« 2040.善き人 | Main | 2042.マイウェイ »

January 22, 2012

2041.鹿児島の夕べ

120120_013_640120120_009_640  週末、東京プリンスホテルで開催された「鹿児島の夕べ」、キーワードは「本物。鹿児島県」である。

120120_024_640  「本物の持つ力は、人を元気にします。
 例えば、自然の雄大さに息をのむこと、伝統文化の美しさにひたること、食や温泉の豊かさにつつまれること。
 多彩な魅力を持つ鹿児島県には、ここにしかない本物があふれています。
 さあ、あなたを元気にする鹿児島で、心に力を満たしてください。」
 知事を先頭に、主催者たちがこう呼びかける。

120120_023_640  出席したのは、ボランティアで鹿児島PRに務める「薩摩大使」や流通・観光業界の人たち。
 地方自治体が主催する東京でのパーティーには珍しく、会費制である。
 5年前、「鹿児島の人たちの税金でご馳走をいただくのは申し訳ない」と、薩摩大使や県人会から提案された。

120120_020_640  会場には、かごしまブランドの農産物や伝統工芸品、指宿や志布志・奄美・枕崎などのグルメが並び、試食もできる。
 鹿児島の繁華街・天文館からは、きれいどころがやってきて焼酎のサービス。

120120_016_640120120_015_640   そんななか、今年の話題は「宇宙焼酎」だった。

 宇宙焼酎は、昨年5月にスペースシャトルで打ち上げられ、国際宇宙ステーションに16日間滞在した「酵母菌」と「麹菌」えお使って仕込んだもの。
 鹿児島大学と酒造組合が共同して企画した試み、宇宙の時間が「菌」にどんあ影響を与えるかの実験だった。

120120_025_640_2   菌は鹿児島大学で培養され、昨年秋には12社の蔵で仕込まれた。そして先週、試飲会が開かれて大好評だったという。
 会場でも幾つか味わってみたが、上品な甘さとキレ、それになんと言っても「宇宙のロマン」が味わえた。

 「焼酎・宇宙だより」は今週27日から全国で販売されるが、12社の焼酎900ml12本セットで2万4000円。それぞれの蔵の銘品を飲み比べたらいかが。

 「薩摩大使」のひとりとして、ぜひお薦めする。

|

« 2040.善き人 | Main | 2042.マイウェイ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93334/53794577

Listed below are links to weblogs that reference 2041.鹿児島の夕べ:

« 2040.善き人 | Main | 2042.マイウェイ »