料にも拘ろうと、除草剤も使わず20aの畑でサツマイモを栽培した。
 このほど出来上がった焼酎500本には、書家でもある同級生がラベルを書き、同級生向けに発送を始めている。(南日本)

 「コミュニティーで手作り焼酎」
 薩摩川内市の寄田コミュニティーでは、地域起しの一環として荒廃農地を利用してサツマイモを植え、焼酎造りに取り組んでいる。
 銘柄は「よりた天狗鼻」、3年前から70aの畑にコガネセンガンの苗3万本を植え、およそ10tのサツマイモを収穫した。これを原料として仕込んだ焼酎は、1.8ℓ3701本と0.9ℓ600本になり、各地で販売を始めた。
 先日地区民50人が集まって試飲会を開いたが、「甘くてまろやか」「女性も飲みやすい」と評価は上々。地区では、事業も安定してきたので今年も頑張ろう、と意気盛んな様子だった。(373news.com)

 「焼酎ブームは銘柄選別の時代へ」
 日本銀行鹿児島支店は焼酎ブームについてまとめたリポートで、「ブームは終焉、銘柄選別の時代に入った」と結論付けた。
 リポートは、過去の焼酎消費量を調査。00-04年度は平均6.5%と大きく伸びたが、05.06年度は0.2%に留まっている。要因は「焼酎の普及率が30%になり、一服感が出た」ことにある、と指摘している。
 焼酎メーカー個別の動きを分析すると、相変わらず売り上を延ばしている蔵元がある一方、売り上げを落とすところもあり、蔵元間の格差が拡大している。
 同支店では、「選別の時代に入っている。十分な市場調査や他メーカーとの差別化を図ることが重要になった」と話している。(西日本ほか)

  「黒瀬」 渋谷区渋谷2-14-4
        ℡5485-1313

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2008

877.小石川後楽園

P1000014

 特別史跡・名勝「小石川後楽園」の梅林は、今が見ごろ。
 この写真は、携帯電話のカメラで撮影したもの。2M(1600×1200)で写してパソコンに送り、ブログに取り込んでみた。

 先日、5年近く使用していた携帯電話を買い換えた。機種は「FOMA P905i」、テレビ電話やiチャンネル、メール、おサイフケータイ、GPS、ワンセグ、Music&Video等々いろいろな機能がついている。もちろんカメラは5.1Mだから500万画素に相当する。
 といっても、我々高齢者があれこれ使いこなすのは難しい。
 まずはカメラだけでも、と梅林の撮影に出かけた次第だ。

P1000011_640P1000015_640P1000021_640   小石川後楽園は、水戸徳川家の江戸中屋敷の庭園。水戸黄門で名高い二代目藩主光圀が完成させた回遊式築山泉水庭で知られている。
 光圀は号を「梅里」と称するほど梅を好み、水戸の偕楽園だけでなくここにも梅園を築いた。

 さて携帯電話のカメラの具合、画質など性能はこれまで使ってきた小型のデジタルカメラと同じ、いやそれより優れている部分もあるが、シャッターに相当するコマンドナビゲーションボタンなどは使いにくい。
 上の写真は、いずれも携帯を横に傾けて撮ったが、モニターとレンズの向きが異なるので落ちつかない。縦にする場合は、サイズを落とさないと縦長の写真になってしまう。

 オートフーカス設定、ホワイトバランスをオートに、撮影モードを風景に、手ぶれ補正をオンにと、いろいろな設定を試しながら「携帯電話カメラ」の習得に努めたのが以上の結果である。

 10枚ほど写真を選択して内蔵されてるmicroSDに保存。パソコンと携帯を、FOMA充電機能付USB接続ケーブルでつなぎパソコンに取り込む。一部は133KBにDownsizeして、ブログにオン・・・・今日のテストを終えた。
 さて次は、どの機能にトライしてみるか?

P1000007_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2008

876.映画・閑話休題

 今年の冬は、寒い日が続いた。そのせいか億劫になって旅にも出ず、もっぱら都心の映画館に日参した。
 この1週間は、ヨーロッパの映画祭でグランプリを獲った作品や、話題となった映画を中心に、「コヤ」をハシゴした。だから、このブログも映画の話題に始終している。

 どこも満員である。貰った招待券では、入場を断られた館もあった。というのも、話題の作品を上映しているところが、だいたい座席の少ない館だからだ。
 「アニー・リーボヴィッツ」はシネカノン有楽町2丁目。昨年秋にオープンしたこの映画館の座席数は、63席しかない。同じく隣のスクーリンで観たのは「潜水服は蝶の夢を見る」。ここは162席だった。また「4ヵ月、3週間と2日」の銀座テアトルは、150席である。

 ここ数年ヨーロッパの国際映画祭で、ハリウッド・メジャー作品の受賞は数少ない。だからグランプリ作品は、大手配給会社の映画館ではなく単館系やミニスクリーンで上映される。
 本場のアカデミー賞にも、この傾向が見られる。メジャーが怖くて手を出さないインディペンデント系の作品が主要な賞を占める。

016017018    例えば今年のアカデミー賞、「作品賞」にノミネイトされた「つぐない」「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド」「ノーカントリー」「JUNO/ジュノ」「フィクサー」など、大半がインディペンデント系である。
 受賞した「ノーカントリー」も、コーエン兄弟の独立プロが製作して、パラマウント系ではあるが小規模の作品を扱う「VANTAGE」が配給した。アメリカ国内でも上映館は少なく、「ミラマックス」の応援でようやく上映館を増やした。

019020   日本での「ノーカントリー」は博報堂が引き受けているが、上映予定の映画館は都心の場合でも最大224席のシャンテシネとなっている。
 他のノミネイト作品も、シャンテシネの他は銀座テアトル、みゆき座と小規模のスクリーンである。
 たぶん連日満員になるだろう。

 ちょっと気になったので、ここ半世紀の映画産業動向の資料を引っ張り出してみた。「町からコヤが消えていく」と、以前画産業の衰退を取材した時の記録である。

 それによると、戦後の日本映画最盛期は1960年前後だった。入場者数の最高は、’58年の述べ11億2745万人、コヤの数も’60年の7457館がピークである。当時の入場料は80~100円だったと記憶している。この年、760本を越える作品が封切られた。
 その後は激減する。10年後の’70年、映画館は半数以下の3200、入場者数にいたっては2億5500万と5分の1となってしまう。テレビの普及とか要因はいろいろあるが、まさに映画界はお先真っ暗だった。
 底を打ったのが、1994年である。観客数のべ1億2300万、映画館数1750。入場料が1200~1500円。

 その後少しづつスクリーンが増え始める。それは小座席の館を集めたシネマ・コンプレックスの影響である。
 地方都市を中心にスーパーや、ショピングセンターに10を越えるスクリーンを併設するシネコンが登場した。買い物客に気楽に入ってもらうのが狙いだ。
 そして今世紀に入ると、スクリーンの数は2500を越えた。うち1100がシネコンである。
 そして現在、スクリーンの数は3221と70年代の水準に達した。うちシネコンは2454を数える。

 一方観客数はどうか。映画館が増えたのだから、当然数も増と言いたいのだが、それ程の伸びはない。’97年の1億2000万を境に年毎に1000人づつ増えたが、ここ数年は1億6000万ちょっとである。
 興業収入も、2000億円前後を推移している。様々なサービス制度を導入しているので、入場料の平均も20年前と変わらない1216円、スクリーンが増えた分1館当りの売り上げは減っているから、経営は大変だ。

 シネコンなど、100~150席の映画館は結構満席である。ただ日中は、入場料1000円のシニアが占拠している。
 年間公開本数およそ800本。ヒット作品は限られている。
 因みに、ここ数年最も観客数が多く興行収入も2100億円を超えた年は、2004年だった。
 この年、1本当り100億の興業収入を上げた作品は、以下の通りである。
 「ハウルの動く城」(200億)、「ラストサムライ」(137億)、「ハリー・ポッター」(135億)、「ファイティング・ニモ」(110億)、「ロード・オブ・リング」(103億)。
 普段の年は、せいぜい1作品だが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2008

875.4ヶ月、3週と2日

432_img01 2007年カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞、ヨーロッパ映画賞・作品賞・監督賞受賞、国際映画批評家連盟賞受賞、フランス国民教育省賞受賞、ハリウッドワールド賞受賞、ストックホルム国際映画祭・作品賞・主演女優賞受賞・・・・・・・・・・。

