« September 2010 | Main | November 2010 »

October 31, 2010

1683.まるごとミュージアム2010

101031_039_640

101031_049_640101031_005_640  中央区が2年前から秋に開催している「まるごとミュージアム」、今回は水上からスタートする。
 隅田川や晴海運河から、豊かな水辺や街並みを楽しむ「アート」である。

101031_033_640101031_010_640   名所・旧跡・画廊・美術館・水辺など豊かな文化環境に恵まれている中央区。今日一日をまるごとミュージアムにして、バスや船で回遊するイベントなのだ。

101031_050_640101031_051_640  今日だけは無料の水上バスのあとは、同じく無料の陸上バス。4路線を利用して、二つのミュージアムを訪ねた。101031_640 

  聖路加ガーデンの前にある区立郷土天文館で開催されているのは、「東京にあった外国人居留地」展。
 フランスのサン・モール会の教会跡地だった「明石町遺跡」の発掘調査や、居留地となった大名・旗本屋敷の遺構調査で出土した品々を中心に展示されていた。
 1869(明治元)年から32年間あった外国人居留地。出土した食器やゴミの中から、彼等の生活が浮かび上がる。

101031_056_640101031_111_640  つぎに訪ねたのは、常盤橋向かいの日本銀行本館。
 江戸時代の金座跡に1896(明治29)年に建てられた本館は、国の重要文化財。
 ベルギー中央銀行をモデルに、ルネッサンス様式を加味したネオバロック建築の建物と、100年以上使用された地下金庫、隣の貨幣博物館などを見学。

101031_071_640101031_074_640101031_086_640101031_091_640   日本橋では「大江戸活粋パレード」。
 日本各地へ広がる五街道の起点に、全国各地から伝統の祭りが集まる。
 今年は「スーパーよさこい」(高知)「エイサー」(沖縄)「すずめ踊り」(仙台)「阿波おどり」(徳島)などが参加、「江戸芸かっぽれ」も加わってパレードした。

101031_067_640101031_066_640101031_063_640_2  日本橋ではこのほか、物産展「諸国往来市」や「きもの・和フォトセッション」も開催、東京きもの女王を筆頭に全国から集まったきもの姿の参加者たちが、フィナーレを飾ったそうだ。

101031_105_640_2101031_106_640_3  無料バスで銀座へ。
 街路が「野点」の会場となって、表・裏千家など四流派の茶席が設けられている。
 ここでお茶を一服、疲れを癒してつぎの会場へ。

101031_102_640101031_096_640_2  数寄屋橋公園では、「銀座将棋まつり」。女流棋士たちによる指導対局。
 1対3の対局に大人も子供も必死に駒を指す。

 このほか銀座では、「ギンザ・インターナショナル・ジャズフェスティバル」「銀座シャンソンうた祭」なども開催されていたが、今年は抽選にもれて入場券を手に出来なかった。

 「中央区まるごとミュージアム2010」、全部で27のイベントが同時開催されているが全部回るのは無理。
 船やバスで移動しても万歩計の数字は、11,015歩を示していた。「アート」を楽しむのも体力勝負である。

 そんな方々のために、「銀座金春湯」をはじめ「月島温泉」など区内九つの銭湯では、今日限りタオル・シャンプーつき100円での入浴サービスを行っている。

101031_093_640  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2010

1682.隠された日記

014_640_2  先週末フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴが、東京国際映画祭オープニングセレモニー出席のため来日したが、彼女が主役として出演している作品がこの「隠された日記~母たち、娘たち」。

 「海のほとり」('02)でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞した、若手女性監督ジュリー・ロペス=クルヴァルの長編3作目である。

 祖母・母・娘と、3世代にわたるフランスの女性の生き方を見つめた人間ドラマで、大西洋に面したランド地方のアルカションの浜辺が舞台となっている。

016_640_2  休暇をもらってカナダから両親のもとに一時帰国した娘、迎えた母親は何か苛立っており娘に対する態度はぎこちない。
 海辺にある祖父母が住んでいた空き家で、娘は「祖母の日記」を偶然に手にする。

 50年前突然失踪した祖母、その幼児体験のトラウマが母を苦しめている。
 しかし日記には、子供たちへの深い愛情が綴られていた。

 祖母は、なぜ愛する子供たちに何も言わずに、家を出たのか。
 母は、なぜ祖母の事を語ってくれないのか。
 それぞれの時代に生きた女たちの苦悩と愛が、ミステリー風に描かれていく。

20100802003fl00003viewrsz150x  開業医として働く母を、カトリーヌ・ドヌーヴが演ずる。60年代の激動のフランスで女性の自立求めた世代。

 キャリアウーマンの娘は、「レディ・チャタレー」('06)でセザール賞最優秀主演女優賞を受賞したマリナ・ハンズ。恋人でもない相手の子を妊娠している。
 彼女の帰国は、それを両親に打ち明けたかったのだが。

 若い頃の祖母を、「みなさんさようなら」('03)でカンヌ国際映画祭主演女優賞受賞のマリ=ジョゼ・クローズ。いわば亡霊として、娘のイメージの世界に現れる。
 50年代、まだ女性の社会進出が難しかった時を生きてきた美しい祖母だった。

 ラスト、顕かになる衝撃の真実が、あまりにも切なく哀しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2010

1681.秋の鎌倉、古き尾根道を歩く

Imgp0141_640

 鎌倉街道側から見た白鷺池(びゃくろち)、ここは歴とした円覚寺の境内である。その境内を割ってJR横須賀線が走る。
 白鷺に姿を変えた鶴岡八幡大神が、この池に舞い降りたという神聖の地。
 そこを横断した線路は、1889(明治22)年横須賀に基地を設けた海軍の命令で引かれたと云う。

 今月の「ひとまく鎌倉ウオーキング」は、ここ「北鎌倉駅」を基点に古き尾根道を歩いた。

 Imgp0147_640Imgp0144_640_4
 北鎌倉一帯の地名は山ノ内。平安中期の東国源氏の郎党・山内氏が領していた荘園である。

 鎌倉時代以降は御家人達に分け与えられたが、その山内氏の子孫が土佐の藩主となった山内一豊。
 大河ドラマ「龍馬伝」に登場する容堂公も、ここに縁がある。

Imgp0150_640Imgp0151_640_2  山ノ内から南西に入ったところが、円覚寺の菜園だった瓜ヶ谷 。ここに今回のウオーキング、最初の見どころ「東瓜ヶ谷やぐら」があった。

 「やぐら」とは、岩壁を削って造った横穴式墳墓。
 7月のウオーキング紹介では、「鎌倉幕府が平地の墓地を禁止したため、この地に多い」と書いたが、今回のガイドの解説によると「中国から伝えられた仏教思想の影響」だそうだ。

Imgp0155_640Imgp0156_640  ロープを伝って崖を登ると、五つの「やぐら」があった。
 中でも「地蔵やぐら」は20畳ほどの広さで、如来像や大五輪塔が置かれ、壁面には地蔵菩薩や神像が刻まれていた。

 個人家の裏庭にあるので今回は見られなかったが、「西瓜ヶ谷やぐら」は近々国の史跡に指定されるそうだ。

Imgp0162_640Imgp0163_640  「やぐら」から葛原ヶ岡の尾根道に入る。この一帯は鎌倉市が整備したハイキングコースなので、歩きやすい。
 途中、東慶寺・浄智寺を経て山道を登ってきた外国人観光客にも会い、2番目の目的地「葛原岡神社」に到着した。

Imgp0168_640Imgp0167_640_2  ここも6月の「ひとまくウオーキング」で訪れた場所だが、その際は紹介を省いたので少し説明しておこう。

 葛原ヶ岡の名は、桓武天皇の皇子葛原親王に由来する。
 親王の子孫である鎌倉景経がこの地に御霊社を創建、幕府もここを「小町屋」(商業地域)に指定し大いに賑わったという。すぐ下の「化粧坂(けわいざか)」の地名も、着飾った女たちが登った道からきた。

