« July 2010 | Main | September 2010 »

August 31, 2010

(号外)葉月・炎暑

051_640

028_640035_640020_640

 炎暑の「葉月」が終わった。と言っても猛暑は「長月」になだれ込む。

 <8月のデータ>
 都心平均気温29.6度、平年より3度高い。この7日間は30.3度(+3.3)だった。最高気温は17日の37.2度。

 降水量31.5mm、平年の23パーセントしかない。東京も多摩地方は、時々豪雨に見舞われたが沿岸部はほとんど降らなかった。10日以来21日間雨なし。

 ここ1週間夕景を撮ってみたが、例年と比べて異形な光景が見られる。炎暑のせいだろう。
 そんな写真を数葉掲載する。

043_640058_640100815_014_640

005_640   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2010

1631.ヤギと男と男と壁と

019_640 ジョン・ロンスンのノンフィクション「実録・アメリカ超能力部隊」を、ジョージ・クルーニーとその仲間達が映画化した「実録・ブラックコメディ」。
 アメリカ軍部のトンデモないプロジェクトを、クールに笑い飛ばす。

336900_100x100_015 1980年代、アメリカ陸軍内に編成された特殊部隊の一つに「エスパー(超能力)部隊」があった。

 これは「ジェダイ計画」に基づき、念動力や透視能力・予知能力を鍛えて、瞬間移動やテレパシー、武器を使わずに相手の息の根を止めたり、意のままに従わせる兵士の集団だった。

 「ジュダイ」は、映画「スターウオーズ」で有名な自由と正義の守護者。彼等ジュダイ戦士のモットーは、この地上から争いを無くすための「ラブ&ピース」である。

 創設者はベトナム戦争中啓示を得てヒッピー修行、「ニューエイジ思想」を掲げた高級将校。「新地球軍マニュアル」をトップに提案して認められた。
 当時、ソ連軍部内にもそうした動きがあり編成を急いだようだ。

336900_100x100_001 映画の方は、その部隊の生残りと妻に逃げられ一発逆転を狙う新聞記者のコンビがイラク戦場をさ迷い、ビジネス化した「ジェダイ計画」にぶつかるというお話である。

336900_100x100_007 キャストもスタッフも錚々たる顔ぶれである。

 主役+製作はもちろんジョージ・クルーニー、「シリアナ」('05)のオスカー受賞者。
 原作者らしい新聞記者はイギリス出身のユアン・マクレガー(「天使と悪魔」'09)。彼は「スターウオーズ」ではジェダイ戦士役だった。

 特殊エスパー部隊の隊長ジェダイ・マスターは、「クレイジー・ハート」('09)でオスカーを受賞者したジェフ・ブリッジス。製作総指揮も兼ねる。
 ダーク・ジュダイは、ケヴィン・スペイシー。彼も「アメリカン・ビュティー」(('99)のオスカー受賞者。

336900_100x100_013 監督がまたユニークだ。クルーニーの親友で「グッドナイト&グッドラック」('07)の脚本・製作・出演のグラント・ヘスロヴ。この作品でヴェネチア国際映画祭脚本賞を受賞したが、監督は今回が初めて。

 さらに撮影。ロバート・エルスウッドは、「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド」('07)でオスカーを受賞しているクルーニーの仲間。「グッドナイト&グッドラック」も彼のカメラだった。

336900_100x100_005_2 そうそう、この映画のキーマン、いやキー動物にヤギがいる。ジェダイ戦士たちが、訓練で「睨み殺す」生贄なのだ。
 だから映画の原題は「THE MEN WHO STARE AT GOATS」。STARE(睨み殺す)の相手はGOATS(ヤギ・悪人・トンマ・好色漢)、それはフセインそれともブッシュ?
 クルーニーのブラック・ユーモアである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2010

1635.晩夏・鎖大師を訪ねる

100827_037_640

  暦の上では「晩夏」と云えるのだが、今年はまだ「盛夏」いや「炎暑」「酷暑」の毎日。
 それでも自然は、秋の気配を伝える。

 恒例の「ひとまく会・鎌倉ウオーキング」も、予定では静寂のお寺と森林浴の「涼しい晩夏」だったのだが。

100827_004_640_2100827_005_640_2  今回訪れたのは「飯盛山仁王院青蓮寺(はんじょうざん・にんのういん・しょうれんじ)、大船駅からバスで20分、旧手広村にある古刹である。

100827_003_640_3  このお寺は「鎖大師」の愛称で知られる、高野山真言宗の寺。本尊は空海が彫ったと伝えられる裸形の自像である。
 その四肢が鎖で繋がれているとのことで、鎖大師と呼ばれた。「信者とお大師さまが、鎖の様な強いご縁で結ばれる様に」との願いが込められる。

 伝承によれば、本堂裏の飯盛山で弘法大師(空海)が7日間の護摩秘法を修行したおり、江ノ島の弁財天がお世話をしたとのこと。満願成就の時弁財天から仏舎利を託され、翌朝には池に青色の美しい蓮華が咲き誇っていたという。
 寺号はその故事に由来する。

100827_019_640100827_020_640100827_021_640100827_022_640100827_024_640   空海の裸形仏像は「秘仏」のため、写真でも紹介はできない。
 そこで庭園にある「五輪塔童子」だけを掲載しておこう。

Sagase  この童子像は、東京藝術大学院教授の薮内佐斗司が製作したもので、頭上の青蓮に五輪塔を乗せた可愛い仏様である。
 薮内教授といえば、「平城遷都1300年祭マスコット」のデザインで物議をかもした方。こちらは、可愛い童子の頭に鹿の角が飾られている。

 写真の童子の腹の梵字は、左から「キャ」「ラ」カ」「キャ」「ア」、五輪の「空・風・火・水・地」を表し、真言密教の根本仏「大日如来」の象徴となる。

 童子に祈願してさまざまな「運」を呼び寄せるよう、自由に触ってくださいと、青蓮寺の住職は勧める。

100827_031_640100827_033_640_2   参詣を終えた後は、文字通りのウオーキング。

100827_038_640_3 笛田道の切り通し~江ノ島道を経て山道を鎌倉山へ。
 終点は昨年開設された夫婦池公園である。

 鎌倉山は、昭和の初期に開かれた別荘地。日本では初めての丘陵式住宅街となった。

 政財界人や文人たちの別荘地だったここも、時の流れとともに様相は変わってきた。1区画500坪だった分譲地も、今は区分けされて売られる。
 ただここからの眺めだけは、時間を止める。

 昨日の「鎌倉ウオーキング」、別荘地の見晴らし台からは、相模湾の先・伊豆半島から大島まで望むことが出来た。

 この後、大船に戻って何時もの様に「打ち上げ」。今回の歩数はドアtoドアで13,375歩、8キロの行程だった。

100827_034_640_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2010

1634.魔法使いの弟子

017_640 「魔法使いの弟子」といえば、フランスの音楽家ポール・デュカスがゲーテの叙事詩を題材に作曲したクラッシック音楽。

4_51002  70年前にウオルト・ディズニーは、「魔法使いの弟子」を始め、「トッカータとフーガ」(バッハ)「くるみ割り人形」(チャイコフスキー)「アベ・マリア」(シューベルト)「田園」(ベートーベン)など、8つの名曲を主題にバレー劇のアニメーション映画「ファンタジア」を製作した。

 「魔法使いの弟子」では、ミッキー・マウスが音楽の指揮者兼魔法使いとして登場しているが、子どもの頃にこのアニメを見たニコラス・ケイジは、一度はこの魔法使いに扮してみたいと密かに企画をたてていた。

Wp_deshi02_1024  そして実現したのが、現代のニューヨークを舞台にしたマジカル・ファンタジー・アクションのこの作品である。

 ケイジは自らのプランを基に、数人の脚本家に素案を書いて貰い友人のジェリー・ブラッカイマーに持ち込む。
 ブラッカイマーは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど数々のヒット作品を手がけた名プロデューサーで、ケイジ主演の「ナショナル・トレジャー」シリーズも彼の作品である。
 そして二人は、「ナショナル・トレジャー」の監督ジョン・タートルトーブを今回も指名した。

335983_100x100_001 お話は、善なる魔法使い(ニコラス・ケイジ)と彼がリクルートした「NY大の物理オタク」の弟子(ジェイ・バルチェル)のタッグが、史上最悪の魔法使い(アルフレッド・モリナ)たちと、ニューヨークの摩天楼で大バトル(魔法大戦争)を繰り広げるというもの。  

 筋の方は単純だが、ディズニーが得意のVFX技術を総動員して派手に展開していくのが見ものである。

 念願かなって魔法使いになったケイジ、恋人の魔法使いに妖艶なモニカ・ベルッチを起用して楽しむが、恋に敗れて悪の魔法使いになってしまったのがモリナという設定。
 「フリーダ」('02)でメキシコ人の画家として出演したモリナ、敵役ではあるがどこか愛嬌のあるところが面白い。

335983_100x100_004 弟子役のバルチェル(「トロピック・サンダー」'08)はカナダ出身の俳優、その恋人役テリーサ・バーマ(「ベッドタイム・ストーリー」'08)はオーストラリア出身。
 もうちょっと存在感のある役者を選べば良かったのでは、との評が多い。

 酷暑のストレス発散の映画としては、まずまずの作品。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2010

1633.「水墨画の原点」展

033_640_2 銀座の東京セントラル美術館で、「全日本水墨画秀作展」が開催されている。
030_640_3  「水墨画の原点」と称した掛軸の公募展である。

 今年で36回を数える伝統ある展覧会だが、郷里の大先輩・橋口加寿さんも毎回出品している。

 水墨画は日本画や油絵と異なり、東洋独自の技法と様式をもった絵画で、墨絵とも呼ばれてきた。

 墨の濃淡で立体感・色感を表現するモノトーンの世界で、余白の芸術、白と墨色の芸術といわれている。

 起りは中国・唐代で、日本には鎌倉時代に禅僧が伝えたという。室町時代は雪舟、江戸時代は狩野派が有名だが、近年はブームとなって高齢者から子どもたちまで筆をとっている。

032_640031_640_3  橋口さんの今年の作品は薔薇をモチーフに描いた「芳香」、昨年の後援新聞社社長賞に続いて秀作書を受賞した。

 観覧者による写真撮影は禁じられているので、事務局にお願いして撮ってもらった。
 橋口加寿さん、今年82歳になる。

 「全日本水墨画秀作展」は、29日(日)まで 入場無料。           

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2010

1632.ひとまく映画会

  歌舞伎愛好仲間で、歌舞伎座の最後の一幕を鑑賞してきた「ひとまく会」。13日は暑気払いを兼ねて国立劇場の「寄席」を楽しんだが、昨日は2ヵ月に1回の「古典名画を見る会」。

 今回の上映作品は、「裸足の伯爵夫人」と「踊る大紐育」の2本立て。DVDによる再生だが、大きなスクリーンなのでミニシアター並の迫力はある。

D111464153  「裸足の伯爵夫人」(1954年アメリカ・イタリア合作)

 マドリッドの小さなキャバレーの裸足の踊り子から映画スターに、最後は伯爵夫人になった彼女がヒロイン。
 自由奔放に生きた女がたどる悲劇的な生涯を、巧みな語り口で綴った作品。

Humphrey13 その ヒロインは「キリマンジャロの雪」('52)でセクシー女優と評判になったエヴァ・ガードナー。
 元シナトラ夫人の彼女、この後の作品は「陽はまた昇る」('57)「裸のマヤ」('59)を覚えている。20年前に68歳で亡くなっている。

  相手役というより作品の語り部となっているのが、彼女を見出した監督役のハンフリー・ボガード。「カサブランカ」('42)のボガードといえば、我々世代には忘れ難き名優である。
 「アフリカの女王」でアカデミー賞主演男優賞。「裸足の伯爵夫人」のあとは「俺たちは天使じゃない」('55)「必死の逃亡者」('55)が記憶に残る。
 残念ながらこの2年後に逝去。58歳の働き盛りだった。

Ad0a7e0231807b7450541dab9329821b_2   監督・脚本は「イヴの総て」など2本の作品で、アカデミー賞監督賞・脚本賞を受賞しているジョーセフ・L・マンキーウイッツ。
 彼の作品は、「静かなアメリカ人」('58)「去年の夏 突然に」('59)が印象に残っている。

 主題歌の「裸足のボレロ」も大ヒットした。
 ジプシーに囲まれてエヴァが裸足で踊ったボレロ。ユーゴー・ウインターハルター楽団演奏のCDを、時々聞いている。

D112110391   「踊る大紐育」(1949年アメリカ作品)

 ミュージカル映画黄金期の代表作。5年前にブロードウエイで上演された「On The Town」の映画化である。

 ニューヨークで24時間の上陸許可を与えられた水兵三人の恋愛と騒動が唄とダンスで綴られる。
 自由の女神をはじめ、ニューヨークの名所も次々と登場する。

 舞台上演の時は戦時中だったためか、これから戦場に向かう若い水兵のペーソスが演じられたが、映画の方は海軍賛美となっている。

300pxfrank_sinatra_jules_munshin_an 3人の兵士をジーン・ケリーとフランク・シナトラ、ジュールス・マンシンが、絡む女性はアン・ミラーほか。

 「碇を上げて」('45)のケリーは、振り付けと共同監督を担当した。彼はその後のミュージカル映画を支えた人、「巴里のアメリカ人」('51)「雨に唄えば」('52)そして「ロシュフオールの恋人たち」('66)を思い出す。

 フランク・シナトラは、アカデミー賞助演男優賞を受賞した「地上より永遠に」('53)で、始めて出会った俳優。
 「上流社会」('56)「八十日間世界一周」('56)「刑事」('68)「オーシャンと11人の仲間」('60)と続く。
 歌は「マイウエイ」。

Jenekelly9 このミュージカルの作曲は、有名なレナード・バーンスタイン。「踊る大紐育」は彼にとっての出世作と言われるが、映画ではロジャー・エデンスが幾つかの音楽を追加している。
 映画のプロデューサーとバースタインの相性が悪かった、というのが当時の噂。

 「ひとまく映画鑑賞会」は、ナビゲーターの圓尾さんの解説つきなので、ブログのネタも増える。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2010

1631.きな子~見習い警察犬物語

016_640 野生動物を主人公にしたドキュメンタリーは欧米が得意だが、犬や猫、野生のキツネなどを訓練してヒューマン映画にするのは、日本の特技といって良い。

 なかでもここ数年は、共同テレビが次々と感動作品を撮っている。この「きな子」も、「クイール」('03)「子ぎつねヘレン」('05)「犬と私の10の約束」('08)に続く共同テレビ製作の映画である。

335850_100x100_005  犬や猫を、映画の脚本通りに動かす(演技させる)のは難しい。
 しかし共同テレビの映画には、名ドッグトレーナーが協力している。宮忠臣65歳、「南極物語」('83)でカラフト犬を訓練した稚内在住のトレーナーである。
 今回も、幼犬・子犬・成犬と3匹の「きな子」に演技をつけた。

335850_100x100_007 実話の映画化である。
 「ズッコケ見習い警察犬・きな子」として住んでいる香川ではもちろん、全国区でもアイドルとなったラブラドール・リトリバーが、そのモデルなのだ。

 映画はそんな不器用な犬と未熟な人間が、失敗や挫折を乗り越えて成長していく 姿を描く。

335850_100x100_002335850_100x100_006   ヒロインの見習い訓練士・夏帆(「砂時計」'08)。
  訓練所長一家に寺脇康文、戸田菜穂、広田亮平、大野百花。
 ヒロインの両親が遠藤憲一と浅田美代子。

 おしゃまな末娘、大野百花のキャラが作品を上手く締めている。

 監督は、共同テレビでドラマ「海猿」('05)や「アンフェア」('06)の演出を担当した小林義則。映画はこれが3作目である。

335850_100x100_001  夏休みに相応しい子供向けの作品だが、不器用だと悩んでおる大人にも、きっと勇気を与えてくれるだろう。
 実在のきな子は、これまでに警察犬試験を6回受けていずれも失敗しているが、今年もまた挑戦するという。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2010

1630.トイ・ストーリー3

015_640  先月から3Dで公開されていた「トイ・ストーリー3」、「カールじいさんの空飛ぶ家」い次ぐディズニー+ピクサーの新作である。
 眼鏡を掛けて見るのはいやなので躊躇していたが、近所のシネコンで2Dでの上映も始まったので足を運んだ。

Wp_toystory022_s 夏休みなので場内は子供たちでいっぱい、笑い声や歓声が喧しかったが、それだけ面白かった証拠でもある。

 ストーリーは省くとして、制作したピクサー とは少々縁もあったので、そのあたりの薀蓄を述べておこう。

 ピクサーは、元来ルーカス・フイルムのコンピューター・アニメ部門としてスタートした会社である。当時制作された作品としては「スタートレック」が有名だ。
 1986年にその部門が、アップル・コンピューター出身のスティーブ・ジョブスに買収されてピクサーとなる。

51tzbzyqbql__sl75__4  当初はディズニー・アニメの技術部門の下請け会社だったが、クリエイターのジョン・ラセターらが入社してCGIによるアニメーション・スタジオとして頭角を現した。

 その記念すべき作品が、1995年にディズニーと共同制作したフル3DCGによる「トイ・ストーリー」だった。
 この作品を監督したラセターは、アカデミー賞特別業績賞を受賞している。

 アニメーション制作と関連した仕事を担当していた事もあって、10年ほど前にカルフォルニア州エメリーヒルで、ピクサーのエグゼクティヴやクリエーターと懇談した事がある。
 ちょうどこの頃「トイ・ストーリー2」が製作中で、スタジオなどを案内してもらった。
 「2」はアカデミー賞にノミネイトはされたが、残念ながら入賞なし。ただゴールデングローブ賞の最優秀作品賞には選ばれた。

 ピクサーの作品が「アカデミー賞」の常連になるのは、その2年後である。
 まず「モンスター・インク」('01)が、主題歌賞。「ファイティング・ニモ」('03)「Mr.インクレディブル」('04)と2年連続してアカデミー賞長編アニメーション作品賞を受賞。
 「カーズ」('06)を挟んで「レミーのおいしいレストラン」('07)「ウオーリー」('08)も長編アニメーション賞。

6b951797a35fb8c4_2  昨年の「カールじいさんの空飛ぶ家」は、一般映画と並んで作品賞にもノミネイトされた。
 結局は「長編アニメーション賞」と「作曲賞」の受賞だったが、ヴェネチア国際映画祭では金獅子賞に輝いた。

350pxpixar__front_gates  優れた技術開発部門を持つピクサーは、コンピューター・プログラムによって画像・映像・音声を創りあげていく「レンダリング」の優れたソフトを開発しており、CGとSFX・VFXを組み合わせたCGIは完成の域に達しているといえよう。

 ただスタジオ・ジブリなど日本が得意とする「フル・セル」に比べると、人物や人形の表情などの無機質さは気になる。

 スタジオとしてのピクサーは、4年前にウオルト・デズニーの完全子会社となっており、作品開発・アニメ制作・ポストプロダクションを担当し、配給や宣伝はディズニーが行っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2010

1629.キャタピラー

013_640

 直視できないシーンも多いハードで重い映画、しかし最後まで見据えなければならない作品でもある。

 タイトルのキャタピラーとは「戦車」ではなく「芋虫」のこと。
 手足を失って中国の戦場から帰還し「軍神」に祭り上げられた夫と、その芋虫のような体を支えて暮らす妻の哀しい葛藤を、8月15日の終戦の日まで描いた作品。

336110_100x100_001_3  「食べて、寝て、食べて、寝て・・・」と、ただ性欲と食欲しか残っていない「肉の塊」に対し、妻の屈折した愛憎を寺島しのぶが体当たりで演じきる。

 今年のベルリン国際映画祭は、その寺島の演技に銀熊賞(最優秀女優賞)を与えた。

336110_100x100_005  「実録・連合赤軍あさま山荘への道程」('07)で各映画賞を総なめした、若松孝二監督による「究極の反戦映画」との評が高い。

 「戦争とは、人間が人間に、犯され、切り刻まれ、焼かれることだ」と若松はこの作品で主張する。
 だから「正義の戦争など決してない」と、描写は過激でストレートだ。

336110_100x100_003_3  その過激さは、「軍神芋虫」を演じた大西信満の演技にも現れる。四肢を無くしても、妻にのしかかっていくセックスシーンや外にまで這い出るシーンは凄まじい。
 若松監督の「実録・連合赤軍・・・」で、坂東國男を演じた大西のもう一つの貌がそこにあった。

 冒頭からラストまで、たびたび映し出される「金鵄勲章」と「勲功を讃える新聞」そして天皇皇后の真影。
 冒頭からラストまで、たびたび登場する村の「クマ」さんこと篠原勝之。
 最後に流れる元ちとせの「死んだ女の子」の唄。
 これが若松監督のメッセージである。

 当初は江戸川乱歩の「芋虫」を原作にと考えた様だが、作品はそれからは遠く離れて行った。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2010

1628.暴力相談

029_640_2

 同郷の後輩から、一冊の本が送られてきた。「暴力相談~"こわがらせる人"との交渉術」(中公新書)、著者は狩集紘一。

 後輩といっても、狩集君は元マル暴デカ(刑事)。
 渋谷警察署刑事課を皮切りに四谷署でデカ長(部長刑事)、警視庁捜査四課、広域暴力団対策官、暴力団対策課理事官を歴任、7年前に竹ノ塚警察署長を勇退するまで、警察官人生のほとんどを「マル暴デカ」として務めてきた男である。

 ノンキャリの警察官だったが多くの暴力犯罪と戦い、マスコミを騒がせた大事件の幾つかを解決、警視正まで昇進した狩集君は我々仲間の「安全」の拠り所でもあった。

 退職後は行政書士の事務所を構え、ASF(反社会的勢力)対策アドバイザーとして企業や市民団体の相談にのっている。

 今回出版した「暴力相談」は彼の3冊目の本で、40年間にわたる「反社会的勢力」との戦いの経験や、アドバイザーとしての講演活動など、その豊富な実例をもとに対処のコツをわかりやすく纏めてある。

 内容は「反社会的勢力の実像」「反社会勢力の組織」「反社会的勢力との交渉」「具体的事例に学ぶ」の4章に整理される。
 とくに最後のケーススタディーはわかり易く、悪質クレーマー事件やエセ同和行為に対する対応、雑誌・書籍の不当な購買要求に対する対応、悪質な電話勧誘販売業者への対応など、企業の総務窓口や普通の市民にもとっても大変役に立つものとなっている。

 狩集君が整理した「反社会的勢力」とは、暴力団(博徒・的屋・愚連隊)・総会屋・エセ同和・エセ右翼・会社ゴロ・新聞ゴロのことで、そうした集団の発生の歴史や戦後史の中での変貌は、多くの示唆を与えてくれる。

 もし彼等から不当な要求を受けたら、「彼等を必要以上に恐れず」「怖がることなく」落ち着いて「相手方の確認」「用件の確認」をして、要求は「キッパリと断る」に限る、と彼は述る。

 狩集紘一著「暴力相談~"こわがらせる人"との交渉術」(中公新書ラクレ) 定価740円+税

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2010

1627.老人と海

012_640 前号に続いて漁師が登場する作品だが、こちらは本物の「ドキュメンタリー映画」である。
 
Img_blogparts1  ヘミングウエイの不朽の名作「老人と海」の主人公と同じく、危険なカジキ漁に挑む82歳の「海人」を追った作品。
 アメリカのドキュメンタリー作家 ジャン・ユンカーマンが、20年前1年間に及ぶ撮影を敢行した。

 ユンカーマンは、反骨の知識人ノーム・チョムスキーのインタビューで構成した「チョムスキー9.11」で世界的にも知られるドキュメンタリスト。
 25年前アカデミー賞にもノミネイトされた、「劫火~ヒロシマからの旅」で日本とも馴染みが深い。

Img_production01 舞台となったのは日本最西端のシマ「与那国」、隣の石垣島より台湾に近い。
 人口1600人のこの島には、黒潮の激流が創り上げた素晴らしい自然と文化が残る。

 島の産業の中心は漁業、200キロを超える巨大なカジキ漁で知られる。

151184_100x100_006  今ではほとんど見られなくなった「サバニ」と呼ばれる小舟、主人公の老海人は、ひとりでカジキに挑戦するのだ。

Img_production02  映画はようやく巨大カジキを釣り上げた彼の苦闘を描きながら、自然と人間の共存を訴えているが、それは決して押し付けではない。

Img_interview01337579_01_02_03  老夫婦のさりげない日常生活、与那国の伝統行事を織り交ぜながら、人が生きる事の根源的な強さを教えてくれる。

 映画が東京で公開されたのは1990年の8月。
 主人公の老海人はその一ヶ月前カジキに海へ引きずり込まれ、還らぬ人となっていた。

 今回は、ユンカーマンが新たに編集したディレクター・カット版として20年ぶりに上映されている。
 ナレーションを一切排し、実音と小室等の音楽だけで綴られた「老人と海」。時の流れを一切感じさせないドキュメンタリーの傑作である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2010

1626.ザ・コーヴ

336191_100x100_005_2  「コーブ」とは入り江のこと。それに「THE」がつくから特定される。
 その入り江は、和歌山県太地町のイルカ追い込み漁の現場だった。

 昨年のアカデミー賞、長編ドキュメンタリー部門でオスカーを獲って注目されたアメリカの作品。
336191_100x100_001  テレビ「わんぱくフリッパー」で、ゴンドウイルカを調教して有名になったリック・オリバーを追った作品。

336191_01_04_03 水族館で芸を教えているうちに、「自然」を失っていくイルカに気づき、狂信的ともいえる海洋哺乳動物保護者に変身した主人公。
 伝統的なイルカ漁を行っている太地町に乗り込み、その実態を暴こうとする。

 地元の漁師や町当局と対立しながらも、イルカ漁阻止のアクションを起すオリバーに、これは売れると乗ったプロデューサーが、あの手この手を駆使して「ドキュメンタリー」に仕立て上げたのだ。

336191_100x100_003 昨年の東京国際映画祭で特別上映される際、ネット右翼が騒いだため話題となり、その「上映」をめぐり論壇でも議論された。

 ドキュメンタリー作家たちの間では、評判は悪い。映像の捏造、恣意的な編集、事実の偽装、そして何よりも「日本人」に対する偏見であふれているからだ。
 しかし圧力で上映を阻止するとなると、話は別になる。

336191_100x100_002_2 それにしても地元の漁師をはじめ、警察や町当局、さらには農林水産省までうまく「乗せられた」。
 自ら悪役を演じてしまっている。
 海千山千のアメリカのプロデューサー たちに、簡単に「オチョクラレタ」のだ。

 元ドキュメンタリストとしては、この作品を「ドユメンタリー映画」としては認めない。ジャーナリストとしての視点が、ひとつもないからだ。
 ただプロパガンダ映画、またはサスペンス映画としては優れている。

 見事な!構成(編集)で、アメリカのアカデミー協会の会員や、各国の映画批評家たちの胸の内をくすぐるのだ。だから映画祭で「ベスト・ドキュメンタリー」賞など、24本も受賞した。
 脚本を書いたのは「ペレを買った男」('06)のマーク・モンロー。監督はダイバーでフオトグラフアーのルイ・シホヨス。

 ネット右翼が上映館の前をうろつくので、少々怖かったが、彼等もこの作品の宣伝に努めている結果になる。
 プロデュサーたちは、してやったりとホクソ笑んでいることだろう。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2010

(号外)ゴーヤ

100807_006_640

100807_008_640100807_014_640  昨日今日は、この夏最高の酷暑かも知れない。
 出かける元気もなく、ただボーッと外を眺めていた。
 日除けのために植えたゴーヤも、今年の暑さには参ったらしく、付けた実も大きくならずに黄色く熟れてしまった。
 収穫はゼロ、仕方なく毎日スーパーで買っては「ゴーヤチャンプル」や「酢の物」にして食べて夏のスタミナの素にしている。

021_640

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2010

1625.アイスバーグ!&ルンバ!

3011_640  冒頭からラストまで笑いっぱなし、それも2本立て。終わった後はちょっぴり哀しくなる。
 こんな映画は、初めて見る。

  ブリュッセルを拠点に、世界中で活躍している舞台道化師カップル、ドミニク・アベルとフィオナ・ゴードン。
 道化師仲間ブルーノ・ロミ&フィリップ・マルツと組んで、主演・脚本・監督・製作・裏方・金集めと、何でも共同作業で創りあげた2本の長編映画である。

 第1作の「アイスバーグ!」は、2005年の作品。

Photo21  冷凍庫に閉じ込められたハンバーガー屋の女将(ゴードン)が、なぜか「氷」に愛を感じ夫(アベル)と二人の子どもを置いて、氷山(アイスバーグ)を目指す旅にでる。
 乗った船は「タイタニック号」。船長(マルツ)との楽しい旅は、追っかけてきた夫との三角関係でメチャメチャになり、最後は・・・・。

Photo5 冒頭とラストに、なぜか!イヌイットの女性が登場して物語をガイダンスする。
 誰も理解出来ないイヌイット語で。この女性、日本人そっくり。

 あとは、ほとんどセリフなし。出演者のアクションだけで、お話は進行する。

 2作目が2年前に製作した「ルンバ!」。

20100702006fl00006viewrsz150x  こちらもセリフがほとんどないアクション・ギャグで、愛の物語を綴る。

 教師夫妻(アベル&ゴードン)が、ラテン音楽ダンス大会「ルンバの部」で優勝し幸せの絶頂にあったが、車で帰る途中自殺願望の男(マルツ)を避けようとして自損事故。
 夫は記憶障害に、妻は片足を失う。それ以来、二人は不幸のどん底に・・・・・。

Photo14  夫婦生き別れとなった妻が思い出すのは、ペレス・プラードの官能的なリズム。
 「ソン・アル・ソン」「オブセション」「タブー」「ソンプラス」と、馴染みのルンバの曲がバカバカしくて哀しい「愛の物語」を奏でる。
 それが人生なのだ、と。

 カラフルな映像の中に、チャップリンやキートン、ジャック・タチなどサレント時代の喜劇の伝統を再現した「2本立て」作品だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2010

(号外)東京湾大華火祭

100814_037_640

100814_066_640100814_077_640100814_078_640_2 

 東京の夏の風物詩、第23回東京湾大華火祭。晴海埠頭前の船台から1万2000発の花火が打ち上げられた。
 毎回自宅のベランダから写真を撮っているが、年毎に高層マンションが立ち並び花火も見えにくくなった。

100814_035_640100814_019_640  毎年同じような写真ではつまらないので、今年は多重露光などにトライしてみた。
 使用したのはペンタックスのコンパクトデジカメ(Optio6.0)。
 3倍ズームが限界なので、あまり面白いカットは撮れなかった。
 2枚だけ掲載する。

100814_107_640

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2010

1624.国立寄席

100813_002_640 昨年の「ひとまく会・暑気払い」は、歌舞伎座で納涼大歌舞伎「真景累ヶ淵~豊志賀の死」を見た後、銀座のビアホールに繰り出した。
 今年は、歌舞伎座も改築中なので国立演芸場で寄席を楽しみ、近所のホテル・ラウンジでの暑気払いとなった。

 ひとまく会の世話人から、会報を出すので「寄席鑑賞・談」をすぐ送れとのこと、ブログの方はその原稿を少々ふくらませて掲載する。

100813_640  国立寄席の中席は、トリが桂歌丸。こちらも「真景累ヶ淵」が演目である。それも師匠にとっては初めての噺「宗悦殺し」、このところ怪談噺を続けている歌丸らしく、よどみなく聞かせてくれた。

 「真景累ヶ淵」は、ご存知のとおり三遊亭円朝の代表作。江戸の始め下総国羽生村で実際にあった事件、いわゆる「累(かさね)伝説」を元に口演した。
 全部で15時間を超える大作だが、「宗悦殺し」がその発端である。
 歌丸師匠は、今後も毎年順を追って噺していくとの事だが、何年続くだろうか。

 落語独演会と異なり「寄席」では、落語と落語の間に漫談や漫才、大神楽などの「色物」が加わる。
 今回は二つの色物を、初めて楽しんだ。

Up_ph_b220_2 ひとつはマグナム小林の「ヴァイオリン漫談」。
 ヴァイオリンだけを道具に、救急車の音から新幹線、それも「こだま」「ひかり」「のぞみ」と区別して音色を聞かせる。
 大相撲の呼び出しと行司の声色は、ヴァイオリンの音だけで情景が目に浮ぶのだから、さすがプロである。

 ハイライトは、タップシューズを履いての演奏。弦楽器と打楽器(靴)をひとりでこなす。
 最後の演奏「天国と地獄」、あのムーランルージュのフレンチカンカンには場内が手拍子 。お年寄りで満席の「寄席」では珍しい光景だった。

Up_ph_b212_3  「ひざがわり」(トリの直前の色物)は、俗曲の桧山うめ吉が端唄や都都逸、三味線に踊りを見せてくれた。
 写真のようにうめ吉は、なかなかの美形。寄席通いの人たちには大人気で、ファンクラブも出来ている。

 国立劇場寄席囃子方研修生出身で、落語芸術協会に属す。
 10年前に「色物」として一本立ち、長唄・清元・端唄はもちろん、ブギウギなどの歌謡曲や童謡・唱歌もこなす。
 囃し方の若手ホープとして、全米ツアーやヨーロッパ公演も行っているという。

 落語の方は順番に雷門花助の「初天神」、桂枝太郎の「自家用車」、雷門助六の「春雨宿」、桂平治の「松山鏡」。
 助六は落語の後、いつもの様に「あやつり人形」を踊ったが、年のせいか少々キレがなかった。    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2010

1623.日本美術のヴィーナス

023_640_2  残暑が厳しいので、部屋に閉じこもって読書に勤しんでいる。昨日読了したのは、高橋克彦著「だましゑ歌麿」(文春文庫)。江戸の人気絵師喜多川歌麿の女房が殺された・・・という時代推理小説だった。

 そこでふと思い出して出かけたのが、出光美術館で開催されている「日本美術のヴィーナス~浮世絵と近代美人画」展である。

025_640_3024_640    右の二つの絵がその喜多川歌麿の作品。
 左側が「娘と童子図」(部分)、右側はポスターにもなった「更衣美人図」(重要文化財)で、いずれも出光美術館が所蔵している。

 歌麿は江戸後期の浮世絵絵師。最初は「黄表紙」や「洒落本」の挿絵を描いたり、精密な自然描写の風景画を得意としてきた。
 のち美人画に転じて本領を発揮、浮世絵界に新風を送った。

 歌麿が、現実に生きる女性たちを生き生きと描き出したのは、時の幕政が指示した「風紀の粛清」に対する痛烈な批判だった。

 先述の小説もそこがテーマなのだが、華美な重商主義を奨励した田沼時代の反動のせいか、次の老中松平定信は「寛政の改革」による緊縮財政によって幕府の建て直しを図った。

 この「改革」は経済政策だけでなく、思想・情報の統制という側面を持つ。
 まずは朱子学以外の儒学を禁じた「異学の禁」、そして出版統制によって「好色本」や幕政批判の書の発行を禁じた。
 狂歌師、瓦版屋が追われて「黄表紙」や「洒落本」は発売禁止となる。

 そんな中で「改革」に抵抗したのが、歌麿や春朗(のちの葛飾北斎)らの浮世絵絵師たち、版元の蔦屋重三郎、黄表紙作者の朋星堂喜三次や山東京伝らであった。
 歌麿は、小伝馬の牢に繋がれても絵筆を捨てなかった。(1804・文化元年)

 「浮世絵」としての「美人画」が、芸術の閾に達していった背景である。

026_640

 「ヴィーナス」展の方は、歌麿のほか勝川春章、西川祐信、菱川師宣など江戸時代の作品30点と、上村松園、菊地契月、鏑木清方、小杉放菴ら明治・大正・昭和の日本画家の「美人画」25点が並ぶ。

 左の絵「灯火」は、上村松園が喜多川歌麿の作品を研究し尽くして描いた昭和の作品である。

 「日本美術のヴィーナス」展は、来月12日(日)まで。入館料は1000円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2010

1622.ソルト

009_640_2   先月、アメリカの市民社会に潜んでいたロシア人スパイ10人と、二重スパイとしてロシア側に拘束されていた3人が、ウイーンで「交換」された。
 そんなニュースも吹っ飛んでしまいそうな、プロ中のプロのスパイが登場する映画である。

008_640_2  女性スパイ「ソルト」。生まれた時からKGBで英才教育と特殊訓練を受けてきた、ロシアのスパイ。
 何年もの間アメリカに潜伏して、訪米した自国の大統領の暗殺の命を受ける・・・。

 CIAエージェント「ソルト」。北朝鮮に潜入し、捕まって拷問を受けたが決して身分を明かさなかったタフな女性。
 相手のどんなウソでも見破る優秀な分析官。接近戦に強く爆薬の専門家、愛する夫と幸せな生活を送っていたが・・・・。

 ロシアの大物スパイがCIAに亡命を求め、ロシア大統領暗殺情報を告げる。それを実行するロシア側スパイの名は「ソルト」。

335434_100x100_007  ソルト、それはアンジェリーナ・ジョリー。絞りに絞ったボディでパワフルに演じた。3児のの母親とは思えない身のこなしである。

 駆ける、駆ける、逃げる、逃げる。高速道路を走るトラックの屋根を伝い、バイクを奪ってFBIや市警の手から逃れる。

 この5年、アンジェリーナの主演作品で見たのは「Mr.&.Msスミス」('05)「グッド・シュパード」('08)「ベオウルフ」('07)「チェンジリング」('08)「ウオンテッド」('08)の5本、エンタティンメントとしては今回が最高だろう。
 ノンストップの展開、最後の最後まで予想を裏切り、「トラップ」を堪能させてくれたハードボイルド映画だった。

335434_100x100_009

 共演は、CIAロシア班上司にリーヴ・シュレイバー(「レボセッション・メン」'10)。CIA防諜部の担当官にキウェテル・イジョフォー(「2012」'09)。
 ロシア・スパイの大物に、ポーランド出身のベテラン俳優ダニエル・オルブリスキー(「愛と哀しみのボレロ」'81)が登場する。
 監督は社会派フィリップス・ノイス。アンジェリーナにとっては、「ボーン・コレクター」('99)以来の2作目である。

335434_100x100_004  CGやスタントをギリギリに押さえ、怪我も厭わず自ら体当たりしたアンジェリーナ・ジョリーのアクションを、全編で楽しめる。

 ラスト、ワシントン・ポトマック川。続編を予感させるアンジェリーの表情で終わる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2010

1621.ジェニファーズ・ボディ

010_640 親友殺しで刑務所暮らしの女子高校生(アマンダ・セイフライド「マンマ・ミーア!」'07)、なぜか滅法力強い。ひと突きで看守を吹っ飛ばす。
 今日も懲罰独房暮らし・・・。というシーンから主人公である彼女の回想が始まる。

336891_01_04_03  アメリカの田舎町。
 ハイスクールの男子学生が、次々とサディスチックな殺され方で発見される。
 主人公の親友(ミーガン・フオックス「トランスフオーマー」'07)は、なぜかその度に美しくなっていく。
 そしてその妖艶な美貌が、男を次々と虜にしていくのだ。

20100601005fl00005viewrsz150x  学校では羨望の的、小悪魔と呼ばれていた少女が、残酷でエロチックな「悪魔」になっていくB級ホラー映画である。

 製作総指揮を執るディアプロ・コディが、脚本も書いた。「JUNO/ジュノ」('07)でアカデミー賞脚本賞を受賞した32歳のハリウッドの新星、これが2作品目である。

336891_01_07_03 「自分にとっての一番の恐怖は何か? それは思春期の女の子たちの誰もが心に抱いている、残虐性だった」と、コディは語る。
 そこで彼は女の子たちの心の奥を、憎悪に近いライバル心や性的好奇心、そして無邪気な残虐性で描く。

 その脚本を映画にしたのが、女流監督カリン・クサマ(イーオン・フラックス」'05)。ホラー映画を女性が撮るのは、珍しい。

336891_01_02_03  ホラー映画といってもそんなに怖くはない。むしろ2人のヒロインのセクシーさを、表にだした。
 可愛いアマンダであり妖艶なミーガン、役どころは女子高校生だが二人とも実年齢が20代半ば、というのも面白い。

 ストレートなセックス用語が飛び交うが、それがアメリカの高校生たちの日常なのだろう。

 ラストタイトルのバック映像が、映画のオチ。最後まで席を立たぬ事。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2010

1620.インセプション

01_640 「インセプション」とは、眠っている人の潜在意識下に侵入し、夢の中でアイディアを植えつけるミッションのこと。

 日系実業家(渡辺謙)の依頼を受け、この前代未聞の完全犯罪に挑んだのが、エクストラクトのプロ(レオナルド・デカプリオ)をリーダーとする5人のスペシャリストだった。

334832_100x100_002_640   エクストラクトとは、相手の頭の中(夢)に入ってアイデアを盗む一種の産業スパイ。
 デカプリオは、指名手配犯としても追われているその道の第一人者というわけ。

1920x1200_12_zerogravity_640_2  だから壮絶な戦いも、カーチェイスもそして知恵比べも、全て夢の中でくり広げられる。
 さらに夢の中でもう一段深い夢も見るのだから、話は複雑怪奇になる。

 次世代アクション・エンターティンメントともサイコ・アドベンチャーとも呼ばれるこの作品を、自分の頭の中から「エクストラクト」し、オリジナル脚本を書いたのはクリストファー・ノーラン。
 「メメント」('00)「インソムニア」('02)そして「新バッドマンシリーズ」を手がけ、「ダークナイト」('08)でその地位を不動にしたイギリス出身の監督である。

334832_100x100_001_640  役者はデカプリオ+渡辺謙に加えて、錚々たるベテラン・若手が顔を揃える。

 まずデカプリオをリーダーとするスペシャリストの面々。
 リ-ダーを支える相棒はジョセフ・ゴードン=レヴィット(「G.I.ジョー」'09)。
 夢を設計するのは、カナダ出身のエレン・ペイジ(「JUNO」'07でアカデミー賞ノミネイト)。
 何でも偽造してしまうのは、トム・ハーディー(「ロックンローラ」'08)。
 覚醒剤から興奮剤まで何でも調合するのが、ディリーブ・ラオ(「スペル」'09)。

1920x1200_11_limbo_640 夢の中でしか存在しないデカプリオの亡き妻は、フランスの女優マリオン・コティヤール(「エディット・ピアフ~愛の賛歌」でアカデミー賞主演女優賞)。
 デカプリオのターゲットとなった実業家が、アイルランドのキリアン・マーフイ(「ダークナイト」'08)というわけ。

 脚本のテキストを読んだだけでは、キャストもスタッフもチンプンカンプンだったらしい。それが、ノーランによって「夢の中」でイメージされ映像化される。

1920x1200_09_curlingcity_640_3  だから真面目にストーリーだけを追ったら、混乱し疲れる。夢の中の出来事だろうが、さらにもう一歩はまり込んだ夢の中だろうが、エンタティンメントとしてアクションを楽しめばいい。
 ノーラン監督が愛してやまない、ジェームス・ポンドばりのアクションが至る所で我々の目を楽しませてくれるのだ。

 148分の超大作、作品そのものが映画界に対するノーランのミッションだった。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2010

(号外)八角神輿が往く

100808_052_640

100808_050_640100808_041_640100808_033_640

 今日は住吉神社の夏祭り。3年に一度の本祭りではないが、特別に「八角神輿」が、佃・月島を渡御した。

 この宮神輿、1838(天保9)年に芝大門で製作された有形民俗文化財。
 天皇の御座「高御座」を擬したもので、関東では珍しい八角形をしている。

 170年あまり、江戸湊から隅田川と海中渡御も行われたため痛みが激しく、世代交代することとなった。
 そこで今年最後の記念渡御となった次第。

 2年前、5年前と私もこの神輿を担いだが、今年は担ぎ代一人5万円とあって遠慮した。
 来年の本祭りには「新八角神輿」が登場するが、この製作費が3500万円なので、その一部と云う事で参加料を取る事になったようだ。

 僅かだが「貧者の一灯」を寄進して、もっぱら写真係りを務めた次第。

100808_048_640100808_020_640100808_044_640

100808_043_640
 

| | TrackBack (0)

August 07, 2010

1619.シャガール展

006_640  鮮やかな色彩と幻想的な作風で知られるフランスの画家マルク・シャガール。
 左の絵は、彼が1911年パリで描いた「ロシアとロバとその他のものに」。
 故郷の大地と、そこに生きる人びとへのオマージュが込められている。

014_640013_640_2  東京・上野の東京芸術大学美術館では、フランス・ポンピドー・センターが保有するシャガールの代表的な作品70点と、同時代に活躍したロシア前衛芸術の巨匠たちの作品40点が展示されている。

 「ロシア・アヴァンギャルドとの出会い~交錯する夢と前衛」との副題が意味するように、これはシャガールが夢見た展覧会でもある。

001_640_3  1887年旧ロシア帝国ヴィテブスクに生まれ、サンクトペテルブルグ美術学校で学んだ後パリに5年間滞在、ここでキュビズムの影響を受ける。
 帰国後は革命政権のもとでロシア美術界の振興に努めるが、出自がユダヤ系という事で相容れず再びパリに向かう。

 ナチスのパリ侵攻によってアメリカに亡命、戦後フランスに帰国した後は南フランスに滞在、1985年この地で生涯を終える。享年98歳だった。

010_640011_640  展覧会は、「ロシアのネオ・プリミティヴィズム」「形と光~ロシアの芸術家たちとキュビズム」など5部門に分かれる。

 なかでもナターリア・ゴンチャローワやミハイル・ラリオーノフ、ワシリー・カンディンスキーなど、ロシア前衛芸術の旗手たちの作品との対比は圧巻である。

 「私がロシアで描いた絵画が、ヨーロッパの画家の作品の隣に展示されるのは奇妙なことでしょう。
 私の作品は、むしろ20世紀初頭のロシア美術のための美術館に展示されるべきものなのです」
 故郷に深い愛着を持っていたマルク・シャガールの夢が、こうして東京・上野で実現した。

004_640_5002_640_6  今回の展示のもうひとつの見どころが、シャガールによる舞台美術の数々である。

 彼は1966年、ニュヨーク・メトロポリタン歌劇場でのモーツァルトの歌劇「魔笛」上演に際し、背景幕や舞台セット、夜の女王など登場人物たちのデッサンを描いている。
 今回はこれらの舞台美術シリーズが、約50点展示された。本邦初公開である。

012_640  左の作品は「イカルスの墜落」。
 彼が90歳の頃、南フランスのセント・ポール・ヴァンスのアトリエで描いた、最晩年の傑作である。

017_640016_640   10年前、私はシャガールが晩年を過ごしたセント・ポールを訪ねた事がある。
 ニースでシャガール美術館に立ち寄った後、バスでおよそ1時間山道を走った。
 サラセン人の侵攻を防ぐため、岩山の上に築かれた小さな村だった。

018_640  第2次大戦後ここに多くの芸術家が住み、村全体がアトリエとなった。
 村のレストランには、彼の作品や友人でもあったピカソの絵が無造作に飾られている。
 その村の入り口にある教会のユダヤ人墓地に、彼は葬られていた。

 「シャガール展」は、10月11日(月)まで東京藝術大学美術館で。観覧料1500円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2010

1618.おのぼり物語

006_640 「エリザベート」('00)でデビュー、菊田一夫賞を受賞するなどミュージカル界のプリンスが映画初出演、と勧められて見た作品。
 舞台での井上とは全く違う、フツーの平凡な青年を演じていたのが面白い。

336480_100x100_006_2 ふと思いついて、大阪から上京してきた漫画家志望の青年が、東京で右往左往する物語。
 漫画家カラヤスサトシが、「売れない時代」を書いて売れた「同名自伝的4コママンガ」が原作である。

 カラヤスサトシは、自らをキャラとしたエッセイ風マンガが得意で、彼の自虐的・諧謔的なギャグにフアンも多い。

20100524019fl00019viewrsz150x  小学生の頃から4コママンガを書き、大学時代に「海辺の人々」(マガジンハウス)でデビュー、映画の通り29歳で何となく上京している。

 コミック雑誌「アフタヌーン」に4コマ漫画を掲載しながら、「おのぼり物語」(竹書房)「カラスヤサトシ」(講談社)など出版。
 といっても、よく映画化される大ヒット・コミック作家ではない。

336480_100x100_003  映画も、そうしたカラヤス的な淡々とした日々を追っていく。田無のアパートでの日常、新宿の居酒屋、雑誌社への売り込み、高校同級生との淡い恋、父の死・・・・。
 そんな自伝的風景が何となく懐かしいのは、私もまた「おのぼり物語」を持っているからかも知れない。

336480_100x100_005336480_100x100_002  出演者もまた地味である。
 同級生・肘井美佳(「時をかける少女」'10)、両親・チチ松村(ギタリスト)キムラ緑子(「おとうと」'09)、アパートの大家・哀川翔(愛情出演!)ほか。

 雑誌編集者役の八嶋智人が、知人の某書房の某編集者にそっくりなので、思わず吹き出した。
 「君はきっとこれから忙しくなるよ!根拠はないけど」と、売れない主人公を励ましながら、安い稿料で4コマ漫画を描かせているシーンなど。

 長く助監督を務めてきた毛利安孝の、第1回監督作品である。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2010

1617.小さな命が呼ぶとき

005_640 「小さな命が呼ぶとき」とは情緒的な邦題だが、原題「EXTRAORDINARY MEASURES」もストレートすぎる。
 「並々ではない(主人公の)行動」が描かれる映画、には違いないが。

 難病の子どもの命を救うためエリートサラリーマンの道を捨て、偏屈な天才化学者をスカウト、新薬開発に挑んだ父親のお話。

336454_100x100_002336454_100x100_003_2  実話である。そのストーリーを知ったハリソン・フォードが製作総指揮を執り、自らは頑固で偏屈な化学者を演じた。

 無謀にも製薬会社を起業した父親の役は、「ハムナプトラ・シリーズ」のブレンダン・フレイザー。母親をケリー・ラッセル(「ベッドタイム・ストーリー」'08)が演ずる。
 そして監督がイギリス出身のトム・ヴォーン(「ベガスの恋に勝つルール」'08)。

Gallery0 主人公の子供たち2人が罹った難病とは、「ポンペ病」とよばれる筋ジストロフィーの一種。
 体内の糖(グリコーゲン)が分解できないために発症する子どもの病気で、筋力が低下し呼吸障害を起すなど生存するのも9歳位までと言われる。
 世界中に1万人、日本では300人ほどの患者がいる。

 患者数が少ないのと生存率が低いので、この病気の発症を防いだり治癒するための薬の開発は、ほとんど行われていなかった。
 また研究者に対する国や製薬会社からの、資金もほとんど出ない。
 だから患者を抱えたこの映画の主人公が、自ら製薬会社を立ち上げる他なかったのだ。

336454_100x100_006  映画は、子どもに対する親の無償の愛を描きながらも、製薬業界のビジネスの裏面も抉り出す。
 「ポンペ病の薬は、一生飲み続けなければならない」「生存率は高まるので、薬は長期間売れる」と、主人公達は出資者や大手製薬会社を何とか説得するのだ。

 事実「奇跡」によって新薬開発は成功し、映画もまたハッピーエンドで終わるのだが、この世の中には、まだまだ不治の病は多い。
 小さな命をどうやって守るのか、感動を超えたところにハリソン・フォードの想いがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2010

1616.世界報道写真展2010

019_640 毎年、恵比寿の東京都写真美術館で開催されている「世界報道写真展」、今年も6月からオープンしていたが所用に紛れて閉展ギリギリとなった。

 世界の今を、そしてその瞬間をひとつでも多く切り取ろうと、シャッターを押し続けた報道カメラマンたち。
 今年も世界128ヵ国、5847人から101,960点の写真が、主催者である世界報道写真財団に寄せられた。

 ポスターの写真は、イタリアのピエトロ・マストゥルツォの撮った「世界報道写真大賞」受賞作品。

 2009年6月24日、テヘランの建物の屋上からイランの現体制への抗議の言葉を叫ぶ女性。「独裁者に死を」「神は偉大なり」の叫びが、テヘラン中に響き渡った。
 3枚の組み写真で、暗い屋上から叫ぶ人、部屋の窓を開けて叫ぶ人、昼は街頭での不正選挙抗議デモで、死者もでた。

020_640_2  報道写真だから戦争、内乱、爆撃そして市民の死の瞬間を捉えた写真が多い。

  左は「スポットニュース」の部・組写真で1位となった「マダガスカルでの流血の惨事」。アルゼンチンのワルテル・アストラダの作品だが、組写真の2枚は残酷な死である。

 その隣、「イスラエル軍の砲撃で天井に穴」。誰も居ない部屋だが、住人の一人が犠牲になった。スエーデンのケント・クリッヒ、「一般ニュース」の1位の写真。

021_640_2 真ん中の写真もニュース部門の写真「タリバン勢力の攻撃に応戦する米軍兵士」。

 その右は「干ばつで死んだキリン」。ケニア北東部でイタリアのステファノ・デ・ルイジが撮った。
 「現代社会の問題」の部単写真2位。

022_640

 ほか「ポートレート」「日常生活」「自然」「あーと&えんたていんめんと」「スポーツ・フィチャー」「スポーツ・アクション」などに分かれて、2009年という時代を写真で綴っている。

 昨年は、日本人カメラマンの作品も数点展示されていた。
 今年は入選作品がないようだ。それが淋しい。

 「世界報道写真展2010」は、8日(日)まで。
 東京都写真美術館。観覧料は700円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2010

1615.借りぐらしのアリエッティ

002_640  「崖の上のポニョ」から2年、久し振りのジブリ・アニメーションである。
 ここ10年の作品群、「ゲド戦記」('06)「ハウルの動く城」('04)「千と千尋の神隠し」('01)などに比べると話はシンプルで、初期の作品「となりのトトロ」('88)に近い。

Intro_book 今回は企画・脚本を受け持った宮崎駿が、20代初めに出会ったイギリスのファンタジー、メアリー・ノートンが書いた「床下の小人たち」が原作になっているからである。

 このファンタジーは珍しく魔法使いなどは登場せず、サバイバルする小人たちが主人公で、ノートン自身が第二次大戦後子どもを抱えて苦労した経験が反映されている。

335800_100x100_002335800_100x100_005  宮崎はこの話の舞台を、ジブリのスタジオがある東京・小金井に持ってきて、古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語にした。

 小人の少女アリエッティが、人間の世界の少年と出会い、心を通わせるのである。
 タイトルを「借りぐらし」としたのは、宮崎の拘り。サバイバルに必要なものは、全て床の上の人間から、少しづつ目立たぬように拝借する小人たちの知恵が、主題だからである。

335800_100x100_004 宮崎は、この作品で「混沌として不安な時代に生きる、大人や子供たちに慰めと励ましを届けたい」 という。

 声の出演がまた豪華である。
 小人の少女は志田未来、少年は神木隆之介、小人の両親が三浦友和と大竹しのぶ。

335800_100x100_008335800_100x100_009 また少年の祖母が竹下景子、小人の少年が藤原竜也。
 そしてなかなかの存在感のあるお手伝いが、樹木希林。
 それぞれのキャラクターが、声優の顔や性格にピッタリなのが面白い。

 監督は、「崖の上のポニョ」などこれまでの作品の原画や動画を担当してきた米林宏昌37歳。
 ジブリでは最も上手なアニメーターの彼を、宮崎とプロデューサーの鈴木敏夫が抜擢した。

 もう一つの話題は、音楽と主題歌。フランス在住のケルト・ミュージシャン、セシル・コルベルが作詞・作曲、そして演奏している。
 小人が主人公という非キリスト教世界のファンタジーには、先住民族ケルトの音楽が相応しい。
Image_2  これも宮崎の拘りである。

 舞台となった古い建物と和風庭園のモデルは、青森・平川の名勝「盛美園」。地元の大地主が明治の末に建てた、和洋折衷の建物である。
 映画の影響下、この夏は来園者が急増している。

 また先月には、テレビで「となりのトトロ 」が放送された。21年前に放送されてから12回目の再放送である。
 今回も、視聴率は20%を超えた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2010

(号外)人形町せともの市

100802_020_640

100802_014_640_2100802_011_640100802_009_640_2   

 日本橋川と箱崎川に挟まれた人形町一帯は、江戸の頃から酒や砂糖、醤油など生活物資の集積地。
 隣の浜町や蛎殻町には、瀬戸物問屋が軒を並べていた。
 
 明治になって途絶えていたせともの市は、戦後復活して今年で57回目。下町「人形町」の夏の風物詩として、毎年8月第1週の3日間だけ開催される。

 瀬戸・有田・備前・砥部から沖縄の壺屋焼きまで、およそ50の店が水天宮・人形町通りに並ぶ。
 価格は時価の凡そ半分、夕方になると夕涼みを兼ねたお客で歩道は埋まる。店仕舞いは午後8時。

100802_010_640100802_016_640100802_019_640   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2010

1614.シュアリー・サムデイ

001_640 シュアリー(Surely)=きっと、サムデイ(Someday)=いつか。
 見終わるまではタイトルが意味不明だったが、それは主人公たちが作詞して演奏した歌の題名だった。

 俳優・小栗旬の初監督作品である。
 普通の高校生が、ある事件がきっかけとなって退学。クライ日々を過ごしていたが、ここで人生の一発逆転と・・・・暴走していくお話。335550_100x100_004

脚本を「クローズZERO」の武藤将吾が書いたが、小栗監督の思い入れが強く、青春映画というより「青春暴走ムービー」となってしまった。

 「『売れっ子の若手俳優が、映画を撮ったからって』と叩かれるだろうが、あえてそれを覚悟して撮ったのだから褒めてあげよう」とは、あるフアンの言葉。
 ただウイークデイには違いないが、大きな映画館にお年寄りが7~8人では、寂しすぎる。

335550_100x100_002 出演者だけは若手からベテランまで、錚々たる顔ぶれである。お付き合いもあるのだが、ワンシーンだけに大物も顔を出す。

 主役の5人は、小栗監督のお仲間たち。
 小出恵介(純情系)、勝地涼(激走系)、鈴木亮平(シスコン系)、ムロツヨシ(ひきこもり理系)、綾野剛(斜陽系)。

335550_100x100_003 マドンナ役は小西真由美、小出の父親で元刑事が竹中直人。ヤクザの親分・吉田剛太郎と小西の恋人のミュージシャン・横田栄司は、蜷川門下の舞台俳優。そしてお笑いの岡村隆史がホームレス。
 ここまでが、いわば助演の俳優たち。

 あとは友情出演もふくむ面々。名前だけ並べておこう。
 妻夫木聡、上戸彩、大竹しのぶ、阿部力、井上真央、笹野高史、遠藤憲一、原ひでこ、モト冬樹そして小栗旬。

335550_100x100_001 「スピード感あふれるスタイリッシュな映像」と、出演した皆さんはヨイショしているが、それが当たっているかは観客個々のご判断となる。

 昨年、大河ドラマ「天地人」の石田三成を演じた小栗、その合い間をぬって撮影を敢行したそうだ。
 音楽は「下妻物語」の菅野よう子、これはいける。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2010 | Main | September 2010 »