 昨年のヨーロッパを中心とした映画祭で、作品賞を総嘗めしたルーマニア映画である。この3年連続してカンヌの主要な賞を受賞しているルーマニアの映画界は、国際的な注目を浴びているが、まさに本命といえる作品が登場したと絶賛の声が上がった。

432_img02 お話は、チャウシェスク大統領による独裁政権末期のルーマニアを舞台に、望まない妊娠をしたルームメイトの違法中絶を手助けするヒロインの一日を描いたもの。
 オールロケ、三脚を一切使わず全て手持ちで1シーンを1カットで撮り、臨場感あふれる映像が続く。
 ただ私は鑑賞後、何か腑に落ちない気持ちで映画館を出た。何故カンヌやヨーロッパでそれほど賞賛されたのだろうか、と。それは、ヨーロッパ現代史への関わり方の落差なのだろうか。

 図書館で80年代の「ルーマニア」の資料を読む。
 共産主義体制下にありながらも、ソ連とは一歩距離を置いたチャウシェスクは、当時の進歩的知識人たちの間でも評判は高かった。しかし末期は退廃の極みとなる。
 国家によるコントロールは、政治や経済、思想・教育はもちろん食事から性生活にいたる個人生活にまで及んだ。
 その例のひとつが「政令770号」とよばれる出産奨励法で、工業化に必要な労働力を確保するため、女性1人当り3人以上の子供を生むことを義務付けた。それは、中学生にまでも及ぶ。
 当然妊娠中絶には厳しい懲役刑を課し、避妊のためのコンドーム使用も禁止された。
 そのため女性達は違法な中絶に走り、手術の失敗で50万人以上が命を失っている。
 そして中絶は、婚外妊娠という「モラル」の問題ではなく、体制に対する反抗や抵抗を意味する行動となっていくのだ。

 これまでも、いくつかのヨーロッパ映画で取り上げられているが、この政策の結果によりチャウシェスク政権崩壊後はルーマニアで捨て子や孤児が増え、人身売買や売春婦となって西ヨーロッパへと流れていく。それがまた、多くの悲劇を生み出すのだ。

 この作品を監督したのはクリスティアン・ムンジウ。テレビ・ラジオのジャーナリストから映画に移り、共産産政権下のルーマニアを脱出して西欧で暮らすことを夢見る人々を描いた第1作目の「Occident」は、カンヌで高い評価を受けた。
 今回は長編2作目。共産主義体制下のルーマニアの歴史を主観的に描くプロジェクト、「黄金時代の思い出」シリーズの1本目として製作・脚本・監督を務めた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2008

874.マリア・カラス~最後の恋

329126_01_03_02 10年前、マリア・カラス没後20周年を記念して「マリア・カラス~伝説の東京コンサート」と題するビデオを制作した。これは1974年10月来日した彼女のコンサートを収録したもので、テレビ・カラー映像にFMステレオ音声を合成した世界唯一のものとして、話題を呼んだ。
 収録されているのは、彼女の得意とするビゼー作曲「カルメン」やブッチーニ作曲「ジャンニ・スキッキ」など8曲 である。
 そして今回は、没後30周年記念の映画「マリア・カラス~最後の恋」が上映された。

 豊かな歌唱力と表現力でオペラ界の頂点を極めたカラス。「20世紀を代表する歌姫」「世界最高のプリマドンナ」と賞賛されたディーヴァは、私生活においては「悲劇のヒロイン」だった。
20071218004fl00004viewrsz150x  1957年大富豪アリストテレス・オナシスと運命的な出会いがあり、彼の強引とも言える求愛を受け、歌も名声も投げ出して一途にオナシスの愛にのめりこむ。
 しかしその愛は、1968年のケネディ未亡人ジャクリーヌとオナシスの結婚によって裏切られる。
 この映画は、原題「CALLAS E ONASSIS」が示す通り、カラスとオナシスとの情熱的な愛と憎しみの物語なのだ。

 マリア・カラスを演じたのは、イタリア・ナポリ生まれのルイーザ・ラニエリ。「愛の神エロス」に出演するなど、その美貌と肉体美はイタリアではトップクラス。
 傲慢不遜で誇り高きプリマドンナから、始めての恋に打ち震える可愛い女、オナシスとの子供を死産して悲しむ母親、女道楽が止まらないオナシスへの激しい怒りと恋敵ジャクリーヌへの強烈な嫉妬と、ひとりの女としての様々な想いを表情豊かに熱演した。

 一方のアリストテレス・オナシスはパリ生まれの舞台俳優ジュラール・ダルモン。「欲しいものは全て手に入れた男」と言われた海運王で大富豪の男の、エゴイズムと権謀術数、そして孤独を演ずる。

Christinao01 映画の主要な舞台となったのは、オナシス所有のモーター・ヨット「クリスティーナ号」である。全長98m、カナダのフリゲート艦を徹底的に改造したものである。
 旧知の海洋ジャーナリスト小林則子さんは、その著書「ロイアル・ヨットの世界」(文春新書)にこう記している。
 「船室はオーナー専用のスイート・ルームが四つ。すべてシェナの海底から掘り出された青大理石のパスタブ。その様式はクレタ王のものを模していた。スペシャル・ゲスト用の九つの豪華な客室には、エーゲ海の島々の名が付けられている。そのうち、最もオーナー・ルームに近い最上の船室が『レスボス』であった。
 グレタ・ガルボ、マリア・カラス、マーゴット・フォンティーン、そしてジャクリーン・ケネディ夫人らが『レスポス』の客になった。そこは、どうやら“特別な船室”であったようだ。
 俳優のリチャード・バートンは『これだけ臆面もなく、ナルシズムをむき出しにして粉飾した船にとり込まれたら、その魔力に抵抗できる人間はいないだろう』と皮肉に語っている。」

 カラス夫妻がモナコ・モンテカロル港に停泊していたクリスチーナ号に招かれたのは、1957年の夏のこと。主賓はイギリスのチャーチル卿だった。その翌年の同じ夏には、当時のケネディ上院議員夫妻も招かれ、オナシスと不倫関係になっていたマリア・カラスも乗船して歓迎したと言う。
 そして1968年、オナシスがジャクリーヌ未亡人を再びこの船に招いて以来、カラスは二度とこの船には乗船しなかった。

 オナシスが病没したのは1975年、その2年後カラスも急逝した。ジャクリーヌ・オナシスが亡くなったのは、それから17年後である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2008

873.アニー・リーボヴィッツ

Annie05Annie06 1980年「ローリング・ストーン誌」の表紙を飾ったジョン・レノンとオノ・ヨーコの写真。暗殺される5時間前に撮ったジョンの最後の姿である。
 1991年「ヴァニティ・フェア誌」の表紙、女優のデミ・ムーアの妊婦ヌード。販売を禁止した州もあるほど、アメリカ中に母性論争を巻き起こした問題写真だった。

 多くの人たちの印象にも残っている二つの写真が、同じカメラマンの手によるものとは迂闊にも知らなかった。レノン暗殺の時、仕事でニューヨークに滞在していたが、その後の「追悼号」を見て「女性カメラマンだから、レノンも素直に全てを曝け出したのかな」程度の感想しか持たなかった。
 そしてこのドキュメンタリー映画を見て衝撃を受ける。同時に、おのが不明を恥じたのだ。

Annie02 アニー・リーボヴィッツ、58歳。今最も旬な女性写真家として世界的に活躍している。先日もGAPのポスター・キャンペインでPUFFYや渡辺謙、フォレスト・ウイテカーの写真を見たが、これも彼女の仕事だった。
 サンフランシスコの夜学で写真を学び、「ローリング・ストーン誌」のカメラ助手になる。そして’70年には、自ら志願して初めての大仕事、ジョン・レノンのカバーストーリーを撮る。
 そして「ヴァニティ・フェア」誌、ファッション雑誌「ヴォーグ」と仕事の幅を広げていった。

 彼女の写真は「セレブたちの思いがけない表情」「確かに裸になった心」が写るという。決して妥協する事のないアニーの前で、セレブたちは何故心を無条件に開くのだろうか。このドキュメンタリー映画にその答えがあった。

 映画を撮ったのはアニーの妹、バーバラ・リーボヴィッツである。CBSのニュース番組のディレクター出身で、PBSやディスカバリー・チャンネル、CNNなどで活躍しているドキュメンタリスト。FBIの内幕を描いた「The FBI」などで知られている。
 バーバラは、アニーの「写真集」編纂の過程を縦軸にしながら、姉妹が故に撮り続けてきた過去の映像を巧みにモンタージュして、姉の姿に迫る。

Annie03Annie04 オノ・ヨーコをはじめ、ツアーに同行して一緒にドラッグも体験したミック・ジャガー(ロックバンド「ローリング・ストーン」のリード・シンガー)やキース・リチャーズ(〃ギタリスト)、俳優のデミ・ムーア、アーノルド・シュワルツエネッガー、ウービー・ゴールドバーグ、パティ・スミスにダンサーのミハイル・バリシニコフ、今話題のヒラリー・クリントンなどモデルとなったセレブたちの証言が、アニーの生き様を 浮かび上がらせた。

 胸を打つのjは、アニーの恋人であり人生の師でもあったスーザン・ソンダクとの関わりである。
 彼女は、批評家・小説家・映画監督としてアメリカを代表する知識人の1人だ。ハーバード、パリ大で学んだ彼女は著作「ハノイで考えた事」でも知られるように、ベトナム反戦運動に大きな影響を与えた。
 1999年には、大江健三郎との往復書簡が朝日新聞に掲載され、日本でも多くの人に知られている。
 1993年アニーはソンダクに同行してサラエボにわたり、戦地の真実をフイルムに刻んだ。以来アニーは写真家として大きな転機を迎えたという。
 そして2004年、71歳でソンダクが亡くなる瞬間まで、彼女と行動を共にしてソンダクを撮った。

 ヒラリー・クリントンは映画の中でこう応える。
 「彼女はこの国の記録を撮り続けている。アメリカの心を撮っているのだ」
 

 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 03, 2008

872.潜水服は蝶の夢を見る

Wallpaper01_1024 「たとえ身体は『潜水服』を着たように動けなくても、心は記憶と想像力によって『蝶』のように自由に羽ばたく」。
 世界で最も有名なファッション誌、「ELLE」フランス版編集長ジャン・ドミニク・ホビーが、20万回の瞬きで書いた自伝「潜水服と蝶」が原作。

 彼は42歳の働き盛りに脳梗塞で倒れ、目覚めた時には左目以外は全く動かない「ロックト・インシンドローム」(閉じ込め症候群)になっていた。
 これは脳幹の神経節が機能喪失して前身がマヒ、ほぼ全ての運動機能が失われる症状である。
 
Wallpaper02_1024  この症状は、一方で意識や知能の働きは健全である。そこで言語治療士の助けを得て、左目の瞬きによって他人とのコミュニケーションを可能としたのだ。
 さらにジャンは、「ボクは生きている。話せず身体も動かないが、確実に生きている」と、帰らぬ日々や友人、恋人、家族との想いを自伝に綴る。ただ瞬きだけで。
 そして本の完成 一週間後、彼は合併症でこの世を去った。

 ジャンを主人公に「自伝」を映画化したのは、ジュリアン・シュナーベル監督。70年代のニューヨーク、ニュー・ペンティングの旗手として時代の寵児となった画家のシュナーベルにとっては、これが3本目の映画だった。
 そしてカンヌ国際映画祭、ゴールデン・グローブ賞で監督賞を獲る。

 最初の30分、主人公の姿はスクリーンに映らない。カメラは動く事の出来ないジャンの左眼になって対象を捉える。ジャンの戸惑いの言葉だけが、モノローグとして流れる。
 主人公の視点から捉えた映像は、瞬きによるコミュニケーションが可能になった時から変わる。今度は主人公を見つめる他者の視点なのだ。

 この映像を見事に撮ったのが、カンヌで「高等技術賞」を獲ったカメラマンのヤヌス・カミンスキーである。彼は「プライベート・ライアン」でアカデミー・撮影賞を獲った名手として知られている。
 また脚本も、「戦場のピアニスト」のアカデミー脚本賞受賞者ロン・ハーウッドが担当している。

Wallpaper03_1024  難しい主人公ジャンの役はジョニー・ディップが切望していたが、「パイレーツオブ・カビリアン」と重なって断念、マチュー・アマルリック(「ミュンヘン」)が受けた。
 そして内縁の妻にエマニュエル・セニエ(「赤い航路」)、別れたコイビトマリナ・ハンズ(「レディ・チャタレイ」)、父親マックス・フォン・シドー(「マイノリティ・リポート」)が脇を固めた。

 「この映画は原作と同様に、死と向き合う事ができる様に、あなたを助ける道具だ。それが僕の目的であり、そのためにこの作品を撮ったのだから」(ジュリアン・シュナベール)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »