« June 2011 | Main | August 2011 »

July 30, 2011

1949.遊行寺参詣

110727_035_320110727_034_320  初代の遊行上人・一遍(1239~1289)。伊予の豪族河野家に生まれ仏門に入る。善光寺・高野山・熊野などを巡拝して浄土教を学ぶ。
 「南無阿弥陀仏」の念仏札を携えて、死に至るまで全国各地を念仏遊行し250万人と結縁、世に遊行上人と言われる。

N0019_b220pxtokaido06_fujisawa   今月の「ひとまくウオーキング」は、東海道6番目の宿場町藤沢の遊行寺参詣。法話を聞いて境内を拝観した。

 広重の「東海道五十三次」にも描かれた藤沢は、遊行寺の門前町。
 江ノ島第一鳥居や門前の旅籠の画が語るように、こは「大山参り」や「江ノ島詣で」の拠点として栄えた。

110727_007_320  上野広小路と並んで日本三大広小路といわれる「藤沢広小路」の奥に、「藤沢山無量光院清浄光院」はある。
 一遍上人を宗祖とする「時宗」の総本山、人びとは親しみを込めて「遊行寺」とよんだ。
 一遍の跡を継いだ法主は、必ず諸国を遊行し念仏を広めたからである。

 寺を創建したのは四代目の遊行上人・呑海。鎌倉幕府の御家人で藤沢・俣野郷の地頭職だった兄の援助で、廃寺の跡に清浄光寺を建てた。
 幕府も末期、十四代執権北条高時の頃である。
110727_020_320110727_013_320_2
 惣門をくぐると「いろは坂」がある。阿弥陀如来の四十八願に因んだこの坂を、壇徒や「時衆」たちは念仏を唱えて参拝した。
 行き着く先の本堂には、「極楽」が待っている。

110727_046_320  今回のメインイベントは蝉しぐれの中、本堂・阿弥陀如来を前にして聞く一時間の「法話」。
  一遍上人から現在の七十四代遊行上人へと引き継がれてきた時宗の教えを、本山教務部長が易しく解説してくれた。

110727_069_320110727_071_320  「往生を願う者は地獄を恐るべし。地獄を恐る者は極楽を願うべき。極楽を願う者は念仏を唱えるべし・・・・」
 「生・老・病・死の四苦、愛別離苦・怨情会苦・求不得苦・五陰盛苦。合わせて八苦は、生きとし生きるもの全てが平等に味わうもの・・・」

110727_062_320110727_067_320110727_065_320_2  本堂から「中雀門」へ。
 十二代遊行上人・尊観が南朝の皇子出身だったこともあり、遊行上人に対する歴代天皇の帰依は篤い。

 徳川将軍家もまた、時宗を支えた。
 門の瓦には菊の御紋が正面に、葵の紋も遠慮がちに描かれる。

110727_052_320110727_051_320110727_024_320_2  歌舞伎愛好家の集まり「ひとまく会」として、見逃すことは出来ないのが本堂の裏手にある「小栗判官主従」と「照手姫」の墓。

 猿之助十八番のひとつとして知られる「小栗判官」。
 中世の説教浄瑠璃を歌舞伎にしたこの演目は、大正以降絶えていたが1974(昭和49)年武智歌舞伎として復活した。
 また1991(平成3)年には、梅原猛作スーパー歌舞伎「オグリ」としても上演されている。
 小栗と照手の愛情物語。詳細は省くが、遊行上人に熊野権現で助けられたお話である。

110727_068_320_2  ほか、1416(応永23)年の「上杉禅秀の乱」による戦死者を、敵味方なく供養した石碑。
 「戊辰戦争」で江戸城攻撃に向かった官軍大総督有栖川宮や、西郷参謀が宿営にした大書院など、歴史を物語る境内を散策した。

 「ひとまくウオーキング」、今回は遊行寺だけだったが、ドアtoドアで10124歩。打ち上げは、藤沢駅前の居酒屋。    

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2011

1948.蜂蜜

006_512 静謐で美しい映画である。

 トルコを代表する映画監督セミフ・カプランオールが、「詩人ユスフの回想」という形をとって描いてきた「トリロジー」の最終章。
 第1部「卵」は大人になったユフスの帰郷、第2部「ミルク」は詩を書き始めた青年ユフスの戸惑い、そして第3部「蜂蜜」は幼い少年時代の物語となる。

339264_100x100_001  トルコの山岳地帯、原生林に囲まれた村にすむ6歳のユスフ。大好きだった養蜂家の父を森で失う。
 家を守るようにと父に諭されたユスフ、哀しみに暮れる母を通じて、彼は大人への一歩を踏み出す。

 風の音、雨の音、樹々のざわめき、鳥の羽ばたく音、カッコウが啼く声、森の中を駆ける少年の足音・・・・。音楽など情緒的なサウンドを排し、森の音に浸りながら幻想的な森の映像美を満喫する。

