« November 2010 | Main | January 2011 »

December 31, 2010

1735.2010・忘備録

004_640  31日午前7時、朝焼け。
 今年1年の反省と、新しい年への希望を込めて、データをまとめる。

Water_lilies  健康維持のために始めた「スイミング」は、30年を超える。リタイヤしてからは、日曜日以外は「必ず」を目標にしている。
 今年泳いだ距離は256キロ(昨年比-29)、区営プールが補修のため長期休業したので減った。
 朝7時から40分、1キロ泳いで数百メートルの水中ウオーキング。

Blue_hills  「ウオーキング」は、昨年から「ひとまく鎌倉ウオーキング」に参加。寺社巡りだけでなく、山坂の古道も歩く。今年は8回(+1)、1回で12キロほどのウオーキング。

 泊りがけの旅行は4回のべ10日(-5)。出かけるのが億劫になったのか、行きたい所が無くなったのか。「塾」の庄内研修旅行は面白かった。

Sunset  映画鑑賞は、「ひとまく映画会」を含めると173本(+11)。新作については、前々号で紹介した通り。来年は半減以下か?

 歌舞伎座が休館したため、「ひとまく歌舞伎」が無くなり国立劇場など6回(-6)に減少。あとは寄席2回。

 音楽会がなぜか無かったが、友人たちの個展も含め美術館や博物館にはよく出かけた。ブログで紹介した展覧会だけでも、30回を超える。
 六本木の新国立、上野の平成館、江戸博。それに友人が東京藝大の理事に就任したので、藝大美術館にも足を運ぶ機会が増えた。

 読書は89冊(+23)。分厚い本が減り、「江戸」を舞台にした文庫本が急増。庄内に出かけ「藤沢周平」に出逢ったせいか。その影響で、宇江佐真理、佐伯泰英も。
 江戸の切絵図を横に置いての、「大江戸探見」である。
 また今年は、10人を超える友人・知人から著作が贈られてきた。必ず、ブログで紹介する事にしている。

Winter  そして夜の在宅率は85%(+11)と「内食」が増加。もう「古稀」を過ぎたのだから当然だろう。

     良いお年を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 30, 2010

1734.歳末・築地

101230_020_640

101230_005_640_2101230_009_640_2    築地卸売市場(場内)は、今日まで。
 今年最後の買出しは例年通り午前9時、プロの時間が終わった頃を見計らうのが常識。

 人出は昨年より多い。それも家族連れが目立つ。
 結構高いものが売れる、と仲卸の大将が話していた。

101230_014_640101230_004_640  本マグロは、青森・大間産に目がいくが、中トロで㌔20,000~5,800円。これがデパートに並ぶと、100g6,000~3,800円となる(新聞のチラシ)。

 鹿児島・奄美の養殖モノは㌔7,000円。デパートでは100g3,900~1,980円、スーパーでは1,280円が相場。
 近年場内の仲卸でも、「少量切り売り」をする店もあるが、スーパーより若干安い。

 スペイン・チェニジア・モロッコなどの「冷凍品」は、100g1,000円を切る。

101230_028_640_4   場外は人の波で溢れかえる。バス・ツアーで遠方からの買出し客も増えてきた。
 「アメ横と勘違いして、値切る客が多いんだよな。あちらは安売り、こちらは質で勝負なんだから」と、馴染みの店の親方が嘆いていた。

 何時ものように「赤貝」「シャケ」「伊達巻」「かまぼこ」「青果物」「漬物」、それに予約してあった「玉子焼き」を買って帰宅。
 歳末の行事を終える。

101230_025_640

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2010

1733.映画三昧

022_640  今年最後の映画鑑賞は、芥川賞作家・絲山秋子の代表作「ばかもの」。制作プロダクションの知人から、「役者が頑張ってる、是非」と招待券をいただいた。
 男にしてくれたが無残にも振られた年上の女、彼女を追い求めた10年の物語。
 出演は、成宮寛貴と内田有紀。監督は「デスノート」の金子修介。
 宣伝も少なく、「単館上映」だったが佳作だ。

 さて、2,010年に封切られた劇映画は、邦画が198本、洋画207本と昨年を30本ほど下回っている。
 しかし興行収入の方は、洋画の3Dと邦画の時代劇が当たって過去最高になりそうだ。

 405本の作品のうち、映画館で観た新作は166本。何とか40%をクリアする事ができた。
 その中から、私のベスト5(アニメは1本)を上映順に並べてみよう。

017_640_2011_640_2022_640_2  <邦画>
 「おとうと」(2月・山田洋次監督)、「告白」(6月・中島哲也監督)、「キャタピラー」(8月・若松孝二監督)、「悪人」(9月・李相日監督)、「十三人の刺客」(9月・三池崇史監督)。

 アニメーション作品は「借りぐらしのアリエッティ」(7月・米林宏昌監督)。

020_640012_640_3019_640   <洋画>
 「インビタス」(2月・クリント・イーストウッド監督)、「ハート・ロッカー」(3月・キャサリン・ビグロー監督)、「クロッシング」(5月・キム・デギュン監督)、「インセプション」(8月・クリストファー・ノーラン監督)。
018_640  そして昨年末公開された「アバター」( ジェームス・キャメロン監督)が、統計上は今年の作品にカウントされるので、選んだ。

 アニメーションは「トイ・ストーリー3」(7月・ジョン・ラセター監督)。

 年が明けると、「キネマ旬報」のベストテンや「毎日映画コンクール」の映画大賞、日本アカデミー協会の最優秀作品賞などが発表されるが、以上の10本はかなり有力な線ではないかと思っている。

 私事になるが、今年末をもって日本アカデミー賞協会など映像関連団体や制作プロダクションの役員を全て退会・退任する。古稀を過ぎたので、区切りとした。
 映画祭などイベントの招待も、来年からは遠慮するつもりだ。

 という事で、これまで半ば仕事として観て来た映画も減るだろう。
 来年からはひとりの映画ファンとして作品を選りすぐり、週1本ぐらいは見ようと思っている。
 当然、この欄での紹介も少なくなるので、ブログ更新も隔日ぐらいを考えている。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2010

1732.相棒ー劇場版Ⅱー

020_640  テレビ朝日で最高視聴率を上げているドラマ「相棒」は、今年で放送開始10周年を迎えた。
 その劇場版が2年前に公開され、70万人が動員されて45億円の興行収入をあげた。

 昨年は、スピンオフ版「鑑識・米沢守の事件簿」も製作されて話題になった。
 そして「劇場版-Ⅱ-」である。

337347_100x100_002_2   前回の「絶体絶命!42.195㎞東京ビッグシティマラソン」まで、警視庁特命係刑事・水谷豊の相棒は寺脇康文だったが、その後はテレビも及川光博である。
337347view008  しかし、相棒を助ける鑑識係・六角精児は変わらない。

 副題が、ストーリーを説明してくれる。
 パート2は「警視庁占拠!特命係の一番長い夏」、元刑事が警視総監に副総監、公安部長以下12人の幹部を人質に、警視庁会議室に閉じこもるというスキャンダラスな事件である。

 一体そこで何があったのか。幹部達がひた隠す過去の事実、それに絡み合う人間ドラマ。
 「正義とは」と"相棒"が動き出す!

337347view007  ゲストヒロインは小西真奈美、警視庁公安部外事第三課の刑事という役。7年前に国際テロ捜査で、フィアンセを失った。
 その同期、組織犯罪対策課の元刑事が篭城した男。小澤征悦である。

 警察庁と警視庁との、権力争いも絡む。警察庁長官が宇津井健、警視総監が品川徹。
337347view009  さらに、副総監・国村隼は公安警察の凋落を挽回するために謀略を、ノンキャリの出世頭・生活安全部長の石倉三郎の悲哀。

 キーマンは、はぐれ刑事「相棒」を裏で支えてきた、警察庁官房長の岸部一徳というお馴染みの人物。

 脚本が上手く練られており、ストーリーに深みがある。
 脚本の興水泰弘と監督の和泉聖治は、10年前からのコンビ。今回は、「劇場版ーⅠ-」からの戸田山雅司も加わった。

Thum01  「個性的なキャラクター」「スタイリッシュな映像」「テンポ良い展開」「ヒネリの効いたストーリー」と評判は高く、年末の劇場はほぼ満員だった。

 警察組織の暗部に迫り、そこの潜む人間ドラマを描く「相棒」。その警視庁が逆手にとって、「組織犯罪防止」のキャンペーンに映画のポスターを利用している。
 警視庁広報、なかなかやる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2010

1731.写真展「50の情熱」

020_2   銀座四丁目の交差点にある「RING CUBE」で、写真展「50の情熱」が開催されている。
 これは国際的な写真家集団として有名な「マグナム・フォト」の、東京支社創設20周年を記念して行われているもので、正会員50名の最新作品が展示されている。

Par123079  マグナム・フォトは、第2次世界大戦終結の2年後の1947年に、ロバート・キャパ(ハンガリー)の発案で、アンリ・カルティエ=ブレッソン(フランス)やジョージ・ロジャー(イギリス)、デビッド・シーモア(ポーランド)らが創設した。

 キャパは、スペイン内戦中撮影した「崩れ落ちる兵士」の写真で一躍有名になった戦場カメラマン。
 ブレッソンやロジャーらは、第2次大戦中のヨーロッパ戦線やアフリカの戦場でキャパと知り合った報道カメラマンで、「報道と藝術の個性的融合」を目指して集まった。

 マグナムは、会員が自ら出資して運営する写真家集団で、写真家の権利と自由を守り、社会に発言していく事を目的に、ニューヨークとパリに事務所を設け、20年前には東京にも支社を置いた。

Nyc107187 50人の正会員の中で、日本人は久保田博二がただひとり。復帰前の沖縄やサイゴン陥落を取材した後、ビルマや北朝鮮、中国などアジアを本格的にまわり、多くの写真集を出版している。
 今回展示した写真も、この秋北朝鮮で撮影したものである。

 マグナムの初代会長はキャパが務めていたが、彼は1955年ベトナムのタイピンで地雷に触れて死亡している。
 また2代目を引き継いだシーモアも、翌年のスエズ戦争を取材中にエジプト軍の銃弾に倒れた。

 上のポスターの写真にもあるように、今回の写真展はまさに会員一人一人が情熱を賭けて撮った世界中の「あるワンカット」。
 設立メンバーの国籍やバックグランドが多種多様だった伝統が、今も引き継がれている。

021  マグナム・フォト東京支社創設20周年記念写真展「50の情熱」は、来年1月16日までリコーフォトギャラリー「RING CUBE」で開催。
 入場無料(火曜休館)。
 会場は、銀座四丁目交差点の三愛ドリームセンター8・9階。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2010

1730.SPACE BATTLESヤマト

335872_100x100_001 「宇宙戦艦ヤマト」は、1974年10月から日本テレビで放送されたSFXアドベンチャー・アニメ。

Yoshinobu_nishizaki_pass_away  当初は低視聴率のため26回で幕を閉じたが、再放送で火がつき大ブレイク、3年後には「アニメ映画」として次々に放送され、「ヤマトブーム」は社会現象化した。

 様々なグッズが売れ、主題歌は今も高校野球の応援歌として歌われる。
 先ほどは目の前の隅田川を、水上バス「宇宙戦艦ヤマト」が通り過ぎていった。

 その「ヤマト」の実写映画化である。既に今月初めには公開されていたのだが、何となく見るのを躊躇していた。
 日本のアニメの代表作、そのイメージを壊したくなかったからかもしれない。

 そんな折り、右欄のようなコメントが届いた。このままでは、ヤマトが「イスカンダル」から地球に戻れないと。

335872_100x100_007  実写映画は、主人公・古代に木村拓哉、森雪に黒木メイサというコンビ。そしてアニメに登場した主要な人物に、ベテランを配した。
 山崎努(艦長)、西田敏行(機関長)、柳葉敏郎(技術士官)、緒形直人(航海士官)、高島礼子(看護長)、橋爪功(地球防衛軍司令官)・・・・。

 作品の評価は、アニメ映画とそれぞれの役者に対する想い入れによって、真っ二つに割れているようだ。
 私が劇場に足を運ぶのをためらったのも、そこにある。

335872_100x100_005  しかし、日本映画界のVFX技術のレベルを知る上では、この作品は役立った。
 「セデックインターナショナル」と「ロボット」が組み、「白組」がVFXを担当する。
 だから監督・VFXは、「ALWAYS三丁目の夕日」の山崎貴しかいない。
 65分500カットのCGシーンは、決してハリウッドには負けていない。ただ投じる資金の差だけである。

335872_100x100_004  実写映画に躊躇したもう一つの理由は、「宇宙戦艦ヤマト」を巡る「場外乱戦」である。
 先月小笠原で「YAMATO」から転落して水死した、「原作者」の西崎義展プロデューサーと、松本零士との著作権を巡る争い。
 商標権を巡る東北新社・バンダイビジュアルとの争い。
 そして西崎個人の、覚醒剤使用や銃剣刀所持という犯歴・・等々。

 「宇宙戦艦ヤマト」は、今もなお多くの話題を抱えながら、14万8千光年先の惑星へ向けてワープしているようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2010

1729.マルシェ・ド・ノエル2010

101223_030_640101223_003_640101223_022_640101223_011_640

 有楽町・国際フオーラム広場で開催されている「マルシェ・ド・ノエル」。
 イブの昨日、ちょっと覗いた。

101223_010_640101223_012_640  「マルシェ・ド・ノエル」とは、フランス・アルザス地方の都市ストラスブールで開かれている、ヨーロッパ最大のクリスマスマーケットの事。

 ここは、モミの木のクリスマスツリーの発祥の地でもあり、400年も昔からマーケットが開催されてきた。

101223_017_640101223_028_640 ストラスブールは、ドイツやスイスと国境を接する古くからの交通の要所。
 現在は、欧州議会やユーロの主要機関がここに置かれ、地元の人たちは「ヨーロッパの首都」と自慢している。

101223_008_640_2101223_007_640_2 このマルシェが、海外で催されるのは日本だけ。
 200万人以上が押し寄せるノエルに比べると、ミニ・マーケットだが、彼の地の観光協会は日本からのお客さんを大歓迎と、今年もスタッフが多数来日した。

 昨年の初回は、夜のマルシェ。今年はお昼に訪ねてみた。
 マルシェは明日まで。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2010

1728.「忠臣蔵~五段目斧定九郎」展

_640  昨日の映画で思い出し、出かけたのが豊洲の平木浮世絵美術館。
 ここでは「忠臣蔵~五段目斧定九郎」が開催されている。

 歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」で、大序から始まる12演目の中では上演回数が多い「五段目山崎街道」。
 ここに登場する人物に、スポットを当てた展覧会である。

002_640   斧定九郎、敵役である。塩冶家(浅野家)の不忠の家老・斧九太夫の息子という位置づけ。
 婿の勘平のために資金を作ろうと娘・お軽を祇園に身売りした金子を、与一兵衛から強奪した。

 登場時間も短い。セリフも、与市兵衛を殺した後財布の金高を数え「50両」と呟くだけである。
 ところが、彼ほど浮世絵に数多く描かれた人物は他にない。

 展覧会は、平木美術館所蔵のほか国立図書館や国会図書館が保存している「斧定九郎」をおよそ50点並べた。

001_640_2  チョイ役をスターにしたのは、初代中村仲蔵(左の春草の錦絵)である。
 1748(寛延元)年大坂・嵐座で初演されたこの演目は、18年後の江戸・市村座での仲蔵・定九郎で大当たりとなる。

 仲蔵の定九郎は、それまでのドテラ姿の山賊から「錦絵から抜け出たようなニヒルな美男子」に、ガラリと変わったのである。

 黒羽二重の紋付に白献上の帯、朱鞘の大小落し差し、月代の伸びた浪人姿。
 黒い着物の裾をからげ、白い前下がりから白塗りの足がでる。
 これまで脇役しか与えられなかった、中村仲蔵が生み出した「定九郎の型」である。

003_640004_640005_640  この「定九郎役創りの苦心談」は、落語「中村仲蔵」として八代目正蔵や六代目圓生の持ちネタとなった。

 そして役者の方も、名優たちが仲蔵の創りをベースに、それぞれの持ち味を生かして演ずる。

 五代目団十郎、五代目幸四郎、三代目歌右衛門、二代目蓑助、七代目団十郎、三代目三津五郎、三代目菊五郎などなど、浮世絵に登場する人物達は多い。

007_640_2   そして錦絵・浮世絵は、「定九郎」で稼ぐ。

 現在、忠臣蔵五段目「斧定九郎」の作品は、東京国立博物館、早稲田大学演劇博物館、国会図書館ほか、シカゴやエルミタージュ、大英博物館などが所蔵している。

 「忠臣蔵~五段目斧定九郎」展は、豊洲・平木浮世絵美術館で26日(日)まで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2010

1727.最後の忠臣蔵

017_640  「また、ニッポン人を熱くする。ザ・サムライシネマ。」
 今秋から始まった時代劇キャンペーンの最終回は、12月に相応しい「最後の忠臣蔵」。
 私たち誰れもが知っている<忠臣蔵>は、まだ物語の途中だった・・・・と謳う。

 ストーリーは、「赤穂浪士の中に、二人の生残りがいた。それぞれ使命を与えられた二人だが、互いにその理由は知らなかった。それから16年、二人が出あった時・・・」と展開していく。

336590_01_02_03  生き残った一人は、大石家の用人・瀬尾孫左衛門(役所広司)、討ち入りの前夜逐電した。これから生まれる大石の遺児を、密かに育てるため。

 もう一人が足軽・寺坂吉右衛門(佐藤浩市)、討ち入り後に現場から消えた。大石から「生き証人として、後世に真実を伝えよ」との密名を受けて。

336590_01_04_03 池宮彰一郎の原作は、寺坂が主人公だった。旧題が「四十七人目の浪士」とあるように、寺坂は殿の正室や大石の奥方、残された浪士の家族たちを訪ね歩く旅だった。
 もちろんエピソードの中に、瀬尾との邂逅もある。

336590_01_05_03  しかし今回の作品は、瀬尾を主人公にした。いや瀬尾と彼が育てた大石の遺児・可音(桜庭ななみ)との、情愛が物語の鍵となる。

 監督の杉田成道と脚本の田中陽造は、6年前にNHK「金曜劇場」で放送されたドラマを意識したのかも知れない。
 ジェームズ・三木が脚本を書き、上川隆也(寺坂)を主人公に香川照之(瀬尾)も登場した連続ドラマは高視聴率をあげ、「最後の忠臣蔵」をポピュラーなものにした。

Chushingura_wp2_n1024  もうひとつ、杉田・田中コンビがこの作品に挿入したオリジナリティがある。
 それが、桐竹勘十郎(三世)の演ずる人形浄瑠璃「曽根崎心中」である。
 お初と徳兵衛の心中は「義理」と「情」との板ばさみ。それを「忠義」と「情愛」の板ばさみに敷衍させたのか、賛否の分かれるところである。

018_640_2   片岡仁左衛門の大石内蔵助は、歌舞伎でも持役。杉田監督と「北の国シリーズ」を撮ってきた田中邦衛がワンカット。元夕霧太夫の安田成美、大店の親子・笈田ヨシと山本耕史など芸達者が役所と佐藤に絡む。
 それにしても大石の遺児役、桜庭ななみの清純な美しさには涙する。

 ワーナー・エンターテインメント・ジャパンが、日本のプロダクションとして本格的に製作・配給した第1弾。
 制作は角川プロダクション。

 江戸時代から平成まで、なぜ「忠臣蔵」は大衆に支持されるのか。
 この作品が、答えを出してくれる。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2010

1726.ノルウェイの森

016_640  「IQ84」や「海辺のカフカ」をバイブルに、村上作品の底流にある独特の世界観に、深くのめり込んでいる人たちを「ハルキスト」とよぶ。

 その「ハルキスト」たちが、繰り返し繰り返し読んでいる本が「ノルウェイの森」である。
 1987年の刊行以来、累計発行部数は1000万部を超え、36言語に翻訳されている海外版も260万部を越えた大ベストセラーである。

 フランス語版を読んで「ハルキスト」になったのが、パリ在住のヴェトナム人トラン・アン・ユン。
 「青いパパイアの香り」('93)でカンヌ国際映画祭カメラ・ドール賞、「シクロ」('95)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した監督である。

336172_100x100_001  彼は「ノルウェイの森」に描かれる、独特の死生観を孕んだ深く美しい世界観を、映像の世界で表現しようと試みる。
 果たしてそれが成功したかどうか、「ハルキスト」たちの評価は分れる。

336172_100x100_002_2  「喪失感と虚無感に埋没する世界」に棲む女(菊地凛子)と「生命が躍動する世界」を謳歌する女性(水原希子)。
 その二人を愛してしまった若者(松山ケンイチ)を、「70年アンポ」の時代の中で描く作品である。

 「愛と性」「生と死」「男と女」「動と静」「強さと弱さ」「刹那と永遠」・・・・。村上ワールドが、撮影監督マーク・リー・ピンピンの透明感あふれる映像で語られる。

 「花様年華」('00)「百年恋歌」('05)などで知られる台湾出身のカメラマン。「夏至」('00)以来トラン監督とコンビを組んできたマークは、ワンカット5分6秒の長尺を破綻なく撮った。

336172_100x100_003  スタッフはアジアの映画人たち、キャストは日本の俳優たち、ロケ地は兵庫の砥峰高原などニッポンの自然。
 次世代の映画の萌芽である。

336172_100x100_004_2  縷々書くと、「ハルキスト」たちに叱られそうなので止めるが、ひとつだけ。
 この作品で映画初出演の水原希子が、上手い。アメリカ人と韓国人の間に生まれたハーフ、モデルとして日本で活躍している。

 主題歌は、ザ・ビートルズの「ノルウェイの森」。
 かって仕事で辿った、暗く冷たい北海沿いのノルウェイの森林を想い浮べながら、133分を耐え続けた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 19, 2010

1725.ロビン・フッドとその時代

0_2  前号で紹介した映画「ロビン・フッド」は、第3回十字軍遠征(1189~1192)の帰途フランスの城攻めから始まる。
 ロビンは、リチャード1世旗下のイングランド軍1兵卒(射手)として登場する。

011_640_2  リチャード1世は、プランタジネット王朝初代の王「冬のライオン」と呼ばれたヘンリー2世の3男。
 兄たちが早世したため1189年に即位、たたちに十字軍遠征に身を投じた。
 エジプトのサラディンと戦って勇名をあげ、「獅子心王」と呼ばれる。
 (映画では、ダニー・ヒューストンが扮する)

 しかし遠征からの帰途オーストリア大公の捕虜となり、さらには神聖ローマ帝国に売られ15万マルクの身代金を取られた。
 この額は、国家の2~3年分の歳入に相当するもので、その後の財政建て直しのためリチャード王はリモージュ郊外のシャリュ城を攻めたが、1199年逆に戦死してしまう。
 (十字軍遠征の帰途戦死という映画のストーリーとは、事実は異なる)

012_640_2336827_100x100_007_2  リチャード1世を継いだのが、弟のジョン王(映画では、オスカー・アイザック)。
 彼は、臣下の伯爵の許婚を略奪して結婚。怒った伯爵の訴えで、フランス王フィリップ2世に攻められて敗退する(映画のハイライトシーン)。

 この結果、イングランドが大陸に領していたノルマンディーやメーヌ、アンジューなどを奪われる。
 以来、彼は「欠地王」と呼ばれる。

013_640  映画に登場したもう一人の歴史上の人物は二人の王の母親、女傑と云われたエレアノール(アイリーン・アトキンスが扮する)。

 南西フランスに領地を持つ元フランス王妃で、二人の王女を生みながらも、ルイ7世に愛想を尽かす。
 そして電撃結婚したのが敵国ともいえるイングランドのヘンリー2世だった。

 こうしてプランタジネット王朝は、英仏海峡をまたがる広大な領地を支配する事になる。

 しかしその後のジョン王の失政で、ルイ7世の息子・尊厳王フイリップ2世に、大陸の領地のほとんどを奪い返された。
 ただエレアノールの孫娘がフィリップ2世の後継者・ルイ8世に嫁いでいるため、彼女の血は両国の王朝に綿々と流れている。

014_640_3   ジョン王の失政を象徴するのが、1215年の「マグナ・カルタ(大憲章)」署名である。
 ジョン王はフランスの領地を失ったため、イングランドの貴族たちに重税を課す。
 それが原因となって貴族たちの叛乱を招き、ジョン王は彼等に屈する。(映画でもこのシーンはある)

 マグナ・カルタは、絶対君主制から立憲君主制への移行を目指したものだった。
 「国に法あり、共同体に権利あり、国王はこれを尊重しなければならない。王への忠誠は義務にあらず、国民は叛乱する権利を有する」。

 マグナ・カルタは、現代でもイギリス王国の国是となっている。
 (映画では、ロビン・フッドの父親がそれを起草したため斬首されたとする。ロビンが森の義賊になった要因)。

 一度署名したマグナ・カルタを反故したジョン王は、翌1216年フランスに攻められ交戦中に病死。ヘンリー3世が跡を継ぐ。
 その後のイングランド各王朝には、1人も不名誉な「ジョン」の名を継ぐ者はいない。

 12世紀から13世紀にかけた「ロビン・フッドとその時代」は、王朝間の権謀術数が飛び交うなか、人民が「自由と平等」の声を上げ始めた時代だった。
 ロビンは、それを象徴する伝説のヒーローといえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 18, 2010

1724.ロビン・フッド

010_640  15世紀のイングランドで、吟遊詩人たちが語り伝えた伝説の義賊「ロビン・フッド」。
 小説はもちろん、映画・テレビでも30本を超える作品が作られている。

D112679656 記憶に残る作品は、ショーン・コネリーとオードリー・ヘップパーン主演の「ロビンとマリアン」('76)。
 またケビン・コスナーの「ロビン・フッド」('96)も面白かった。

 いずれの作品も、シャーウッドの森に棲むアウト・ローたちと、国王やその代官との戦いだったが、今回リドリー・スコットが撮った作品は、ロビンの前半生を描く。
 つまり本名のロングストライド時代で、マリアンとの恋も馴れ初めが語られる。

336827_100x100_001_2  ロビン・フッドが実在した人物かどうかは諸説があるが、時の権力に抵抗した優れものの射手のモデルは、数人存在していたらしい。
 だから小説家も映画監督も、フィクションを自由にふくらませて、「強きをくじき、弱きを助けるヒーロー像」を描く事が出来る。

 今回の映画も歴史的事実、イングランド王リチャード1世の「第3回十字軍遠征」「神聖ローマ帝国の捕虜となって身代金支払い」「シャリュ城攻囲と戦死」、「ジョン王戴冠」「マグナ・カルタ署名」を背景に、ロビンの活躍を辿った。(歴史的事実については、次号で紹介する)

 主人公のロビンは、冒頭のポスターで紹介したラッセル・クロウ。彼は、スコット監督と組んだ「グラディエーター」('00)でアカデミー賞主演男優賞を受賞して、世界的大スターとなった。

336827_100x100_008  恋人のマリアンはケイト・ブランシエット。彼女も「アビエイター」('04)でアカデミー賞を受賞したスター、「エリザベス・ゴールデンエイジ」('07)など中世のイングランド女性のはまり役である。

336827_100x100_010  ほか、イングランドの摂政役にオスカー俳優(「蜘蛛女にキス」'85)でもあるウイリアム・ハート、マリアンの義父にマックス・フォン・シドー(「シャッター・アイランド」'09)、敵役にマーク・ストロング(「ヴィクトリア女王」'09)などベテラン俳優が脇を固めている。

336827_100x100_003  今回の作品のハイライトは、なんと言ってもイングランドに侵攻したフランス軍との海岸での戦いである。
 SFXの技術が確立しただけに、過去の映画には見られない壮大なヴィジュアルとしてスクリーンを占める。

 140分という長時間の歴史スペクタルだったが、最後まで飽かせなかった。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2010

1723.Kiss&Kill

009_640  トム・クルーズとキャメロン・ディアスの「ナイト&デイ」のB級版。香港映画「悪漢探偵」の完全リメイクと云う人もいるが、定かでない。

 サスペンスを加えたラブ・コメディ。アメリカ人は、こんな作品が好きなようだ。
337643_100x100_003  胸の谷間バッチリのキャサリン・ハイグルは男性観客へのサービス、筋肉ムキムキのアシュトン・カッチャーは、女性観客へのサービスというわけ。

 リゾート地・ニースで失恋の傷を癒すキャサリンが出会ったのは、ハンサム肉体派のアシュトン。
 一目で恋に落ちてゴールインしたものの、アシュトンはある「危険な秘密」を抱えていた。
 そして最後は、「Kiss&Kill」になってしまうストーリーなのだ。

337643_100x100_005  監督はラブコメディの第一人者、オーストラリア出身のロバート・ルケティック。
 まだ37歳という若さだが、20代で監督した「キュティ・ブロンド」('02)が大ヒット、次々とこの手の作品に関わる。
 昨年の話題作、「男と女の不都合な真実」('09)も彼の作品である。

 主役のキャサリンも、この「不都合な真実」で等身大の女性を演じて人気俳優になったし、アシュトンの方は「ベガスの恋に勝つルール」('08)でスターになり、今はデミ・ムーアの「若いつばめ」と噂される。
 今回は彼もはじめてのガン・アクションに取り組んだ。

337643_100x100_006  二人を取り巻く脇役に、往年の名優二人が顔を見せている。
 「スリーメン&ベービー」('88)のトム・セレックと「ホーム・アローン」('91)で主人公の母親役も演じたキャサリン・オハラ。
 キャサリンの両親役だが、ちょっと曰くありげな立場で登場する。

 原題は「KILLERS」、複数形なのがミソ。
 頭をカラッポにして見ると良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2010

1722.紅葉に染まる逗子・桜山を歩く

101214_040_640  風光明媚の地として、文豪や政治家、実業界の人々に親しまれた逗子。
 今年最後の「ひとまくウオーキング」は、鎌倉からひとつ先の逗子界隈を訪ねた。

101214_043_640  逗子と葉山の境界にある丘陵・桜山。
 その麓には、逗子の名を広く伝えた近代の文豪・徳富蘆花に因む、蘆花記念公園がある。

 公園から登る丘陵の頂上で、11年前に発見されたのが二基の「大型前方後円墳」。
 全長90mの古墳は関東でも最大級のもので、国の史跡に指定されている。

101214_044_640_2  今回のウオーキングもそこが目的の一つだったが生憎の小雨、山道が滑るというので道が整備されている途中までであきらめた。

101214_038_640

 紅葉のトンネルを抜けた中腹にある、木造平屋建ての古い建物が「逗子郷土資料館」。

 横浜の実業家の別邸として建てられたが、大正時代には徳川宗家十六代家達の別荘として愛用された。

101214_050_640 どの部屋からも逗子湾を眺められ、お天気が良いと江ノ島、富士山も見える。

 
 平安から鎌倉時代にかけて、逗子は三浦半島を支配する三浦一族の根拠地だった。

101214_012_640101214_015_640   逗子駅近くにある「黄雲山延命寺」は、その三浦氏の勅願寺。

 大日如来を本尊とする真言宗の寺だが、その昔弘法大師がここに地蔵尊の厨子を設けた。
 以来この地は「厨子(ずし)」と呼ばれ、「逗子(ずし)」の起源となったという。

101214_021_640101214_020_640  逗子にあるもう一つの名刹が、桜山の麓、田越川沿いにある「海向山宗泰寺」。

 こちらも真言宗の寺だが、本尊は阿弥陀如来。この地の名主・石渡氏が鎌倉時代に創建している。

 鎌倉一帯に多い「やぐら」(横穴墳墓)と異なり、桜山丘陵に広がる墓地は珍しい。

 「ひとまくウオーキング」の宗匠が、ここで一句。

 「墓地の中 鐘楼ありて 鳶の冬」 青水

101214_026_640101214_030_640  寺から5分、田越川沿いに歩くと「六代御前墓」がある。
 「平家物語」でも有名な平家の遺児、桓武天皇十五代の後胤・御前=妙覚の墓である。

 平家の公達、正盛ー忠盛ー清盛ー重盛ー惟盛に続く六代目の御前は、平家滅亡の年京洛にて捕縛された。

 まだ12歳だった御前は、文覚上人の懇請で頼朝が赦免、仏門に入り妙覚となった。
 しかし14年後、2代将軍頼家は妙覚を鎌倉に引き出し、この田越川畔にて斬首した。

 「逗子ウオーキング」は、頼朝伊豆挙兵に呼応して立ち上がった三浦一族の城「鐙摺城址」などを経て、葉山へ。

101214_062_640101214_060_640  解散地は、三崎道・休息茶屋として江戸時代から続く「日陰茶屋」。

 ここは明治の作家・川上眉山の「ふところ日記」や久米正雄「破船」、松岡譲「憂うつな愛人」の舞台にもなった日本料理店。

 1916年のこと、アナキスト大杉栄は茶屋の2階で愛人・神近市子に刺される。三角関係のもつれだった。
 この事件は当時の新聞をスキャンダルとして賑わしたが、当事者の大杉・伊藤野枝はそののち官憲によって虐殺、神近は戦後衆議院議員として活躍した。

101214_018_640

 今回の「ひとまくウオーキング」、午前中は小雨という悪条件だったが午後には晴れ間も見え、暖かくなった。
 ドア→ドアは、13、030歩。往きはJRで逗子に、帰りは新逗子から京浜急行~大江戸線で月島という行程だった。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 15, 2010

1721.ふたたび

008_640_2
 「貴島健三郎、78歳。男は50年の時を経て、友との約束を果たすため、最後の旅に出た。出会ったばかりの孫と共に・・・・。往年のジャズの名曲に乗せて贈る、心温まる感動作。」
 今年の東京国際映画祭特別招待作品、映画祭のチェアマン依田巽がプロデュースした作品でもある。

 プロデューサー・監督・アクターズスクールの主宰者として知られる塩屋俊が、5年間も温めてきた企画である。
 ハンセン病の問題を真正面から捉えた作品だけに、映画化は難航した。
 多くの企業や放送会社がスポンサーとなって、今年ようやく日の目を見た。

337248_100x100_002337248_100x100_008  主人公は、往年のトランペッターと大学生の孫。
 ベテラン俳優の財津一郎と、塩屋が育てた若手のホープ鈴木亮平(「シュアリー・サムデイ」'10)という組み合わせ。
 コメディアンとしても有名な財津が、頑固親父ぶりを演じながら、観客を泣かせる。

337248_100x100_010337248_100x100_007337248_100x100_006 財津が訪ねる昔のバンド仲間、こちらもベテランが勢ぞろいする。
 トロンボーン・藤村俊二、ドラムス・佐川満男、ベースはその道のプロでもある犬塚弘 。

337248_100x100_009 そしてナベサダが、ライブハウスのオーナー役で特別出演。華麗なサックスを聴かせてくれた。

 地味な作品ではあるが、原作となった大城潤一の同名小説は、日本ラブストーリー大賞で特別賞を受賞している。

 明治以来の国の医療政策によって、ハンセン病患者は山村・離島の療養所に隔離された。その事が、患者だけでなく家族までも差別されてきた歴史を生んだ。
 名前を消され、生まれ来る子供は処分されたという事実。小泉内閣の時、ようやく国はその政策の誤りを認め患者たちに詫びたという状況が、この作品の背景にのしかかる。

337248view004  引き裂かれた主人公の妻と療養所看護師の二役を、韓国のモデル出身の女優・MINJIが演ずる。
 そして両親から引き離された息子を陣内孝則が演ずるなど、存在感のある役者が顔を見せる。

 ハンセン病という重い課題をかかえながらも、ロードムービーの展開は、爽やかな余韻を残してくれた。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2010

1720.白いリボン

007_640_2  「白いリボン」とは、「純真で無垢な心」を持ち続ける誓いとして、少年達の腕に巻かれたもの。
Img2  彼等は成長した暁、ナチ親衛隊として殺戮に手を染めた事を暗示する。

 ドイツの鬼才ミヒャエル・ハネケが脚本を書き監督した、クライム・サスペンス作品である。
 今年68歳になるハネケは、ミュンヘン生まれ。監督・俳優としても知られる両親のもと、28歳でフリーのTVディレクター・映画監督として活躍を始める。

 常に、人間の心の中に潜む「残酷さ」をテーマにした作品を発表、難解ではあるが多くのフアンを持つ。
 「ピアニスト」('01)でカンヌ国際映画祭グランプリ・主演男優賞・主演女優賞を、「隠された記憶」('05)で監督賞・国際批評家賞・人道賞、今回の「白いリボン」ではパルムドール大賞に国際批評家賞を受賞した。
 Img1_2           
 作品の舞台は、第一次世界大戦前夜のドイツ北部の村。そこで起こった不条理な出来事を、濃密に描く。

 村を支配する農園主の男爵夫妻、村人から尊敬の目で見られる医師と牧師。閉鎖されたコミュニティーの中で、事件は次々と起こる。

336174_100x100_006_2  映像は全編モノクロである。
 オープニングは、ホワイトアウトのスクリーンに少しづつ浮かび上がる村の風景。ラストは、長いフェードアウトでブラックに。
 室内外を問わず白と黒との微妙なコントラストが、見るものの気持ちを不安に駆り立てる。
336174_100x100_001_2 
 暴力・虐待・抑圧・嘘・欲望・不倫・近親相姦・・・、あらゆる「悪」が村の中には詰っている。
 子供たちに「純粋無垢」を強要する大人たち、しかし彼等こそ嘘と欺瞞を隠しているのだ。

 それがナチス・ドイツを生み出した土壌なのだが、ハネケ監督はそれと同じ空気が現在の世界に漂っていると映像で警告する。

336174_100x100_005  サスペンス映画の常套である、「事件の解決」は最後まで見せない。
 それは、犯人が「時代の空気」だからであろう。

 救いは、作品の語り部である村の若い教師と、男爵家に雇われていた子守の娘との恋物語だけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2010

1719.師走・餅つき

101212_017_640_2

 マンション恒例の「師走の餅つき」。
 お向かいさんが古くからのお米屋さんなので臼や杵を借り、もち米も昔ながらの蒸篭で蒸す。

101212_016_640101212_001_640  始めたのは5年前から。
 住吉神社の神輿を担ごうと集まった老若男女30人、年代も仕事も違うが共通するのが祭り好き。
 自腹を切って師走の餅つきを始めた。

 3年前からは、マンション管理組合の行事となって予算も付くが、餅つきも調理も「祭りの会」がボランティアで担当している。

101212_028_640101212_003_640_2   住民同士の交流が薄いと言われる都心のマンションだが、何となく下町気分が残っているのが嬉しい。

 準備から後片付けまで凡そ5時間、搗いた餅50キロは、マンションの住民だけでなくご近所の皆さんにもお裾分けした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2010

1718.ハリー・ポッターと死の秘宝~1~

003_640  ハリー・ポッターとロン、ハーマイオニー、三人の魔法使いの弟子たちが活躍するお話。
 第1作「賢者の石」が公開されたのが2001年だから、あしかけ10年になる。

 今回の「死の秘宝」は、7作目にして完結編。そこでPART1~2の2部構成にして、じっくりと見せようというもの。
 PART1だけでも146分だから、スケール感たっぷりの最終編となった。

336887_100x100_001_3   ダニエル・ラドクリフ(ハリー)、ルパート・グリント(ロン)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー)の主役3人、オーディションで選ばれ初出演したのが10歳前後と可愛い盛りだったが、もう20歳を超える大人たち。
 それぞれがたくましい青年となったし、エマは胸もふくらんでりっぱな女なのだ。

 3人を囲んでイギリス演劇・映画界のベテラン役者たちが、善と悪の魔法使いに扮して多数出演している。
 彼らもまた初回から7回にわたって活躍しているが、「大人」だったのでそう変化はない。

Wallpapervoldemort1280x1024_2  数が多いので一部だけ紹介するが、魔法界の闇の帝王としてハリーたちと戦う敵役は、レイフ・ファインズ。
 「シンドラーのリスト」('93)「イングリッシュ・ペイシェント」('96)と2度もアカデミー賞にノミネイトされ大ベテランである。

 今回は「死顔」でしか登場しなかったが、ハリーたちを可愛がった魔法学校の校長役マイケル・ガンボンは、この春「ザ・ウオーカー」('10)でも顔を見せていた。

Wallpaperhermione1280x1024_2Wallpaperbellatrix1280x1024_3    ほか、ティム・バートン監督夫人のヘレナ・ボナム=カーター(「鳩の翼]'97でアカデミー賞ノミネイト)、ミランダ・リチャードソン(「愛しすぎて」'94で同じくノミネイト)、ジュリー・ウオルターズ(「リトル・ダンサー」'00で同じくノミネイト)、デヴィッド・シューリス(「ネオキッド」'93でカンヌ・主演男優賞)など、錚々たる顔ぶれである。

 監督は4人。初回・2作目のクリス・コロンバスは、以後製作の方に廻り、5~7作はデヴィッド・クエーツが監督となった。

336887_100x100_003_2   完結編の特徴は、これまでの「学園もの」から「青春ラブコメディ」「サスペンス+アクション+ロード・ムービー」に変わったことだ。

004_640_2   妖精たちをはじめ、これまでハリーたちを助けてくれた人たちなどが死んで舞台を去っていく。
 それは「ロード・オブ・リング」にも似た、ダーク・ファンタジーの要素を意識しているからだろう。

 「PART2」は来年夏に公開されるとのこと。
 ポスターの燃えさかる城は、「オグワーツ魔法学校」?
 J・K・ローリングの原作は読んでいないが、映画の方は全編見ている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2010

1717.武士の家計簿

005_640 茨城大學准教授で日本近代史の磯田道史が書いた、ドキュメンタリーが原作。
41vy8qyk6sl__sl500_aa300_  その原作、7年前に刊行された「武士の家計簿~『加賀藩御算用者』の幕末維新」は、歴史教養書にしては異例のベストセラーとなった。

 映画は、ミエや世間体を捨てても彼等が守りたかったものは何か、親子の絆と家族愛が描かれる。

 「また、ニッポン人を熱くする。ザ・サムライシネマ」の4作目。しかし「チャンバラ」シーンはひとつもない、異色時代劇である。

 主人公は、加賀藩・前田家に仕えた御算用者(経理係)。
 幕末から明治維新にかけての一家3代の歴史が、古書屋で見つかった本物の「家計簿」から甦る。
 「刀ではなく"そろばん"で家族を守った」サムライの物語なのだ。

20100820009fl00009viewrsz150x  出演は、御算用者夫婦に堺雅人と仲間由紀恵、その両親に中村雅俊と松坂慶子。
 おばばは草笛光子、息子・伊藤祐輝と豪華なキャスト。なかなか上手い組み合わせだった。

 監督は、森田芳光。「失楽園」('97)「阿修羅のごとく」('03)「椿三十郎]('07)など幅広いジャンルをこなすベテランだけに、流れに破綻はない。

336897_01_01_03  加賀藩の御算用者は、100万石の大藩だけに100人を超える侍が従事していたという。
 今で言へば石川県庁の経理局、パソコンや電卓はないので「そろばん」と「筆」が武器。
 大広間に机を並べて全員がそろばんを弾く場面など、過っての時代劇では見られなかったリアルなシーンである。

336897_01_04_03_2  親子合わせた年収が、1200万円という御算用者一家。
 日々の買い物から親戚付き合い、子供の養育に冠婚葬祭、気がついてみれば2400万円の借金。
 家族総出で家財を売り払って半額ほどは返済したが、後は毎月のやりくり。
 家計簿に記された数字から、一家の知恵と工夫が読み取られる。

 幕末という騒乱期、当時もまた先行き不透明の時代。そして維新後のサムライはリストラ。
 今と全く変わらない武士(サラリーマン)の生活が、家計簿を通して鮮やかに描かれる。

 今朝のNHK「朝いち」で、堺雅人が出演して映画も紹介されていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2010

1716.神と人種

038  「神と人種~アメリカ政治を動かすもの」、"塾長"赤木昭夫さんが翻訳した本が岩波書店から出版された。
 アメリカ宗教史研究の第一人者が描く、今まで語られなかった本当のアメリカ政治史である。

 このブログでも時々紹介してきたが、ジャーナリストや出版編集者・大學教授など現役・OBが集まって、月に1回"塾"を開いている。
 グローバルな視点から政治・経済を考えようという集まりで、塾長の講義のあとディスカッションする。

Images  一昨年秋以降は、「オバマとアメリカ」がたびたびテーマとなったが、この時のテキストがマーク・A・ノールの「God and Race in American Politics」だった。

 ノートルダム大学教授のノールは、「自由と共和と平等というアメリカの理想は、これまでの正史が物語ってきたようには実現されていない」として、奴隷の叛乱から初の黒人大統領誕生までを、人種と宗教と政治の絡み合いの中で分析する。
 この事により、アメリカ史の専門書も教科書も今後大きく書き改めざるを得なくなるだろう、と塾長は指摘する。

005  著書の具体的な内容は省略するが、32ページにわたる訳者の「あとがきと解説」は、これまで「塾」でも議論してきたので一部紹介しておこう。

 ・南北戦争は宗教戦争だった。そのため人種と宗教と政治のからみ合いが今も尾を引く。(リンカーンの奴隷解放宣言)
 ・南北戦争後も、南部では「奴隷解放宣言」が骨抜きにされ、教会の是認のもとで黒人の公民権は奪われたままだった。(南部白人のリデムプション)

 ・「解放宣言」から百年後、南部では黒人教会が指導する非暴力の人種差別撤廃運動が高まり、連邦政府も公民権回復政策を採らざるを得なくなった。(ケネディ暗殺、キング牧師暗殺)

 ・その反動として原理派とネオコンが台頭、妊娠中絶や同姓婚、医療保険の拡大に反対する。
 ・彼等は「公民権回復政策」を正面から否定できないので、習俗への連邦政府の介入、大きな政府の社会経済政策を攻撃する。

 ・「自由・共和・平等」は、一貫して否定され続けられている。南北戦争はまだ終わっていないのだ。
・その底流にあるのが、カルヴァン主義と云えよう。
 ・・・・・・・・・・・・・・

032_2  「塾」でもテーマとなったがこう読み解くと、この秋のアメリカ中間選挙での「テー・パーティー」運動の背景が理解できる。
 白人中・下層のなかに浸透する「ファンダメンタリスト」の存在が、民主党の後退に繋がり、オバマを立ち往生させるのだ。

 訳者(塾長)は、昨年アメリカ南部のレキシントン(南北戦争ゆかりの地)やシカゴ(オバマの街)を取材している。
 この本の翻訳と解説がビビッドなのは、足で歩いた裏づけがあるからだろう。

 「神と人種~アメリカ政治を動かすもの」
  マーク・A・ノール著、赤木昭夫訳
  岩波書店 本体3000円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 08, 2010

1715.アメリア~永遠の翼

002_640 アメリカ人なら知らぬ者はいないという、伝説の女性飛行士アメリア・イヤハート。
 1928年、女性として大西洋を始めて横断し、世界的な名声を獲得したアメリア。「史上最も有名なアメリカ人10人」と讃えられた彼女の、夢と愛を綴った伝記映画である。

337474_100x100_004  そのヒロインを演じたのは、ヒラリー・スワンク。
 「ミリオンダラー・ベイビー」('04)など2度のアカデミー賞主演女優賞を受賞しているヒラリーは、「レイマン」でアカデミー賞脚本賞も受賞しているロン・バスの脚本に惚れ込み、自ら製作総指揮を執っている。

337474_100x100_001  相手役はリチャード・ギア。彼女の大西洋横断を演出して、アメリアを「スター」に育てあげたメディア・プロデューサー。
 その後は夫婦となって、2人3脚で空に挑んだ。

 アメリアは、今でも「光の女神」と称えられている。
 大恐慌の時代、暗い世相に光を灯した彼女。ニュー・ディール政策の「希望の星」とも言われたが、その陰には、孤独や挫折、飛べなくなる事への不安もあった。

337474_100x100_010  映画は、そうしたアメリアを決して美化する事なく淡々と描く。
 商品広告塔に利用されるアメリア、女性自立運動を組織するアメリア、不倫に走るアメリア・・・・。

 監督は、「モンスーン・ウエディング」('01)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したインド出身のミーラー・ナイール。
 女性監督らしく、キュートでお転婆なアメリカ女性を暖かく撮る。

337474_100x100_003_2  現在もスミソニアン博物館に保存されている、アメリアの愛機「エレクトラ号」を始め、数々のヴィンテージ飛行機が再現されている。
 飛行機フアンにとっては、それもたまらないだろう。

 空を愛し、空に挑み、空に消えた、ひとりのアメリカ女性の物語である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2010

1714.信さん~炭坑町のセレナーデ

001_640  福岡出身でシンガー兼作家の辻内智貴が、少年時代を思い起こして書いた「信さん」が原作。
 昭和30年代の炭坑の島を舞台に、貧しいながらも明るく生きる人びとの日常を描いた、骨太なヒューマンドラマである。

 物語は、母と二人で故郷に戻ってきた原作者らしい少年の目で語られる。

 よそ者と苛められた少年を助けてくれたのが信さん。炭坑町の札付き少年である。
 町中に疎まれている信さんに、母親のように接した少年の母親。それは信さんにとって、甘酸っぱい想いとなっていく・・・・。

336635_01_02_03  ヒロインの母親役は小雪。先日のNHK「朝いち」にも登場して話題となったが、モダンとレトロの「昭和」が似合う女優である。
 「ALWAYS三丁目の夕日」('05、'07)でもそうだったが、我々が少年時代憧れた「オンナ先生」も「小雪」だった。

336635_01_03_03  信さんは小林廉=石田卓也。ドラマ「坂の上の雲」にも出演している子役の小林は、映画初出演。「ROOKIES-卒業」('09)の石田は、今若手の売れっ子。

 語り部でもある息子は、子役オーディションで選ばれた中村大地に「ダイブ!」('08)の池松壮亮。池松は、舞台となった福岡が出身。

 信さんの養父母一家は、光石研(福岡出身)と大竹しのぶに金澤美穂(「60歳のラブレター」'09)。

 少年の在日の友達が柄本時生(「時をかける少女」'10)、その父親で朝鮮出身の坑夫が岸部一徳、駄菓子屋の小母さん・中尾ミエ(福岡出身)と、芸達者が並ぶ。

 福岡県を中心に、旧炭坑町などオールロケして製作した作品である。
 福岡・北九州・熊本・長崎・下関・京築・大牟田の各フィルム・コミッションが全面的に協力した。
 監督の平山秀幸(「必死剣 鳥刺し」'10)も地元出身だけに、歴史に翻弄された炭坑の町と、「昭和」のエネルギッシュな時代を上手く描いた。

 最新のニュースでは、日本映画を紹介するフランスの映画祭で、最優秀映像賞と観客賞を受賞したという。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2010

1713.佃・小春日和

101126_002_640101126_006_640101126_009_640101126_012_640  大雨と木枯らし(と云っても暖かったが)が去って、今日は「小春日和」。

 「小春」は、陰暦10月の暖かい日を指す異称。
 今日は陰暦10月30日なので、ぴったり合う。

101126_016_640101126_017_640101126_022_640101126_020_640  佃公園から石川島公園へと散策。

 スカイツリーもいよいよ最後の仕上げ。
 隅田川と都鳥のスナップ。
 新しいデジタルカメラ、「PENTAX・OptioRZ10」を使用。

101126_007_640101126_003_640101126_014_640101126_010_640 

 (ブログ読者からの声もあったので、「号外」はやめて全て「号内」でカウントします。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2010

1712.黒く濁る村

_640_2 原題は「苔」。シンボリックなタイトルなのだが、邦題は「黒く濁る村」と横溝正史風にした。
 予告編も横溝的な構成だったが、むしろ現代韓国の実情を反映させた松本清張的作品といえる。

337979view006  ひとくちに云えば、山村を舞台に現代社会の闇を描いた、ミステリー・サスペンスである。

 原作は韓国で空前のヒットとなったユン・テホの「ウエブ・コミック」。

 音信不通だった父の死の知らせで、山奥の村を訪ねた息子。なぜか村長以下村人たちの警戒心は強い。
 この村で何が起こり、行われたのか。父はこの村で何をしていたのか。父はなぜ死んだのか。
 物語は封印された村の30年の秘密を、ひとつずつ引き剥がしながら展開していく。

337979_100x100_001  監督は「シルミド」('03)を手がけたカン・ウソク。
 「全ての人間は、善と悪を共有している。真なる善または真なる悪とは何なのか」を問う。

 主人公の息子役は、パク・ヘイル(「殺人の記憶]'03)。韓国では今、旬の俳優である。

337979_100x100_007  清濁併せ持つ複雑な役、刑事出身の村長はチョン・ジェヨン(「シルミド」)。
 聖なる存在の父親が、ホ・ジュノ(「シルミド」)。
 秘密を握る村の女、ユソン(「黒い水」'07)に地方検事、ユ・ジュンサン(「リターン」'07)と演技派が顔を並べる。

337979_100x100_002  韓国南西部の山2万坪を切り開いて、村ごとセットで作り上げた。
 燃やし、壊し、作り変えて展開したお話は、2時間40分。
 それを決して長く感じさせなかったのは、カン・ウソク監督の腕前だといえる。

 骨太の作品だった。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2010

1711.行きずりの街

013_640  丹波篠山に住む冴えない中年塾講師(仲村トオル)、東京に進学した塾の教え子(南沢奈央)が行方不明となり、祖母にたのまれて上京する。
337056_100x100_005  荒らされた彼女のマンション、待ち受けたように難癖をつける不可解な人物(窪塚洋介)。
 その人物を雇っている男(石橋蓮司)は、12年前スキャンダルを理由に追い出された名門女子高の理事である。

 彼が東京を去る原因となったスキャンダルとは、教え子(小西真奈美)との激しい恋だった。

337056_100x100_006_2  4年前に「このミステリーがすごい!」で第1位となり、70万部を突破した志水辰夫のベストセラー小説が原作。
 そのハードボイルド小説を、「座頭市THE LAST」('10)の阪本順治が監督した。
 デビュー25周年を迎えた仲村トオルをとことん冴えない男にして、過去に決着をつけさせた。

 「行きずりの街」とは、12年前に人生を狂わせた場所・東京。
 英語のタイトル「STRANGERS IN THE CITY」とは、仲村トオルでありヒロイン・小西真奈美でもある。

 原作は、女子学生の失踪の背景に、名門女子学園の理事長を狙う土建屋のボスの策略が絡むミステリー色の強い作品だが、阪本監督はむしろその部分を薄め、12年ぶりに再会した男と女の情念の物語にした。

337056_100x100_002_2  8年前、「阿弥陀堂ものがたり」で日本アカデミー賞・ブルーリボン賞で新人賞を受賞した小西が、生身の女を演ずる。彼女も、作品のヒロインと同じ年齢に達した。
 濡れ場にも十分堪える。

337056_100x100_004  窪塚洋介が美味しい役を演ずる。
 大学出のボクサー崩れ、頭は切れるし腕っ節は強い。仲村を徹底的に叩きのめす。
 ワルの石橋の部下だが、信頼しているわけではない。

 ほか、谷村美月、杉本哲太、ARATA、うじきつよし。江波杏子が久し振りに出演。

 意識的にミステリー部分を省略したせいか、原作に比べると緊迫感は薄れる。日本映画の世界での「ハードボイルド」は、なかなか難しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2010

1710.神田・湯島界隈散策(2)

101130_034_640101130_033_640 ニコライ堂は千代田区神田駿河台。神田川を渡ると地名は文京区湯島となる。

101130_045_640101130_036_640   聖橋の先に見えるこんもりとした木立の中が、「湯島聖堂」。

 5代将軍綱吉が、林家の孔子廟を上野から移転させて建立した、徳川幕府の官学拠点である。

   それから100年、「寛政異学の禁」を定めた老中松平定信によって朱子学の学問所、「昌平黌」となる。
 いわばここは、日本初の国立大学・東大の発祥の地とも云える。

101130_049_640  聖堂の横、昌平坂を上ると再び千代田区に戻り、目の前が「江戸総鎮守神田明神」。
 大黒様と恵比寿様、それに平将門命が祭神で、国づくり、殖産、縁結び、商売繁盛、家内安全と、何でも頼みごとを聞いてくださる。

101130_052_640   もともとは江戸・柴崎(現大手町)にあった氏神様だったが、江戸城拡張によってこの地に移った。

 毎年秋の神田祭りの神輿行列は、江戸城内に入る事が特別に許されている事から「天下祭」とよばれる。
 将軍さまから江戸町民まで、最も親しまれている神社なのだ。

101130_054_640_2 「だれが呼んだか銭形平次・・・・なんだ神田の明神下で」と、境内には平次親分とガラッ八の碑もある。
 明神下御台所町に、野村胡堂が生み出した「目明しスター」のお家があったのだ。

 5月のお祭り以来、今年は2回目のお参りとなった。

101130_061_640_2101130_060_640_2  神田明神を左に抜けて、清水坂を不忍池に向かって歩くこと20分、文京区と台東区の境にあるのが「湯島天神」。
 学問の神様・菅原道真を祭る神社だ。
 上野からは、男坂・女坂を上った小高い丘になる。

101130_062_640  小さんの落語「富久」で知られる「江戸三富」のひとつが、ここで開かれていた。

 当初、富くじ一枚の値段は一分(約1万円)、それが当たると最高400倍にもなる。
 ところが、天保の頃にはエスカレートして千両(4000万円)にもなった。前後賞は10両、組違い賞100両と、残念賞まで用意された。

101130_065_640101130_066_640101130_068_640  今年は、梅の花見頃に一度訪ねたが受験生で大賑わい、最後の頼みというわけだ。

 今回は、もう夕方だったのか合格祈願の顔は少ない。
 1枚800円の絵馬、受験生だけでなく不況下の入社試験を受ける大学生が殺到して、売れに売れたそうだ。
 商売繁盛を祈願する会社の納料が減り、神田明神は青息吐息。湯島天神の方は「えびす顔」と、散策幹事は解説。

101130_071_640_2  このあとは待ちに待った「グルメ」。今回は幹事が若い頃、美人のおかみに憧れて通ったという神田・末広町の「うなぎや」。
 「うざく」「肝焼き」「白焼き」「うな重」「きも吸い」に「お銚子」・・・・本で、片手ちょっと。

 千代田区をスタートして千代田区に戻った、13,515歩の「散策」だった。    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2010

1709.神田・湯島界隈散策

101130_004_640  歌舞伎好きの仲間「ひとまく会」の下町グルメ散歩。
 今年の夏には「寅さん」ゆかりの地を歩いたが、2回目の昨日は神田・湯島が舞台。

101130_007_640  集合場所「靖国神社」。1869(明治2)年建立された東京招魂社がはじまり。

 1853(嘉永6)年以来、「国を守る」ために命を亡くした人246万6千余を祀る。
101130_009_640_2 
 吉田松陰・坂本龍馬・高杉晋作ら「維新殉難者」から太平洋戦争まで。
  彰義隊・新撰組・奥羽越列藩同盟(戊辰の役)、薩摩軍(西南の役)での戦死者は除外。
 正式の通知はないが、私の父も祀られているそうだ。

 今年は千鳥が淵の桜見物もあって、3回目の参拝。

101130_016_640101130_017_640  靖国通りを西へ10分、世界一の本の街「神田古書店街」。

 1880年代、この一帯に次々と法律学校が開校した。
 今に残る「明治法律学校(明治大學)」「英吉利法律学校(中央大學)」「日本法律学校(日本大學)」「専修学校(専修大学)」である。

101130_022_640  集まった学生らを当て込んで開店したのが、書店と古書店。現在158の古書店と30の新刊書店・出版社が並ぶ。
 神保町の交差点にある岩波ホールで映画をよく見るので、今年は古書街を5~6回歩いている。

101130_023_640101130_024_640 明大通りを北へ。創立130年を記念して建てられた明治大学「リバティタワー」前を左折すると、文豪の宿として知られる「山の上ホテル」。

 アールデコ調のクラシカルな内外装を残すこのホテルは、川端康成や三島由紀夫池波正太郎などが定宿とした。
 私たちもここのラウンジで休憩、一杯800円を超えるコーヒーを飲みながら「鬼平犯科帳」を語り合った。

 現役時代、一度だけ訪ねたので久し振り。

101130_027_640101130_032_640  ホテルから東へ5分も歩くと「ニコライ堂」につく。

 1891(明治24)年に完成した東京復活大聖堂(正式名)は、函館のロシア領事館付司祭ニコライによって建てられた。

101130_031_640_2  日本では有数のビザンチン様式建築で、「三菱一号館」で知られるジョサイア・コンドルが設計したが、関東大震災でドームは崩壊。岡田信一郎の指揮のもと6年かけて再建した。
 現在は、国の重要文化財に指定されている。

 昨日は、聖堂内でボランティアガイドの説明を受けたが、キリスト(ハリスト)正教会の信渡徒は、国内でおよそ1万人だそうだ。
 キリスト復活後の初代教会の信仰を今日に至るまで、正しくそのまま継承してきた唯一の教会だと、カトリックやプロテスタントとの違いを強調していた。
 献金300円。

 何故か、ここは始めてである。函館の聖堂は何回も出かけたが。

                             (続く)    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »