« 1651.終着駅~トルストイ最後の旅 | Main | 1653.食べて、祈って、恋をして »

September 26, 2010

1652.さつま・すんくじらの恵み

100926_044_640100926_021_640100926_017_640   旧東海道品川宿で昨日から開催されている「第20回しながわ宿場まつり」。

 そのメイン会場である本陣跡の聖蹟公園では、「さつま・すんくじらの恵み~食と酒の祭典2010」が催されている。

100926_002_640  「すんくじら」とは、鹿児島弁で「隅っこ」のこと。九州の西南端にある我が郷里は、そう呼ばれている。

 その故郷に、昨年誕生したのが「さつま・すんくじらプロジェクト」。南さつまで育まれた「食」「自然」「人」を存分に活かしながら、地域の魅力と資源を都会に発信していこうという試みである。

 プロジェクトは、地元の商工会議所や農協・漁協と鹿児島大学が中心だが、それをサポートしているのが首都圏の若者たち。
 他県の同様な試みには見られない、ユニークな活動がここにある。

100926_024_640100926_030_640  実行委員会を作りイベントを支えているのは、、20代~30代の学生と会社員たち約80人のボランティア。

 地域開発への関心や、南さつまの自然と人情に憧れた人達がクチコミで集まり、ネットワークを築いた。

100926_027_640_2100926_032_640100926_039_640   リーダーの小暮祐一さんは、東大で公共政策を研究している大学院生、鹿児島とはこれまで全く縁のなかった北海道出身者である。

 同様にメンバーの半数以上が、鹿児島以外の出身者というのが、このネットワークの強みでもある。

100926_026_640100926_048_640100926_054_640_2  実行委員会では、11月13日~15日に南さつまを訪ね、地元の食材を生かした料理を創作する「モニターツアー」も企画、参加者を募集している。
 このツアーの費用の一部は「地域資源無限∞全国展開プロジェクト」が負担する。

 詳しくは、下記の「さつま・すんくじらPJ」のホームページを。
 
       http://www.sunkujira-pj.com/

|

« 1651.終着駅~トルストイ最後の旅 | Main | 1653.食べて、祈って、恋をして »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93334/49527582

Listed below are links to weblogs that reference 1652.さつま・すんくじらの恵み:

« 1651.終着駅~トルストイ最後の旅 | Main | 1653.食べて、祈って、恋をして »