339264_100x100_007  3年前に公開された「卵」は、カンヌ国際映画祭でプレミア上映されたほか、イスタンブール国際映画祭やソウル国際映画祭などで最優秀作品賞に選ばれた。
 第2部は一昨年のイスタンブール国際映画祭の審査員特別賞、そして今回の「蜂蜜」はベルリン国際映画祭のグランプリ、金熊賞を受賞した。

339264_100x100_004  少年ユスフを演じたバラ・アルタシュが可愛い。村の道端で遊んでた子供を、監督がスカウトしたという。
 右の母親役は、3部作の助監督もつとめたトゥリン・オゼン。父親は舞台俳優のエルダル・ベシクチオール。

 めったに見ないトルコ映画だけに、初めて知った役者たちだった。しかし、いつか何処かで会った様な懐かしい気持ちがするのは、森からの香りが漂うからだろう。

 涼しい劇場だけに、場内は熟睡する人が多い。「バック音楽がないので、静かに見てください」と入り口には「鼾」の注意書き。
 「蜂蜜」は、劇場で森林浴を楽しむ作品なのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2011

1947.127時間

005_512 こんな実話があると、フィクションが色褪せてしまう。
 単独行のロッククライミング、思わぬアクシデントで右手を岩に挟まれた若き登山家アーロン・ラルストン。
 127時間の脱出行を書いたノンフィクションの映画化である。

004_512_3  現在もプロの登山家として活躍しているラルストンは、ドキュメンタリーによる映画化を希望したが、ダニー・ボイルはジェームス・フランコを主人公にした作品に仕立て上げた。
 正解である。

 ダニー・ボイルといえば、「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞8部門に輝いたイギリス・テレビ界出身の監督。
 彼のカメラアングル、カット割り、編集によるテンポアップ、そして音楽とのとの融合など、その映像テクニックには定評がある。
 今回も主人公たった一人の127時間を、最後まで退屈させる事なく見せた。

Gallery008537_3  生と死の狭間にあって、何処にでもいるような陽気なアメリカ人の青年が、生まれ変わっていく姿。127時間という時間の中で、絶望がどう希望に昇華していくか、ボイルはリアルに描く。

 ジェームズ・フランコも上手い。「スパイダーマン」シリーズで準主役、今回ワイルドで男っぽい青年の生きるエネルギーを見せてくれた。
 今年のアカデミー賞では、授賞式の司会を務めている。

Pickup_story_01  ロッキー山脈の西、ユタ州キャニオンランズ国立公園にあるブルー・ジョン・キャニン、この美しい自然を背景にロケは行われた。
  ここは、ラルストンがアクシデントにあった場所そのものである。
 彼は、コーディネーターとしてまた専門家として現場を指導している。

 事故から2年後、彼は隣のコロラドにある4000m級の山々53座全てを冬季単独登頂するなど、今も世界各地で活躍している。

 127時間の苦闘を自ら記録したデジタル・ムービーはソニー製、カメラはキャノン。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2011

1946.発掘された日本列島2011

110722 わが国の重要な古代遺跡や、中世の史跡などから発掘された遺物を、毎年紹介する「最新発掘速報展」。

110722_032_320_2  江戸東京博物館で開催されるこの展覧会、必ず見に行く事にしているが、今年はとくに故郷の遺跡から発掘された貴重な遺物もあり、遥かなる歴史に思いを馳せた。

 日本では、毎年8000件ほどの発掘調査が行われているという。
 その中で今回は、近年特に注目される遺跡の約500点の出土品が展示された。

110722_033_320_2110722_009_320110722_034_320  最も古いのが旧石器時代、2万年前の「宮ノ上遺跡」(鹿児島・南九州市)の出土品。
 発掘された鏃など、3,5000点もの石器がどう造られたか、その製造過程が判る素材も800ほど見つかったという。

110722_038_320110722_040_320_2110722_021_320  同じ鹿児島県の大隈半島北部にある「定塚遺跡」(曽於市)は、225mのシラス台地にある竪穴建物群。
 約1万年前の縄文時代早期の遺跡である。
 ここからは建物跡97棟、食材燻製用炉穴15基、蒸し焼き用集石54基、遺物5万点が発掘された。

110722_024_320110722_028_320  今回大震災で大きな被害を受けた福島県南相馬市。
 ここには、奈良・平安時代に中央政権と戦った蝦夷の武器工場「横大道製鉄遺跡」がある。
 残された鉄くずだけでも68tあったというから、古代の製鉄コンビナートだったようだ。

110722_030_320110722_029_320110722_031_320  今年の展覧会では特別出品として、昨年秋に特別名勝に指定された「平城京東院庭園」の発掘調査の模様と、保存整備事業についても紹介されている。

 ほか、旧石器時代の「五川目遺跡」(青森・三沢市)から明治時代の「佐渡金銀山遺跡」(新潟・佐渡市)まで計21ヵ所が並ぶ。

110722_001_320  「発掘された日本列島2011」は、江戸東京博物館では今月末まで。その後、新潟市・静岡市・小郡市・南国市を巡回する。

 東京では常設館展示なので600円(シニア300円)、同時開催の特別展「東京の交通100年博」と合わせると1,520円(760円)。
 交通博も、結構見応えがある。       

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2011

1945.デンデラ

339056_02_01_03  「デンデラ」とは、遠野物語に書かれている「姥捨て」のこと。この作品では、山奥に捨てられた老婆たちのユートピアを目指した共同体の名前になる。

 姥捨て伝説がある地は日本中に100を越えるとも云われているが、長野県千曲市の「姨捨」をモデルに、深沢七郎が書いた「楢山節考」が最も有名である。
 この原作をもとに、今村昌平監督が撮った「楢山節考」('83)はカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞、姥捨ての名は世界に広まった。

 その続編というか、まったく新しい視点で今村監督の子息・天願大介が挑戦したのがこの作品なのだ。

339056_01_03_03 極楽浄土に行けると信じ、息子に背負われてやってきた70歳の老婆(浅丘ルリ子)が主人公。
 そこには100歳のオババ(草笛光子)が率いる、50人のデンデラ(共同体)があった。
 彼女たちの第一の目標は、自分たちを捨てた村へのリベンジ・・・・・。
 しかしその前に、飢えた子連れ熊と戦わなければならなかった。

339056_01_01_02 339056_01_06_03  錚々たる大女優たちたちが、顔を並べる。

 失礼かも知れないが年を数えると、浅丘71歳。共同体の創設者で過激派の草笛78歳。
 彼女に対抗する穏健派のリーダー、倍賞美津子65歳。

 作品の後半、ようやく顔と名前が一致した山本陽子69歳。最後まで判らなかった山口果林64歳、白川和子64歳、赤座美代子67歳、山口美也子59歳、角替和枝57歳・・・。

339056_01_02_03  彼女たちは美しい女優としての容姿を封じ、80代から90代の鬼のような老婆に扮し、極寒の庄内映画村に一ヶ月篭った。
 前々号の「小川の辺り」に比べると、過酷なロケ現場だった。

Untitled_320_3  姥捨て伝説を素材にした映画を見たのは、今回で4本目となる。

 木下恵介監督、田中絹代・高橋貞二主演の「楢山節考」('58)が最初の作品。
 そしてそのリメイク版が今村監督、坂本スミ子・緒方拳主演の同名映画。
 3本目は、製作を応援した村田嘉代子原作・恩地日出男監督の「蕨野行(わらびのこう)」('07)。
 市原悦子・石橋蓮司主演のこの作品は、捨てられた老人たちが共同体を作るという今回と似たようなシチュエーションだが、老爺も加わっていた。

 佐藤友哉原作の今作品が、女性だけのユートピアを舞台にした事は、過去の作品を乗り越えようとする「二代目今村」の強い意志があるからだろう。

 場内のほとんどは、70~80代のオババたち。「くもの巣だらけだけど、色気だって残ってる」のセリフに爆笑する彼女たちの影で、連れ合いのジジサマたちは小さくなっていた。
 怖い怖い女性賛美映画である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2011

1944.小川の辺

003_512  「たそがれ清兵衛」「蝉しぐれ」など藤沢周平の作品ジャンルのひとつ、「海坂藩(うなさかはん)」ものの映画化。
 藤沢の生まれ故郷でもある庄内藩がモデルで、封建社会における下級武士たちの生き方、その不条理がストーリーの核となる。

 今回は藩命により妹の夫である友を討つ旅に出た男の、「義」と「情」の狭まにゆれる姿が描かれる。
 これまで映画化された「海坂藩」ものと異なり、庄内から江戸近くの行徳までのロードムービーとなっている。

 主人公の下級武士を演じた東山紀之は、藤沢作品「山桜」('08)以来の2作目。この作品の監督だった篠原哲雄と再びコンビを組んだ。
 彼の、佇まい、清涼感、ストイックな性格が作品のキーであり、その配役には成功している。

338815_100x100_002  最後に剣を交わさざるを得なくなる妹には、「バベル]('06)でアカデミー賞にノミニトされた菊池凛子が扮するが、これには賛否両論あるようだ。
 ただ兄と同等の剣の腕前を持つ勝気な妹役、ということで篠原監督は彼女を選んだ。
           
338815_100x100_005_2 上意討ちの相手で義弟となる脱藩武士は、歌舞伎俳優の片岡愛之助。
 端正な二枚目として関西歌舞伎の期待の若手、仁左衛門の部屋子から秀太郎の養子になり「女殺油地獄」の与兵衛など上方和事や義太夫物の大役を演じている。

 今回も海坂藩では東山と一二を争う剣の使い手という役、クライマックスの二人の立ち回りは壮絶だが美しい。

338815_100x100_003  もうひとり、この作品で重要な役は上意討ちの旅に同行する若党、勝地涼。
 ひとつ屋根のもとで東山と兄弟のように育った彼は、菊池を密かに慕う。
 幼少のころ「小川の辺」で遊ぶ3人が、ロードムービーの中にカットバックで登場する。

338815_100x100_001  ラスト近く、若党・勝地が無意識に剣の鯉口を切ったアップが、この物語の全てを語っていた。

338815_100x100_006  他、東山・菊池の父母に藤竜也と松原智恵子、東山の若妻に尾野真千子が出演している。

 藤沢周平作品の映画化は、今回が8作目である。
 「たそがれ清兵衛」('02)の真田真之、「隠し剣 鬼の爪」('04)の永瀬正敏、「蝉しぐれ」('05)の市川染五郎、「武士の一分」('06)の木村拓哉、「必死剣 鳥刺し」('10)の豊川悦司など、それぞれの個性を生かした人物を演じた。
 東山もまた彼ならではの演技を見せ、評判はいい。元「少年隊」の彼である。

 山形新聞社やさくらんぼテレビなど、山形のあらゆるメディアが製作に参加した作品。メインのロケ地は庄内映画村。昨年初夏に旅したところだけに、懐かしい風景が次々に登場した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2011

1943.西洋絵画の中の人びと

006_320009_320  白金台にある「松岡美術館」。
 大正・昭和にかけて貿易や不動産業で財を築いた松岡清次郎が、一代にして蒐集してきた美術品を一般公開している美術館である

_320  ここで今特別展示されているのが「西洋絵画の中の人びと」。
 ミレイ、ルノワール、モディリアーニ、藤田、ルオー、ピカソからシャガールまで、松岡コレクションの中から「描かれた人物の個性や芯の強さ」「その人物に対する画家の様々な眼差し」を基調に選んで展示している。

001_320  展示室5は、「個性あふれる人びと」と題するコーナー。
 ルノワールの「リュシアン・ドーテの肖像」(左)、シャガールの「婚約者」(中)、ブーグローの「編み物をする少女」(右)など24点が並ぶ。

 とくにマルク・シャガールが1977年に描いた「婚約者」は、創立者・松岡清次郎が西洋絵画蒐集のきっかけとなった作品。
 故郷の風景をバックに愛を誓う一組の男女と周囲を浮遊する人々。ロシア系ユダヤ人としてナチスに追われ、アメリカに亡命したシャガールが、亡き愛妻の思い出を描いた作品として知られる。
 シャガールの作品は、このほか「青い鳥」など4点が展示されている。

002_320  展示室6は、「穏やかな日常」と題されたコーナー。
 ユトリロの「モンマルトルのキュスティーヌ通り」(左の絵)や「サン・ベルナールの教会」、モネの「ノルマンディの田舎道」、ピサロの「羊飼いの女」、モレの「ブターニュの海岸」、ボーシャンの「海岸」など16点。

003_320
 今回は併設展示として「青のうつわ~東洋の染付と青磁~」も催されている。

 中国・明の時代の景徳鎮窯「青花茘枝文扁壺」(右の写真)など、北宋・南宋・元・明・清朝時代の器。15世紀のベトナムの青花の器、韓国の青磁など計37点が並べられている。

 「西洋絵画の中の人びと」「青のうつわ」展は、9月25日まで松岡美術館で(地下鉄・白金台駅)。
 観覧料・一般800円、65歳以上700円。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2011

1942.ハリー・ポッター

336888_02_01_03 配給会社の知人に誘われて、「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」を初日・初回に鑑賞した。こんな経験は、久しぶりである。
 知人は3Dを勧めてくれたが、迫力あり過ぎて疲れるので敢えて2Dにした。
 座席数118、ウイークデーの午前中だったが6割の入り、そのほとんどが学生たち。

 2001年にハリー・ポッターシリーズ「賢者の石」が公開されて、今年で10年になる。
 今回の作品は8作目の「最終章」、これで打ち止めというので初めて3D上映となった。

Sakuhin008235_1  主人公ハリー(ダニエル・ラドクリフ)と宿敵ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の最終決戦が、ホグワーツ魔法魔術学校を舞台に展開するというストーリー。
 最終章だから、これまで登場したイギリスの映画・演劇界のベテラン役者たちが、ほぼ全員顔を見せる。
 監督も5作目から担当したデヴィッド・イェーツである。

 作品の紹介や個々の出演者については、ブログ1718号「死の秘宝PART1」で書いたので省くが、世界的な人気シリーズとなった「ハリー・ポッター」の背景など若干のエピソードを記しておきたい。

 イギリスのファンタジー作家J・K・ローリングが第1作を出版したのが1997年。本は70ヵ国語に翻訳され、のべ4億5千万部が売れたという。
 映画化はその4年後ハリウッドのワーナー・ブラザーズが行い、第7作までで5000億円を超える興行収入を挙げている。
 昨年公開した7作目だけは「アバター」や「トイ・ストーリー3」に負けたが、それまでの6作は他のファンタジー映画を抑えてきた。

336888_01_03_03  大ヒットの背景を、ある評論家は「話が明快だから」という。
 ハリーを中心に、3人の子供たちが「友情・信頼・勇気」を武器に悪と戦う。全編ともこの三つの柱で物語は展開されているのだ。