Imgp0170_640_2  と云っても、神社そのものの歴史は浅い。日野俊基を祭神に、明治天皇の発意で1887(明治20)年に創建された。

 日野は、後醍醐天皇の蔵人頭。1331(元弘元)年、倒幕を企てたとしてここで処刑された。
 天皇も隠岐に配流となったが、翌年護良親王・楠正成らが挙兵、さらに次の年には新田義貞が鎌倉を攻め、幕府は倒れ北条氏は滅亡した。
 時代は下り、明治になって日野俊基の名誉が回復されたというわけである。

Imgp0179_640Imgp0181_640  頼朝像で有名な源氏山で休憩(昼食)のあと、鎌倉市街を望みながら古い尾根道を下る。

 次の目的地は「野村総合研究所跡地」。車道もあるがウオーキングも目的のひとつなので、細い山道を歩いて裏から辿りついた。

Imgp0191_640_2Imgp0188_640_2  写真では立派な建物に見えるが、まさに「廃墟」だった。

 野村證券の調査部が独立して、野村総合研究所となったのは1965(昭和40)年。
 鎌倉の常盤緑地に16haの土地を求め、本社が完成した。しかし25年後、本社は東京に移る。
 そして土地と建物は、鎌倉市に寄贈された。

Imgp0189_640_2  市はここを博物館・美術館として利用しようとしたが、その後の厳しい財政事情から計画は頓挫、建物は無人の館となって朽ちつつある。

 隣接する常盤の森は、歴史的風土特別保存地区に指定されている。
 私たちは、その常緑樹林の一本道を歩いて解散地・梶原口に下った。

 今月の「ひとまくウオーキング」は、平安・鎌倉・明治・昭和・平成の歴史跡を辿る尾根の道。
 およそ5時間、「万歩計」は13.194歩を刻んだ。

Imgp0193_640Imgp0195_640Imgp0197_640_2    

 

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2010

1680.インシテミル

013_640_2  副題が「7日間のデスゲーム」。
 時給11万2000円という広告につられて集まった10人が、命と大金を賭けた究極のゲームを繰り広げる、というストーリー。

 このところ、「デスノート」('06)「カイジ」('09)「ライアゲーム」('10)など命を賭けた心理ゲームを扱った作品を良く見る。
 ひとつの舞台をリトル・ワールドにみたて、その拝金主義や不信感・無法を現代社会の縮図として描く。
 
 「インシテミル」もそうした作品のひとつで、謎の施設に集まった男女が、疑心暗鬼に陥って殺し合いを始める物語。
 「リング」('98)「怪談」('07)など、Jホラーの旗手と言われる中田秀夫が監督した。

336717_100x100_001  出演者は10人だけ。主役のフリーターが藤原竜也、「バトル・ロワイヤル]('00)や「デスノート」('06)などこの手の作品によく登場する。

336717_100x100_006  彼が「インシテミル」きっかけとなった謎のOLは、綾瀬はるか。
 ほか、女性軍はトラウマを持つWEBデザイナー・石原さとみ、ミステリーマニアの主婦・片平なぎさ、ネイリスト・平山あやと、なぜか名前が平仮名の女優たち。

336717_100x100_007_2  残る5人の男性軍は、でしゃばる研修医・阿部力、リストラされた中年・石井正則、引きこもり大学生・大野拓朗に無口なはみ出し者・武田真治。
 アル中の元社長に北大路欣也と、大御所も参加している。

336717_100x100_005  こうした顔ぶれを見ると、ホリプロが目に浮ぶ。
 そう、この作品は「ホリプロ創立50周年」記念映画なのだ。

 原作は、「ミステリーが凄い」作家投票で今年1位に選ばれた、米澤穂信の同名小説。
 3年前に文藝春秋から刊行されたこのミステリーは、江戸川乱歩、コナン・ドイル、アガサ・クリスティーへのオマージュを込めて書かれた作品だった。

336717_100x100_002  しかし映画ではミステリーというより、相互不信に陥っている現代の世界情勢を風刺した部分が濃い。
 脚本の鈴木智が、強くそれを意識している。
 鈴木は昨年、「誰も守ってくれない」でモントリオール国際映画祭で最優秀脚本賞受賞したドキュメンタリー出身の脚本家である。

 ホラー作品を期待した人、ミステリー映画を期待した人、原作を読んだ人、それぞれで評価は別れているようだが、先週の興行成績では「エクスペンダブルズ」を抜いて3位となっている。

 ラスト、May'nの歌う主題歌は「シンジテミル」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2010

1679.エクスペンダブルズ

Expe_wp1_1024_2  「過去さまざまなアクション映画の名作で活躍した、スターたちの魂をスクリーンに甦らせたかった」と、シルベスター・スタローンが脚本を書き、監督・出演した超アクション映画。

336448_100x100_005   「ロッキー」「ランボー」のスタローンの呼びかけに応じて集まった地上最強のメンバーは、まず高飛び込み選手出身でイギリスの俳優ジェイソン・スティサム(「トランスポーター」)がナイフの使い手。

336448_100x100_009_2336448_100x100_010   続いて中国の武術家ジエット・リー(「HORO」)はカンフーの達人
に。
 スエーデン出身極真空手チャンピオンのドルフ・ラングレン(「ユニバーサル・ソルジャー」'08)は薬中の狙撃手。
 そしてレスリング全米チャンピオンで総合格闘家のランディ・クートウア(「スコーピオン・キング」'08)が爆破のプロ、アメフトプロのテリー・クルーズは大型銃器の名手。

336448_100x100_016  この6人のチームが「エクスペンダブルズ」(消耗品)と名乗る傭兵軍団。ソマリア沖では海賊をやっつけて人質を救出、今度は南米軍事独裁政権をぶっ壊す仕事を引き受けた。

336448_100x100_013 敵もさるもの、タフガイが揃う。
 プロレスラー出身のスティーヴ・オースチン(「ロンゲストヤード」'05)にキックボクサーのゲイリー・ダニエルズ(「TEKKEN」'10)。
 率いるCIA崩れがジュリア・ロバーツの兄貴、エリック・ロバーツ(「ダークナイト」'08)とくる。

336448_100x100_007336448_100x100_018  スタローン軍団の相談役にミッキー・ローク(「レスラー」'09)が顔を出し、仕事の注文主がブルース・ウイルス(「ダイ・ハード」)と言う役。

 ワン・シーンだけだが、アーノルド・シュワルツェネッガー(「ターミナーター」)が登場し、スタローン・ウイルスと三大アクションスターが同一画面で顔を並べる。

 聞くところによると、今回のアクションスター総出演を断ったのは、セガールとクロード・ヴァンダムだけだったという。

Expe_wp2_1024  葉巻・改造車・タトゥ・指輪・ナイフとマシンガンにプラスチック爆弾、ハードロックがリズムを刻むなか、スタイリッシュでパワフルなドンドンパチパチの連続だった。

 スタローン64歳、シュワちゃん63歳、ウイルス55歳、ラングレン53歳、ジエット・リーでも47歳、中高年が頑張った映画である。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2010

1678.ガーデニングショー2010

101023_058_640

101023_057_640 オフイスビル街に現れたアート。
 「丸の内仲通りガーデニングショー2010」、7回目を迎えた今年のテーマは「文化×コミュニケーションガーデン~会話を楽しむ街角~」。
 人が集まり会話がはずむ、緑と人びとを結ぶ「ガーデン」を、日本の中心地である丸の内の街角に展開した。

101023_019_640101023_020_640101023_021_640  丸ビル前に設けられたのは「テーマガーデン・緑の扉」。

 本場イギリスのチェルシー・フラワーショーで、3年連続金メダルを受賞した庭園デザイナー石原和幸さんの作品である。

101023_024_640101023_016_640101023_015_640  丸の内仲通りには、公募審査で選ばれた15のコンテストガーデンが並ぶ。

 今年金賞を受賞したのは、この「通称 自由会議室」、空間創造公方アトリエ朴の作品だった。

101023_044_640101023_042_640101023_026_640101023_027_640  先週末には訪れた人たちが選ぶ「オーディエンス賞」の一般投票も行われ、投票者には花の苗も贈られた。

101023_035_640101023_034_640  私が投票したのは右の「街角いやしの足湯」。
 作者のユピテル/小林篤さんは「疲れた足をを足湯で癒し、程よい距離での談笑で心を癒す。そんなスポットを身近な街角に・・・。」とコメント。

 「丸の内仲通りガーデニングショー2010」は、今週末31日(日)まで。

101023_038_640

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2010

1677.死刑台のエレベーター(日本版)

Shikeidai_wp02_wide_2  「ルイ・マルの傑作が、50年の時を超えて、今、日本で甦る。」
 映画のストーリー・エッセンスを出来るだけ生かして最高のスタッフ・キャストで現代に甦らせたと、プロデューサーは自信の程を見せる。

 評論家や映画ファンの評価は別れているが、53年前のオリジナルを知らない人はそれなりに楽しめたようだ。
 私のように1日前にニュープリントを見てしまうと、ただただ比較してしまって公平に批評は出来ない。

336479_100x100_004 「不倫相手のダンナ殺しは成功したが、エレベーターに閉じ込められてしまったドジな男」
 「その男の車を盗んで、もう一つの殺人事件を起したチンピラカップル」
 という基本のストーリーは、全く同じだ。そして最後のオチも。

 日本版のオリジナルと言えば、広域暴力団や警察コンビの捜査が登場し、53年前には無かった「ケイタイ」が重要な小道具となっている事だ。

336479_100x100_001  ジャンヌ・モローの演じた大企業社長夫人は、大人の色気で評判の吉瀬美智子。魔性の女が売りだが、ジャンヌのアンニュイには敵わない。

336479_100x100_003_2  愛人の男、オリジナルは元落下傘部隊員。こちらは医療錯誤で患者を殺し、紛争地でのボランティア医師になってしまったという設定。
 贔屓目ではないが、モーリス・ロネと阿部寛は互角。

 チンピラはさすが玉山鉄二、演技力では「禁じられた遊び」のお兄ちゃんに勝っている。
 ただ設定が、少々キレた交番のお巡りさんと言うのは腑に落ちない。

 オリジナルのリノ・ヴァンチェラ刑事は凄みがあったが、こちらは柄本明。日本の警察モノによく登場する寡黙な刑事。熊谷真実刑事とのコンビで捜査と、日本らしい設定。

 監督は、「いつか読書する日」('05)でモントリオール世界映画祭審査員特別賞を受賞した緒方明。
 テレビ・ドキュメンタリー出身の彼が、ルイ・マル監督のような巨匠になる事を祈っているが。

Shikeidai_wp01_wide  音楽は意識してモダンジャズをはずした。それでも「ハリーポッター」など外国の作品の音楽を担当しているコウキ・ヤマモトを起用した。
 彼にとって母国の映画音楽は、初めてである。

 マイルス・デイビスのトランペットに代わるのは、渡部香津美のギター演奏とYUKIのヴォーカルだった。

 オリジナルに拘らず、もっと換骨奪胎してしまえば良かったとも思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2010

1676.死刑台のエレベーター

Keyart  「完全犯罪のはずだった。エレベーターが止まるまでは・・・・」
 ヌーベルバーグの先駆者ルイ・マルが、25歳の時撮った長編監督デビュー作が「死刑台のエレベーター」('57)。
 今回ニュープリントで、53年ぶりに公開されている。日本版のリメイク作品が完成したからだ。

Main  愛人(ジャンヌ・モロー)の夫を殺した男(モーリス・ロネ)が、現場に残したブツを取り戻そうとエレベーターに乗ったが、突然止まって閉じ込められる。
 ビルの前に駐車しておいた彼の車は、チンピラ(ジョルジュ・ブージュリー)と恋人(ヨリ・ベルダン)に盗まれる。
 そしてこのカップルも・・・・。

 ストーリーは忘れかけていたが、全編に流れるモダンジャズは忘れない。今もその音楽を聴きながら、ブログを書いている。

012_640  行方が判らなくなった不倫相手のモーリスを探して、ジャンヌは夜のパリの街をさまよう。都会を映すモノクロの映像が、マイルス・ディヴィスのジャズ・サウンドと見事にマッチする。

 この年マイルスは、アメリカのクインテットを解散して単身ヨーロッパに渡っていた。この時フランスで雇ったツアー・グループによってこのサウンドトラックはレコーディングされる。

 「レコーディングは、映画のラッシュを見ながらほとんど即興的に演奏された」、という伝説も残っている。
 リハーサルを繰り返す練られた音楽ではなく、マイルスは随所にアドリブを入れたテンション高いモード・ジャズを演奏して見せたのだ。

 この映画音楽の成功がフランス映画界の若い監督たちに影響し、ロジェ・バディム監督の「殺られる」「危険な関係」(アート・ブレイキーとジャズメッセンジャーの演奏)など、モダンジャズのサウンドトラックが一時流行した。

Sub_2 53年振りの日本での公開に、今も現役のジャンヌ・モロー(82歳)が献辞を寄せているが、作品に関係した多くの人は鬼籍にはいっている。

 この作品のヒットのあと、「恋人たち」('58)「私生活」('62)「鬼火」('63)など次々と作品を発表しフランス映画界の巨匠といわれたルイ・マル監督も、15年前に63歳で亡くなり、マイルス・デイビスも19年前に63歳で亡くなっている。

 またこの作品で国際スターとなったモーリス・ロネは55歳で、「禁じられた遊び」('52)の子役だったジャルジュ・ブージュリー、今回はチンピラ役だが彼も60歳で亡くなっているし、刑事役のリノ・ヴァンチュラも23年前に68歳で亡くなった。

 作品の鮮度は決して失っていないが、半世紀という歴史がそれを物語る。

 と書き上げて、これからリメイク版「死刑台のエレベーター」を見に出かける。紹介は次号で。

 例年だと、今日から始まった「東京国際映画祭」の話題を紹介するのだが、古稀をきっかけにリタイアしたので、これからはひとりの映画ファンとしてブログを綴っていく。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2010

1675.ラヴズ・ボディ~生と性を巡る表現

013_640_2  恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館は、今年で開館15周年になる。
 オープンイベントを手伝ったこともあって、時々地下鉄を乗り継いで出かける。

 先日鑑賞したのは「ラヴズ・ボディ」。10年前に開催された同名の展覧会は好評だったが、今回はエイズに焦点を当てた写真展である。

 1980年代後半から'90年代前半にかけて、エイズは多くのアーチストの命を奪っただけではなく、エイズを巡って焙り出された社会的偏見や差別に反応する中から、様々な作品が生まれている。

016_640  エイズを抱えたアーチストがエイズと向き合いながら制作し、セクシュアリティや身体表象、アートと政治の関わりを、新たな表現でトライしている。

 右の写真は、フランスのジャーナリスト、エルヴェ・ギベールの「ヴィラ・メディチ」('89)。エイズに感染して自殺した2年前の作品。

 上のポスターは、アメリカのアーチスト、デヴィッド・ヴィオイナロヴィッチの「無題<転げ落ちるバッファロー>」('89)。
 彼もエイズに対する偏見に対し、裁判や政治活動の場で積極的に発言してきたが、'92年に合併症で亡くなっている。

014_640_2  左からカナダのAAブロンソンの「アンナとマーク」('02)、インド出身のスニル・グプタの「ビクラム」('07)、アメリカノピーター・フジャーの「ビー・スイート・ニューワーク」('85)。
 あとの二人はHIVポジティヴのアーチストである。

015_640_4   日本からは、ハスラー・アラキ/張由紀夫の造形作品が展示されている。
 コンドームのパッケージを仲間と制作しゲイバーで配布するなど、アーチストとしてだけでなく、エイズ予防財団研究員やNPOのスタッフとして、音楽やアートを用いた活動を積極的に進めている。

 「ラヴズ・ボディ~生と性を巡る表現」展は12月5日まで、東京都美術館で。
 観覧料はシニア600円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2010

1674.桜田門外ノ変

009_640 「十三人の刺客」に続くザ・サムライシネマ、2作目は「桜田門外ノ変」。
 これまでも映画やテレビでたびたびテーマとなった史実だから、我々の年代で知らぬものはいないだろう。
 そのせいか公開4日目の「丸の内TOEI」は、平均年齢70歳の観客で埋まった。

336800_100x100_001_2 この作品の注目すべきところは、本来ならクライマックスとなる井伊大老襲撃のシーンを、序盤に持ってきたところにある。
 そして映画は史実通りに、暗殺実行部隊18人ひとりひとりのその後をキチンと描く。

 それは「暗殺というテロ行為を、賛美するだけの作品にはしない」という、佐藤純彌監督の拘りだからだ。
 巨匠・佐藤にとって「桜田門外の変」は、初めての時代劇でもある。

336800_100x100_002_2336800_100x100_003_2  しかし襲撃のシーンはリアルである。
 水戸の千波湖畔に建てられた桜田門外のオープンセットでは、1週間もかけてこのシーンを撮ったという。
 それは華麗な剣捌きとは程遠い、肉体と肉体が打つかって叩きあう殺陣だった。

 事件から今年で150年になる。
 茨城県では知事を先頭に、県民が総力を挙げて製作に協力した。企画自体も、県の有志が声をあげた。
 オープンセットにも2億5千万投じた。県民の意識をひとつにまとめ、地域活性化を狙ったのだが、効果はこれからだろう。
 大河ドラマ「龍馬伝」に追いつけるかどうかだ。

336800_100x100_005  映画の主人公は、暗殺実行部隊を率いた関鉄之助である。翌年水戸藩に捕らえられ斬首された彼の日誌を元に、吉村昭が書いた同名小説が原作である。
 その役を大沢たかおが演じた。大河ドラマ「天地人」の名子役・加藤清四郎が健気な息子として登場する。

336800_100x100_010 事件の発端となる攘夷派と開国派の対立、次期将軍の座を巡っての一橋派と紀州派の暗闘。
 前者のトップは水戸藩主・徳川斉昭、北大路欣也。後者は井伊大老、伊武雅刀。
 歴史劇として両者の激論もキチンと見せる。

336800_100x100_011_2  大老暗殺というテロによって、薩藩などによるクーデターを誘発しようと目論んだ水戸藩の奉行たちに、柄本明・生瀬勝久・西村雅彦。
 ただ一人薩藩から加わり、井伊大老の首級を挙げた有村次郎佐衛門を、歌舞伎の坂東巳之助が演じているのも話題となっている。

 現在の桜田門の風景から始まり、ラストカットもまた桜田門から国会へとパンするショット。
 若者達に、もう一度歴史を学べと、佐藤監督は主張する。

 18人の浪士中、16人が自刃または斬首された。明治維新を見たのは、たった二人である。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2010

1673.メッセージ・そして、愛が残る

007_640  森の中に舞う白い綿毛、湖のほとりの白鳥、見渡す限りの白い砂漠、自然の陽光を写し撮った幻想的な映像が心に残る。
 台湾出身の撮影監督、リー・ピンピンのカメラワークである。

 ブログ1594号「トロッコ」でも紹介したが、「花様年華」('00)で世界的に注目されたリー。
 「春の雪」('05)「トロッコ」('10)「ノルウエイの森」('10)と日本映画でもたびたびその詩的な映像を見せてくれる。

 この作品で、フランスの新進監督ジル・ブルドスを支えたのも、彼の映像だった。

337314_01_03_03 フランスの若手作家ギヨーム・ミュッソが、2004年に発表した「Et Apres・・・・」が原作。
 日本でも映画と同名で出版されているが、フランスでは120万部を超えるベストセラーとなった。

 不条理な息子の突然死によって心を閉ざしてしまった夫、その夫に耐えられなくなって娘を連れて別居した妻。
 死を予見する医師と夫の出会いが、家族の絆を取り戻すというストーリー。
 愛する事、生きる事の大切さを描くヒューマンドラマである。

20100720006fl00006viewrsz150x  舞台となったのは、フランスではなくニューヨークとニューメキシコ。しかし製作はドイツ・カナダ・フランスのプロダクション。
 ハリウッドとは一味違った作品はこうして生まれた。

 出演する役者も国際的である。
 夫はフランス出身のロマン・デュリス(「真夜中のピアニスト」('05)、妻はカナダの女優エヴァンジェリン・リリー(「ハートロッカー」'08)。

337314_01_02_03  「死」のメセンジャーという謎めいた医師は、アメリカの演技派俳優ジョン・マルコヴィッチ。
 それぞれが、ブルドス監督の書いた脚本にほれ込み手を上げた。

 ニューメキシコの砂漠の中で、一夜だけ美しく咲いた「月下美人」が作品のテーマを表す。
 人の命には限りがあるからこそ、今をより美しく生きる事が大切なのだと。

 映画の原題は「AFTERWARDS」、情緒的な邦題をどうとらえるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2010

1672.不思議の国のアリス展

101014_028  夜の会合までに時間があったので、何となく覗いて見たのが日本橋三越の「不思議の国のアリス展」。
 「ルイス・キャロルのお伽の世界」と題されたこの展覧会は、意外と面白かった。

 「主人公のアリスが、白ウサギを追いかけて迷い込んだ世界。そこは不条理で摩訶不思議な世界だった。」というファンタジー物語。
 子供の頃に読んだ本の記憶は、それぐらいしかない。そして作者も、イギリスの女性だと思い込んでいた。

101014_029_640  右の本は、会場に展示されていた「地下の国のアリス」ファクシミリ版初版本。
 挿絵も描いた作者ルイス・キャロル(ペンネーム)は、なんとオックスフォード大学で教壇に立つ数学者だったのだ。

101014_012  ある日、大学の学寮長の娘アリスとピクニック出かけたキャロル先生。
 アリスにせがまれ、その時即興で作った話がもととなって「不思議な国のアリス」が誕生した。

 そしてこの物語は、イギリスの多くの子供たちに読まれただけでなく、瞬く間に世界中に広まり、数学教師はファンタジー作家となってしまった。。

101014_026  日本では、1908(明治41)年に刊行された実業の日本社の「少女の友」の中で、翻訳紹介されている。
 面白いのは、1933(昭和8)年に出版された「アリス物語 鏡の国」。あの棟方志功が挿絵を書いている。

 またスペイン版では、シュールレアリズムの代表的な作家サルバドール・ダリが挿絵を描いている。
 彼の直筆のサイン入りの本も、会場に展示されていた。

334516_02_01_02_2 今年は春から、「不思議の国のアリス」が話題となった。                                                            が話題となった。
20090717005fl00005viewrsz150x_5   ティム・バートン監督がジョニー・ディップを主役に「アリス・イン・ワンダーランド」を撮ったからだ。

 3Dでの上映だったので、見なかったが結構ヒットしたようだ。
 大人になったアリスを、オーストラリアの新進女優ミア・ワシコウスカが演じ、白い女王アン・ハサウエイと赤の女王ヘレナ・ポナム=カーターがバトルするというストーリーだった。

 アリスの世界は、子供だけでなく大人たちの心もワクワクさせる事を、この展覧会で知った。

 「不思議の国のアリス展」は25日(月)まで、日本橋三越新館7Fギャラリーで。
 入場料は800円。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2010

1671.ナイト&デイ

006_640  クールなトム・クルーズとキュートなキャメロン・ディアス、2大スターの久しぶりの競演(「バニラ・スカイ」'01)によるサスペンス・アクション・ロマンス、そして全編がコメディというハリウッドらしいエンターティメント。
 と、カタカナの羅列が相応しい作品である。

336078_100x100_001  同僚に嵌められて組織に追われるCIAエージェントが、トム・クルーズの役。
 ひょんな事から、彼と行動を共にする羽目に陥った少々ドジな女性がキャメロン・ディアス。

 滅法強いエージェントだから、理屈なしで最後まで安心して見られるのが受けて、先週は興行成績トップを維持している。

336078_100x100_007336078_100x100_006  もう48歳になるトム・クルーズだがさすがに役者、結構鍛えて身のこなしは軽い。
 「ワルキューレ」('08)のドイツ将校という悩み多い役と違って、彼の個性が最も生かされる。

 一方のキャメロンディアスだって38歳、ビキニ姿も披露するが若々しいお色気を維持している。
  彼女が出演した直近の作品「私の中のあなた」の母親役、そして今回のキュートなヒロインと、その芸の幅広さを見せてくれた。

 もう一人が今回の敵役、CIAのエージェントのピーター・サースガード。イギリス出身の彼、前作「17歳の肖像」では若い女性を誘惑するハンサムな男性だったが、今回は笑顔の裏に卑劣さを隠すという役で意外さを見せる。

005_640_3  監督のジェームズ・マンゴールドは、「ニューヨークの恋人」('01)から「ウオーク・ザ・ライン」('05)と、ロマンスでもシリアスでもサスペンスでもと、何でもこなす職人肌の人。
 銃撃戦、肉弾戦、カーチェイスと全てのアクションをハイレベルに展開させた。

 そして、カンザス~ボストン~ニューヨーク~アルプス~ウイーン~バルセロナ~熱帯の孤島と、ゴージャスなロケで目を楽しませてくれた。

 タイトルの「ナイト」は、「夜」ではなく「騎士」のこと。「デイ」は「勝負」とか「戦い」と読めばいいのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2010

1670.国立歌舞伎

101014_007_640101014_001_640  歌舞伎座が改築中のため「ひとまく」が休会、歌舞伎を観る機会が少なくなった。
 先日は、10ヵ月振りに国立劇場に出かけた。

 今月は文化庁芸術祭が主催する新歌舞伎、「天保遊侠録」と「将軍江戸を去る」である。

012_640  義太夫狂言や純歌舞伎と異なり、新歌舞伎はセリフが理解し易いので素人にとっても楽しみやすい。
 その上重厚な史劇を書いた、真山青果の作品である。

 連れ合いは、「理屈っぽいセリフの芝居だった」と少々不満だったが、主役が中村吉右衛門だから見逃すわけにはいかない。

 幕末を迎える天保期から、明治維新直前の江戸を舞台にした人間ドラマ。
 小気味良い江戸っ子と、歴史に名を刻んだ最後の将軍という対照的な二役を、吉右衛門が鮮やかに演じ別けるところが見ものだった。

101014_008_640  「天保遊侠録(てんぽうゆうきょうろく)」は、江戸城無血開城を図り見事完遂した勝海舟、その父親・勝小吉が主人公。
 喧嘩放蕩の無頼人・貧乏御家人の悲哀と怒り、わが子への愛情がひしひしと伝わる1時間の舞台だった。
 真山青果には珍しい「世話物」といえる作品である。

 出演は、小吉の甥・庄之助に中村染五郎、小吉の馴染みの芸者に中村芝雀、小吉の養家先の姉・阿茶の局に中村東蔵。
 少年期の利発な息子・麟太郎を演じた中村梅丸が、溌剌として良かった。彼は、梅玉の部屋子である。

101014_009_640

 「将軍江戸を去る(しょうぐんえどをさる)」は、「元禄忠臣蔵」と並ぶ青果の代表作「江戸城総攻」三部作の第三部。
 昭和9年東京劇場で初演された。

 西郷隆盛(中村歌昇)と勝海舟(中村歌六)との会談で、江戸城総攻撃はなんとか免れた。
101014_640  しかし上野寛永寺に蟄居した慶喜(中村吉右衛門)のもとには、主戦派の面々や彰義隊が押しかけ、慶喜もまた翌日の水戸への出発を延期しようとする。

 そこに伺候したのが幕臣・山岡鉄太郎(中村染五郎)。和平を願い勤皇のあり方を説き、将軍に諫言する鉄太郎。その熱意と熱情に討たれ、慶喜は江戸退去を決意する。
 江戸の境界・千住大橋、「江戸の地よ、江戸の人よ、さらば・・・・」のセリフを残して幕が下りる。

 第一幕の「江戸薩摩屋敷」における歌昇・歌六、第二幕の上野・大慈院での吉右衛門と染五郎、青果の得意とするセリフ劇の妙味がこの作品の妙である。

 歌昇の長男・種太郎が中村半次郎、東蔵の長男・松江が村田新八と薩摩藩士に扮して、鹿児島弁をなんとか披露している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2010

1669.平田宏絵画展

101014
       「アマゾン幻想」(油彩・8F・'10制作 画・平田宏)

 なぜか絵を嗜む友人・知人が多い。このブログでも紹介しているが、独立美術協会や二科会、東光会の会員としてプロの道を歩いている友人の他、カルチャー・センターに学ぶアマチュア画家も多い。

 今回初めて個展を開いた平田宏さんは、趣味の絵画からいよいよプロの道を歩み始めた友人である。

101014_009101014_003  個展は日本橋・浜町の「ギャラリーサンカイビ」で催されているが、初日の昨日は多くの観覧客で賑わっていた。

 平田さんは鶴岡出身、NHKリオ・デ・ジャネイロ特派員など海外で活躍、退職後は武蔵野美術学園で絵画を学びパリに留学するなど腕を磨いてきた。
 そして昨年春には第86回春陽展に入選、画家としての腕を確かなものにした。

101014_001101014_007   「イグアスに舞う」「アンデスの夜」「アマゾンの幻想」など、展示されている作品のタイトルからも想像されるように、今回の個展はかって彼が体験した南米の心象風景が具象化されている。

101014_005  副題を「原始との対話」としたように、彼は「動かない映像、聞こえない音声に懐かしさを覚え、現象の奥にある本質的な原始の姿を探る旅をつづけている」という。

 同業の仲間として、動画と音声を媒体とするメディアの世界に生きてきた者にとって、彼の境地はよく理解できる。
 次の精進の成果を期待している。

 「平田宏絵画展~原始との対話~」は、来週22日(金)まで。
 会場の「ギャラリーサンカイビ」は、半蔵門線水天宮前駅7番出口6分・都営新宿線浜町駅A2出口3分。電話5649-3710(日曜休)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2010

1668.ひとまく映画会

 歌舞伎愛好仲間で、歌舞伎座の最後の一幕を鑑賞してきた「ひとまく会」。歌舞伎座の改築で「ひとまく」はお休みだが、映画や狂言、ウオーキング、ゴルフなど、趣味の集り(分科会)が盛んだ。

 先日は2~3ヵ月に1回催される「古典名画を見る会」、日・米の名優の追悼作品2本が上映された。
 始めは、2年前71歳で亡くなった緒形拳の代表作のひとつ「復讐するは我にあり」('79)。続いて、昨年暮れ90歳で亡くなったジェニファー・ジョーンズの「白昼の決闘」。

4_62391 「復讐するは我にあり」

 佐木隆三が、実在した連続殺人犯西口を追った同名のノンフィクションが原作。
 人間の本質を執拗に描く今村昌平が映画化した。

 1979年の日本アカデミー賞で、作品賞や監督賞5部門でグランプリ、ブルー・リボン賞4部門を受賞するなど、映画賞を総なめした名作である。

 5人を殺害して全国を逃げ回った殺人犯の主人公が緒形拳、その父親は三国連太郎。隠れキリシタンの血を引く父の信仰の偽善性に反発する息子、その葛藤が残酷な殺人の底流にある。

 当時話題を呼んだ三国と緒形の妻役・倍賞美津子の露天風呂でのシーン、あらためて見ても衝撃的だ。
 旅館の女将・小川真由美と緒形との赤裸々なセックスシーン、殺人犯が同衾する根岸としえに白川和子、今村監督ならではの獣の臭いがムンムンとする。

 他に緒形の母親・ミヤコ蝶々、小川の母親で殺人囚だった清川虹子、小川のパトロン・北村和夫、刑事・フランキー堺、最初に殺された殿山泰司など錚々たる顔ぶれが並ぶ。

21qwf48kel__sl160__2 緒形拳は、私の好きな役者のひとりである。新国劇出身の彼が、NHK大河ドラマ「太閤記」('65)の主役に抜擢されて以来、テレビ・映画と彼の作品はよく見ている。
 仕事上でも数回お付き合いがあり、彼の人柄もよく知っている。

 思い出す映画を並べてみると、「必殺仕掛け人」('73)「砂の器」('74)「八甲田山」('77)、そして日本アカデミー賞最優秀主演男優賞など多くの映画賞を受賞した「鬼畜」('78)。
 「楢山節考]('83)「火宅の人」('85)に藤沢周平シリーズ「隠し剣 鬼の爪」「蝉しぐれ」「武士の一分」の3作。
 遺作となったフジテレビの「風のガーデン」は、シリーズ全作品を視聴した。

 ほぼ同年代である彼の死は、ただ残念の一言に尽きる。

4_58917 「白昼の決闘」

 日本では1951年に公開されたこの作品は、ジェニファー・ジョーンズと彼女をめぐるグレゴリー・ペック、ジョセフ・コットンが扮する兄弟の確執が描かれる。(先約があり途中退席したので、ストーリーは省く)

51pf3y6f6zl__sl500_aa300__2  ジェニファーの作品では「慕情」('55)が最も印象に残っている。

190pxjennifer_jones_in_love_is_a__2   初めての主演作品「聖処女」('43)でアカデミー賞主演女優賞を受賞、その天性の美貌でハリウッドのスターの座を確保した。

 30代で映画界から遠ざかったが、最後に彼女を見たのが「タワーリング・インフェルノ」('74)、55歳の時の作品だった。
 ほか「武器よさらば」('57)「終着駅」('54)も思い出す。

 「ひとまく映画会」は、ナビゲーターの圓尾さんの解説つきなので、ブログのネタも増える。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2010

1667.ハーブ&ローズガーデン

101007_079_640

 リゾートホテルが経営する「ランドスケープガーデン」。
 曽我山の南斜面20万坪には、3000本のバラや3万株の宿根草・ハーブが植えられている。
 錦ヶ浦に着いた夕方、ガーデンを散策した。

101007_055_640101007_072_640_2101007_050_640101007_051_640

 「アメジストセージ」「バーベナ」「クジャクソウ」「ブルーモチリア」「ルドベキア」「シコンノボタン」「コートダジュール」「リトルエンジェル」「ユリオブスデイジー」「ダイアモンドリリー」「ピエール・ドウ・ロンサール」「クリスマスローズ」・・・・。
 ガーデンを車で案内してくれたガイドの説明、ようやく書き留めた花の名前。

101007_069_640101007_054_640101007_075_640101007_061_640

101007_027_640101007_059_640101007_058_640101007_060_640

101007_043_640101007_030_640101007_033_640101007_083_640

 園内は、「アニバーサリーガーデン」「オールドローズガーデン」「イングリッシュローズガーデン」「バラの谷」「ラベンダーガーデン」「ハーブガーデン」など12のテーマガーデンンに分れ、バスで最高部まで登った後はゆっくり徒歩でガーデンを巡る。

 早春は「アタミザクラ」や「菜の花」「ヒヤシンス」「クロッカス」が咲き、初夏は「ローズフェスタ」、秋の今ごろは色・香りとも深くなったシックなガーデンと、一年中花が楽しめる。

101007_039_640           

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2010

1666.秋・錦ヶ浦

101007_103_640  午前5時45分、ホテルの「日の出コール」に起されて撮った相模灘の朝日。
 毎年1回は出かける熱海・錦ヶ浦のリゾートホテル、ここは日の出と月の宴で有名だ。

101007_119_640_2101007_122_640101007_123_640    

 魚見崎から網代にかけて凡そ2キロ、断崖絶壁が続く錦ヶ浦。崖の高さは80m、荒波に削られた兜岩や碁盤岩、屏風岩に弁天岩が並ぶ。

 かってここは、東尋坊や能登金剛と並ぶ「自殺の名所」と言われた。しかしリゾートホテルの進出によって、断崖の上には遊歩道や見晴台が整備されレストランも設けら昔の面影はない。

101007_107_640_4101007_105_640_4101007_110_640_6

 秋晴れの一日、相模灘をポケっと眺めながら静養に努めた。

101007_003_640101007_004_640101007_015_640  なお今年から、東京・八重洲口から錦ヶ浦まで1日1本の直通バスが出る。運賃は往復3000円だが、ホテルが片道分を負担してくれるので安上がりだ。
 ほとんど貸切状態、途中の休憩を挟んでも3時間弱の旅だった。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2010

1665.ヌードの夜

004_640 映画監督助手の傍ら、1977年に「ヤングコミック」に連載した「天使のはらわた」がブレイクして、劇作家となった石井隆。
 その彼が、自ら書いて監督したのが「ヌードの夜」。

4_81765_2  長年強請られ続けた男を殺してしまった女(余貴美子)と、彼女を助けようとした代行屋。
 女と男のどうにもならない情愛の果てを描いたこの作品は、「ネオ・ノワール」として熱狂的な支持を集めた。

 今回もまた竹中直人を主人公にして、続編「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」を、17年ぶりに撮った。

20100720005fl00005viewrsz150x  今回のヒロインは、グラビアアイドルの佐藤寛子。まだまだ硬いが、彼女の覚悟のヌードが作品全体を締める。
51cebomnyzl__sl160__3   前作で花開いた余貴美子に続いて、石井監督のミューズの誕生である。

 脇を固めているベテランが凄い。ヒロインの父親の宍戸錠の怪演ぶりはともかく、母親役の大竹しのぶは当に狂演と言ってよい。

337239_100x100_004  男を誑し込んでは殺し、保険金でビルを建てようと計画している母親。
 今度は実の娘をいたぶったパトロンの宍戸を、娘二人と共謀して殺そうというのだ。

337239_100x100_007   近親相姦に保険金殺人と「ありふれた事件」を、石井監督は暗く深く抉って、人間の心の闇を顕在化させる。

 「難解」「エロ」「グロ」「暴力」と、石井作品に拒絶反応を起す人も多いが、熱狂的なファンにはたまらない映画といえよう。

 東京では「銀座シネパトス」と「シネアート新宿」だけ。全国でも11ヵ所の映画館でしか、公開されていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2010

1664.おにいちゃんのハナビ

002_640 ブログ1647号「君が踊る、夏」でも触れたが、ガンや難病に罹った人が物語のキーとなる作品は多い。
 前回が小児ガンだったが、今回は白血病である。

 ただ最近は、お涙頂戴のストレートな話ではなく、もっと奥深いところにある人間愛をたんたんと描いた作品が増えてきた。
 また背景に地域性をきちんと見せることで、感動を呼びこむ。
 前回が高知の「ヨサコイ祭り」なら、今回は新潟・小千谷の「片貝まつり」だった。

336899_100x100_002  お話は今回も実話である。中越大地震の一年後の小千谷を描いたドキュメンタリー番組('05)に登場した、ひとつのエピソードを膨らませた。

 ひきこもりの兄(高良健吾)が、白血病で亡くなった妹(谷村美月)の想いを花火に託す物語である。

003  これには注釈が必要だ。

 世界一の4尺玉の打ち上げで、ギネスブックにも登録されている「片貝まつりの花火」は、打ち上げ費用を企業などのスポンサーに頼るのではなく、町の人たちがそれぞれの想いをこめて、みずからが浄財を寄付して打ち上げている。

 もともとの起源が江戸時代の初め、地元浅原神社へのお賽銭代わりに、村人たちが花火を奉納した事に始まるからだ。
 地域の人たちは、子供の誕生、成人、結婚、還暦、初孫の誕生、家内安全、商売繁盛など、さまざまな願いをこめて花火を打ち上げる。

 戦後になって始まったのが、地元の片貝中学校の同級生達の「会」。
 卒業以降は毎年基金を貯め、まず成人を記念して大仕掛け花火を奉納する。
 以降還暦まで、人生の節目ごとに花火を打ち上げ、同級生の絆を深めるようになった。

336899_100x100_005  ベテランのテレビ・ディレクター国本雅広は、ドキュメンタリーをみて「打ち上げられる花火ひとつひとつに、人生のドラマがある」事を知る。
 とりわけ難病で亡くなった妹のため一年かけて準備し、片貝まつりで花火を打ち上げた青年に感動し、映画化を決意したのだ。
 こうして国本にとっては初めての長編映画監督デビューとなる。

336899_100x100_003_2  ヒロインを演じた谷村美月が、病にもめげず明るく生きていく姿が感動を呼ぶ。
 坑ガン剤で丸坊主にもなりながらも、とびきりの笑顔でひきこもりの兄・高良健吾を世間に引っ張り出す。

 両親役・大杉漣と宮崎美子、医師の佐々木蔵之介、花火師の塩見三省とベテラン俳優たちがしっかりと脇を固めた。

 兄妹愛、家族愛、友人愛そして町の人々の暖かい愛。いろいろな愛が、美しい花火の中で静かに燃える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2010

1663.隅田川~江戸が愛した風景~

_640

 毎日窓から眺めて暮らしている隅田川。
 最近愛読している宇江佐真理や藤沢周平、佐伯泰英の小説も、隅田川界隈が舞台である。

 大川・角田川・宮戸川・浅草川とも呼ばれたこの川は、江戸の庶民が親しんだ風景だった。
 舟遊び雪見に花火、四季の風物詩に彩られた隅田川の魅力は、多くの浮世絵や屏風に描かれている。

001_640  その魅力を一堂に集めた展覧会が、いま両国の江戸東京博物館で開催されている。

 出品されているのは総計159点。そのうちの8割は、江戸博の所蔵品である。

 博物館が開館前から収集を続けてきた所蔵品は、菱川師宣・歌川国貞・鳥文斎栄之・葛飾北斎・歌川広重・歌川国芳・喜多川歌麿などが描いた名作。
 これまでも一部は、他の美術館や博物館で公開されてきたが、一覧する特別展は今回が初めてだそうだ。

011_640_3   左の屏風は江戸前期に書かれた「隅田川図」。両国橋から上流の両岸の様子を西側から描いている。

 展示の構成は、まず江戸時代前期の画からスタート。そして第1章は「舟遊びの隅田川」と続く。

006_640_2003_640 第2章「隅田川を眺める」では、さまざまな視点や表現によって書かれた風景が並ぶ。

 右の2点はブログ1636号「日本橋クルーズ」でも紹介した北斎の「冨嶽三十六景 深川万年橋下」と、広重の「江戸名所 隅田川之月」。

007_640009_640_2  左は両国橋を闊歩する力士をユーモラスに描いた国貞の「嵯峨ノ釈尊開帳ノ図 回向院境内の図」。

 右は広重の「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」。
 深川と日本橋との往来の便宜をはかるために、幕府が元禄年間に浜町から籾倉へ隅田川を渡してかけた橋で、現在の新大橋である。

002_640_2  第3章は「隅田川の風物詩」。

 橋本貞秀が書いた左の「東都両国ばし夏景色」は、大版錦絵三枚続き。
 大河ドラマ「龍馬伝」でもおなじみだが、花火見物の群集と、川面を埋め尽くす船を魚眼レンズで撮影したように描く。


004_640_4  また「江戸名所四季の眺 墨田川雪中の図」は、広重の作品。 

 この章では、とりわけ季節感を重視した絵が並んでいる。
 そして明治・大正の作品が並ぶ「エピローグ」と続く。

010_640_3  展示は前期(9月22日~10月17日)と後期(10月19日~11月14日)にわかれ、およそ三分の一が変わる。
 また他の美術館の所蔵品は、展示期間が限られているものもあるので、要注意。
 観覧料は、シニア550円。常設展「徳川御三卿」もご覧になりたい方は、680円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2010

1662.十三人の刺客

001_640 我々老人にとっては堪えられない時代劇巨編。
 「七人の侍」と並ぶ往年の時代劇の名作、工藤栄一監督の「十三人の刺客」('63)が同名のまま、カツドウ屋三池崇史によってリメイクされた。

 受賞はしなかったが、ヴェネチア国際映画祭コンペテイション部門に正式出品される。

336481_100x100_010  '63年版のクライマックスは、13人の刺客と53騎の藩士との30分に亘る戦いだったが、今回は300人の藩士との50分の乱闘とスケールアップされた。

 時は江戸末期、前の将軍の子供が強引に藩主となったが、この男が史上最悪の暴君。
 その藩主を参勤交代の途中で暗殺するために、老中のミッションを受けて送り込まれた13人の刺客。
 彼等の一世一代の戦いを、圧倒的なスケールとリアルな映像で描く。

  原作・脚本は池宮彰一郎が書いたフィクションではあるが、ネタ本は松浦藩主・静山の「甲子夜話」。

 明石藩8代藩主・松平斉宣は、11代将軍家斉の二十五男。嫡子がいる明石藩に養子として乗り込み8万石を継いだ。
 その彼が、参勤交代で尾張領内を道中、行列を横切った幼児を自ら処刑し御三家である尾張徳川家の怒りをかった、という事件である。
 そしてなぜか斉宣は翌年、病死している。

336481_100x100_006336481_100x100_004   作品は日本映画史上、最大の「チャンバラ」と評される。

 刺客は、老中の腹心である旗本出身の目付(役所広司)をリーダーに、御徒目付組頭(松方弘樹)とその部下(高岡蒼甫・六角精児)、御小人目付組頭(沢村一樹)とその部下(石垣佑磨・近藤公園)の幕府役人7人。

 それに目付の道場仲間の浪人たち(伊原剛志・古田新太・窪田正孝)が加わる。
 さらに目付の甥(山田孝之)と足軽(浪岡一貴)、旅の途中から仲間になった山男(伊勢谷友介)の計13人。

(目付とは、ご政道全般の監察、旗本・御家人の監察が役目。御徒目付は表向き将軍の警護だが、目付のサポート役。御小人目付は、目付の部下として隠密御用など司る。13人の刺客は、数こそ少数だが幕府の最強必殺チームだった。)

336481_100x100_007  一方の明石藩側は、藩主(稲垣吾郎)に御用人(市村正親)、近習頭(三石研)と300人の藩士たち(エキストラ)。
 御用人は、目付の道場仲間で好敵手という設定。

 ほか、明石藩江戸家老(内野聖陽)、老中(平幹二郎)、尾張藩用人(松本幸四郎)という豪華キャストである。

51ecd5wb6l__sl160__4   47年前の工藤作品の出演者をみると、時代劇全盛時代の懐かしいスターが並ぶ。

 片岡千恵蔵(役所)、嵐寛寿郎(松方)、西村晃(伊原)、月形龍之介(松本)、里見浩太郎(山田)、内田良平(市村)、丹波哲郎(平)・・・。
 ほとんどの役者が鬼籍に入ってしまったが、現役では女優の藤(冨司)純子ぐらいしか残ってはいなない。

 2時間21分、ドッと疲れる作品だったが、チャンバラの醍醐味は堪能できた。

 この秋以降は、時代劇の公開が続く。
 「桜田門外ノ変」「雷桜」「武士の家計簿」「最後の忠臣蔵」。
 また、ニッポン人を熱くする。
 ザ・サムライシネマ。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2010

1661.グッドデザイン賞

Poster  ふるさとで頑張る私の姪から、嬉しいニュースが届いた。彼女がプロデュースした「マルヤガーデンズ」が、2010年度のグッドデザイン賞を2件受賞したとのメールである。

 グッドデザイン賞は、53年前に旧通産省が創設した日本では唯一の総合デザインの評価・推奨運動で、世界でも有数の歴史と規模を誇っている。

 この賞は現在(財)日本産業振興会が運営しているが、生活と産業のクオリティの向上に貢献するデザインを、身の回りのさまざまな分野から推奨している。

10d08001_1  今回受賞したのは2件とも「社会領域」分野。

 まちづくり・地域づくり部門で受賞した「百貨店跡地の再生商業施設・ユナイトメントストア/マルヤガーデンズ」(ディレクター・ナガオカケンメイ)について、審査評はこう述べる。

 「鹿児島三越の撤退によって117年の歴史に幕を下ろした商業施設を、2010年4月に新たな仕組み『ユナイトメントストア』として再生させた。」
 「売り手から買い手への一方向の販売施設『デパートメントスト』ではなく、売り手と買い手そして住民などの、ステークホルダーみんなが有機的につながりあう『ユナイトメントストア』であり、そのための仕掛け『ガーデン』を各フロアに設けている。」
 「コミュニティギャラリー『ガーデン』が地域の活動の場を提供し、地域で育てるこれからの商業施設のあり方を示唆している。」

10d07004_1  もう1件は土木・環境関連施設部門の「マルヤガーデンズ屋上庭園[ソラニワ]」(デザイナー・保清人)。

 「マルヤガーデンズの7F屋上庭園ソラニワは、衰退する町、アーケードに閉ざされた閉鎖的な周辺環境に対し、市民に開放しながらNPOや地域団体、県外の人々も活動できる、植物と共に"育てあげる庭"がデザインされた。」
 「土着する植物と絶滅品種を積極的に活用し、自然保全と同時に人を内包する植栽空間を形成している。」
 「環境デザインを一つのサインとし、階高施設のゴール地点として顧客の回遊を促し、集客効果を得た庭園になっている。」

 「社会領域」分野で受賞したのは、「新フランス大使館」(竹中工務店)、「山梨市役所」(梓設計)、「山形まるごと館・紅の蔵」(スカワ設計事務所)、「パビリオン<ネットの森>」(箱根彫刻の森)など100件。
 2件も受賞したのは、たぶん「マルヤガーデンズ」だけだろう。

 受賞した施設等は、今週金曜日に開会する「グッドデザインエキビション2010」で紹介される。会場は東京ミッドタウン5F・デザインハブ、会期は12月5日まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2010

1660.バイオハザードⅣ

_640  3Dで撮影され、3Dで編集されたフル3D映像。
 「映像が突き刺さる!」とチラシにあり怖くなって!?2D上映館が現れるまで待った。
 その上3Dだと、シニアでも1500円取られる。

 もともとは「ゲーム・ソフト」。'01年に映画化して大ヒットしたので、「Ⅱ」('04)「Ⅲ」('07)と続いて今回は「Ⅳ・アフターライフ」となる。

 ウイルス兵器会社が開発した「T-ウイルス」に感染してゾンビになった人間達が増殖、生き残った人々を助け兵器会社と闘うスーパー・ヒロインの物語。
 

336357_100x100_001336357_100x100_002  第1回目からそのスーパー・ヒロインを演じているのがミラ・ジョヴォヴィッチ。
 名前から判るようにウクライナ出身の元モデル。子供時代にロスに移住しているから、アメリカ女優と言っても良い。

 リュック・ベッソンに見出されて「ジャンヌ・ダルク」('99)に主演、さらに「バイオハザード」の大ヒットでハリウッドのトップスターになった。
 若い頃にベッソンと結婚したが、離婚した現在は「バイオハザード」を製作・脚本・監督したポール・W・S・アンダーソンのパートナーである。
 つまり夫婦で4本撮ったということ。

Rei_wallpaper2  作品の評価は分かれるようだが、筋立てなど追わずにゲーム感覚で見ると結構面白い。

 その上冒頭のシーンが、東京・渋谷のスクランブル交差点とくる。
 空撮大ロングからズームインすると、雨の交差点の真ん中にゾンビとなった中島美嘉が立つ。襲われた男と彼等を取り巻くカラフルな雨傘の群れ・・・・。

 カメラは、渋谷の地下奥深くに入り込む。そこにはウイルス兵器会社の研究開発要塞があった。
 そしてヒロイン、ミラ・ジョヴォヴィッチの登場である。

336357_100x100_006 ラストもまた日本と縁がある。
 ヒロインやその仲間、生き残った人々が乗った船を目掛けて雲霞のように飛来してくるのが、「MV2オスプレイ」。
 今、沖縄配備で問題となっている垂直離着陸機である。

 機内で、兵器会社の傭兵を従える美女が「続編」のヒントを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2010

1659.築地市場

101002_002_640101002_007_640101002_014_640101002_020_640  久し振りに「場内」で買い物をした。
 昔に比べると活気がない。

 東京都議会では、昨日「現在地再整備案」の報告書をまとめた。
 民主・共産・生ネは賛同だが、自民・公明は都が進めてきた「豊洲移転」を支持している。
 
 卸会社と大手の仲卸業者は「豊洲」、中小の卸業者と場外の組合は「現在地再整備」と未だに対立したまま。

 「イライラ」しているのが都知事という構図。

 来週末16日(土)は、場外で「築地秋まつり2010」。NPOの築地食のまちづくり協議会が主催。

101002_018_640101002_016_640101002_015_640101002_019_640    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2010

1658.THE LAST MESSAGE 海猿

021_640

 「海猿ウミザル」('04)「LIMIT OF LOVE」('06)につぐ「海猿」シリーズの完結編。

 原案・小森陽一、原作・佐藤秀峰で、「ヤングサンデーコミックス」に連載された劇画が原作。'05年には、連続ドラマとしてフジテレビでも放送された。

336591_100x100_001  海難救助の最前線で活躍する海上保安庁機動救難隊、「海猿」と呼ばれる潜水士たちの苦難に挑む姿を描く。

 本物の巡視船や救難ヘリコプターが総動員されるので、映像は迫力がある。
 海上保安庁の広報映画だと言ってしまえばそれまでだが、「龍馬伝」でお馴染みの福田靖の脚本がしっかりしているし、制作会社ROBOT得意のスケール感ある仕掛けが作品を骨太にしている。

336591_100x100_012  今回は、日・韓・ロの国家プロジェクトで作った「海上天然ガスプラント」に、ガス掘削船が打つかって火災、さらには暴噴も起きる危険な状況。
 そこに大型台風が直撃するという中、リグに残された3人を救うために2人の「海猿」たちが奮闘するというストーリー。

336591_100x100_005336591_100x100_003  主役の機動救難隊員は伊藤英明、そのバディに佐藤隆太、救難課長・時任三郎、救難隊長・石黒賢と、お馴染みの顔ぶれ。

 前作までは恋人であった加藤あいが、今回は伊藤と結婚して一児の母親として登場する。

 他に、リグに取り残された常駐医師・吹石一恵、技術者・加藤雅也、作業員・濱田岳、新米海猿・三浦翔平という顔ぶれ。
 監督は前々作・前作に続いて、ROBOTの羽住英一郎である。

336591_100x100_002 作品は「日本メジャー配給初の3D」と謳っているが、2Dをコンバートしたもの。
 3Dとしての迫力は弱いし、高齢者にとっては目が疲れるだけ。メガネが気になって、前半は映画に没入出来なかった。
 その上、今月からは3D料金として400円がプラスされた。(松竹の3D洋画は追加料金500円)

 いつも2D上映館を探しているが、公開直近はそれが少なく不便である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2010

1657.日本酒で乾杯!

101001_020_640 今日は「日本酒の日」。32年前に日本酒造組合中央会が、新米で酒造りを始まる10月の初日をこう決めた。

101001_011_640  それに先立つ昨夜、「日本酒で乾杯推進会議」は東京會舘で総会・フォーラムを開催、その席上で我が「東京道産酒の会」は、感謝状を頂いた。

 「最近のニッポン人には、日本が足りない。『日本酒で乾杯!』という言葉を象徴に、日本文化のルネッサンスを広く国民運動として展開しよう。」と、6年前に日本酒で乾杯推進会議が設立された。

 会議は、学術(河竹登志夫、小泉武夫、山折哲雄、神崎宣武、石毛直道ほか)・芸能(市川団十郎、佐藤陽子、茂山千作、高橋竹山、坂東三津五郎、浜美枝、加藤登紀子ほか)・伝統産業・食文化(田崎真也、辻芳樹ほか)・スポーツ(岡本綾子、北の湖、舞の海ほか)・作家(小池一夫、堺屋太一、田辺聖子、林真理子ほか)・ジャーナリスト・業界など各界の有識者100人による委員会が中核となって進められている。

101001_014_640101001_026_640_2 昨夜のフォーラムは、「酒と芸能~日本のかたち、日本のこころ」と題して、まず民俗学者・神崎宣武さんのプレゼンテーション。

 続いて高橋竹山さんの津軽三味線演奏のあと、竹山さんと西舘好子さんの対談。
 場内に座っていた100人委員のひとり、俳優の小沢昭一さんも壇上に引っ張り出された。

101001_017_640  浅草に生まれながらも、初代竹山に押しかけ弟子入りして、日本の伝統芸能の一つでもある放浪芸(門付け)を学んだ彼女。
 芸の指導は厳しかったが、大酒飲みで気性のさっぱりした師匠の思い出を語った。

 推進会議では、会の設立趣意に相応しい活動をしている団体に、毎年ひとつだけ感謝状を贈っている。

101001_028_640_2  昨年は「南部杜氏応援団」だったが、今年は25年以上も北海道の酒と食文化の普及に尽くしている、「東京道産酒の会」に感謝の印しが届けられた次第。

 総会・フォーラム終了後は、小沢昭一さんの「日本酒で乾杯!」で懇親パーティー。
 北海道の「男山」をはじめ、沖縄と鹿児島をのぞく各県の銘酒56銘柄を飲み比べながら、招かれた私たちも100人委員会の皆さんと親しく懇談した。

 「日本酒で乾杯推進会議」と今回のフォーラムについては、下記のホームページで。

 http://www.sakedekanpai.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »