« May 2011 | Main | July 2011 »

June 30, 2011

1933.バビロンの陽光

002_320_2  この40年間にイラクでは150万人以上が行方不明になり、300を超える集団墓地から10数万人の身元不明の遺体が発見されているという。
 フセインによるクルド人虐殺、湾岸戦争そしてイラク戦争、今もなお混乱の中でその数は増え続けている。

 ヨーロッパでドキュメンタリーを撮っているイラク出身のカメラマンが、その現実をヒューマンタッチ描いたのが、この作品である。

Story_04_2  ムアマンド・アル=ダラジ32歳。
 オランダで映像制作を学び、テレビ製作に従事してきた彼は、3年前に故国を舞台にした映画「夢」を監督した。
 作品は'07アカデミー賞外国語映画賞のイラク代表作品となったが、故国では命を狙われてヨーロッパに戻る。
 そして今回再びイラクに戻って丹念なシナリオハンティングを行い、サンダンス映画祭の協力もあって本作を撮る事ができた。

 作品は再びアカデミー賞イラク代表となったほか、ベルリン国際映画祭でアムネスティ映画賞、平和映画賞とダブル受賞した。

339517_01_02_03_2  2003年のフセイン政権崩壊から3週間後、12年前の湾岸戦争に出征し行方不明となった音楽家の父を捜す息子と祖母の旅物語である。

 フセイン政権のクルド人弾圧によって、南部の刑務所に囚われていたという風の便りを手がかりに、イラク古都バビロンまでの900キロの過酷な旅が続く。
 顔さえ知らない父と息子を繋ぐのは、一本の縦笛。クルド語しか通じない祖母を連れ、片言のアラビア語で旅する息子が出会った人たちは・・・。

20110418009fl00009viewrsz150x_2   主役の息子と祖母の演技にリアリティがあるが、二人とも俳優ではない。
 ダラジ監督がシナリオハンティングの途中路上で出会った少年と、インタビューした老婆である。
 彼女自身も、家族の多くを戦争で失っていた。

 少年の目の輝き、素直な演技。無邪気な子供は旅を続ける中で、頼もしい人間に成長していく。しかし衝撃的なラストを迎える。

Story_03  イラク・イギイス・フランス・オランダ・パレスチナ・アラブ首長国連邦・エジプトが共同制作。
 アカデミー賞受賞作「ハートロッカー」と異なり、イラクの人々の目線で撮った作品である。
 監督は現在も、身元不明の遺体確認をすすめる人権団体「イラク・ミッシング・キャンペイーン」を主宰している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2011

1932.さや侍

004_320_2  独自の感性と視点で映画を創ってきた松本人志。「大日本」('07)「しんぼる」('09)に続く第3作は、初の時代劇である。

 この作品の特徴は、松本が監督・脚本だけ専念して自ら出演しなかった事だ。
 彼がテレビでも語っていたが、「ダウンタウンのマッチャン」とどう距離を置くかが勝負だったという。

338755_01_01_03  その代わりに、主役に持ってきた「代役」で「勝負」している。
 野見隆明、松本が深夜放送していたバライティ番組に出演して「笑い」をとった素人である。

 これは見事に当たった。ほとんどしゃべりのなかった彼のクライマックスのセリフ、人の親となった松本の心情が溢れる。

338755_01_03_03  妻を亡くして世を儚み侍を捨てた男と、それを軽蔑する娘(熊田聖亜)との絆のお話である。
 つまり刀を捨てた「鞘」だけの侍が、娘との葛藤の中でいかに誇りを取り戻すか、娘への本当の愛情が「笑い」と「ペーソス」紙一重の中で描かれる。

338755_01_05_03  設定が奇想天外である。
 藩を脱走したため、賞金稼ぎ(りょう、ROLLY、腹筋善之助の3人)に追われる「全国指名手配」の親子。

 とある藩に捕まったが、ウツの若君(清水柊馬)を笑わせないと切腹との命。期間は30日、ない知恵を絞って親子は様々な芸でそれに挑戦する・・・。

 見かねて親子を助ける牢役人(板尾創路と柄本時生)や殿(國村隼)・家老(伊武雅刀)など、芸達者が絡んでクライマックスへ。

 繰り広げられる親子の「芸」は、ドリフやたけしがテレビでやり尽くした「ギャグ」だが、スケールが大きいオープンでの仕掛けなので、それなりに笑わせる。

338755_02_01_03_3  作品に対する評は、真っ二つに割れている。
 「映画は『お笑い』ではない」から、「今までにない新しい時代劇の誕生だ」まで。
 松本もそれを意識して、「ダウンタワンの松本」の色眼鏡から脱しようともがいている。

 好き嫌いは別として、前作2本に比べれば私自身もようやく理解できる「松本映画」だと言える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2011

1931.金沢八景・番外編

110622_080_320_2110622_085_320110622_084_320

 横浜市内で海水浴が出来るのは、ここ「海の公園」だけ。
 春には潮干狩りで賑う。
 金沢「新八景」のひとつである。

 金沢八景駅から横浜新都市交通シーサイドラインで4分、海の公園南口で下車すると目の前におよそ1キロの砂浜が見える。
 砂浜の後背地は松林、休憩所やシャワールームも完備している。

110622_081_320110622_078_320110622_079_320

 「海の公園」は、人工砂浜。
 '70年代に始まった「金沢地先埋立て事業」の一環として、千葉県の浅間山から掘り出した山砂を船で運んできた。

 およそ5年の間、海底で眠らせておいた砂110万㎥を、ポンプで吸い上げて「人工海浜」を造成した。
 こうして引き潮時200m、満潮時60mの遠浅の人工海浜が完成した。30年前のことである。

110622_112_320110622_117_320110622_115_320

 もうひとつの「新八景」は、「八景島シーパラダイス」。
 ここもまた人工の島である。

 水族館・アトラクション・ショッピングモール・ホテル・マリーナなどで構成された複合型遊園地。当時は全国で持て囃された。
 島の埋立て1985年竣工、コンペによって西武グループ開発、オープンしたのは1993年だった。

 八景島の遠景は前々号で紹介したので、今回は50種類を超える今満開の紫陽花の写真だけにする。

110622_101_320110622_100_320110622_109_320110622_087_320110622_088_320110622_093_320110622_090_320    110622_104_320 

 「ひとまくウオーキング」、今回は「金沢八景」と高度経済成長時代の「産物」二つを巡った。
 万歩計のデータは、20,292歩。          

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2011

1930.夏至・「金沢八景」を巡る(2)

110622_034_320110622_024_320110622_019_320

 京浜急行・金沢八景駅のすく近くにある「枇杷嶋神社」。
 琵琶湖・竹生島から、北条政子が弁財天を勧請した。

170pxkanazawa8_seto_2  歌川広重が、江戸時代に描いた浮世絵「武州金沢八景」の五枚目は「瀬戸秋月(せとのしゅうげつ)」。
 源頼朝が創建した瀬戸神社から、琵琶島弁財天ごしに見た仲秋の名月。向こうに見える平潟湾と野島、島の松に月光が映える。

 幕臣でもある江戸時代の歌人、京極高門が詠んだ和歌。
 「よるなみの 瀬戸の秋月小夜ふけて 千里のおきにすめる月かげ」

110622_037_320110622_040_320 110622_045_320_2
 
  金沢八景駅から野島にかかる夕照橋までの1キロが、潮風薫る「平潟湾プロムナード」。
 道にはシュロ・ソテツ・夾竹桃などが植えられている。

170pxkanazawa8_hirakata  この地の光景が「平潟落雁(ひらかたのらくがん)」。
 干潟では人々が潮干狩りを楽しむ。遠く海の彼方には、雁が列をなして落ちてゆく。

Image  「野島夕照(のじまのせきしょう)」は、七枚目の浮世絵。
 海をへだてて房総を望む景勝の地・野島。静まり返った夕暮れの海を、屋形船がすべる様に出て行く。

 「夕日さす 野島の浦にほす網の めならぶ里のあまの家々」(京極高門)

110622_067_320_2110622_074_320_2110622_070_320   

 この野島の浦にひっそりと佇む茅葺屋根の田舎風海浜建物。
 旧伊藤博文が、1898(明治31)年に建てた金沢別邸である。

 海を臨む二つの客間と居間は、は、「春嵐の間」「帰帆の間」「秋月の間」「有照の間」と名づけられ、明治天皇や大正天皇など皇族もたびたび訪れた。
 部屋からの眺めが故郷・萩の海辺を思い出すのか、伊藤公にとっては格別気に入った別邸だったそうだ。

 2年前に横浜市が解体・復元した建物で、ガイド付き入場は無料である。

170pxkanazawa8_uchikawa  「金沢八景」、最後は「内川暮雪(うちかわのぼせつ)」。
 遠くに三浦半島の山並み、暮れ方の雪が海と陸を一体にする情景が描かれる。

 「木陰なく 松にむれても暮るるとも いざしら雪のみなと江のそら」
 江戸の歌人・京極高門の最後の歌である。

 次号は「番外編」として、「現代金沢二景」を紹介する。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2011

1929.夏至・「金沢八景」を巡る

110622_060_320110622_062_320110622_051_320
 

  横浜と横須賀の境にある野島。海抜60m弱の丘の上からは、左手に金沢八景・金沢文庫の街並みが、正面には人工島・八景島、右手旧横須賀航空隊基地跡は追浜の日産自動車工場と住友重工の工場群。

110622_031_320  今月の「ひとまくウオーキング」は、プロムナードに描かれた歌川広重の「金沢八景」を巡る一日。夏至の昨日は、30度を超える真夏日だった。

280pxhiroshige_two_men_on_a_sloping 最初の絵は「小泉夜雨(こずみのやう)」。
 大川上流から小泉弁財天付近の雨の情景を描いたもので、道端の竹生島の松の梢からの雫が優雅。

110622_017_320  様相は激変しているので、その趣を捜すのは難しい。

 金沢六浦の風景の美しさは鎌倉時代から知られてきたが、江戸時代に水戸光圀が明から招いた禅僧・心越が、七言絶句の漢詩に詠んだ事で世に広がった。

 心越は金沢の高台にあった能見堂から見た景色を、故郷の瀟湘八景になぞらえた。
 広重はこの漢詩をもとに、「武州金沢八景」・八枚の浮世絵を書き上げたのだ。

110622_126_320110622_133_320110622_128_320

  古刹「金沢山称名寺」。金沢文庫を創設した事で知られる北条実時(鎌倉幕府二代執権の孫)が、1258(正嘉2)年に創建した真言律宗の寺である。

Kanazawa8_shomyo_3   金堂前の浄土式庭園は有名で、発掘調査により23年前に復元した。また本堂右手にある梵鐘は国の重要文化財、金沢八景二枚目の絵「称名寺の晩鐘(しょうみょうじのばんしょう)」である。

 これまで大晦日の日には「晩鐘」が聞こえてきたが、痛みが激しくなったため、昨年の除夜の鐘が最後となった。

170pxkanazawa8_ottomo  「乙艫の帰帆(おっとものきはん)」。
 その名の通り港に漁を終えて帰ってくる帆掛け舟を描いたもの。

110622_061_320_2   「沖津舟 ほのかに見しもとる梶の 乙艪の浦にかへる夕なみ」
 プロムナードの敷石には、歌人・京極高国の歌が刻まれていた。
 現在、野島と平潟の間に「帰帆橋」が架けられている。

170pxkanazawa8_suzaki  「洲崎晴嵐(すさきのせいらん)」。
 須崎の松並木が風にゆれ、音を立てている様子が描かれているが、今はその面影はない。

110622_035_320_3  写真左手奥あたりが、当時の洲崎。手前平潟湾は、ヨットハーバーが続く。

 京極高国の歌
 「賑へる洲崎の里の朝けぶり 晴るる嵐にたてる市人」

 次号は、残る四枚の浮世絵と現代の金沢八景を紹介する。

                            (続 く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2011

1928.奇跡

005_320  是枝裕和監督は、子役の生かし方がうまい。
 カンヌ国際映画祭で子役の柳楽優弥が主演男優賞を受賞した「誰も知らない」('04)、彼のほか北浦愛、木村飛彩、清水萌々子が親に捨てられた子供たちを素直に演じていた。
 「花よりもなお」('06)「歩いても歩いても」('07)でも、主役ではないが田中祥平が大ベテラン俳優に混じって生き生きと演じる。

20110120007fl00007viewrsz150x  今回の「奇跡」は、自分自身も父親となった是枝監督が、満を持して描いた作品である。
 そして彼がオーディションで出会った兄弟が、その作品を感動的なヒューマンドラマにした。

 関西では有名なお笑いコンビ「まえだまえだ」。
 兄・前田航基は小学6年、この春まで続いた朝ドラ「てっぱん」に子役で出演していたから馴染みだろう。
 弟旺志郎は小学4年、もちろん映画初出演である。
 お笑いでは兄がツッコミ、弟がボケ。この映画では兄は静でリーダー役、弟は動で天真爛漫に演ずる。

 作品の舞台は、新幹線全線開通で沸く九州。親の離婚で鹿児島と福岡に離れ離れに暮らす兄弟が、家族の絆を取り戻そうと大奮闘するお話。
 まえだ兄弟のほか、林浚雅と永吉星之助が鹿児島の兄の友達、内田伽羅・橋本環奈・磯邊蓮登が福岡の弟側。
 この7人の子役たちが、伸び伸びとスクリーンを駆け巡る。

 子役には台本を渡さず、シーン毎の出会う子供たちの素顔を撮っていくのが是枝監督の演出。
 「大人たちが子供たちの背景となって、彼らの自然な表情を取り出すことが出来た」と語る。

 その大人たち、次男と福岡に住むミュージシャン、だらしない父親がオダギリジョー。鹿児島の実家に長男を連れ帰ったしっかりものの母親、大塚寧々。その祖父母が橋爪功と樹木希林。
 長男の小学校担任は、阿部寛。養護の先生、長澤まさみ。さらには夏川結衣に原田芳雄という豪華キャストだ。

06_640_3  桜島、鹿児島中央駅、天文館、路面電車と懐かしいふるさとの光景がスクリーンに登場する。
 先祖のルーツが鹿児島という、是枝監督の想いが伝わる。

Image  この作品のキーとなった九州新幹線全線開通は、3月12日。
 前日が東日本大震災だったため、祝賀イベントも自粛されニュースも抑えられた。
 子供たちが「奇跡」を託したあの「さくら号」に乗って、一度は帰省したいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2011

1927.六月大歌舞伎(2)

006_320  先週のブログでも紹介したが「今月の歌舞伎は吉右衛門や仁左衛門の大ベテランはもちろんだが、若手の活躍がみもの」と、松竹の友人に褒めたところ「昼の部も見ませんか」と招待状を頂いた。

005_320  新橋演舞場久しぶりの一階席での鑑賞は、まず新歌舞伎「頼朝の死」から。

 真山青果が書いたこの作品は、1932(昭和7)年歌舞伎座で初演された演目。
 2年前に国立劇場でも鑑賞したことがあるが、真山美保演出の今回は若手中心の舞台である。

 愛人・小周防(片岡孝太郎)のもとに夜這いしてきた将軍頼朝を、誤って殺してしまった畠山重保(片岡愛之助)。
 将軍家安泰のためにそれを隠した尼御台所政子(中村時蔵)と鎌倉幕府別当・大江広元(中村歌昇)。
 落馬が原因と言われる父・頼朝の死に、疑念をいだく2代将軍頼家(市川染五郎)。
 頼家の苦悩を中心に、それぞれの葛藤を巧みに描いた名作である。

 クライマックスは、後の頼家の運命を示唆した政子のセリフ、「家は末代、人は一世」。
 2年前の国立では、亡くなった中村富十郎が見事な口跡で言い放つ。受けた頼家役の中村吉右衛門は貫禄がありすぎたが、今回はひ弱な感じの染五郎がぴったり。

004_320_2  次の「梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)」は義太夫狂言の名作。

 1730(享保15)年、大坂角の芝居で初演。
 原作の本名代は「三浦大助紅梅靮」、源平石橋山合戦と頼朝挙兵に活躍した三浦大助・畠山重忠・梶原景時の活躍を描いた作品だが、歌舞伎では全五段のうち三段目・通称「石切梶原」の場だけが上演されている。

081119_010 鶴ヶ岡八幡社頭の場一幕だけで、1時間20分の芝居が行われる。

 平家方大名・大場景親(市川段四郎)に、家宝の名刀を売りにきた六郎太夫(中村歌六)と娘の梢(中村芝雀)。
 試し切りに我が身を投げ出す太夫の心を察したのが、刀の目利きをした梶原平三景時(中村吉右衛門)。
 平家方にありながら、密かに源氏方に寄せる本心を打ち明け、石の手水鉢を切って名刀の切れ味を示す。

 この作品には、羽左衛門系、吉右衛門系、鴈治郎系と、それぞれの家の型があってその演出に特色や味わいがあるという。
 「刀の目利き」「「二つ胴の試し切り」「頼朝を助けた事を物語るくだり」「石切のくだり」と見せ場が続き、主役吉右衛門の芸・風姿・様式美の魅力をたっぷりと見せてくれた。

002_320 最後の舞踏劇「連獅子」もまた、河竹黙阿弥作詞・杵屋正次郎作曲の名作。
 1872(明治5)年初演以来、毎年必ずどこかで上演される。

 獅子が子獅子を千尋の谷に落として試す試練と情愛。能「石橋」をもとに描かれる人気舞踊は、紅白の毛を振って勇み立つ獅子の勇猛のスペクタルな演出が見所である。

001_320_2  今回特に話題を呼んでいるのが、親獅子に片岡仁左衛門が扮し子獅子を孫で小学生の千之助が演じていることである。
 千之助の可愛さと健気な芸、それを受けて舞う祖父の仁左衛門に拍手が続く。
 その「ジジバカ」ぶりに観客は涙していた。

 今月は、「昼の部」「夜の部」とも充実した内容で満足。幕間に外に出たついでに携帯で撮った、ポスターの写真などを添付する。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2011

1926.軽蔑

_320_2  カジノバクチに明け暮れる資産家のボンボン、故郷を逃げ出し新宿・歌舞伎町でチンピラ暮らし。
 そんな男に惚れ惚れられたポールダンサー、命を狙われて彼の故郷に高飛びするが、その地では「軽蔑」の眼で迎えられる。
 刹那的ではあるが、純粋で不器用な愛の姿を描いた作品。

338984_100x100_010_2 原作は46才で夭折した芥川賞作家(「岬」'76)・中上健次の最後の長編。
 ふるさと紀州・熊野を舞台に数々の小説を書いてきた中上の、5本目の映画である。

 「路地」出身ではあるが大資産家の家に生まれた彼は、複雑な家庭環境の中で育つ。上京して日雇いの傍ら書いた小説は、「紀州サーガ」と呼ばれる血族を中心とした土着的な作品が並ぶ。
 この「軽蔑」もまたその色が濃い。

338984_100x100_008338984_100x100_009  主役の二人が光る。
 美しい佇まいを体現するチンピラ役の高良健吾(「白夜行」'10)。
 幼さと妖艶さを見せるポールダンサーは、舞台で蜷川幸雄の寵愛を受けてきた鈴木杏(「吉祥天女」'06)。
 ヌードも厭わず、生身の女の存在感を見せる。

 悪役のヤクザに徹した大森南朋と、息子を突き放す資産家の父親・小林薫。そんな中で主人公を慈しむ祖父の妾・緑魔子と芸達者が並ぶ。

 監督は恋愛映画の名手とも言われる「雷桜」('10)の廣木隆一、脚本は話題作「八日目の蝉」を書いた奥寺佐渡子。

338984_100x100_003 映画の評は二つに割れる。
 中上ファンが多い我が世代は、やるせないピュアな愛の寓話に閉塞感の漂う現代を見る。
 若い人たちは、不器用な愛の姿に苛立ちを覚え反発する。

 しかしフランス映画「勝手にしやがれ」を思い浮かべる作品の「トーン」は、中上ワールドの世界に間違いない。

 中上の故郷・熊野新宮の風景が、なんとも云えない哀しみを見せる。
 今年上半期、日本映画の傑作のひとつに数えてもいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2011

1925.クロエ

001_320  エマニュエル・ベアール主演のフランス映画「恍惚」('03)を、鬼才アトム・エゴヤンがリメイクした作品。

 アルメニア系カナダ人のエゴヤンは、「エキゾチカ」('94)でカンヌ国際映画祭批評家賞、「スィートヒアアフター」('97)が同グランプリを受賞するなど、哀しくも切ない「愛」を官能的に描いてきた監督として知られている。
 この作品もまた孤独に苛まれる女性の悲しさを、ミステリアスに綴った。

339156view004 「クロエ」とは魔性の娼婦の名。夫の浮気疑惑を試すため、クロエに夫を誘惑させる妻。
 やがてその事が、自己と家族を破滅に追い込んでいくというストーリーである。

339156_100x100_007  主役は三人。
 婦人科医の妻は、「めぐりあう時間たち」('03)でベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞したジュリアン・ムーア。
339156view006  娼婦がアマンダ・セイフライド(「ジュリエットからの手紙」'11)、大学教授の夫がリーアム・ニーソン(「アンノウン」'11)という配役。

339156view001  作品の見所は、男と女、女と女の許されざる愛と裏切りである。
 48歳のジュリアンが23歳のアマンダと、お互い一糸まとわず愛を交わす衝撃的なシーンに、場内からはため息が漏れる。
 そこに、老いていくことへの恐怖と哀しみを見る。

339156view005  2年前に、海外で公開された作品である。
 トロント、サン・セバスチャン、バンクーバー、ロンドン、ヘルシンキ、カルロヴィ・ヴァリの国際映画祭で正式出品された作品だが、日本の映画配給会社はこれまで輸入を躊躇していたようだ。

 ジュリアン・ムーアの「キッズ・オールライト」など、主役3人が出演している別の作品が現在公開中なので、「クロエ」もまた注目を浴びている。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2011

1824.初夏の絵画展

 なぜか友人・知人に「絵描き」が多い。独立美術や二科会、春陽会、東光会と正会員であるプロから、サラリーマン時代からの日曜画家まで多士済々である。
 昨日は、3人の友人の絵画展をハシゴした。