 もうひとつ、ハリウッドが次々と送り出すアクション映画やパニック映画に観客が飽きてきたからだともいう。
 「ハリー・ポッター」もハリウッド映画だが、イギリスを舞台にイギリスの役者で作った。

 穿った見方だが、第1作が公開された年に「9・11」が起き、最終章の今年は「3・11」である。現実そのものが、映画が描くSFの世界を乗り越えてしまったのだ。
 人びとは、もう夢を見るしかない。

 それ故か、この10年間はファンタジーの時代だった。それをシネコンの普及が支えた。
 「ロード・オブ・ザ・リング」の3部作、「ナルニア物語」の3部作、「エラゴン」「ライラ」が記憶にある。

 一方日本映画はジブリ作品。「千と千尋の神隠し」('01)「ハウルの動く城」('04)「ゲド戦記」(06)「崖の上のポニョ」('08)「借りぐらしのアリエッティ」('10)である。
 そして今日からは、「コクリコ坂」が公開される。

007_320009_320   夏休みを前に、大人も子供も楽しめる洋画と邦画が並んだ。
 さてヒットの軍配はどちらに挙がるだろうか。

 ご近所の二つのシネコンでは、一方が「IMAX3D」で「ハリーポッター」を、もう一箇所は日本最大の「オーシャンスクリーン」で「コクリコ坂」を上映している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2011

1941.テンペスト

001_512 「善と悪」「聖と俗」「現実と幻想」「男と女」「陰鬱と陽気」「憎しみと寛容」、シェークスピア劇はこれらのキーワードが絡み合って展開する。
 彼のラストメッセージとも言うべき「テンペスト~大嵐~」では初めて「赦し」がその作劇の重要なファクターとなった。

338579_01_02_03  最後に「赦し」があっても、悲喜劇には変わりはない。もちろん道化師や怪物や悪魔も登場する。
 その壮大な構想によるシェークスピアの最後の作品を、映像の世界で表現したのは天才舞台演出家と云われるジュリー・ティモアだった。

 彼女は、ミュージカル「ライオンキング」でトニー賞を受賞した事で知られている。
 映画では「フリーダ」('02)の監督として高い評価を得た。そして今回、四半世紀も前にオフ・ブロードウエイで舞台化した事のある「テンペスト」に挑戦したのだ。

 実の弟とナポリ王の策略によって、娘と二人孤島に追放されたミラノ大公。復讐を誓う大公は魔術を使って彼らを島へ誘い出す、というのがテンペスト物語。
 ところが今回、ティモア監督は大公を女性に変えた。娘に対する母性愛という要素が加わる。監督は、このことで古典に新風を吹き込む。

20101214008fl00008viewrsz150x この発想は、あるパーティーでのヘレン・ミレンとの会話だった。そして彼女を主役の元ミラノ女王に起用する事で、結実する。
 Daneの称号をもつイギリスの大女優。「クイーン」('06)でオスカーを受賞した事は記憶に新しいが、ほぼ全編に登場する彼女の鬼気迫る演技が、「テンペスト」の全てを語る。

338579_01_01_03_2  王女である娘がフェリシティ・ジョーンズ(「シェリ」)、恋をしたナポリ王子・リーヴ・カーニー(ミュージカル俳優)、妖精・ベン・ウィショー(「アイム・ノット・ゼアー」'07)と若手を並べ、脇をベテランが固める。

 弟のミラノ王がオスカー俳優(「アダプテーション」'02)のクリス・クーパー、ナポリ王・デヴィッド・ストラザーン(「グッドナイト&グッドラック」'09)、道化の酒飲み・アルフレッド・モリナ(「フリーダ」'02)。
 シェイクスピア劇に付き物の怪物に、「ブラッド・ダイアモンド」でアカデミー賞にノミネイトされたジャイモン・フンスーという顔ぶれである。

 ファンタジーとスペクタルの要素は、ハイテクCG技術によって舞台劇を超える。さらに「恋に落ちたシェイクスピア」('98)など、アカデミー賞衣装賞を3度も受賞しているサンディ・パウエルの衣装が見ものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2011

1940.軍港・ヨコスカ(番外編)

110709_074_320_2110709_077_320 米軍基地の近く、「ベイスクエアよこすか」から横に延びる道が「ドブ板」通り。
 かってドブ川の上に板を張って、周囲に商店が並んだ通りも、きれいな石畳の道になった。

110709_083_320110709_078_320 昼間だったのでバーのネオンは灯ってなかったが、ミリタリーウエアやスタジャンの店は健在だった。

110709_079_320110709_088_320  かってここは水兵さんで賑わっていたリトル・アメリカ。
 今は日本人の観光客の方が多い。

110709_098_320  12年前、横須賀市は「カレーの街」を宣言。明治時代に海軍食として広まったカレーを、再び甦らせた。

110709_095_320110709_094_320   ドブ板通りの行き着くところ、魚藍亭は「よこすか海軍カレー」の認定1号店。
 料理研究家でもある女将は、明治41年発行の「海軍割烹術参考書」のレシピをもとに、昔懐かしい甘口カレーの味を再現した。

 カレー粉・小麦粉を炒めてルーを作る。牛肉(鶏肉)、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ入れて出来上がり。牛乳とサラダの3点セットで850円。
 これが「よこすか海軍カレー」の定義である。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2011

1939.軍港・ヨコスカ(2)

110709_122_320110709_101_320 アメリカ海軍ヨコスカ基地。第7艦隊の修理・補給基地でありアメリカ国外にある唯一の空母・母港。
 在日米海軍司令部も、ここに置かれている。

 中に入るには、申請書とパスポートを出して入国審査!を受ける。つまりここは、アメリカの領地なのだ。

110709_115_320110709_017_320_2 「基地入国」は今回の横須賀巡りの第一の目的、「潜水艦見学」のためだった。

 実は「日米地位協定」によって、横須賀の自衛艦隊のうち潜水艦だけは、米軍基地内のバースを利用している。
 様々な経緯があった様だし不便だが、ここを確保しておく事に意味があると案内してくれた艦長は話す。

110709_102_320110709_105_320   軍事施設だから、基地構内やドックに入っているアメリカの艦船などの撮影は出来ない。あくまでも海上からだけだ。

110709_110_320_2110709_103_320_2  日本の潜水艦の撮影は、可能である。
 乗組員たちとの記念写真や、仲間たちとの写真を数枚撮った。

 ただしそれも外回りだけ。ハッチを開いて潜水艦に降りていくところまでで、カメラと携帯は乗組員に預けた。
 艦内の純国産機器は、他国には知られたくない軍事機密の塊なのだ。

09040700370904070038  今回私たちが見学したのは、第4潜水隊に属する「SS587わかしお」2,400t。

 広島の呉に3つの潜水隊計9隻、横須賀には2つの潜水隊で7隻、「わかしお」は「はるしお型潜水艦」の5番艦として1994年に就役している。

110709_124_320_2  その前年にに三菱重工・神戸造船所で造られた「わかしお」は、全長77.4m幅10m深さ10.5m喫水7.7m。
 三層に区切られた艦内に10名の士官と曹士65名が、3交代で勤務する。240個の蓄電池を積み、ディーゼル電気で推進する。

  魚雷・ミサイルを装備、水中では20ノット、浮上して12ノット、ハワイまで約20日間で到達する。

110709_125_320_3  潜水艦は、護衛艦や駆逐艦などに比べてその防衛能力は極めて高いといわれている。
 天候に左右されず、光もレーダー波も通さない海中に深く潜行し、海洋を自由に航行できる。
 また経済効率も良いと、潜水艦乗りは主張する。イージス艦に比べて、建造費は3分の1だそうだ。

 ただ海上自衛官の中で、潜水艦乗船を希望する若者が少ないのが悩み。
 「海の牙」(46)「眼下の敵」('57)「Uボート」('81)など、戦前の潜水艦映画で知る艦内環境は今もそう変わらない。護衛艦など、他の艦船に比べると確かにきついだろう。
 「携帯が届かない」と下船した隊員もいたと、艦長は苦笑する。

110709_126_320   アメリカの70隻を筆頭に事故の多いロシア、日本近海をうろつく中国、そして台湾・韓国・北朝鮮と、周辺諸国は全て潜水艦を保有している。
 その中で、日本の潜水艦乗組員の能力と艦のシステムや機能は、どこよりも優れていると、艦長は胸を張った。

 アテンドしてくれた高校後輩と防衛大学時代からの親友、来月には艦を離れ海幕の幹部となる。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2011

1938.軍港・ヨコスカ

110709_002_320110709_003_320  横須賀の三笠公園。「坂の上の雲」で話題の戦艦「三笠」が、記念館として保存されている。

 久しぶりに故郷の大先輩・東郷平八郎元帥に会おうと、高校の同窓生たちと訪ねた。

110709_026_320110709_020_320   猛暑の昨日は、防衛大学教授でもある高校後輩のアテンドで、「軍港・ヨコスカ」巡り。
 日米両国の艦船を、陸と海から見学した。

 江戸末期製鉄所としてスタートした横須賀、鎮守府として終戦までは帝国海軍の最重要基地だった。

Aircraft_carrier_uss_george_washing  戦後はアメリカ海軍に接収され、アジア最大の空母の母港として第7艦隊が駐留している。
 総面積236万㎡、軍人・軍属、家族もふくめると2万人が滞在する「ヨコスカ」なのだ。

 昨日は作戦展開中で見る事は出来なかったが、「ミッドウエイ」「インディペンデンス」「キティホーク」に次ぐ4代目として原子力空母「ジョージ・ワシントン」(左の写真)は、ここに係留される。

110709_037_320_5   対岸は海上自衛隊の横須賀地方総監部。また船越地区には自衛艦隊司令部が置かれている。

 右の写真は、その岸壁に係留されている海洋観測船「5104わかさ」と「5105にちなん」。
 「わかさ」は97m×15mで2050t、16ノットで航行する。乗組員は105名。
 「にちりん」は111×17と一回り大きい3350t、スピードも18ノット、しかし乗組員は80名と効率的。

110709_044_320_3  左は掃海艇「683つのしま」、機雷爆発を防ぐため磁気を帯びない木造船である。45×9、乗組員45名、14ノット。

110709_056_320110709_055_320  右は洋上補給船「423ときわ」8100トン。
 インド洋でアメリカやパキスタンの軍艦に油を補給したあの艦である。
 右の写真、黒いロープの様な物が送油管。8100t、167×22と大きい。140名、22ノット。

110709_057_320  自衛艦隊では最大の護衛艦、181「ひゅうが」は13,950t。
 長さ197m幅33m、乗組員340名、哨戒ヘリコプタ7機を搭載して30ノットで航行する。
 アメリカの空母「ジョージ・ワシントン」は、長さが「ひゅうが」の1.5倍の333m、乗組員5000名というから桁違いだ。
 日本のヘリ空母は、もう一隻「いせ」が就航している。

110709_063_320110709_072_320 護衛艦「178あしがら」 は、現在日本が保有しているイージス艦6隻のうちのひとつ。
 コンピュータの塊のような艦で、建造費は1500億円だったそうだ。亀の子型のレーダーが4個360度全てを捕らえる。
 165×21、7,750t、300人、30ノット。

 「あしがら」の兄弟船、イージス艦「176ちょうかい」の建造が、亡兄の最後の仕事だった。ドックマスターとして、東京湾での試験航海のキャプテンを務めた。
 昨日は、兄の形見の「キャプッテン・キャップ」を被って、会場からヨコスカの艦船を眺めた。

178  東日本大震災には、この横須賀を中心に42隻の艦船が救援活動に参加した。
 現在も「救援船」の横断幕を張った艦船が、数隻係留されている。

 アメリカもまた「トモダチ作戦」で、ミサイル駆逐艦や補給船などがヨコスカから三陸沖へ出航した。

                                    ( 続 ) 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2011

1937.3分勝負のプレゼンテーション

 知人・友人から時々著作が届く。そのお返しに、必ずブログで紹介する事にしている。読者諸兄にPRするのが私の役目と思うからだ。

009_512 この本は、友人のアナウンサー・加藤昌男さんの3冊目のノウハウもの。
 NHKの日本語センターで「ビジネストーク」や「プレゼンテーション」など、企業の管理職研修の講師を務める彼が、これまでの経験を一般向けにまとめたものである。

 前の著作は「ことばの説得力」(ブログ1601号で紹介)だったが、今回はさらに具体的な「プレゼンテーション」のノウハウを、実践例も交えた教本とした。

 加藤さんは、著作に同封した手紙にこう書いている。

 ・プレゼンテーションは目の前の相手に向かっての「生(LIVE)の情報伝達」です。

 ・はじめの3分間で趣旨がつたわらなければ、時間をかえても意味がありません。

 ・大事なのは、「ことば」×「映像」×「全身表現」の相乗効果です。

011_512  この本の特徴は実用本位という事で、読者はどのページから読んでも「ノウハウ」が身に付く。
 ひとつのテーマを1ページにまとめ、「1文1行」「イラスト入り」で説明する。
 1ページ3分、これで「プレゼンテーション」の極意をものにする事が出来るのだ。
 つまりこの本自体が、「プレゼンテーション」のノウハウを生かした構成になっている。

 仕事を離れた私たちも、いろいろな会合に出る機会は多い。
 自己紹介ひとつとっても、だらだらと話して何をプレゼンしようとしているのか要領を得ない「老人」も多い。
 そんな彼らに、この本を紹介しておこう。

 「3分勝負のプレゼンテーション」(NHK出版)、定価1200円(税別)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2011

1936.ビューティフル

_512 タイトルは「BEAUTIFL」ではなく「BUTIFUL」である。監督のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥは、「EA」が「I」に変わる世界を描いて見せた。

 カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したデビュー作「アモーレス・ペロス」('98)、同じくグランプリの「バベル」('06)、「21グラム」('03)「美しい人」('05)「愛する人」('09)と彼の作品は、いつも暗く重苦しい。
 しかしなぜか、麻薬のように観客を虜にしてしまう。

 今回の「ビューティフル」もそうだ。スペイン第二の都市、地中海に面した風光明媚な街バルセロナを舞台にしながらも、映される映像は暗く重い。
 陽光はまるでなく、北欧の冬を思わせる街。有名なガウディのサグラダ・ファミリア教会もスモッグで霞んで見える。

338081_01_03_03  バルセロナのダウンタウンの闇の中に生きる、霊媒師が主人公。密入国したアフリカ人や中国人に仕事を斡旋してピンハネして食っている。別れた妻と二人の子供。
 男が末期がんで余命いくばくとない事を知った時から、物語は始まる。愛する子供たちのために、最後の力を振り絞ろうと。

338081_01_01_03 その男を「ノーカントリー」('07)でオスカーを受賞した、スペインの名優ハビエル・バルデムが演ずる。
 その迫真の演技で、今回もカンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した。

338081_01_04_03  注目すべきはもう一人、別れた妻を演じたマリセル・アルバレス。アルゼンチンの舞台女優・演出家で映画は初出演。
 心を病み麻薬に手を出し、娼婦のような荒んだ生活をおくる彼女の存在が、作品を単なる「余命もの」にしない。

 メキシコ出身のイニャリトゥ監督は、尊敬する監督・黒澤明の「生きる」にオマージュをこめて撮ったという。
 また幼い時生き別れた父に捧げる作品と、ラストタイトルの中に書く。

 現代社会の病理をリアルに描きながら、人間の強さと美しさを闇のなかから見つけようと、イニャリトゥ監督もまたもがいている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2011

1935.スーパーエイト

20110413007fl00007viewrsz150x  スティーブン・スピルバーグがプロデュースしてJ・J・エイブラムスがメガホンを執った「夢のコラボ」、初めての共同制作である。

 SF超大作だが空想の世界だけではない。1979年にアメリカで実際に起こった事件にヒントを得ている。

 スピルバーグといえば「未知との遭遇」('77)を撮って、その後のUFOブームを起こした事で知られているが、怖い異星人のイメージを覆した「E.T」('92)でまたブームを再現させた。
 著名なTVプロデューサーでもあるエイブラムスも、「アルマゲドン」('98)の脚本を書いたり「スター・トレック」('09)を監督するなどSF・宇宙ものに強い。
 その二人がコンビを組んだのだから、面白くない筈はない。次のアカデミー賞候補の名にも挙がっている。

338676_01_08_03_5  お話は「アメリカ空軍がひた隠しにする秘密を、8ミリ映画づくりに夢中の少年たちが暴いていく」という、アドベンチャー・ファンタジーである。
 つまりタイトルの「スーパーエイト」とは、70年代に流行した8ミリカメラ「SUPER8」からきている。

 学生時代にスピルバーグの映画に心酔し、彼の8ミリフイルムを編集したというエイブラムは、彼の作品へのオマージュを込めてシーンを作り上げていく。
 「E・T」と「スタンドバイミー」の感動を再び!との予告編は、まさにその通りなのである。

338676_01_07_03 ユーモア・サスペンス・友情・初恋、当時の映画の雰囲気が溢れる作品は、「その時代の映画少年」たちにとっては見逃せないだろう。

 出演した少年たちはほとんど無名。ただ名子役ダコダ・ファニングの妹エル(「ベンジャミン・バトン」'08)が、ヒロインの少女として登場する。

338676_01_02_03  CG技術を多用したVFXは、完成の域にたしたのだろう。SFや宇宙ものによって開発されたこのスケールに、観客はもう驚かない。

 ラスト、タイトルが流れても席は立たない方がよい。「スーパーエイト」が、ここから始まるからだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

1934.世界報道展2011

003_512  毎年、恵比寿の東京都写真美術館で開催される「世界報道写真展」。オランダを皮切りに世界100会場を巡回する展覧会は、先月中旬から始まった。

 世界の今を、そしてその瞬間をひとつでも多く切り取ろうと、シャッターを押し続けた報道カメラマンたち。
 今年も5700人のカメラマンから、10万8000点を超える写真が寄せられた。

 ポスターの写真は、世界報道写真大賞に選ばれた南アフリカのジョディ・ビーバーの作品。
 暴力を振るう夫から実家に逃げ帰ったアフガンの女性が、武装勢力タリバーンによって「逃亡の罪」を宣告され、耳と鼻を削ぎ落とされた写真。
 かの地に暮らす女たちの悲哀と、何かを訴えようとする強い意志が凝縮された一枚である。

005_512_3 この一年、イラク・アフガン・ソマリアなどの戦乱はもとより、バングラディッシュ・ハイチの地震や洪水そして東日本大震災という悪夢のような災害が引き起こされた。
 入選作の多くは、そうした悲劇と悲しみが記録される。

 右上の写真は左から「タイ・バンコックの反政府暴動」(スポットニュースの部2位)「ハイチ地震・犠牲者の死体を投げる男」(一般ニュースの部1位)「パキスタンの洪水」(ニュースの中の人々の部1位)。

008_512 左は「アート&エンタティンメント」の部2位、イタリアのタヴィデ・モンテレオーネの「ミラノ・ファッションショー」の写真。
 真ん中が同じく2位、イタリアのダニエレ・タマーニの写真。チョリータと呼ばれるボリビアの女性レスラーたちの愉快な戦いぶり。
 右は「自然」の部2位、ドイツのラインハルト・ディルシェールの「イワシを追うバショウカジキ」。

 会場には64点の入賞作品が展示されているが、日本のカメラマンの作品はなかった。
 また世界各国のフォトジャーナリストたちの撮った、東日本大震災の「情景」がおよそ10分のスライドで映し出されていた。

 「世界報道写真展2011」は、8月7日まで恵比寿の東京都写真美術館で。入場料は700円(シニア400円)。     

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »