« 934.ミスト | Main | 936.最高の人生の見つけ方 »

May 18, 2008

935.渋谷・鹿児島おはら祭

080518_092  
 土曜日の朝、NHKの「おはよう日本」でも中継されたが、恒例の「渋谷鹿児島おはら祭」が開催された。今年で11回目を迎える。
 10数年前、このイベントを企画した時は、ここまで続くとは想像しなかった。いろいろな問題を解決しながら、定着した「祭り」となった。
 3~4年前までは、大会実行委員会の当事者として参画していたが、若いボランティアも増えてきたので、今はアドバイザー役や故郷から上京してくる「踊り連」のサポーターとして関わっている。

080518_059_640080518_063_640080518_065_640    祭りは大きく分けて2本立て。昨日の「プレおはら」「前夜祭」と本日の「おはら本まつり・踊りパレード」。
 特に今回はNHK大河ドラマ「篤姫」にちなむ「平成の篤姫コンテスト」が目玉。
 
 昨日は明治神宮と渋谷C.C.Lemonホール(旧渋谷公会堂)を会場に、テレビでも紹介された鹿児島神宮の「鈴掛け馬踊り」と大隈地方の「弥五郎どん奉納」、「若者の踊りイベント」「橋幸夫オンステージ」と盛りだくさん、多くの観客を集めた。

080518_067_640080518_074_640080518_080_640    本日の「本まつり」は、道玄坂・文化村通りを会場に2000人の踊りが繰り広げられた。
 鹿児島からも13連350人が上京、地元渋谷の踊り連と在京の同窓会・同郷の会の踊り連と一緒にパレードした。

080518_091_640080518_089_640 なぜ渋谷で鹿児島のお祭りが?
 この疑問には、毎回このブログでも説明してきたが、再掲しておこう。
 「中世の頃、渋谷を治めていた豪族・渋谷氏が、源平合戦の功で薩摩に所領を得た。現在の薩摩川内市一帯の地だが、渋谷氏は一族郎党を引き連れて薩摩に移住したという史実。
 その渋谷氏の末裔である東郷平八郎が、渋谷に居をもうけ、死後東郷神社が建立されたという事実。
 渋谷駅前にある「忠犬ハチ公」の像の制作者が、初代・二代とも鹿児島出身の彫刻家安藤輝・武士の親子だったという縁。
 鹿児島にとっての渋谷はそんな街なのである。」

080518_085_640080518_100_640   先週末、浅草では「三社祭り」。こちらは古くからの伝統的な祭り。一方の「渋谷おはら祭り」は新参者かも知れないが、東京と地方の情報交流は大事だ。このブログもそれを目指している。

080518_104

|

« 934.ミスト | Main | 936.最高の人生の見つけ方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93334/41225004

Listed below are links to weblogs that reference 935.渋谷・鹿児島おはら祭:

» 渋谷おはら祭り、わっぜ良かど~! [カミタク・ブログ]
 平成24年(2012年)5月20日(日)、渋谷おはら祭りを見てきました。渋谷お [Read More]

Tracked on May 23, 2012 at 12:11 AM

» 渋谷・鹿児島おはら祭&鹿児島県観光案内(長文注意) [カミタク・ブログ]
 昨年・平成24年(2012年)5月に私が渋谷おはら祭りを見て来たことは、昨年の [Read More]

Tracked on June 08, 2013 at 12:52 PM

« 934.ミスト | Main | 936.最高の人生の見つけ方 »