110613_022_320 毎回このブログで紹介している「東光展」。東京都美術館が改装休業中のため、ひと月遅れて「上野の森美術館」で開催中。
 会場が狭いため三期に分かれての展示である。

110613_020_320_2   会員である高校の先輩と大学の後輩の作品が、幸い同じグループとして昨日から展示された。

110613_018_320_2110613_019_320  左の作品は先輩の阿久根律子さんの「残雪」。

 ここ数年な「蓮」など静物が多かったが、昨年から風景画となった。
 アップで見ると判るように、油絵具を叩きつける様な筆捌き、年を重ねる毎にエネルギッシュになってきた。
 先週、八重洲の「さつまいもの館」でお会いしたが、次々と大作に取り組んでいるという。

110613_014_320_2 右の写真は、後輩の木原容子さんの「夏の名残り」。

 高校の美術教師を務めていたが、体調を崩して退職。長い闘病生活をへて7年前から絵を再開した。

110613_015_320 彼女の題材はいつも「枯れたひまわり」だが、年毎に明るいトーンになっていくのが判る。
 体調が回復していく様子が、絵のタッチから感じられてうれしい。

 彼女はここ数年、「日展」にも入賞している。

110613_033_320  上野駅からJRで東京駅に戻って八重洲地下街へ。
 職場の先輩、武田光弘さんの「個展~僕のいた時間(Ⅶ)~」に駆けつける。

 ジャーナリスト出身の彼が突然パリに住み、プロの画家を目指した時は驚いたが、10年たった今はそれも頷ける。

110613_034_320 右の油絵は「夜のモンマルトル」。

110613_030_320  今回の個展は「街/Sous le ciel」がテーマ。
 パリ、ストラスブ-ル、エディンバラ、セント・アンドリュース、ストックホルムとヨーロッパの街角が39の作品となって並ぶ。

 タイトルの「僕のいた時間」とは、「筆を持って異国を彷徨する男の生きた証」なのだ。
110613_028_320  「このところ暗い夜の風景に惹かれるのは、自分の人生が差し掛かっている状況の所為なのだろう」と、彼は語る。

 「東光展」は17日まで、「上野の森の美術館」で。
 「武田光弘個展」は19日まで、ギャラリー八重洲・東京で。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2011

1823.六月大歌舞伎

Shinbashi201106b3  今月も友人から、新橋演舞場の招待券が届いた。夜の部、3演目である。 公演前半のためか、まだ空席が目立つ。

 最初の演目は新作歌舞伎「吹雪峠」、生涯に200を超える戯曲と脚本をいた宇野信夫の作品である。
 1935(昭和10)年東京劇場で初演されたこの作品で、宇野は新進劇作家として認められた。
  
 荒れ狂う吹雪の中、不義密通を重ねて駆け落ちした助蔵・片岡愛之助とおえん・片岡孝太郎。
 そこへ現れたのがおえんの夫直吉・市川染五郎、死の恐怖を前に極限に追い詰められた3人の心理描写が見どころ。

 30分という短い一幕だが、いずれも初役の3人がうまい表現を見せてくれた。
 次の歌舞伎界を背負う、若手の競演である。
 初めて鑑賞した演目だったが、新作歌舞伎なので馴染みやすい。

 次の演目は「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」。

 並木千柳・三好松洛・竹田小出雲合作の人形浄瑠璃コンビの作品。1745(延享2)年大坂竹本座で初演された。
 大坂の侠客を主人公に、夏の浪花の風物が描かれた作品は評判を呼び、その年の暮れには歌舞伎化された。

Shinbashi201106b2  初演で主人公・団七九郎兵衛を演じたのは初代の片岡仁左衛門、今回は中村吉右衛門。
 十五代目仁左衛門も、団七と義兄弟の契りを結ぶ一寸徳兵衛の役で登場する。

 他に団七の女房お梶・中村芝雀、徳兵衛女房・中村福助、侠客の三婦・中村歌六、団七の舅義平次・市川段四郎。

 盛夏の浪花、恩人の息子とその恋人のために奔走する団七の心意気。
 喧嘩で人を傷つけた団七・吉右衛門が牢から出たむさ苦しい姿から、一転して颯爽とした男ぶりを見せるシーンでは、場内から「播磨屋!」の声が掛かる。

 そして三幕は泥場とよばれる「長町裏」。
 舅に甚振られた団七が、誤って舅を刺しついには殺してしまう凄惨なシーン。
 20分を超える吉右衛門と段四郎との争い、一枚の錦絵を思い浮かべる舞台に吉右衛門贔屓の連れ合いは見惚れる。
 本物の泥に塗れるシーンは、初演からの演出だそうだ。

 最後は「色彩間苅豆(いろもようちょっとかりまめ)」。

 祐天上人の「死霊解脱物語」の説話をもとに、鶴屋南北が書いた「法懸松成田利剣」の序説を、累・中村時蔵と与右衛門・市川染五郎が演じ舞う舞踏劇。

 浪人・与右衛門の子を身篭った奥女中・累、悪因縁のはて与右衛門に鎌で殺される。その怨念が・・・・。
 艶麗と怪奇が織り成す清元の名曲である。

 円朝の落語をもとにした新歌舞伎「豊志賀の死」と並んで、よく上演される「累伝説」の演目。
 映画・落語・歌舞伎・浄瑠璃・講談と「累」は「累」を呼ぶ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2011

1822.梅雨時・清澄庭園

110611_042_320_3110611_047_320_3      
 

    友人から、「花菖蒲」と「紫陽花」の写真付きメールが届いた。
 カメラマン出身だけに構図が決まっている。
 それを手本に、近所の清澄庭園で撮ったのが、上の写真である。

110611_020_320110611_021_320110611_031_320110611_030_320
  江戸系(町娘)、肥後系(舞扇)、伊勢系(藤袴)・・・。
 庭園の菖蒲田には、多くの品種が入り混じって咲いている。
 都立公園では、水元と小石川、そして清澄が花菖蒲の名所といわれる。

110611_009_320110611_010_320110611_014_320110611_024_320_2 
 清澄庭園は、江戸の豪商・紀伊国屋文左衛門の屋敷跡。
 下総関宿藩久世大和守の下屋敷となった後、維新後は岩崎弥太郎が買い取りグループの迎賓館となった。

 隅田川の水を引いた大泉水をはじめ、周囲には全国から取り寄せた名石を配し、明治の庭園を代表する「回遊式林泉庭園」として、「都名勝」に指定されている。

110611_012_320_2       

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2011

1821.マイ・バック・ページ

_640  1971(昭和46)年の「朝霞自衛官殺害事件」、犯人隠匿・証拠隠滅罪で逮捕された「朝日ジャーナル」記者・川本三郎が書いたノンフィクション「マイ・バック・ページ」を、「天然コケコッコー」('07)の山下敦弘が映画化した社会派エンターテインメント。

 スクープを狙う若い雑誌記者と、遅れてやってきた過激派気取りの学生との不思議な信頼関係。激動の時代を駆け抜けた若者たちの青春が、作者の深い悔悟とともに描かれていく。

338494_100x100_001  全共闘運動に参加出来なかった負い目を持つ記者に妻夫木聡、新左翼になれなかった学生に松山ケンイチと、今売れっ子の役者がスクリーンに存在感を見せる。
 山下監督を含め、彼らはあの時代を知らない。しかし映像は、キチンと時代を映し出す。

338494_100x100_004  ノンフィクションが原作だけに、仮名だが実在の人物が登場する。
 例えば東大全共闘の山本義隆(長塚圭史)と京大全共闘の滝田修(山内圭也)、それに日大全共闘の秋田明大などなど。

 舞台となったのは1969年から1972年。
 大阪万博・高度経済成長を謳歌する風潮の中で、若者たちが「安保反対」「ベトナム反戦」そして「大学解体」へと突き進む。

338494_100x100_008  「東大安田講堂解体」「赤軍派大菩薩峠事件」「「よど号ハイジャック事件」「三島由紀夫割腹自殺」、そして72年10月15日の赤衛軍「朝霞自衛官殺害事件」。
 やがて翌年の「あさま山荘事件」「イスラエル日本赤軍乱射事件」などを経て、全共闘は終焉していく。

  山下敦弘監督としては珍しく、撮り方は丁寧で地味だ。新聞社内部における社会部記者の雑誌記者に対する差別など、ジャーナリストのあり方に対するクールな目を持つ。
 ただ時代の空気がわからない現代の若者にとって、この作品は不評のようだ。それに対して、70年全共闘世代が反発しているのが面白い。
 「この作品を、映倫は『R40』に規制せよ」と皮肉る。

338494_100x100_002 同じジャーナリストを経験した「60年安保世代」にとっては、一連の事件を冷徹に捉えることが出来るだけに、この作品には共感を覚える。

 先輩記者が「ジャーナリストである前に、人間だろう」と叫ぶ言葉は、今も変わらない。
 取材対象者とどう距離を保っていくのか、取材する側がされる側の痛みをどう共有できるのか。
 さらに取り戻すことの出来ない「悔悟の青春」に、どう立ち向かうのか。

 試写を見終わった作者の川本三郎が号泣したというエピソードは、映画のラストの妻夫木のシーンと重なる。苦い苦い青春の「記憶」である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2011

1820.「南さつま」フェア

110609_004_320

110609_032_320_2110609_019_320_2  110609_029_320_3
   ふるさとから旧知の本坊市長が上京し、東京駅地下街でトップセールス。
 南さつまの特産物と美しい自然と文化、「ぬくもりのまち」を紹介した。

 会場となった八重洲地下街キラピカ通りの「さつまいもの館」には、在京の同郷会からも多くのボランティアが参加、道行く人たちにふるさとをPRした。

110609_320 110609_006_320  わが故郷は、九州の西南端にある「すんくじら(隅っこ)」の町。日本三大砂丘の「吹上浜」や、起伏の多いリアス式の入り江「坊津」など風光明媚な地域として知られている。
 産業は農業と漁業、それに7つの蔵元がある鹿児島一の焼酎生産地である。

 会場では、鹿児島ブランド産地指定1号の「加世田かぼちゃ」や「にがごい(ゴーヤ)」、早出しの「ラッキョウ」そして農産加工品・焼酎が展示即売されている。

110609_005_320_4110609_007_320_2110609_009_320_2   

  この「南さつま」フェアは、11日(土)まで開催。時間は10~20:30、会場・八重洲地下街キラピカ通り「さつまいもに館」。

110609_010_320_2110609_011_320_2110609_012_320_2   


    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2011

1819.ブラック・スワン

11_640  ヒロインのナタリー・ポートマンが、今年のアカデミー賞主演女優賞ほかゴールデン・グローブ賞など女優賞を総ナメした作品。
 映画を見た人は誰でも納得する、ナタリーの迫真の演技に凍りつく。

1eec2e83s  バレエ「白鳥の湖」の新ヒロイン誕生の舞台裏を通して、完璧を目指したバレリーナの「純真と官能」「美と狂気」を描いたサイコ・ミステリーである。

 ナタリーポートマン30歳、イスラエル出身。
 13歳の時「レオン」('94)で映画デビュー、脚光を浴びる。
 のち「スターウオーズ・シリーズ」のヒロイン、「クローサー」('04)ではストリッパーを演じてアカデモー賞にノミネイトされた。
 ハーバード大学出身の才媛で映画プロダクションを経営、監督作品もある。

337733_100x100_005  今回の作品のシーンの多くが、バレエ舞台である。ナタリーは撮影前におよそ10ヵ月1日5時間の特訓を受け9キロ減量、バレリーナとしての体型を整えたという。
 4歳の頃からバレエスクールに通っていただけに、ニューヨーク・シティバレエ団のプロに混じっても見劣りしなかった。

337733_100x100_001  「白鳥の湖」を主題としたアンドレス・ハインツの原案が、成功している。
 誰もが知っている名曲とバレエ、白鳥(善)と黒鳥(悪)の相克。
 抑圧された環境の中で美しく育った「白い」ヒロインが、自分の殻を破ることでしか「黒い」ヒロインに変身できない悲劇が、見るものの心を打つ。

337733_100x100_004 バレエ団芸術監督にフランスの俳優ヴァンサン・カッセル(「イースタン・プロミス」'07)が、新プリマを競うライバルにウクライナ出身のミニ・クニス(「ザ・ウオーカー」'10)、果たしえなかった夢を娘に賭ける母親にバーバラ・ハーシーが出演している。

 監督は、「レスラー」('08)でヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を受賞したダーレン・アロノフスキーが務める。

 ナタリーは昨年暮れに、作品の振り付けとダンサーとして共演したニューヨーク・シティバレエ団の現役プリンシバルのベンジャミン・ミルビエと婚約した。
 現在妊娠中の彼女は、オスカー受賞と二重の喜びにひたっているとネット情報が伝える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2011

1818.超高層と防災

_320  我が家は、下町の超高層マンションの中にある。ここでは年2回、住民の自主組織・防災管理委員会が主催して、防災訓練を行っている。
 昨日開催した2011年上半期の訓練は、東日本大震災の影響もあって例年の2倍近い居住者が参加した。

004_320_2  ・午前10時「地震発生(仮)緊急放送」。3年前に作られた「活動マニアル」の「初期行動書」を参照して自宅内の安全確認。

 ・10分後「安否確認行動」開始。同じ階の参加住民が未参加者の安否確認を行うため各戸をチェック。その後1階上の拠点階に集まって、非常用電話で防災センターに報告。ブロック長・情報担当・介護担当を決め、アトリウム・ラウンジに終結。

 この間45分、毎回同じ流れなのでスムースに行われる。この事が非常時に役立つ。

001_320  中央区は、世帯の86%がアパートやマンションなど共同住宅に住んでいる。
 3月11日の大震災では、震度5弱のゆれでエレベーターの半数以上が停止、超高層ビルは全て止まった。

 さらに大きな地震が生ずると、上下水道、ガス、電気が止まり、日常生活に大きな影響がでる。

 高層住宅は津波や倒壊の心配はないが、住民の安全確保やライフラインの停止にどう備えるか、マニュアルを作り訓練が必要なのだ。

006_320_2  「防災訓練」終了後、災害対策専門家による講話を聞いた。当マンションのマニュアル作りにもオブザーバーとして参加、指導を受けた方である。
 同じくマニュアルつくりに関わった、仙台の二つの高層マンションの大震災時の対応を中心に、貴重なサジェッションを頂いた。

_320_2  先に述べた様に、中央区のほとんどが共同住宅住民である。ということは、他地区とは異なる状況を考えなければならない。

 私たちのマンションの管理組合が作成したマニュアルは、中央区で初めてのもの。当時NHKは特集番組を組み、それを再構成したDVDが中央区のマニュアル指針として広く頒布されている。

 その後ほとんどの高層マンションが、それを参考にマニュアルを作り私たちと同じような「防災訓練」を行っていると聞く。
 
003_320  「ブロック単位の安否確認」「拠点階方式による情報連絡」「ボランティアによる体制整備」「住民のコミュニケーションによる一体感つくり」・・・・。
 その前日、私たちマンションの「まつりの会」は築地で定例の飲み会を開いた。それは、疎遠になりがちな都心マンションの、ささやかなコミュニケーションの核である。
 いざという時、それが生かされると思っている。

 仙台の高層マンションでは、2月に「防災訓練」を実施していた。大震災当日マンションに居た住民は、マニュアル通りに対応。
 その日の20時には、80%の世帯の安否が確認されたという。
 被災後は4日間の炊き出しを行い、高層階に住む高齢者は中高生がサポートした。
 ここもまた、住民たちが年1回開催していた「祭り」の経験が役だった。怪我人、行方不明者が一人も出なかったというのが、講師からの報告である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2011

1817.パイレーツ・オブ・カリビアン

11_001_640

 ハリウッドのヒットメーカーのひとりジェリー・ブラッカイマーとジョニー・デップがコンビを組むこのシリーズは、ストレス解消の良薬だ。
 ストーリーに無理があろうが、そんな事は考えずに楽しめばいい。

01_640x980_2  「呪われた海賊たち」('03)「デッドマンズ・チェスト」('06)「ワールドエンド」('07)の3作で一応打ち止め、とディズニー・プロは発表していたが、次々ヒットするので4本目にトライした。
 今回は、永遠の命をもたらす泉を求めての冒険行である。

 新しいシリーズのスタートという事で、監督もゴア・ヴァービンスキーから「シカゴ」「NINE」のロブ・マーシャルに交代、出演者も一部の常連が消えた。
 しかしプロデューサーのブラッカイマーとディップ(キャップテン・ジャック・スパロウ)、それに敵役(海賊バルボッサ)のジェフリー・ラッシュはそのままなので、違和感はない。

02_640x980 登場していないのは、提督の娘だったキーラ・ナイトレイ と恋人のオーランド・ブルーム。
 その代わりにスペイン出身のオスカー女優(「それでも恋するバルセロナ」'08)ベネロベ・クルスが、ジャック・スパロウの元恋人で海賊黒髭の娘(アンジェリカ)という役で出演している。

338382_100x100_005 また次の展開のためか、スペインの若手アストリッド・ベルジュ=フリスペが人魚の役でハリウッド映画初出演。
 その人魚に惚れる若い宣教師として、映画初出演のサム・クラフリンが顔を出す。

04_640x980  ジャック・スパロウとバルボッサの騙し合いという話運びは変わらないが、今作は黒髭とアンジェリカ組、スペイン海軍も加わって四つ巴の争いになるので、スパロウとバルボッサが手を組むシーンもあり、話しはめまぐるしく進む。

 ジャックのジョニー・ディップは別として、バルボッサのジェフリー・ラッシュは巧い。
 「シャイアン」('95)でのオスカー俳優である彼は、これまでアカデミー賞に3回ノミネイト。近作の「英国王のスピーチ」でも助演男優賞にノミネイトされていた。

338382_100x100_001  ここで裏ネタをひとつ。
 初出演のベネロベ・クルスは、この作品のロケ中にハビエル・バルデムとの子供を妊娠。大事をとって、ディップと激しく剣を交わすシーンは妹のモニカ・クルスが代役した。
 双子みたいな姉妹なので、ほとんど気づかない。

 シリーズ初の3D映画だが、あまり薦められない。お年寄りは2Dの方が疲れないし、500円も安い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2011

1816.未来へのキオク

 グーグルが、東日本大震災のあらゆる映像をアーカイブとして保存し、後世に伝えようという企画をスタートさせた。
 この企画は、災害そのものの記録だけでなくこの地の震災前の映像も保存しようと呼びかけている。
 たまたま一昨年に久慈から仙台までの「三陸海岸縦断」の旅を経験し、幾つかの美しい風景をカメラに収めている。このブログ・1380号~1383号でも紹介したが、改めて「アーカイブ」として再録しておこう。

091016_053_640091016_059_640091016_054_640   

   
 

 上の写真は「北山崎(田野畑村)」。
 陸中海岸を代表する景勝地で、高さ200mにも及ぶ断崖が8キロわたって連続する。

 村は津波で40人近い死者・行方不明者を出すなど、大きな被害を出し羅賀漁港など全滅した。
 しかしこの風景だけは、何とか残ったと先日の新聞で報道されていた。

091016_023_640091016_024_640091016_030_640091016_035_640   

 
 
 三陸鉄道北リアス線も壊滅的な打撃を受けた。
 久慈から宮古まで71キロ、現在は久慈から10キロしか開通していない。
 野田村、普代村、田野畑村、岩泉町、宮古市と海岸の光景は一変している。
 テレビで映し出される映像に、息を呑む思いだ。

091016_130_2091016_123_2091016_129_2      

 

  300余年前にこの地を発見した名僧が「さながら浄土の如し」と感嘆した 「浄土ヶ浜(宮古市)」。
 レストハウスも遊覧船も津波で流され無人の地にと、先日の新聞が伝えていた。

091016_135091016_142_640091016_146_640 

 

  「碁石海岸(大船渡市)」は、「日本の渚100選」に指定された延長6キロの白砂青松。
 そのひとつの「高田の松原(陸前高田市)」のアカマツやクロマツは、一本だけ残して全て消えた。

091016_223_640091016_239091016_276   
 

 

 「巨釜・唐桑(気仙沼市)」「歌津(南三陸町)」「雄勝(石巻市)」「奥松島(東松島市)」など、辿った海岸と街は当時の面影はない。

 一夜世話になった南三陸温泉のホテルは、1階と2階が全滅。かろうじて残った3~4階を、新聞社の臨時支局やNPOの現地事務所が使っているという。
 先月末に電気は通じたが、上水道はまだ復旧していないとテレビは伝えている。

 「過去」の「キオク」の中に、「未来」への希望を託したい。

 (パソコンが壊れ修復中のため、写真配置など見づらいブログとなってしまいました。鋭意補正してますのでご了承ください)        

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2011

1815.岳ーガクー

_640 「マンガ大賞」('09)「小学館漫画賞」('09)を受賞した、石塚真一のコミックが原作。累計300万部を売り上げたベストセラーだけに、映画の方も興行成績は良い。

 北アルプスでの山岳遭難救助を、リアルに描いた作品。

337450_100x100_001  高度な登山技術を持ち太陽のように明るい主人公、山岳救助ボランティアの青年に小栗旬が扮する。
 ヒロインは長澤まさみ、長野県警山岳救助隊長の父(石黒賢)を二重遭難で亡くした新人救助隊員。
 救助隊長・佐々木蔵之助や山小屋のオバさん・市毛良枝がからむ。

337450_100x100_003_2  ストーリーはそれほど複雑ではないし、主人公もヒロインも最後は危機から脱出する・・・と安心して見られる作品だが、八方尾根や奥穂高、立山連峰でのロケの映像は、息を呑むほど美しくかつ残酷である。

 2年前に公開されヒットした「剱岳ー点の記」のホンモノの映像には敵わないが、実写とCGの組み合わせには違和感がない。

337450_100x100_007  舞台となった穂高や上高地そして松本は、毎年の様に出かけるので懐かしい風景に出会えた。

 松本在の若い友人が、息子に「岳」という名前を付けているので、ぜひ映画を見てほしいと、フェイスブックで伝えてきた。
 今年は、テレビの朝ドラも安曇地方が舞台。地元の皆さんは元気が出るだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »