« April 2010 | Main | June 2010 »

May 31, 2010

1564.ひとまく映画会

 歌舞伎愛好仲間で、歌舞伎座の最後の一幕を楽しんできた「ひとまく会」。
 歌舞伎座が閉館したので、集団で歌舞伎を観る機会はなくなった。ただ、趣味を同じくする「分科会」の活動は盛んだ。。

 そのひとつ、映画鑑賞グループは先日「古典名画を見る会」を開催した。今回の上映作品は、「男と女」「ナバロンの要塞」の2本立てである。
 DVDによる再生だが、大きなスクリーンで見られるので、ミニ・シアター並の迫力はある。

217uaaqkuyl__sl160_  「男と女」、1966年のフランス映画。29歳のクロード・ルルーシュ監督が、脚本も書き撮影も担当した。
 その年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞、カンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞を受賞するなど、この年の多くの映画賞を受賞した。
 この作品1本で、ルルーシュ監督はフランスを代表する監督になった。

 映画をヒットさせた大きな要因に、ルルーシュ監督の友人フランシス・レイの音楽がある。
 エディット・ピアフの歌の作曲家、イブ・モンタンの伴奏者でもある彼は、「ある愛の詩」('43)でアカデミー賞作曲賞も受賞している。

 「ダバダバダ ダバダバダ」のスキャットで有名なこの主題歌は、今も映画音楽のベストスリーに数えられる人気だ。
 映画にも出演しているボサノバのシンガーソング・ライター、ピエール・バルーと「愛と哀しみのボレロ」のニコール・クロワジールが唄っている。

 音楽が有名なせいか、作品もかって一度は見たものと思っていたが、どうも初めてだったようだ。
 モノクロームとセピアをモンタージュするルルーシュの凝りに凝った映像、超望遠を多用した長い長いカットなど初体験だった。

190pxcl09  「断ち切れぬ過去の想いに濡れながら、愛を求める永遠のさすらい。・・・・その姿は男と女」。
 歯の浮くような当時のキャッチコピーだが、話は割りと単純。妻に死なれた子持ちの男と、夫を失った子持ちの未亡人の恋愛物語に過ぎない。

 カーレーサーという男を演ずるのは、その後「愛と哀しみのボレロ」('81)にも主演したジャン=ルイ・トランティニャン。
 未亡人が「甘い生活」('60)のアヌーク・エーメ。なかなかの美人で78歳でまだ健在であるそうだ。
 そして亡くなった夫が、ボサノバ歌手のピエール・バルーという組み合わせ。
 アヌークとピエールは、この作品がきっかけとなって結婚したが数年で別れている。ピエールはその後日本人女性と結婚して、日本でも音楽活動を続けている。

D111321796  ルルーシュ監督のその後の作品は、いくつか見ている。
 思い出すままに並べて見ると、イブ・モンタンが主演した「パリのめぐり逢い」('67)や「恋人たちのメロディ」('71)、ロベール・オッセンの「愛と哀しみのボレロ」('81)ジャン・ポール・ベルモンドの「レ・ミゼラブル」(95)。
 そう、主役のトランティニャンは「トリコロール/赤の愛」('94)が最後だ。

 もう1本のアメリカ映画「ナバロンの要塞」は、所用があって失礼した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2010

1564.庄内・歴史の旅(4)

100522_173_640

 吉永小百合のTVコマーシャルでお馴染みの「山居倉庫」。
 米どころ庄内平野の中心地・酒田に造られた「米蔵」も、菅実秀が日米商会所の事業として1893(明治26)年に建てられたものである。
 現在もJA庄内が使っている、現役の倉庫である。

 晩年実業界に転じた菅は、第六十七国立銀行(現庄内銀行)を設立し、ドイツ留学から帰国した旧藩主忠篤・忠宝の後見人を務めながら、庄内の産業振興に貢献した。

100522_168_640100522_164_640  最上川と新井田川とに挟まれたこの地は、舟の積み下ろしに便利で、庄内平野の各地から川舟によって運ばれてきた米俵は、ここに保管された。

 もともと酒田は「酒田三十六人衆」の自治によって支配された町人・商業の町だった。

   「酒田三十六人衆」

100522_154_640_2100522_150_640100522_159_640 酒田市役所の前にある国指定史跡「旧鐙屋(きゅうあぶみや)」。

 酒田を代表する廻船問屋で主人の惣左衛門は代々「三十六人衆」を代表する、3人の町年寄役のひとりだった。

100522_289_640100522_156_640  鐙屋の繁栄ぶりは、井原西鶴の「日本永代蔵」にも記されており、「表口三十間裏行六十五間」の屋敷と蔵を持つ、北の国一番の米買い付け商人だった。

 酒田が日本海一番の港として栄えたのは、1672(天和3)年伊勢出身の商人・河村瑞賢が、幕府の命を受け「西廻り航路」を開いたからである。

100522_288_640100522_291_640_3  酒田を起点に蝦夷との往復によって昆布や鰊、最上川の川舟で運ばれてきた年貢米に紅花や青苧(あおそ)、大豆・小豆・蝋・漆。
 品々は酒田で北前船に積み替えられて、敦賀、関門、瀬戸内、大阪、紀伊、江戸へと運ばれていった。
 そして帰り船は、塩・干し魚・茶・陶器・京織物など。

 これ等の流通を一手に引き受けたのが酒田の廻船問屋で、江戸中期にはおよそ100軒の大店があったという。

100522_141_640100522_146_640 左の写真は、日本一の豪商と言われる本間家旧本邸。

  「酒田照る照る 堂島曇る 江戸の蔵前雨が降る」

 大阪の堂島と江戸の蔵前で米相場を張った本間宗久(1724~1803)は出羽の天狗と呼ばれた。
 酒田三十六人衆、本間家二代目光久の弟でいわば本間商事・浪花支店長である。

100522_287_640  三代目光丘(1733~1801)の時から自前の北前船による商いを始め、庄内砂丘の砂防林造営、庄内平野の土地改良・水利事業を行った。
 そして飢饉で困窮する農民には低利で金を貸すなどして、1000haを持つ大地主となっていく。

 さらに本間家は苗字帯刀を許され、庄内藩主酒井家の財政顧問となり、多額の金銀を融通する。

 戊辰戦争での庄内藩の強さは、本間家からの金銀の裏付けがあったからである。
 先述したように、酒井家の敗戦処分逃れや維新直後の国替えを避けるための賂70万両は、本間家(10万両)が中心となって集めている。

 「本間様にはおよびもないが せめてなりたや殿様に」

 国防、貿易、産業振興、福祉などなど、システマチックな統治政策を、私たちは「酒田三十六人衆の世界」に学んだ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2010

1563.庄内・歴史の旅(3)

100522_257_640_4 100522_285_640_2   「おくりびと」がアカデミー賞を受賞して、すっかり有名になった「庄内映画村」。
 明日からは、ここでロケした「座頭市 THE LAST」が全国で公開される。

 映画村の本拠が置かれているのが、「松ヶ岡開墾場」(国指定史跡)の古い大蚕室。
 鶴岡の市街から車で20分、月山山麓に広がる大農場である。
 1872(明治5)年、旧庄内藩士によって開墾され、今は「庄内柿」の特産地として知られている。

  「松ヶ岡開墾場」    

100522_286_640100522_030_640  「戊辰戦争」で敗れた庄内藩の、戦後処理は見事だった。
 藩内が一枚岩となって処理にあたり、責任者は戦死した家老1人に絞って、新政府に認めさせた。

100522_284_640  講和の話し合いが行われたのは、致道館にある藩主の御入間。
 藩主酒井忠篤(18歳)と弟の忠宝(13歳)が、新政府代表の黒田清隆(写真)と対面した。
 黒田は、のちに北海道開拓長官、総理大臣、元老を勤めた明治政府の重鎮だが、この時は新政府軍の総参謀・西郷隆盛の命で交渉の責任者となった。

100522_249_640  若き藩主を支え実際の交渉に当たったのは、筆頭家老の松平権十郎とその懐刀だった菅実秀(写真)。
 この時の処置は、西郷の意向もあって軽かったが、その年の暮れに下った処分は厳しかった。
 あの灰燼に帰した会津への移封である。

 菅は翌年、雪深い鶴岡をたって東京に向かう。仇敵薩摩の西郷を頼ったのである。
 酒田の豪商本間家を中心に集めた献金による工作も実り、代替案・磐城への移封も撤回された。
 以来、菅と西郷、庄内と薩摩の交流がはじまる。

100522_253_640100522_256_640   「松ヶ岡開墾」はその菅がリーダーとなって、1872(明治5)年から進めた事業である。

 刀を鍬に替えた旧藩士3000人が34組の開墾隊となって、原生林に覆われた丘陵を切り開いた。
 彼らは毎朝鶴ヶ岡城の大手門に集まり、一時間以上も行進してこの地に通ったという。

100522_241_640_2100522_245_640_2  およそ2ヶ月後原野は100haの畑となり、翌年には桑が植えられる。
 2年後松ヶ岡開墾場は、225haにも及ぶ桑園となり、10棟の大蚕室が作られる。
 やがて鶴岡には、製糸工場・絹織物工場も設けられ、地域の産業として発展した。 100522_282_640           
                                                             松ヶ岡の開墾を始める2年前、菅は旧藩主の酒井忠篤以下70名を引き連れて鹿児島に赴いている。
 そのころ西郷は郷里に引き篭もり、荒地の開墾など青年達の指導に当たっていた。
 この時、教えを乞う忠篤らに説いた西郷の思想は、のち菅らの手で「南州翁遺訓」として公刊されている。

100522_273_640001_640  1877(明治10)年9月2日、西郷は鹿児島・城山で自刃し西南戦争は終結した。
 「賊」とされた薩軍の戦死者が眠る南州墓地(鹿児島市)には、2人の庄内士族の亡骸も葬られている。

100522_069_640  「一家遺事人知否。不為児孫買美田」。
 致道博物館には、旧藩主忠篤へ西郷が贈った書(遺編)が保存されていた。
 農民・町人・侍が一本となって、他藩を裏切る事なく「佐幕」を貫き通した庄内人に、西郷は「日本人の士魂」を見たのだ。

 以後、庄内の人材教育のバックボーンには「徂徠学」に加えて、「南州翁遺訓」がある。    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2010

1562.庄内・歴史の旅(2)

100522_138_640  「舟下り」で知られる最上川、終着地・草薙のすぐ先が清川口。
 100522_120_640 1863(文久3)年、浪士組を率いて京に上った「維新回天の魁」清河八郎の生家の地でもある。

 そして此処は、5年後の1868(慶応4)年に勃発した、戊辰戦争の激戦地のひとつである。
 私たちは「奥羽越列藩同盟」(中公新書)をテキストに、この地を巡った。

   「戊辰戦争
                                                           100522_640100522_281_640_3       倒幕の密勅を手にした薩長芸州、慶喜に大政奉還させた翌年(1868年戊辰)の正月3日。
 戊辰戦争は、鳥羽・伏見の戦いから始まった。

 幕府を支えるのは会津・桑名の藩兵を中心とした1万余名、一方「玉」(天皇)を押さえた倒幕派は薩摩・長州・芸備の4500。
 しかし錦の御旗を楯にした「官軍」に力及ばず、江戸城を明け渡し、彰義隊敗退となる。

100522_279_640_2

 この年の5月、鳥羽・伏見の戦いに敗れた会津藩救済を目的とした「奥羽越列藩同盟」が、庄内・長岡・仙台・米沢・会津を中核に三十一藩が加盟して誕生した。
 そして薩長新政府と全面戦争に入る。

100522_280_640_2  幕府譜代の庄内藩と薩長軍の戦いは、それよりひと月早く清川口で始まった。

100522_128_640  天童から最上川を舟で下った薩長軍(400人)は、川岸の高台(腹巻山)に大砲を揚げて庄内領を攻撃する。
 一方の庄内側は、川の舟運を仕切る侠客の親分(清水の次郎長二十八人衆のひとり)を隊長にした最上隊や農民兵500人がここを守り、ついには薩長軍を新庄に追い返した。
 こうして庄内平野への敵兵の侵入は防いだ。

 また北隣では新政府側に寝返った秋田藩に対して、酒田の町人隊を含めた庄内軍が鳥海山を抜けて本庄まで攻め入り、秋田城下を窺う大勝利を果たしている。

100522_238_640  しかし9月、庄内軍は突然秋田から全て退却した。新政府側に降伏した米沢藩や仙台藩が、今度は政府側について庄内に攻め込む気配を見せたからである。
 既に7月長岡も陥落、9月22日には会津も落城、奥羽越列藩同盟は崩壊した。

 3日後、これまで破竹の快進撃を続けていた庄内藩も、政府に恭順の意を示して矛を収める。
 列藩同盟の中で、敵を一兵たりとも領内に侵入させなかった唯一の藩だった。

100522_002_640_2  その強さの秘密が、「致道館教育」で育った人材であり、酒田を中心とした町人たち(酒田三十六人衆)の財力、そして「士農工商」全てを含めた結束力だったと、テキストは語る。

 次号は、戊辰戦争後の庄内の跡を辿る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2010

1561.庄内・歴史の旅

100522_237_640_2100522_235_640_5

 右(南)に月山・湯殿山、左(北)に鳥海山を望む庄内平野。
 「塾」の研修旅行は、この地出身の塾生による見事なアレンジで、2泊3日の有意義な旅となった。

 ギリシャの財政破綻から始まった「ユーロ危機」、この問題を江戸末期の庄内藩の経済政策から学ぼう、という大胆な試みである。

 キーワードは「到道館」「荻生徂徠」「三方領地替(義民が走る」「酒田三十六人衆」「本間家」「北前船」「最上川」「戊辰戦争」「奥羽越列藩同盟」「南州遺訓」「六十里街道」「出羽三山」そして「海坂藩と藤沢周平」などなど。

100522_003_640100522_020_640   庄内藩校「致道館」

 鶴ヶ岡城三の丸(現鶴岡市馬場町)内にある藩校「致道館」。
 「論語」子張第十九編「君子學以」から其の名を採った藩校は、庄内藩9代藩主酒井忠徳によって、1805(文化2)年に創設された。
 頽廃した士風を刷新して、藩政を改革しようという試みだった。

 江戸時代300を超えた藩校は、現在大学や高校にその名を残すだけだが、ここ庄内だけは今なお地域の学び屋として存在し、子供たちの「論語」の素読が行われている。

100522_016_640100522_014_640100522_028_640  当時は1万5000㎡と広大な敷地に、孔子を祭る聖廟や養老堂、句読所、学舎、武術稽古所などが建てられていた。

100522_065_640  この藩校の特色は、荻生徂徠が提唱した「徂徠学」を教学とした事である。
 当時の幕府は朱子学を正学としており、老中松平定信は「寛政異学の禁」を通達したが、庄内藩と彦根藩だけはそれに反旗を翻している。

 徂徠学は「治国安民」の学問と言われている。
 道徳的な人間を育成するという観念的な朱子学に対し、政治・経済と直結した実学だったのだ。
 ある経済評論家は最近の著書で、朱子学を新古典主義、徂徠学をケインズ主義とまで比喩している。

100522_057_640100522_063_640  鶴ヶ岡城三の丸にある致道博物館で、庄内徂徠学のバイブルと言われる「徂徠先生答問書」(国の重要文化財)を見せてもらった。

  開校より80年ほど前、江戸で徂徠に学び帰国後も度々質問書を送った家老・水野元朗と、徂徠との往復書簡である。
 徂徠は、質問書に直接朱書で応え返送する。その自筆書簡は、徂徠が真摯に弟子達を導こうとした姿勢を彷彿させる。

100522_012_640_2   画一的な人間のあり方を否定し、多様性を尊重した徂徠学。各人各様の能力を発揮することで、社会の一構成員の役割を担う。
 致道館の「天性重視・個性伸張」の教育が、維新前夜の強い「庄内藩」の礎となったのだ。

 旅は「戊辰戦争」の故地へと向かう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2010

1560.ゼブラーマン・ゼブラシティの逆襲

100423  「冴えない自分が、悪を退治する憧れのヒーローに変身!!」
 6年前に上映された「ゼブラーマン」は、ニッポン男児たちの夢と変身願望が受けて大ヒットしたそうだ。(残念ながら見てはいない)

 「哀川翔を変身ヒーローに」と、宮藤官九郎が書いて三池崇史が監督した。
 今回は哀川デビュー25周年、さてパート2を宮藤・三池コンビがどう「変身」させるのか。

335827_100x100_013_2  7~80年代のポップ・カルチャー全盛期の狭間の年代のせいか、コミックやゲームに弱い。テレビもニュースかドキュメンタリー、バラエティに弱い。
 そこで最近は、類いの映画化作品を気にするようになった。今月は「のだめ」「トリック」「矢島美容室」を見て、これで4本目だ。

 今回もテレビ(TBS系列)、出版(小学館)、広告(電通)、新聞(毎日)、配給(東映)、IT(Yahoo!)と、メディア総掛かりだ。だから宣伝・露出・パブリシティは凄い。

335827_100x100_011335827_100x100_005  今回のウリは、「時をかける少女」の清純派女優・仲里依紗だ。
  真っ黒なボンテージに身を包み、胸と太腿だけは大胆に露出して、哀川と闘う悪役ゼブラクイーンに変身した。
 映画の中でも、共演者が「エロっぽい!」と叫ぶほどだから、それは見ものだ。

335827_100x100_008  前作のゼブラーマンが遠心分離機にかけられて、白(善)と黒(悪)に分れてしまったと、宮藤は奇想天外なストーリーを展開する。
 それを三池組のプロフェッショナルたちが、CGやコスチュムを総動員して異色SFアクションに仕上げる。
 しかしそこは宮藤、結局は得意の「喜劇」に収斂させてしまうのだ。

 ほか阿倍力(「花よりだんご」)や井上正大(「仮面ライダー」)も出演しているが、みんな仲里依紗に食われてしまった。
 その上、主題歌「NAMIDA~ココロアバイテ~」を劇中で熱唱しているのだから、敵わない。

 ただ残念ながら、今月見た先述のコミック・バラエティー映画の中では、観客動員数は4番目。その差は何だったのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2010

1559.グリーン・ゾーン

007_640_2  イギリスの名門ケンブリッジ大学卒、ドキュメンタリストでジャーナリストのポール・グリーングラス監督。
 アメリカの名門ハーバート大学卒、脚本でもアカデイミー賞を受賞した(「グッド・ウイル・ハンティング」)俳優のマット・ディモン。

 「ボーン・スプレマシー 」('04)「ボーン・アルティメイタム」('07)に続く2人の、3本目のコラボレーションが「グリーン・ゾーン」である。

 グリーン・ゾーンとは、イラクを占領したアメリカ軍が管轄下においた、バクダッド市街の旧サダム宮殿一帯をいう。
 国連も連合国軍(アメリカ軍)も、ここに本拠を置いてイラクの戦後処理を図った。

6_2  そのグリーン・ゾーンを舞台に、欺瞞に満ちたアメリカのイラク侵攻の「真実」が、フィクションとして描かれていく。

 映画の原作となったのは、ワシントン・ポスト・バクダット支局長だったラジブ・チャンドラセカランのインサイド・リポート。
 イラク侵攻の理由となった「大量破壊兵器」の存在が、全くのデッチアゲだった事を暴いたドキュメントである。

336109_100x100_004336109_100x100_009  マット・デイモンの役は、大量破壊兵器の所在を追う部隊の指揮官、上級准尉。
 対するは、彼にニセ情報を流す国防総省情報部の高官、グレッグ・キニア(「リトル・ミス・シャンサイン」'08)。

 国防総省がリークするニセ情報を、大々的に記事にするウオール・ストリート・ジャーナルの女性記者、エイミー・ライアン(「チェンジリング」'09)。
 国防総省の謀略の摘発に賭けるCIAエージェント、ブレンダン・グリソン(「トロイ」)。

 そしてアメリカにウラク侵攻の口実を与え、イラクの権力をフセインから奪おうとするイラク軍のトップ将軍。

 この5人絡みが、アメリカ人の傲慢さ、無知、勝手な善意、さらには今も続くイラク統治政策の失敗を暴露していく。

336109_100x100_010 映画冒頭から、ハンディカメラによるドキュメンタリータッチの映像が流れる。
 その手持ちカメラを駆使したのが、バリー・アクロイド。今年のアカデミー賞に輝いた「ハート・ロッカー」でも、撮影は彼の手によった。
 その臨場感は、これまでの映画をすべて超える。

8_2 イラクに「大量破壊兵器」は隠されていなかった。それは、アメリカの権益拡大を狙ったネオコンの謀略だった。

 そうした事実が今や常識化した状況の中では、ややサスペンス感は薄まる。
 しかし欺瞞に満ちた戦争の実態と、その事によって命を失っていったイラクノ市民とアメリカ軍兵士、さらにはジャーナリスト達への贖罪として、この映画は評価されるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2010

1558.五月花形歌舞伎

009_640 歌舞伎座は、取り壊しが始まった。そして東京でのメインの舞台は、新橋演舞場に変わった。
 残念ながらここには、廉価な観劇料で歌舞伎が楽しめる4階席(ひとまく席)はない。
100504_eb03  これからは、観劇の機会も少なくなるだろうと話していたら、松竹の知人から招待状が届いた。

 新橋演舞場、正面入り口の上にはこれまで歌舞伎座にあった櫓も築かれ、いよいよスタートである。

 鑑賞したのは、夜の部「熊谷陣屋」「うかれ坊主」「助六由縁江戸桜」の3演目。
 面白いのは、「熊谷」も「助六」も先月の歌舞伎座「さよなら公演」で上演された演目。これを若手役者にがらりと変えて再演するという演出。松竹もなかなか味なことをする。

 最初の「熊谷陣屋」は通称、本名題は「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」。その名の通り源平合戦を背景にした物語である。
 1751(宝暦元)年大阪豊竹座、翌年江戸の中村座と森田座で初演された義太夫狂言で、現在は三段目の「熊谷陣屋」が主に上演される。

 この作品は、戦いの悲しみと武士道の空しさを浮き彫りにした傑作で、明治、昭和と代々の名優たちによって洗練され、格調高い舞台が展開されてきた。

 さよなら公演では、主役の熊谷直実を中村吉右衛門が演じたが、今回は甥に当たる市川染五郎の初舞台。
 若さ溢れる直実に対し、源義経を市川海老蔵、妻の相模を中村七之助と若手の顔合わせだった。

010_640  舞踏劇の「うかれ坊主」(尾上松緑)をはさんで、最後は歌舞伎十八番の「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」。

 歌舞伎座最後の「ひとまく」だったので、テレビや新聞で賑々しく報道されたし、このブログでも紹介したので、ストーリーは省こう。
 ただ今回は、「三浦屋格子先」に続くエピソード「水入り」が加わった。初めて見たシーンである。

 名優と若手を比べると、主人公・花川戸助六の市川團十郎を長男の十一代海老蔵 が。
 坂東玉三郎が演じた三浦屋の花魁揚巻を九代目福助。
 尾上菊五郎の白酒売新兵衛を七代目染五郎、市川左團次の演じた悪役・髭の意休を五代目歌六という配役。

 それぞれ贔屓もあるので、個個には評しないが夫々の年代で、見方は異なるだろう。
 その中で海老蔵についてだけ一言。
 彼の「助六」は、10年前の新之助時代と6年前十一代目襲名の舞台で見たことがあるが、その頃に比べると流石に貫禄は身についた。
 歌舞伎十八番・家の芸は、しっかりと引き継いだといってもいい。

 海老蔵フアンらしい若い女性たちの拍手が、ひときわ高かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2010

1557.パリより愛をこめて

006_640_2  邦題は原題の直訳、ご存知「ロシアより愛をこめて」にオマージュを捧げる。
 しかし007のそれより、ド迫力のあるフランス・アクション映画である。

336108_100x100_007_4  主役は「マッチポイント」('05)や「奇跡のシンフォニー」('07)に出演したアイルランド出身の若手演技派ジョナサン・リス・マイヤーズ。
 彼が扮するのが、パリ駐在アメリカ大使館書記官。じつはCIAの見習い捜査官でもある。チェスの名人で語学の天才だが、繊細で人を撃ったこともない。

336108_100x100_003_2  特命を帯びてワシントンからやってきて、彼の相棒となるのがジョン・トラヴォルタ。「サタデー・ナイト・フィーバー」('77)で若手スターとなった彼ももう56歳。
 その56歳が、腕力と銃をぶっ放しながら「ワル」を追う。その派手なアクションは、年の衰えを感じさせない。

 「ワル」とは麻薬密売で資金を稼ぎ、売春街に隠れて爆弾を作るテロ組織。
 中国系、アフリカ系、そしてパキスタン系とパリは今や移民の街。その彼らとドンパチやるのだ。

336108_100x100_004_2  もうひとり、この美女を忘れてはいけない。
 ポーランドのトップモデル、カシア・スムートニアックが、見習い捜査官の恋人として登場する。
 ジョルジオアルマーニの香水「アイドル」のキャンペーンモデルに起用された彼女である。

 フランス映画のアクションものといえば、当然リュック・ベッソンがからむ。今回も彼の原案を弟子のピエール・モレルが撮った。
 「TAXI4」('01)「トランス・ポーター」('02)「ダニー・ザ・ドッグ」('05)では、ベッソンのもとでカメラマン。
 そして昨年、ベッソンがプロデュースした「96時間」で監督としてコンビを組んだ。

 この作品もアメリカからやってきた元CIAが、パリの街を駆け巡るアクション映画。全世界で2億2700万ドル稼いで、モレルはアクション映画のトップ監督の座に着いた。

 「パリより愛をこめて」は、「ニキータ」「レオン」と殺し屋の悲哀を描いた90年代のベッソン監督作品とはニュアンスは違う。
 ハリウッドで活躍するトラボルテとマイヤーズを共演させることで、サスペンス・アクションの新境地を開こうというのが、ベッソンの狙いなのだろう。

 今カンヌで開催されている国際映画祭、コンペの審査委員長はベッソン。北野監督の「アイトレイジ」の行方とも関係する。

336108_100x100_005336108_100x100_001  ワルたちとトラボルタの銃撃戦。ともかく最初から最後まで殺しまくる。
 それをワンカットづつ畳み込んでいく編集は、カメラマン出身のピエール・モレルの腕の冴えと言っていい。

 同じヨーロッパの作品だが、昨日の「コロンブス」とは「映像感覚」の差は大きい。
 それが101歳(オリヴェイラ監督)と、56歳(モレル監督)の違いなのだろう。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2010

1556.コロンブス~永遠の海

004_640

 古き時代からはるか海の彼方をあこがれてきたポルトガルの人々。
 101歳、現役最高齢の映画作家マノエル・デ・オリヴェイラが、妻で女優のマリア・イサベル・ド・オリヴェイラとともに、大航海時代のヒーロー・コロンブスの軌跡を辿った作品。

 一見ドキュメンタリーと錯覚するが、「コロンブスはポルトガル人だった」と主張する歴史学者マヌエル・ルシアーノ・ダ・シルヴァの半世紀を描いたフィクションである。

 シルヴァに扮したのは監督オリヴェイラ自身、撮影時98歳だった。そして妻役は監督夫人のマリア、若き頃の主人公を監督の孫で俳優のリカルド・トレバ(「マジック・ミラー」'05)が演じている。

 オリヴェイラ監督は、歴史家のロマンティシズムの中に、映画を探究し続けた自分達夫婦の人生を重ね合わせる。それは長い旅を続けながら愛情を深めていった夫婦の絆の物語になる。

335899_01_03_03

 映画は淡々と始まり淡々と終わる。ポルトガルの古い町並み、サグレス岬やマディラ諸島の海など、大航海時代の遺跡が長い長い固定カットで映し出される。
 その映像が、見るものの胸に深く沁み込んでいく。

335899_01_02_03  静かなクライマックス、マリア・イサベルが歌う。
 「"郷愁"という言葉。
  この言葉を紡ぎだした人よ。
  初めて呟いたその時、涙を流したでしょう。」

 1492年コロンブス、アメリカ大陸に到達
 1494年ヴァスコ・ダ・ガマ、インド航路開発
 1500年ペドロ・アルヴァレス・カブラス、ブラジルに到達
 1522年フェルディナンド・マゼラン、世界一周
 1543年ポルトガル

 大航海時代、「郷愁」の足跡である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2010

1555.矢島美容室

005_640

 前号に続いてこちらも「バカバカしい」超大作、それもミュージカル映画。「トリック」のテレ朝+東宝に対してフジテレビ+松竹の組み合わせだ。

 フジの長寿バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(毎週木・21時~)から生まれた人気ユニット「矢島美容室」、その誕生秘話をアメリカ・ネバタを舞台にミュージカル仕立ての映画にした。
 題して「夢をつかまネバタ」。

335876_100x100_002335876_100x100_003 ユニットはとんねるず(石橋貴明+木梨憲武)とDJ OZMAの3人。
 木梨が母親、OZMAが17歳の長女、石橋が11歳の次女!という役。
 家出してしまった父親を探しながら、矢島美容室を何とか守っているというストーリー。

 3年前に紅白歌合戦にも出演した、年齢・出身地不詳のOZMAの姉役はともかく、40過ぎのオッサンである石橋の少女役はまさに「恐怖」である。

335876_100x100_006  その恐怖を可愛い外国人の子供たちが「中和」する、というのがこのミュージカル映画のミソである。

 石橋の同級生として出演したのは、「パコと魔法の絵本」('08)のアヤカ・ウイルソンほかの美少女達。

335876_100x100_004  もう一人美女が登場する。石橋の同級生だがいじめ役の黒木メイサ、彼女も11歳の子どもの役。

 「トリック」でもバカバカしいほど豪華キャストだったが、こちらも負けてはいない。
 大杉漣に水谷豊、伊藤淳史に山本裕典・佐野和真のイケメンたち。
それになんと松田聖子も出演して歌う。
 さらに大物スター2人、これはポスターにも掲載されていないので伏せておこう。

 監督はCMディレクターの巨匠、中島信也。日清食品のカップヌードルなど、数々の広告大賞を受賞している彼である。
 中島は、この映画を制作したプロダクション東北新社の、専務取締役でもあるのだ。

335876_100x100_010335876_100x100_007  ラスベガス近郊、ネバタ州の某所?でロケしたらしい超大作。
 残念ながら、同じ建物で上映されている「トリック」ほどにはウケていないようだ。

 11歳の少女という、石橋の「恐怖」に打ち勝てる観客は、そうは多くないのだろう。

 明日は、静かな静かな、高齢者に相応しい作品を見るつもりだ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2010

1554.劇場版TRICK

003_640

 「自称・超売れっ子美人天才マジシャン」こと山田、いつもインスタントラーメン暮らしの貧乏マジシャンはユルキャラの仲間由紀恵。
 天才物理学者と評判だが、頑固だがもうひとつツメが甘い上田こと阿部寛。
 この2人のコンビが、一見不可思議な超現象の「トリック」を暴いていくシリーズ。

 10年前にテレビ朝日の深夜番組としてスタートしたこのドラマ、熱狂的なフアンも増えてゴールデンタイムの連ドラに躍進。劇場版もこれで3作目となった。

335517_100x100_004_2335517_100x100_001_2   仲間・阿倍の迷コンビに加えて、いつものレギュラーは仲間の母親、超書道家の野際陽子とドジばかり踏む警視庁刑事の矢部謙三。

 そして「明日の記憶」('05)から「20世紀少年」('09)まで、幅広いジャンルの作品でテレビ・映画とヒットを飛ばす堤幸彦が監督という組み合わせなのだ。

335517_100x100_006335517_100x100_009   相変わらずのくだらない「小ネタ」のてんこ盛り、それを豪華キャストとお金がかかったセットで展開する堤ワールド、それがファンにとってはたまらない。

 今回も松平健はじめ戸田惠子、佐藤健、夏帆とベテランにアイドルを並べて展開した。

 おどろおどろしたお話なのだが、それをコミカルに展開する。そして颯爽と白馬に跨る松平健は、何処かで見たシーン。これも「小ネタ」のひとつ。

 有楽町では最も大きな劇場、それが半分ほど埋まっているのだからさすがだ。ウイークデイの午前中だったが。

 先週末には、テレビでもスペシャル版を放送。テレ朝と東宝の上手いタッグである。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2010

<号外>渋谷・鹿児島おはら祭

100516_003_640

100516_008_640100516_011_640100516_043_640

 第13回渋谷・鹿児島おはら祭、ただいま道玄坂と文化通りで本祭りのパレードが進行中。
 今年も鹿児島からの7連を含め51連2000人が、渋谷の街を埋め尽くした。

 鹿児島の祭りがなぜ東京・渋谷で?毎回その由縁は紹介してきたし、今朝の朝日新聞(東京版)にも掲載されているので、今回はコメントは省略。

 昨日に続いて、今日も写真中心の<速報・号外>とする。

100516_024_640100516_032_640100516_037_640

100516_004_640_2   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2010

<号外>東京みなと祭

100515_030_640

100515_048_640100515_058_640100515_054_640

             東京みなと祭が今日と明日の日曜日、晴海客船ターミナルをメイン会場として開催されている。
 70年前の5月、東京港が国際貿易港として開港したのを記念に開かれているもので、ことしで63回を迎える。

 消防艇による水のページェントや、珍しい船の一般公開など盛りだくさんだが、何といっても帆船の大公開が見ものだ。

 今年晴海にやってきたのは「日本丸」。いろいろと縁のある帆船だが、これまで毎年エピソードなど紹介してきたので、今回は「展帆イベント」の写真だけにして、<号外>とする。

100515_059_640100515_062_640100515_046_640

100515_039_640

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2010

1553.龍馬伝

011_640 「特別展・龍馬伝」、前回は観客が多くて入場を諦めたが、今回はウイークデーの夕方を選んで江戸東京博物館に出かけた。
 それでも修学旅行の中学生など、結構混雑していた。大河ドラマの人気と「歴女」ブームなのだ。

 坂本龍馬については、本・テレビドラマ・映画と数多く紹介されているので、知らない人はいないだろう。

 今回展示されている文書を中心とした200点余りも、これまで目にした物も多い。

5_640_2  その中から、珍しいものを数点だけ紹介しておこう。

 まず右の写真、ポスターにも使われているが「坂本龍馬湿版写真」。1866(慶応2)年のもので、現存する唯一の龍馬像ガラス板写真である。
 展覧会オープンの3日間は、高知県立歴史民俗資料館所蔵の本物が展示されていたが、現在は複製版である。

 日本に「写真技術」が導入されて10年ほどになるが、薩摩の西郷をはじめ当時の志士たちは写真嫌いだったようだ。
 その意味からも貴重な一点である。

013_640_2 京都国立博物館に保存されている「坂本龍馬書簡」も見応えがる。
5_640_4   国の重要文化財にも指定されている「書簡」は、龍馬が高知の実家に送った手紙など10数点を、坂本家の子孫が整理し・表装して巻物にし、京都の国立博物館に寄贈したものである。

 上の手紙は姉の乙女宛の一部分で、右に抜き出したように有名な龍馬の言葉「日本を今一度せんたくいたし申候」と書かれている。

 兄の権平や乙女に送った多くの手紙や「詠草」、父親が龍馬に送った「訓戒書」などは、龍馬の思想を知る上で、また史実を知る上での貴重な現存資料である。

5_002_640  また国会図書館が所有する竜馬筆「新政策綱領八策」いわゆる「船中八策」は、朝廷中心の統一国家構想。
 龍馬はこれでもって山内豊信を説き、慶喜の大政奉還を成功させた書簡である。
 しかし龍馬はこの年の秋(1867年)、京都で暗殺された。

 江戸以西、龍馬が足跡を残した場所は多い。だから今回展示されている資料の所蔵先も、バライティに富んでいる

 地元だけでも高知県立歴史民俗資料館から図書館・龍馬記念館、山内家資料館に文教協会とある。
 若き頃滞在した江戸と勝海舟関連で江戸東京博物館、活躍した京都は国立博物館に霊山資料館と府立総合資料館、スポンサーでもあった松平春嶽関連で福井郷土歴史博物館、海軍操練所関連で神戸市立博物館、宮内庁に国会図書館、個人蔵も多い。

 書簡、遺品、歴史資料を上手く構成しながら、坂本龍馬の波乱に満ちた生涯が浮き彫りされる。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2010

1552.運命のボタン

002_640  ウイル・スミスが地球最後の男となってヒットした映画「アイ・アム・レジェント」('07)。その原作者リチャード・マシスンの短編小説を、2時間弱のサスペンス映画にした。

 監督・脚本・製作を担当したのは、リチャード・ケリー。20代初め「ドニー・ダーゴ」('01)を発表して注目を浴びた映像作家である。

334339_100x100_002_3 既にTV「トワイライト・ゾーン」で短編ドラマにもなったが、今回はキャメロン・ディアスを主役に迎え、不条理の世界へと観客を追い込んだ。

334339_100x100_004334339_100x100_005   「箱のボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。決断の期限は24時間、あなたならどうする」と究極の選択を迫る。

 ディアスと夫のジェームズ・マースデン(ヘアスプレー」'07)がどんな選択をして、どんな結末を迎えたかと、夫婦の運命を描いたスリラーなのだが、そこに哲学的な意味が暗示される。

 「高度に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない」
 「他者の利益のため、己の欲望を犠牲に出来ないのなら、君たちに生きる資格は無い」
 「他者は地獄なのだ」(サルトル)

334339_100x100_007 「運命のボタン」の箱を運ぶ謎の男が、不気味だ。「フロスト×ニクソン」('08)でニクソンを演じ、アカデミー賞にノミネイトされた名優のフランク・ランジェラが演じている。

 「予告編」を見ただけでは、あまり興味が沸かなかったが、御歳84歳・伝説の作家リチャード・マシスンの作という事で、映画館に足を運んだ。
 ロマンチック・コメディで知られるキャメロン・ディアスの、もう一つの顔を見た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2010

1551.ボストン美術館展

002_640 ポスターの絵はゴッホの描いた「オーヴェールの家々」、1890年の作品である。
 彼はこの年に亡くなっているが、「この作品からは死の予感を前に、なお燃えさかる創作への情熱が伝わる」との解説。

 連休を避けウイークデーの午前中に、六本木・森アーツセンターギャラリー を訪ねた。それでも札止め寸前の混雑だった。

 「ボストン美術館展」、日本人が好きなエル・グレコ、レンブラント、ミレー、ドガ、セザンヌ、モネ、ルノワール、ピカソ、そしてゴッホなど西洋絵画の巨匠達47人の名画、80点が並ぶ。

003_640  今回の展覧会の特徴は、時代や流派、地域で分類せず、「風景」「日常生活」「宗教」「肖像」などテーマ別に展示されている事だ。

 例えば、天才肖像画家レンブラントの貴重な1対作品、「ヨハネス・エリソン師とその妻」(左)は、ドガやピカソの肖像画と並ぶ。
 その事で、時代や国境を超えた巨匠同士のつながりや、作品の共通点・相違点を知ることが出来る。

006_640_4    私の好きな印象派の画家たちの絵が、多く並んでいたのもうれしい。

左はミレーの「馬鈴薯植え」。ミレーの作品を多く所蔵している山梨美術館でも、同じ構図の農民の働く姿を描いた絵を見た。

004_640_3  右の作品はルノワールの「ガーンジー島の海岸の子供たち」。人々の何気ない日々の生活を描いた作品は、「日常生活」と題して並べられていた。

010_640  ボストン美術館は、世界有数のモネ・コレクションで知られている。
 今回は「積みわら」「ルーアン大聖堂」「自宅の庭のカミューユ・モネと子ども」「睡蓮」など、11点が一挙に公開されている。
 そのうち風景画10点は、ひとつの部屋にまとめて展示されていた。

008_640_2 007_640

 その中のひとつの絵(左)、何処かで見た風景である。
 1888年に描いた「アンティーブの古城」、フランス西海岸に住んでいたモネにとっては珍しい「地中海」の作品である。

 帰宅して探し出したのは、私が撮った「アンティーブの古城」の写真(右)。11年前、カンヌの国際映像祭に参加した時、合い間をぬって1人で出かけた時の写真である。
 私の写真は近景だが、塔や城壁は全く変わってはいない。110年前に、モネもここを歩いていたのだ。

 ボストン美術館展は6月20日(日)まで、六本木ヒルズ・森タワー52階のギャラリーで。
 入館料は一般1500円。     

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2010

1550.プレシャス

001_640 父親にレイプされ2人目を妊娠している、プレシャス(貴い)と呼ばれる16歳の少女。
 それも原因で、母親からは精神的・肉体的な虐待をを受ける過酷な日々。
 読み書きも出来ない彼女が、フリースクールでの1人の教師との出会いで、ひとすじの希望を見出す物語である。

335599_100x100_001  原作は、女性詩人のサファイアが書いた「Push」。
 '80年代のニューヨーク・ハーレムでソーシャルワーカーや教師を経験 し、そこで出会った黒人貧困家庭のこどもたちの実態を書き上げた。
 映画に登場する教師は、彼女がモデルである。

 貧困、差別、ドラッグ、エイズ、近親相姦、虐待、銃、公教育の建前、福祉政策の硬直化と、いわばアメリカの恥部を暴いた小説は、当時は物議を醸した。

 その原作が映画として日の目を見たのは、まさに「時代」である。

 テレビ司会者、プロデューサー、そして実業家としてはアフリカ系女性のトップを占める、オプラ・ウインフリーが登場したのだ。
 若い頃「カーラー・パープル」('85)に出演してアカデミー賞にもノミネイトされた彼女は、オバマ大統領の資金面でのパトロンという存在。大統領選での応援演説は有名である。
 その彼女がリー・ダニエルズを監督に、自らは製作総指揮を執ったのがこの作品なのだ。

 ダニエルズ監督は、ヒット作品「チョコレート」('01)のプロデューサー。もちろん「プレシャス」でもプロデューサーを兼ねる。
 少年時代、警察官だった父親から虐待を受けたトラウマが、作品に反映する。

335599_100x100_005_2335599_100x100_003 主役はガボレイ・シディベイ、オーデションで選んだ27歳の大学生である。
 その彼女が16歳の少女を、自然体で演じた。

 脇はアフリカ系のトップスターを並べる。

 醜い母親役を熱演してアカデミー賞助演女優賞を受賞したのは、有名なコメディアン・モニーク。
 「サイレンサー」('05)でもドラッグ中毒の女を演じたが、今回はそれを超えた。

335599_100x100_008335599_100x100_004335599_100x100_009_2   教師役のポーラ・パットン(「ミラーズ」'09)は、アフリカ系女優のトップ。
 ソーシャルワーカー役のマライア・キャリーは、グラミー賞5回のポップ・スター。
 看護士役も、4年連続してグラミー賞を受賞したロック・ミュージシャンのレニー・クラヴィッツという顔ぶれである。

 今年のアカデミー賞では、作品賞・監督賞など主要6部門にノミネイトされ、モニークと脚本のジェフリー・フレッチャーがオスカーを受賞したが、ゴールデングローブ賞、インディペンデント・スピリット賞などを合わせると、なんと70を超える賞に輝いている。
 まさに「時代」が、この作品を呼んだのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2010

1549.マルヤガーデンズ

_640  ふるさとから、嬉しいニュースが届いた。鹿児島三越跡地に先月末グランドオープンした「マルヤガーデンズ」が、毎日2万人を超える来場者で賑わっているという。

 運営しているのは㈱丸屋本社。社長を務める私の姪が企画した、新しいコンセプトによる「百貨店」である。

 「Community(集まる場所)」「Department(百貨店)」「Unitement(すべてをつなぐ)」の三つがキーワード。
 鹿児島・天文館に、かってどこにも存在しなかった、全く新しい空間が生まれたのだ。

 百貨店のようでありながら、「ガーデン」と呼ばれる10のギャラリーを持つこの場所は、いわば「買い物集会所」。
 ショッピングを楽しむ。マルシェで夕飯の食材を買う。ガーデンで開催されるワークショップに参加する。また自分たちの手で展覧会も開ける。

001_640 ここは独立したお店の集合体ではなく、お客さま、お店、ガーデンすべてをつなぐことで、ひとつの意思を発信できる場所。
  Departmenntoが、Unitementになるのが「マルヤガーデンズ」と、社長は大きな夢をメールで届けてくれた。

 「マルヤガーデンズ」の斬新なコンセプトは、社長が出会った在京の若いクリエーターたちとのコラボレーションから生まれた。

 その中心になったのが「D&DEPARTMENT PROJECT」を主宰しているナガオカケンメイさん。
 デザインとリサイクルの融合、60年代のデザインをリプランディングさせる「60VISION(ロクマルビジョン)」を展開している。

 「ガーデン」と呼ばれる性格の異なる10のコミュニティギャラリーを持つ空間は、彼らの経験と新しい感覚の中から生まれたのだ。

 大手百貨店が地方から撤退していく。その跡地が廃墟となるのか、地域再生の拠り所になるのか。
 前途は厳しいが、心からエールを送りたい。

 鹿児島を訪ねる機会があったら、ぜひ「マルヤガーデンズ」を体験して欲しい。

 詳しくは www.maruya-gardens.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2010

<号外>神田明神 大神輿渡御

100509_036_640

100509_024_640100509_023_640100509_028_640 江戸三大祭のひとつ「神田祭」。
 今年は平将門命奉斎700年を記念して、神田明神の大神輿が大手町の将門塚まで渡御した。

100509_017_640100509_016_640  「神田囃子」の笛の音に誘われて、子供たちの曳く「大江山凱陣」と「大鯰と要石」の附け祭りの行列も続く。

100509_011_640  午前9時半、神田明神を出発した神輿は、丁度今ごろ「将門塚」に到着している筈だ。

100509_006_640100509_010_640  混雑を避けて、まだ静かな御首(みしるし)塚にお参りしたのが、午前10時。さらに地下鉄で、神輿の出発した後の神田明神へ。

100509_033_640_2  そこから歩いて大神輿に追いついたのが淡路町界隈。
 写真を撮ってお昼には帰宅。そして<号外>というわけ。
 「老人パス」が利用できる、都営地下鉄を乗り回した祭り見物だった。

 午後からはインターネット中継を楽しもう。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2010

1548.クロッシング

5_640

 「生きるために別れるしかなかった家族の悲劇」
 4年間にわたり、強制収容所国家から脱出した100人を秘密裏に取材、その脱出経路をたどって描かれた作品。

332597_100x100_004  本来ドキュメンタリーとして描かれる内容だが、それが不可能な現実。
 真実を伝えるために、フィクションとして撮ったが、それは多くのノンフィクションによって構成されている。

 病気の妻を救う薬は、この国には無い。それを手に入れるため、夫は1人息子を残して豆満江を渡った。

332597_100x100_007  母を亡くした息子もまた、豆満江をわたって父を探し求める。
 やがて息子が見た光景は、荒涼としたゴビ砂漠の鉄条網だった。

 「火山高」や日本のコミックを映画化した「彼岸島」('09)で知られるキム・デギュン監督。
 こうした作品を撮りながら、密かに「クロッシング」の製作準備を進めてきた。
 そして数人の脱北者もスタッフに加えてロケを敢行、中国・モンゴルを舞台に物語は展開していく。

20100423_1112888332597_100x100_003  親子の映像が痛ましい。
 元サッカーの国代表選手で、首領様からもメタルを貰った夫の役は韓流テレビのトップ・スター、チャ・インビヨ。
 サッカー好きの息子は、これが2作目のシン・ミョンチョル。
 母親役のソ・ヨンファは、「殺人の追憶」で日本でも知られた女優。
 初めて描かれた、あの国の庶民一家だった。

20100423_1112889 描写と状況設定のリアルさに拘りつつも、キム・テギュン監督の映像はスタイリッシュで美しい。

 私たちが信じがたい世界が、21世紀の今もすぐ近くにあるのだ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2010

1547.ていだかんかん

_640 「ていだ」とは沖縄コトバで太陽のこと。それが「かんかん」に照ると幸せだ。
 映画は、「海とサンゴと小さな奇跡」をこう表現して、タイトルにした。

335847_150x150_005  沖縄・読谷で㈲海の種を運営し、珊瑚の養殖を続けている金城浩二さん。
 世界で初めて珊瑚の移植・産卵を成功させ3年前に総理大臣・環境大臣賞を受賞したウミンチュウである。

 その金城さんの「10年」に感動した、「デトロイト・メタル・シティ」('08)の李闘士男監督が企画してメガホンを執った。

 「きれいな沖縄の海を家族に見せてやりたい」ただそれだけで夢を追い続けた不器用な男と彼を支える強く優しい妻。その夫婦を応援する家族や友人、そして沖縄の海人たち。
 物語は、美しい沖縄の海を舞台に「人々の幸せ」を描いていく。

335847_100x100_002335847_100x100_004  シナリオは、初めから岡村隆史をイメージして書かれた。
 ナインティナインで活躍するお笑い芸人、しかしこの世界では珍しい不器用な男。それが金城浩二さんとオーバーラップする。
 そして相手役に演技派女優・松雪泰子を持ってきた。
 この映画の成功は、このキャスティングにあった。

335847_100x100_012_2335847_100x100_016 脇を固める役者たちもいい。口は悪いが息子を信じる母を原田美枝子、強面だが人情家の漁協組合長を國村隼が演ずる。
 ほかに吉沢悠、渡辺篤郎そして地元の役者達。

 開発によって死滅していく珊瑚、海の自然を守るために闘う男、などと大上段に構えていないところがいい。
 そしてクライマックスは、珊瑚の産卵のシーン。作り物では無いだけに感動する。

 「何年も前にサンゴを植える職業を作ろうと決意した。
 まず養殖から始めた。
 たくさん借金もした。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・
 僕らは海が好きなだけ。
 楽しくサンゴをうえているだけ。」

 サンゴ産卵い成功してから5年、今も毎月海に潜りサンゴを植えつけている金城浩二。
 彼の主宰する「海の種」のホームページは、こんな言葉から始まっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2010

<号外>銀座柳まつり

100505_007_640

100505_012_640100505_001_640  こどもの日、西銀座通りで開催される「銀座柳まつり」。
 東京のシンボルロードとして、ここに柳が植えられてから5年、それを記念して毎年開催される。

100505_023_640100505_016_640   今年のテーマは「銀座で素敵な笑顔になる日」。
 警視庁の音楽隊や高校・大学の吹奏楽団が、ゴールデン・パレードした。

 このあと西銀座一帯では、ヘヴンアーチストの大道芸や銀座ミツバチフェスタ、子供達の夢芝居などが展開される。

100505_025_640

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1546.初夏・路地の街

100503_001_640100503_017_640100503_048_640 月島は路地の街である。仲通りと交叉して、等間隔に路地がある。
 その路地に、今初夏の花が満開だ。

 昨日は、東京江戸博物館に「龍馬伝」を見に行った。午前中早い時間に出かけたが札止め。入場まで90分も並ばなければならない。
 諦めて帰宅、路地の散歩に切り替えた。

100503_002_640100503_006_640100503_009_640  月島の街は今花盛りだ。丹精込めて育てた花が、長屋の玄関を飾る。

 サクラ草、チューリップ、ツツジ、クンシランなど同じ花が多い。
100503_016_640100503_036_640  隣近所で、苗や株、種を分け合っているからだそうだ。

 深川や本所と異なり、月島は「下町」ではない。明治に入って、隅田川の中州を埋めて作られた島である。
 そして街は、隣の佃にあった石川島造船所や、その下請工場で働く人たちの住まいとなった。

100503_041_640_2100503_020_640   関東大震災で壊滅した跡地に、町工場と長屋が再建された。深川と相生橋で結ばれ、勝鬨橋が開通すると銀座から電車がやってきた。

 東京の下町が「大空襲」で燃え尽きた時、なぜか月島は生き残った。
 軍需工場も多かったこの街に、爆弾が落とされなかった理由は諸説あるが、真相は判らない。
 だから此処だけに「下町の風情」が残った。

100503_029_640100503_024_640 月島は、「もんじゃの街」として知られている。
 ゴールデン・ウイークは、どの店も行列が出来ていた。

 しかしここ10年、路地の街を囲むように高層マンションが建ち始めた。
 防災都市作りと、中央区が再開発を進めている。
 「昭和のメモリアル、路地を残そう」という声もあるのだが。

 その一角に住むものにとっては、少々心苦しいのだが。

100503_057_640_2      

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2010

1545.のだめカンタービレ

019_640 「のだめカンタービレ・最終楽章後編」、漫画家二ノ宮知子が講談社の「KCKiss」に連載を開始したコミックが、10年目今年ようやく最終章となった。

 コミックだけでも延べ3300万部売れたというから、「のだめファン」は300万を超えるだろう。昨年暮れに公開された映画「前編」の観客動員数も、300万と報告されている。

61qpylvmicl__sl160_  コミック→アニメ→連続テレビ→スペシャルドラマ→劇場版と、セオリー通りのメディア展開を遂げた作品である。

 フジテレビ(テレビ)・講談社(出版)・アミューズ(音楽)・東宝(映画)がいつものようにタッグを組み、あらゆるパブリシティを展開する。
 そしてこのゴールデンウイークには、毎朝フジ「めざましテレビ」で露出する。
 先月17日の初日には、日劇は毎回全席完売して11.465人という新記録を打ち立てた。

61tspx95kl__sl160__2  ストーリーは単純である。ピアノの天才、天然ボケののだめ=野田恵(上野樹里)と若手イケメン指揮者千秋先輩(玉木宏)との恋物語、その最終楽章が奏でられるというお話である。
 だから次々とクラシック音楽が登場する。それがコミック以来の魅力でもあった。

334577_100x100_004_2 例えば、上野(のだめ)の友人バイオリニスト・水川あさみがコンクールで弾いた曲がブラームスの「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」。
 上野の恋敵?山田優が玉木とのコンチェルトで弾いたのがラヴェルの「ピアノ協奏曲ト長調大楽章」。
 上野が竹中直人指揮のもと、プラハのスメタナホールで弾いたのが、ショパンの「ピアノ協奏曲第1番ホ短調」。
 上野と玉木が心を通わすクライマックスは、モーツアルトの「2台のピアノのためのソナタ」と名曲が流れた。

334577_100x100_003 もちろん演奏そのものは吹き替えである。ピアノは全て中国人のピアニスト、ラン・ラン。
 あの北京オリンピック開会式でピアノ演奏した、中国が誇る著名ピアニストである。
 とくに「2台のピアノのための」は、ラン・ランがひとりで2人分を弾くという離れ業を見せた。

334577_100x100_005  しかし上野もなかなか上手い。本物のピアノ演奏に合わせて何回もリハーサルしたのだろうが、なかなかのものだった。さらに玉木も、竹中の指揮振りも堂に入っていた。

334577_100x100_008334577_100x100_006  ドラマでも2人を取り巻く仲間達として登場した、 瑛太、小出恵介、ウエンツ瑛氏士、ベッキー、なだぎ武、福士誠治など、全員をパリに集めての大ロケーション。
 製作費は掛っただろうが、これが見せ所だからしっかりと撮っていた。

 フランスのエキストラの子供達も、日本語に吹き替えてあるのが面白い。
 のだめと同じフラットに住む女性作曲家はフランスの女優が演じたが、これを蒼井優が吹き替えた。

 舞台はパリやプラハだけど、登場人物の全てが日本語のセリフをしゃべる、というのはフジテレビの洒落か。
 監督は、ドラマで演出とFDを担当した武内英樹と後輩の川村泰祐。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2010

1544.細川家の至宝

_640_2036_640  ゴールデン・ウイークは遠出はせずに、招待券を手に都内の美術館を巡る事にした。
 まず最初は東京国立博物館・平成館、ここでは「細川家の至宝特別展」が催されている。

 細川家は足利家の一門、鎌倉御家人から始まる武家の名門で室町幕府では執事・管領として足利将軍に仕えた。
038_640_2   信長・秀吉の時代は、藤考(幽斎)・忠興(三斎)親子が戦国大名として山城(勝竜寺)・丹後(宮津)を、徳川時代は忠興の子・忠利が豊前より入府して肥後(熊本)藩主となる。
 そして細川家は、明治維新まで九州の有力大名としてその地を治めた。

 特別展は細川家16代護立が、家に伝来した文化財を後世に残すため設立した「永青文庫」のコレクションの中から、国宝8点、重要文化財・美術品47点を含むおよそ350点を展示した。(70点ほどは期間によって展示替え)

001_640002_640 展示は大きく分けて「武家の伝統~細川家の歴史と美術」と「美へのまなざし~護立コレクションを中心に」の2部構成。

 <1部第1章>では、左の「国宝・時雨螺鈿鞍」(鎌倉時代)や上の写真「細川藤考(幽斎)像」、「信長自筆感状」「細川ガラシャ消息」など戦国武将から大名へと興隆する時代の品々。

 <第2章>では右上のポスター、「黒糸威二枚胴具足」や右の「鵜図」「五輪書」など。
 客分として晩年を細川家で過ごした宮本武蔵の書画も展示されている。

 近世細川家は初代幽斎が歌人、二代三斎は茶人としても有名で、代々武人としてだけでなく文化人としても知られる。
 <3章>では、狩衣や能面、幽斎が書写した「古今和歌集」、それに中国や朝鮮から渡来した天目茶碗など茶器が並ぶ。

003_640 第2部には圧倒される。
 永青文庫の理事長、元総理の細川護煕の祖父16代護立侯爵は、近代日本を代表する美術コレクターとして知られている。
 また横山大観や菱田春草、小林古経ら明治のアーチストのパトロンとして多くの芸術家を支援した。

004_640_3  会場には重要文化財の古径作「髪」をはじめ、上記ポスターの「黒き猫」などが並ぶ。

 また中国戦国時代の文物、ポスターにも掲載されている国宝「金銀錯狩猟文鑑」や005_640左の「三彩宝相華文三足盆」など、目利きとしては第一人者の護立が買い取った国宝・重文など24点が展示されているのだ。

 武人の家が散逸することなく、代々護っていた文化財。さらにその末裔が、文化の象徴ともいえる文物を収集してきた事実。
 私たちは、その歴史とエネルギーに圧倒されるのである。

 40数年昔、朝日新聞の新人記者だった細川護煕と、一緒にサツ回りした鹿児島時代を思い出しながら、展覧会を堪能した。

 「細川家の至宝」展は、来月6日(日)まで。東京国立博物館・平成館で。
 その後来年にかけて、全国各地でも催される。           

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2010

<号外> hide The13th Mmorial

100502hide_002_640

100502hide_005_640100502hide_006_640100502hide_011_640  ベランダから、何となく隅田川の河畔を眺めていたら人の行列が続く。

 自転車で駆けつけ行列を辿っていくと、警視庁機動隊も出動している。

 そう、ここは築地本願寺。Xジャパンのヒデの13回忌、全国から3万5千人を超えるファンが献花に訪れているのだ。

100502hide_007_640100502hide_008_640100502hide_009_640  正午、読経のなかで「献花式」が始まる。
 そのあと17時30分まで、この行列は続くそうだ。

 この日集まった香典は、難病の子供達の夢をかなえるボランティア団体に寄付されるとのこと。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2010

1543.砂上の同盟

_640 「塾」での勉強仲間から、一冊の本が届いた。彼の知人が書いた「砂上の同盟~英軍再編が明かすウソ」である。
 混迷をきたす「普天間基地」問題の、根源を明らかにした「調査報道」である。

 著者は屋良朝博(やら・ともひろ)、沖縄タイムスの論説委員で一昨年までハワイ東西センターの客員研究員を務めていた。
889f288ff36e8b9e  彼は、在日米軍再編をめぐり、沖縄駐留部隊で最大の兵力である海兵隊8000人がなぜグアムに移転するのか、そしてパッケージとして辺野古に代替飛行場を建設しなければならないか、を問う。

 本の帯にこうある。
 「基地は日本のどこにあっても問題ない」
 「イエス。沖縄でなくても構いません」
 そして「九州でもグアムでも海兵隊は同じように任務を遂行する能力がある」「総論賛成、各論反対。自分の所にはきてくれるなという地域ばかりだ」「日本本土に海兵隊を歓迎する都府県がありますか・・・すべては政治なんですよ」と、関係者の声をインタビューで引き出す。

 いくつかの事実認識。
 
 鳩山内閣がジレンマに陥っている「沖縄の負担軽減」、言いだしっぺは小泉純一郎である。沖縄国際大学でのヘリ墜落事故後の'04年、当時の総理は「沖縄の負担を分かち合うのなら、国外移転、本土移転」と発言した。
 しかし8ヵ月後、「総論賛成、各論反対。本土はいやがっている」と言い放つ。(P65)
 B4904e4467350512
 戦後アメリカの海兵隊が駐屯していたのは、各務原市のキャンプ岐阜と山梨・北富士演習場。それが'56年に沖縄に移転した。現在のキャンプ・シュワブである。
 当時沖縄に基地を持っていた米陸軍・空軍は、移転には強硬に反対していたというのに。これがナゾである。(P84)

 沖縄駐留にどれだけの戦略的必然性があるのかの問いに、海兵隊側は「ナッシング」と答える。ただ現在は「既得権益」に過ぎないのだ。
 つまり、この事が今日の混迷の始まりなのだ。

 また、米軍再編による海兵隊の移転先はグアムでなく、キャンプ座間という案もあった。  そして最も条件が揃っていたのが、「佐賀空港案」だった。海兵隊を騒乱の地に運ぶ強襲揚陸艦の母港、佐世保にも近い。また九州には自衛隊の演習地も多いので、狭くて制限の多い沖縄より条件はいい。
 と、アメリカ側はナイス・ロケーションとしたが、日本は黙殺。安保闘争の再現を恐れたのだ。(P70)

 また企業誘致が出来ず雑草の生えた苫小牧東部開発地区、という「北海道オプション」もあったが、なぜか自民党の大物政治家によって握りつぶされたという。(P74)

 などなど、「歴史をひもとき明らかになった『基地の島・沖縄』の本当の理由」が書き出される。

001_640_3    本を贈ってくれた友人は、琉球王朝の末裔。
 数年前、塾生一同彼の案内で嘉手納基地・普天間基地・辺野古を視察した事もあった。

 「迷惑施設を、沖縄だ、徳之島だと辺境に押し付けようとする政治は、もういい加減にして欲しい」との彼の添え書きも同封されていた。
 政府が約束した「期限」は、残り30日。彼らはこの本に、目を通したことがあるのだろうか。

 屋良朝博著「砂上の同盟~米軍再編が明かすウソ」
        沖縄タイムス社刊 定価1260円(税込み)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »