« January 2013 | Main | March 2013 »

February 28, 2013

2251.レッド・ライト

130216_640  シチュエーション・スリラー「リミット」('10)で知られる、スペインの新鋭監督ロドリゴ・コルテス。
 彼の長編3作目も新感覚のミステリー・エンターテインメント、前作同様コルテスは監督・脚本・編集・製作をひとりで負う。

 ただこれまでの作品とは異なり、今回はハリウッドとも組んで製作費を増やし、オスカー2回受賞の大物俳優ロバート・デ・ニーロを伝説の超能力者に配した。
 だからポスターもチラシも彼のアップである。

343964_01_03_03  しかし主役は彼ではなく、超能力者のイカサマを科学の力で見破ろうとする物理学者である。
 その役を、「ダークナイトライジング」('12)など「バットマンシリーズ」に出演した、アイルランド出身のキリアン・マーフィーが演ずる。

343964_01_02_03  そしてもう一人、マーフィーを助ける共同研究者役がシガニー・ウイーバー。
 彼女は、「愛は霧の彼方」('88)などアカデミー賞3回ノミネイトのベテラン女優である。

 スタッフはスペイン組だが、ニューヨーク生まれのロバートとシガニーを起用して、バルセロナとトロントで撮った。

 スリラー映画にしては、ちょっと理屈っぽい。
 「認識のヅレ」や「錯覚」、「人間の脳ほど当てにならないものはない」と、予告編やチラシが宣伝しているせいでもある。
 「マジックの世界、メディアの世界、そして科学者が研究する学問の世界、レッド・ライトはその知覚のメカニズムを探る映画である」と、監督も強調する。

343964_01_01_02  ただそんなに肩に力を入れて見なくてもよい。
 予知や透視、テレパシーに瞬間移動、空中遊泳や宗教臭の奇跡など、一見科学的に説明出来ない超常現象も、底が割れれば驚く事もない。
 作品は、超常現象的なペテンを扱っているに過ぎないのだ。

 そしてラスト、観客は椅子から転げ落ちる。
 エンドタイトルロールが終わったあとのワンカットも、ペテンなのだろう。
 先々週、この映画の宣伝のためのウオーキングに参加したが、6っの「謎解き」も常識のレベルだった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 26, 2013

2250.早春・南房総

130224_001_640130224_010_640  首都高湾岸線~東関東自動車道~京葉道路~館山自動車道~安房グリーンラインを経て南房総国定公園・白浜に。

 マンション前を朝8時に出発した今年の「町会日帰りバス旅行」、最初のイベントはフローラルヴィレッジでの「お花摘み」だった。

130224_017_640_2130224_028_640130224_052_640130224_014_640   

 野島灯台のすぐ近く、太平洋の黒潮に洗われる白浜は、気候温暖の花の産地。
 露地栽培ながらストックやポピー、ラベンダーなどが花盛り、おひとり500円、10本の花を摘む。

130224_067_640130224_073_640  楽しみのお昼の食事と温泉は、富浦にあるホテルで。
 大房岬の丘に立つホテルからは、早春の陽光に輝く東京湾越に、洲崎の灯台を眺める。

 町会の「日帰りバス旅行」は年1回のイベント、今年も80人が参加した。
 参加費はバス代に飲食費、そして花摘みなどイベントの経費を含めてひとり4000円。
 町会費や区からの「地域活動活性化補助金」もあるので、参加費が安く抑えられる。
 だから、お年寄りたちが最も楽しみにしている町会行事なのだ。

130224_086_640130224_081_640130224_085_640130224_088_640

 午後のイベントは、「いちご狩り」。
 30分間食べ放題で、一般の入場者は1500円だそうだ。
 暖かいビニールハウスのいちご畑で、参加者は夢中になって美味しい実を捜す。
 20分も食べたら満腹、併設の野菜直販所で房総名産の菜花や芽キャベツ・パセリを購入。

130224_108_640  帰りは富津館山道から東京湾アクアラインへ。
 木更津にオープンしたアウトレットのモールが大評判で、連絡道は大渋滞している。
130224_098_640_4 海ホタルで休憩をとって首都高湾岸線に。ここからはわずか30分、自宅前に到着したのは午後7時過ぎ。

 満月の光が、東京湾を照らしていた。   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2013

2249.早春・葛西臨海公園

130210_050_640130210_049_640130210_047_640130210_039_640

 空気は冷たかったが早春の陽光に誘われて、葛西臨海公園で水仙を愛でる。
 ここは家から電車で4駅20分、都内でも有数の広さ(81万㎡)をもつ公園である。

 東京湾沿岸の自然環境を再生しようと整備された公園は、25年前にオープン。緑の浜辺、都民の浜辺、楽しい浜辺、頼もしい浜辺がテーマだそうだ。

 隣接する人口なぎさの海浜公園や鳥類園・水族園は、これまでもブログで紹介したので、今回は今見頃の20万本の水仙と直径111m・日本一の大観覧車を、新しく購入した「ペンタックスQ10」で。

130210_028_640130210_032_640130210_023_640130210_040_640_2      

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 23, 2013

2248.歌舞伎~江戸の芝居小屋展

Renew_ph 4月にオープンする第五期歌舞伎座、その開場を記念して六本木のサントリー美術館で、「歌舞伎~江戸の芝居小屋展」が開催されている。

302_065_640  日本を代表する伝統芸能の歌舞伎は、1603(慶長8)年の出雲の阿国の登場に始まり、遊女歌舞伎~若衆歌舞伎~野郎歌舞伎と引継がれ、元禄時代には上方・江戸で大きく花開いた。

302_057_640 302_056_640_2  その歌舞伎の大きな特徴のひとつが、芝居小屋の中で行われる「役者」と「観客」の応酬だと言われている。
 つまり歌舞伎の歴史は、芝居小屋=劇場の変遷だったといってもいいのだ。

302_063_640  今回のオープン記念展はその劇場空間にスポット当てて、出雲の阿国の舞台姿(右の「阿国歌舞伎草紙」)や、京の名所となった芝居小屋を描いた屏風絵、さらには幕府公認の芝居小屋の一つであった中村座を描いた菱川派の肉筆画など、重要文化財・重要美術品の数々が並ぶ。

302_064_640_2  面白かったのは、西洋の遠近法を駆使して劇場内部を描写した浮絵(左「百夜草鎌倉往来」)など、芝居小屋の観客を中心に描いた大判錦絵である。
 芝居を見ながら酒を酌み交わしご馳走をパクつく庶民、桟敷席に居並ぶ大奥の女中たち、あの「絵島生島事件」を思い起こすような絵に思わずニヤリとする。(第1章 劇場空間の成立)

302_062_640   もう一つの展示の見所は、スターのプロマイド「役者絵」と歌舞伎から影響を受けた時代の流行を描く錦絵(第2章 歌舞伎の名優たち)。

 右は「役者はんじ物 市川団十郎」、歌川国貞が1812(文化9)年に描いた錦絵だから、成田屋五代目か六代目がモデルだろう。
 先日惜しくも逝去した団十郎が十二代目だから、六代遡る役者となる。

302_061_640_2302_060_640_2  江戸市井で流行した歌舞伎ファッションの例が、二つの錦絵。
 左の歌川豊国の「高麗屋格子の松本幸四郎(福嶋や清兵衛)と岩井半四郎(げいこかしく)」、そして右はその高麗屋格子を身に纏った船宿の女将を描いた「東都堀名所 山谷堀」(歌川国麿画)。
 歌舞伎は、こうした「観客」たちに支えられて発展してきたのである。

 歌舞伎座新開場記念展「歌舞伎~江戸の芝居小屋」は、3月31日まで六本木・ミッドタウンのサントリー美術館で。入館料は1300円。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 21, 2013

2247,塀の中のジュリアス・シーザー

302_004_640  ベテラン俳優たちも真っ青になった素人役者によるシェークスピア劇「ジュリアス・シーザー」。
 フィナーレで観客はスタンディング・オペレーション、誇らしげな役者たちの顔。
 照明の消えた舞台から帰る彼らの行き先は、重警備棟の独房だった。

343924_100x100_006  イタリア・ローマ郊外にあるレビッピア刑務所、ここでは重罪犯たちの矯正を目的に、毎年「演劇実習」が行われる。

 希望者からオーディションによって役を決め、このプロジェクトの責任者である舞台芸術監督のファビオ・カヴァツリの指導を受ける。
 一般市民をも入れた刑務所内の劇場公演まで半年、囚人役者たちの稽古が始まる。

343924_100x100_003343924_100x100_004  今回の演目は「ジュリアス・シーザー」。
 シーザーの役はアルクーリ、麻薬密売のボスで刑期は17年。
 キヤシスはレーガ、殺人罪で終身刑。
 ブルータスはストリアーノ、マフィア犯罪で14年6ヶ月。
 アントニーのフラカス刑期26年、ルシアルのカッロ終身刑など、役者たちの刑期は10年以上のオール重罪犯なのだ。

Taviani_msg_2   独房で、踊り場で、球技室・運動場と他の囚人たちの見守る中、稽古が続く。

343924_100x100_005  シーザーを演ずる役者は風格がつき、独裁者の風貌は麻薬密売のボスとなり、盟友に対する裏切りに懊悩するブルータスは、マフィア時代の裏切り者に同化していく。
 友情・裏切り・反権力、シェイクスピア劇が喚起する感情は、囚人たちを現実と虚構の狭間に追い込んでいくのだ。

343924_100x100_002  鬼気迫る囚人たちの演技をクールに捉えて行くのは、パオロ&ウィットリオ・タヴィアーニ監督。
 83歳と81歳の兄弟は、「父/パードレ・パドローネ」('77)でカンヌ国際映画祭パルムドール、「サン・ロレンツオの夜」('82)でグランプリを受賞したイタリアの巨匠。
 この作品で、映画の持つ「虚」と「実」を見事に昇華させて、昨年のベルリン国際映画祭金熊賞(グランプリ)を受賞した。

Story_img02  オーディション風景から稽古をモノクロで、舞台シーンをカラーで撮ることで、ドキュメンタリーとフィクションをマジカルに融合させたタヴィアーニ兄弟の演出。
 80歳を超えても、まだ止まらぬエネルギーをスクリーンに叩きつける二人には、脱帽するしかない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 19, 2013

2246.ゼロ・ダーク・サ-ティ

302_012_640  パキスタン・アポッターバードにある要塞のような大邸宅。
 2011年5月1日の午前0時30分(ゼロ・ダーク・サーティ)、ここを2機のブラックホークが襲った。「ジェロニモ捕獲」作戦である。

 攻撃隊員はネイビーシールズ・チーム6、女子供を含め22人の居住者のうち男3人女2人が射殺された。
 そのひとりが、あのオサマ・ビンラディンだった。

344170_100x100_009_2  映画のラスト20分は、この襲撃の一部始終を赤外線カメラでリアルに再現する。
 撮影のためにヨルダン・死海のほとりに建てられた邸宅は、室内もふくめビンラデンの隠れ家をそっくり再現したものだった。

344170_100x100_006  イラク戦争中の米軍爆薬処理班の兵士たちを描いて、アカデミー賞作品賞ほか6部門を受賞した「ハートロッカー」('08)。
 この作品を製作したキャスリン・ビグロー監督と脚本のマーク・ポールが、再びコンビを組んで撮った映画である。

 二人は、世界各国で「事件」に関わった多くの人たちにインタビュー、その証言を基に「9.11」からの10年の「真実」に迫ったのである。
 「本当は、何が行われたのか」と。

302_010_640  衝撃的な事実、それはビンラディンを追いつめたのが、一人の若い女性だった事だった。
 彼女はハイスクール卒業後CIAにリクルートされ、分析官となった。そして数年後パキスタン・イスラマバードにあるCIA支局に送られる。
 多額の予算を使いながらも、なかなか成果が上がらない「ビンラデン追跡チーム」が、彼女の情報収集力と天才的な分析力をかったのだ。

344170_100x100_001_2  映画はジェシカ・チャスティン(「ヘルプ」'11でアカデミー賞ノミネイト)が演ずる分析官の、死と隣り合わせの「日常」をドキュメンタリータッチで描いていく。

 話はシンプルだが、エンターティンメント映画を超える緊張感と迫力あるストーリー展開が、158分という長尺を飽きさせない。
 それは、フィクションを超えた真実に迫ろうとする、女性監督の演出力の賜物なのだろう。
 60代の彼女は、アクションを得意とするハリウッドでも特異な監督として知られている。

344170_100x100_002  映画が、「ビンラディンを殺すアメリカの正義」側に立つプロパガンダではない事も、作品を際立たせた要因である。

 CIAが、世界8カ国以上に設けた「ブラックサイト(秘密収容所)」の実態や、アルカイダの「兵士」たちに加えられた拷問や、肉体的・精神的虐待も真正面から捉えているし、アメリカ政府が隠し続けているCIAの汚点も明らかにしている。

344170_100x100_012  一方でまた、世界各地で次々と発生する爆破テロが、決して「聖戦」ではないことを事実でもって見せる。
 それだけに、映画を見終わった後の「脱力感」はどうしようもない。

 ヒロイン・ジェシカの類い稀な演技力は、ゴールデン・グローブ賞主演女優賞をもたらし、今月末決まるアカデミー賞で主演女優賞はもちろん、作品賞・脚本賞など5部門に「ゼロ・ダーク・サーティ」はノミネイトされている。 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 17, 2013

2245.都営・西武ふれあいウオーク

130216_002_640 午前9時、都営大江戸線「築地市場駅」コンコースに集合。
 昨日は冷たい強風にもめげず、東京都交通局と西部鉄道が主催する「ふれあいウオーキング」に参加した。 

130216_640_3  「場所ごとに眺めがかわる10以上の橋、文化・伝統を感じる屋形船やお寺、見上げた先には東京スカイツリー・・・・。
 下町ならではの風情を感じながら壮大なウオーターフロントを歩いて、コースに仕掛けられた6つの"謎"を解き明かしませんか!」

 クイズラリーは先週公開された映画「レッド・ライト」の仕掛け、主人公サイモン・シルバーからの挑戦状である。

130216_005_640130216_011_640130216_017_640130216_018_640

 コンコースで受付を済ませ地上にあがると、そこは朝日新聞社前。
 築地の交差点をわたって、まず築地本願寺に参拝。そのあと市場に寄り道して今夜の食材を確保する。

130216_019_640130216_021_640130216_023_640130216_030_640

 最初の謎解きポイントは、「かちどきのわたし」。
 勝鬨橋をわたって晴海に向う。
 冷たい強風で駅前の自転車はなぎ倒されている。

130216_031_640130216_036_640130216_037_640130216_041_640

 勝どき駅上の第2ポイントでクイズに答えて、晴海アイランドトリトンスクエアへ。
 春海橋からスカイツリーを眺めながら豊洲のベイエリア・マンション街、その都営バス豊洲一丁目バス停が謎解き第3ポイントだった。

130101_005_640130101_019_640130216_042_640130216_045_640

 通いなれた富岡八幡宮と深川不動尊にお参りして、越中島バス停第4ポイントで謎解きに挑戦する。
 相生橋をわたると、そこは佃島。

130216_047_640130216_049_640130216_053_640130216_054_640

 東京駅に向う都営バスの停留所佃二丁目。

 第5ポイントを抜けると隅田川が見える。
 ここまでで凡そ2時間、佃公園ではもうお弁当を開くグループもあった。

130216_056_640130216_062_640130216_065_640343964_01_01_02

 赤い佃小橋を渡って月島もんじゃ通りに出ると、ゴールは近い。
 都営大江戸線月島駅の第6ポイントで最後のクイズに答えると、映画「レッド・ライト」の主人公サイモン・シルバーから記念の品が頂ける。

 築地市場から月島駅まで直線距離はわずか2キロ足らずだが、ウオーターフロントを回遊する今回のラリーの距離は10キロ、1万5000歩のウオーキング。
 ここまで2時間30分、冷たい風もなぜか心地よかった。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2013

2244.ストロベリーナイト

302_002_640_3 警察小説で新時代を切り開いた、誉田哲也のベストセラー「姫川玲子シリーズ」。
 その第4作でシリーズ最高傑作といわれる「インビジブルレイン」が原作で、「ストロベリーナイト」は昨年フジテレビが連続ドラマ化した時のタイトルである。

343364_100x100_013  ノンキャリアながら異例のスピード出世した女性警部補・姫川(竹内結子)がヒロイン。
 警視庁捜査一課の「姫川班」班長として4人の男性刑事を指揮し、数々の難事件を解決してきた。

343364_100x100_004  しかし今回は連続殺人事件を追う中で、「禁断の恋」にのめり込んでいくというストーリー。
 相手は暴力団若頭補佐(大沢たかお)、トラウマを抱えたヒロインがその極道に同じ「闇」を見てしまったからだ。

343364_100x100_002  「インビジブルレイン」の原作名が意味するように、今作は「雨」がキーワードとなる。
 ラストのワンシーン以外は全て雨の世界。豪雨、霧雨、時雨とヒロインの感情を雨が綴る。
 それは高校時代に性的暴行を受けた、ヒロインの涙に重なる。

343364_100x100_006_2  登場人物とくに警察側は、テレビと同じキャストが並ぶ。

 姫川班のエースでヒロインに恋している菊田巡査長(西島秀俊)と最年長のベテラン石倉巡査部長(宇梶剛士)、若手の巡査長二人(小出恵介・丸山隆平)がチーム。

343364_100x100_008_2  さらにはヒロインにゾッコンの所轄の刑事(生瀬勝久)、天敵の勝俣班班長(武田鉄矢)にライバル警部補(遠藤憲一)、直属上司(高嶋政宏)、管理官(渡辺いっけい)などなど。
 そして捜査一課長(三浦友和)と刑事部長(田中哲司)。

 誉田作品だけに警察組織内部の葛藤・対立が上手く描けている。
 彼の代表作のひとつ「ジウ」は警視庁特殊犯捜査係の内部対立、「国境事変」は公安と刑事警察の対立が軸となっていたが、今回は組織犯罪対策四課と捜査一課との主導権争いである。
 そして何時もの様に、保身に走るキャリアの上司と正義を旗印にするノンキャリの現場との葛藤となる。

343364_100x100_007  原作を読んでいる人、連続テレビドラマを視聴した人、初めて映画で出会った人と、作品に対する評価が異なるのは当然だが、今回は西島対大沢というフアンによる好みが加わる。
 それは、西島「刑事」の哀しみと大沢「極道」の男の色気である。

 結末はともかく、過去の傷を背負うヒロインの凄味に、二人の男の感情がぶつかって「ストロベリーナイト」となった。    

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 14, 2013

2243.エル・グレコ展

302_011_640  ベラスケス、ゴヤと並んでスペイン三大画家と呼ばれるエル・グレコ(1541~1614)。
 しかしその名が示すように、彼はスペイン人ではなくギリシャ人(Greco=Greek)だった。

Image  クレタ島に生まれヴェネチア・ローマでの修行を経て、スペイン・トレドに辿り着く。
 宗教画家、教会建築家としてスペイン美術の黄金時代を築き上げた巨匠、今年は彼の没後400年を迎える。

 東京都美術館のリニューアルを記念して開催された「エル・グレコ展」は、プラド美術館やボストン美術館、トレドの美術館など世界中から集められた油彩とテンペラ画の傑作51点からなる。

302_013_640_3302_024_640   高さ3mを超す大作にして最高傑作のひとつ「無原罪のお宿り」(左上のポスター・部分)をはじめ、聖人像の傑作「悔悛するマグダラのマリア」(右)など、彼の代表作が25年ぶりに日本に集結した。

 展示の構成は4章に分かれる。

 まず第1章は「肖像画家としてのエル・グレコ」である。
302_019_640_2 有名な肖像画「修道士オルテンシオ・フェリス・パラピシーノの肖像画」(右)は、詩人・説教師として活躍した友人を描く。

302_016_640_2  また幼子イエスに乳を与えるマリアと両親を描いた「聖アンナのいる聖家族」(左)や「聖パウロ」「聖ペテロ」など22点が並ぶ。

 第2章は「クレタからイタリア、そしてスペインへ」
302_021_640_3  クレタでビザンチン様式のイコン画を描いていたドメニコ・テオトコプーロスが、エル・グレコと称されるようになるまでの変遷を8点の絵で綴る。

 右の「受胎告知」はローマを去る直前に描かれた、イタリア時代の画業の総決算といわれる重要作。

302_041_640  第3章は「トレドでの宗教画:説話と祈り」
  エル・グレコの作品の中で最も多いのが、個人が祈りを捧げるための祈念画。

 兵士たちに着衣を剥ぎ取られるキリスト受難を描いた左の「聖衣剥奪」、トレド大聖堂の聖具室を飾る大作に倣って制作した小品(75×43)など8点で構成される。

302_015_640 最後の章が「画家にして建築家:近代的芸術家の祭壇画制作」
 トレドにある多くの教会・修道院の祭壇画は、エル・グレコの作品で飾られている。
  彼は画だけでなくそれを取り付ける衝立も自ら設計し、絵画・彫刻・建築が一体となった総合芸術を目指した。

 右の「聖マルティヌスと乞食」は、サン・ホセ礼拝堂の祭壇画のレプリカ。彼自身が描いたもので、最近発見された優品である。
 冒頭のポスターで紹介した「無原罪のお宿り」(347×174)も、トレドのサン・ビセンテ聖堂の主祭壇画で、今回展示されている最大の作品となる。

 「エル・グレコ展」は上野・東京都美術館で4月7日まで公開。観覧料は1600円。 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 12, 2013

2242.マリーゴールドホテルで会いましょう

302_005_640  原題は「The Best Exotic Marigold Hotel」。
 イギリスからインドの高級リゾートホテル(将来そうなる予定!)にやってきた、お年寄り7人の素敵な毎日をブログで綴った映画ですが、さて。

 神秘の国にやってきた7人を演ずるのは、イギリスの超ベテランの名優たち。

343963_100x100_001  まず主役のブログ執筆者は、亡夫の借金を払うため家を売ってしまいインドで仕事を見つけようとやってきた未亡人。
 アカデミー賞に6回ノミネイト、「恋におちたシェイクスピア」('98)でオスカーを受賞したジュディ・デンチ78歳。

 オスカー俳優のビル・ナイ(「ラブ・アクチェアリー」'03)63歳とペネローブ・ウイルトン(「マッチ・ポイント」'05)64歳は、娘に退職金をとられてしまった定年夫婦の役。

343963_100x100_004  トム・ウイルキンソン(「フィクサー」'07でアカデミー賞ノミネイト)64歳は、判事を退任して元恋人を探しにやってきたゲイ。

 アカデミー賞ノミネイト6回、「カルフォルニア・スイート」('78)など2回オスカーを受賞したマギー・スミス78歳は、安い費用での股関節手術が目的のオールドミス。

343963_100x100_005  そして男漁りが目的の寡婦セリア・イムリー(「恋のロンドン狂騒曲」'10)58歳と、若い女目当てのロナルド・ピックアップ(「プリンス・オブ・ペルシャ」'10)71歳の面々である。

 一方イギリスからの紳士・淑女を迎えたのが、廃墟同然オンボロホテルの若き支配人デブ・パテル22歳(「スラムドッグ$ミリオネア」'09)とくるから、だいたいストーリーは想像できよう。

343963_100x100_003 監督のジョン・マッデンはシェークスピア・カンパニーの芸術監督出身、ジュディ・デンチが出演した「恋におちたシェイクスピア」でアカデミー賞7部門ノミネイト、そして作品賞受賞のベテラン。
 イギリスの誇る名優たちを、色彩豊かな原色の風土で生き生きと演じさせる。

 63歳の監督の彼らに向ける暖かい視線が、この作品の見所であり、観客はそれに感動を覚える。

 高齢者を優しく励ます作品だけに、劇場は高齢者で埋まる。映画の中でもマギー・スミスは車椅子だが、場内でも2人の車椅子の観客がいた
 出演者のなかでジュディとマギーのお二人だけが、私より年上。その元気な姿に「元気」をもらった。 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 10, 2013

2241.特別展「書聖 王羲之」

302_042_640 日中国交正常化40周年を記念して、東京国立博物館で催されている特別展は、書を芸術にした男「書聖・王羲之」の名品の数々。
 唐時代に作られた精巧な摸本をはじめ、有名な蘭亭雅宴の詩集「蘭亭序」の臨本・拓本・摸本など160点余りが展示されている。

302_043_640_4 右はその中でも選りすぐりのひとつ「行穣帖(こうじょうちょう)」。
 中国・宋時代の皇帝のコレクションだった原跡・王羲之の書は、現在プリンストン大学付属美術館が所蔵している。

302_051_640_2  王羲之は、中国4世紀時代に活躍した貴族。
 瀟洒な美しさや爽やかさに加え、先進的な造形を盛り込んだ革新的な書風で、中国の書法を飛躍的に高めた人物として知られている。
 没後も歴代の皇帝に愛好され、王羲之信仰とも言うべき状況を形作った。

302_045_640  特に唐の太宗皇帝は彼を書聖と崇め、全国に散在していた書を集めて宮中に秘蔵しその精巧な摸本を作らせ臣下に下賜した。
 しかしその後、王朝交代による戦乱などで書はほとんど失われ、真跡はもちろん唐時代の摸本すら世界で10点ほどしか確認されていない。

302_044_640  今回はその中から、先の「行穣帳」をはじめ左の「喪乱帖(そうらんじょう)」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)、国宝「孔侍中帖(こうじちゅうじょう)」(前田育徳会蔵)に加え、今回新たに発見された「大報帖(たいほうじょう)」(個人蔵)など6点が特別公開された。

302_046_640_2  王羲之の書で最も有名な作品が、右の「蘭亭序」。
 353(永和9)年に会稽の蘭亭で開かれた「曲水の宴」で、26人の名士が詠んだ詩を綴った詩集の序文である。
 酒興に乗じて揮毫した序は28行324字、酔いが醒めてから何度も書き直したがこれ以上の作は出来ず、彼自身も一生の傑作として子孫に伝えた。

 「蘭亭序」の真跡は、太宗が亡くなったとき副葬として陵に埋めたため残ってはいない。
 ただ唐の時代には、貴族たちが「一家に一石」と摸本や臨本、後には拓本を求めたため、様々な系統に枝分かれした「蘭亭序」が残されており、今回は22点が一堂に会した。

302_050_640  また明の時代には、「蘭亭序」と「曲水の宴」の図を刻した「蘭亭図巻」も作られており、今回は「万暦本」(東京国立博物館)など3点が展示されている。

 特別展「書聖 王羲 之」は、3月3日まで東京国立博物館・平成館で。観覧料は1500円。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 08, 2013

2240.ライフ・オブ・パイ

302_001_640  家族でカナダに移住しようと貨物船で航海中、暴風雨で荒海に投げ出されたインドの少年パイ。
 ようやく乗り込んだ救命ボートには、なぜか縞馬とオランウータンとハイエナが乗っていた。さらに、そこへ泳ぎついたのが獰猛なベンガルトラだった。

344013_100x100_001  喰いつ喰われて生き残ったのは少年とリチャード・パーカーと言う名のトラ、命を賭けた太平洋上227日間の漂流生活が始まる。
 

 カナダ在住のスペイン人作家ヤン・マーテルが、12年前に発表した「パイ物語」が原作。ベストセラーになったこの小説は、イギリスでブッカー賞を受賞する。
 映像化は無理といわれた奇想天外な物語に挑戦したのが、「ブロークバック・マウンテン」('05)でアカデミー賞監督賞を受賞した台湾出身のアン・リー監督である。
 想像を絶する長い漂流を、観客に退屈せず体験してもらおうと初めて「3D」で撮った。

344013_100x100_004 サバイバル・アドベンチャー・ドラマと名うっているが、「絶望」と「希望」という重いテーマを抱えた作品である。
 それをファンタジーで包み込みながらも、観客に哲学的な問いを投げかける。

 極限に追い込まれた人間からはきだされる野性・生存本能・凶暴性、それはベンガルトラと何ら変わりはない。
 ラスト15分で明かされる衝撃の真実が、それを物語る。

344013_100x100_003_3  最新のVFXを生かした圧倒的な映像表現に、感動する。
 幻想的な鯨の舞、カツオに追われるトビウオの乱舞、音もなく星降る夜、夜光クラゲの放つ海中の幻影・・・・。
 デジタル・マジックで生み出されたベンガルトラのリアリティなど、「3D」の概念すら変えた。

 オーデションで選ばれた少年スラージ・ジャルマを中心に、インド映画界のトップ女優タブー(「その名にちなんで」'06)やイルファン・カーン(「スラムドッグ$ミリオネア」'08)など、馴染みの俳優も顔を見せる。
 「もうひとりのシェイクスピア」('13)でシェイクスピアを演じたレイク・スポールが、原作者自身をモデルにした役で登場している。

344013_100x100_002  今月25日に発表される第85回アカデミー賞授賞式、「ライフ・オブ・パイ~トラと漂流した227日」は作品賞・監督賞・脚色賞・撮影賞・視覚効果賞など、11部門にノミネイトされている。

 眼鏡の上に眼鏡をかけるのが煩わしく、「3D」を敬遠していたが今回だけはそれにした。
 途中からはその眼鏡も全く気にならなくなったのは、アン・リー監督の演出の冴えだったからだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 06, 2013

2239.つやのよる

302_640  「北の零年」('04)「今度は愛妻家」('09)など夫婦愛や恋愛映画の名手と言われる行定勲監督が、大人の男と女の「グジュグジュ」した恋愛=愛欲物語を撮った。
 死の床にある奔放な人妻・艶、彼女に関わってしまった男たちの妻や恋人・娘を描く、おかしくも哀しい物語である。

Ph_intro_2  物語は五つのオムニバスで綴られる。
 狂言回しは艶の夫(安倍寛)、彼から「艶危篤」の知らせを受けた男や女たちの困惑が、本物の愛の「かたち」を問い詰める。

343685_01_03_03   第1話は、若いころ艶を犯した従兄弟の作家(羽場祐一)の妻(小泉今日子)と愛人(荻野目慶子)の物語。

 第2話は、艶の元夫(岸谷五朗)と愛人(野波麻帆)と不倫相手の上司(渡辺いっけい)の関わり方。

343685_01_02_03  第3話は、艶のメル友で自殺した男の妻(風吹ジュン)に安倍が絡む。

 第4話は、艶にストーカーされたイケメン(永山絇斗)の恋人(真木よう子)と子連れの元恋人(藤本泉)たち。

343685_01_04_03  最後が、艶に夫(安倍寛)を奪われた元妻(大竹しのぶ)と二人の間の娘(忽那汐里)の物語となる。

 タイトルの「つやのよる」は、男たちの「艶との夜」と愛の結末である亡くなった艶の「通夜の夜」のキーワードといえる。

20120904010fl00010viewrsz150x  原作は、「切羽」('08)で直木賞を受賞した井上荒野の同名小説。
 彼女の作品の映画化は日本で初めてだが、韓国では2年前に彼女の「帰れない猫」がスクリーンを飾った。
 この「つやのよる」を見て、彼女が井上光晴の長女だった事を初めて知る。

 ベテラン女優たちの競演が見ものだ。 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 04, 2013

2238.特別展「飛騨の円空」

302_005_640 円空が彫った屈指の名作「両面宿儺坐像(りょうめんすくなざぞう)」、「日本書紀」にも登場する異形の飛騨の怪物。
 大和朝廷に従わなかった古代の飛騨の豪族を、象徴的に表したものといわれている。

302_040_640_2  岐阜・高山の千光寺にあるこの像は総高87㎝、顔が二つ手が四つ、刀を佩き斧を持って岩の上に座す。
 村人たちはこの像を仏と崇め、信仰した。

 東京国立博物館140周年を記念する特別展は、「飛騨の円空~千光寺とその周辺の足跡」と題し、千光寺の61体を中心に、高山市内に所在する100体の円空仏を展示している。

302_010_640  円空は、江戸時代初期(1632~1695)の修験僧。美濃に生まれ美濃でその生涯を閉じるまで、北は北海道から南は近畿までを巡り、立ち寄った村々で仏像を彫った。

 漆や色を施さず木目や節を見せ、「木」そのものを生かして造られた像は円空仏と呼ばれ、全国に5000体以上が現存している。

302_006_640  円空仏は、旱魃や豪雨に苦しむ村人たちの、切実な願いに応じて彫られたものが多い。
 右の「三十三観音立像」は、病に苦しむ人たちに寺から貸し出されたもの。2体戻ってこず、三十一観音立像になった。

302_008_640  左は一本の木を縦に三つに割り、真ん中の「不動明王」は木の表皮側を、両側の「童子立像」は木心側を彫ったもの。

 右上の小さな像は、雨乞い・招福を祈る「宇賀神像」。蛇の身体に老人の頭をのせた像は、雨を待つ村人たちへのプレゼントだったに違いない。

302_007_640  「稲荷三尊坐像」「護法神立像」「龍頭観音菩薩立像」「聖観音菩薩立像」・・・・。
 そして特別開帳・秘仏「歓喜天立像」も。

302_036_640  素朴な円空仏は、暖かく親しみやすい。それは円空自身の人柄と、村の人々との深い絆から生み出されたからだろう。

 今回の特別展は、飛騨に残る円空の足跡をを辿りながら、300年前の人々の生活を、円空仏が語っていく。

 特別展「飛騨の円空~千光寺とその周辺の足跡~」は、4月7日まで東京国立博物館・本館で。観覧料は900円。 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 02, 2013

2237.アルバート氏の人生

301_009_640  構想30年、名優グレン・クローズが女優人生をかけて製作したアイルランドの作品である。
 この作品で脚本を書き主演した彼女は今年のアカデミー賞主演女優賞にノミネイト、共演したジャネット・マクティアも助演女優賞、二人の女優を「男」にしたスタッフはメーキャップ賞にノミネイトされている。

Albert_note_05  「19世紀のダブリン、真面目な執事アルバートには人に言えない秘密があった・・・・。性別を偽り、ささやかな夢を抱いて生きる人物をグレン・クローズが演じ、圧巻の新境地を見せた」と、一昨年の東京国際映画祭でも最優秀女優賞を受賞した。

 341077_01_01_03 貴族の私生児として生まれ、施設に預けられた彼女は、そこで性的暴行を受ける。
 ひとりで生きていくため、彼女は男になってホテルのウエイターとして働く。
 しかし孤独を癒すため人生を共にする伴侶を求めたが・・・・、と物語は展開する。

Albert_note_10  原作は19世のアイルランドの作家、ジョージ・ムーアの短編小説。
 シンプルな悲劇だが、ユーモアもある作品はオフ・ブロードウエイで上演され、30年前にはグレン・クローズ自身が舞台に立った。
 以来、彼女は映画化を目指して脚本を書き、10年前にはダブリンでのロケハンも済ませていた。

 今年65歳の彼女、「死ぬ前に、大スクリーンでこの役を演じなきゃいけないの」という執念がようやく実ったのである。

Albert_note_08   彼女が作品を託した監督は、女性を撮らせたらピカ一といわれるロドリゴ・ガルシア。
 コロンビアのノーベル賞作家、ガブリエル・ガルシア・マルケスの子息である。
 彼女と彼は、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した「彼女を見ればわかること」('00)や「美しい人]('05)など、数々の作品でタッグを組んでおり、今回でたしか5作品目になる。

Albert_note_03_2  共演はペンキ屋の"大男"に化けたイギリスの舞台女優ジャネット・アクティアのほか、主人公の"彼"がプロポーズしたホテルのメイドをオーストラリアの若手ミア・ワシコウスカ(「ジェーン・エア」'11)、その恋人アーロン・ジョンソン(「キック・アス」'10)など、国際色豊かである。

 アイルランドを代表するシンガーソングライター、シネイド・オコナーの唄う主題歌も、グレン・クローズが作詞している。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »