« July 2013 | Main | September 2013 »

August 31, 2013

2345.謎解きはディナーのあとで

Img193_640 2年前に本屋大賞を受賞した、東川篤哉のミステリー小説が原作。
 その年の年間ベストセラーでも、一位を記録した。

 話題作をただちにドラマ化したのが、フジテレビ。その年の10月から始まった連続テレビドラマ「謎解きはディナーのあとで」は、平均視聴率16%を超えた。

Img194_640 財閥令嬢の刑事と口の悪い執事の凸凹コンビが、難事件を次々と解決していくというストーリー。
 刑事が北川景子、執事が「嵐」の櫻井翔とアイドル二人に、ノー天気の大会社御曹司の刑事・椎名桔平がからむ。

Img206_640 初めての劇場版ということで、スケールを大きくして舞台を洋上の豪華客船にした。

 横浜を出港した客船で殺人事件発生、休暇で乗船していた凸凹ンビも事件に巻き込まれる。
 そこに何故かノー天気刑事も乗船、日本からシンガポールに送られる「芸術品」の警護役として。

344792_01_06_03 フジテレビらしく、馴染みのキャストを並べた。

 中村雅俊(客室支配人)、桜庭ななみ(その娘で歌姫)、要潤(見習いコック)、竹中直人(泥棒・兄)、大倉孝二(泥棒・弟)、甲本雅裕(警備主任)、鹿賀丈史(船長)、生瀬勝久(ギャンブル好きの社長)・・・。

344792_01_07_02_2 そして宮沢りえが、商店街のクジに当たって乗船したギャンブル好きのおばさんの役。チョイ役と思っていたが、さすが最後に。
 また伊東四朗が櫻井の前任の元執事として、ワンシーンだけ登場という贅沢な配役である。

 豪華客船の中だけが舞台、これまでもアガサ・クリスティなど海外のミステリー作品によく登場していた「密室殺人事件」、ただ今作はミステリー要素よりもアイドル中心のコメディ映画といっていい。

344792_01_01_03 そのせいか夏休みの劇場は、母親同伴の小・中学生で埋まる。全員が女の子、「嵐」のファンなのだろう。
 たったひとりの「高齢者男性観客」としては、小さくなって席に着いた。

Superstar_ph004Superstar_ph001 弁解がましいが劇場に出かけた理由、それは映画の舞台となった豪華客船が「スーパースター・ヴァーゴ」だったからだ。

Idx_124_05_2 8年前のリタイア直後、私はこの船に乗船してマラッカ海峡をクルージングした。
 シンガポールからペナン・ランカウエと船旅を楽しみ、長いサラリーマン生活の垢を落とした。
 スマトラ沖大地震の半月後のクルージング、さすがプーケットには寄らなかったが。

 ヴァーゴ号75,338t、客室935、乗客1870人、乗務員1200人を乗せて24ノットで航海する。
 映画では船長以下乗務員が日本人だったが、私の乗船時は高級船員がノルウエーなど北欧人、あとは香港・マレーシア・タイの船員たちだった。
 いまもアジアを中心にクルーズしている。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 29, 2013

2344.ルーヴル美術館展

011_640_2  先月末から東京都美術館で催されている「ルーブル美術館展」、猛暑も一息ついたので上野に出かけた。

 中世からの西洋美術はもちろん、それらに影響を与えた古代文明の作品からイスラム美術作品までおよそ3万5千点を所蔵する世界一の美術館、パリにあるルーブル美術館は美術愛好者にとっては聖地でもある。

M0deqg0000005knj_2  これまでも「ビーナス」(1964年・国立西洋美術館)や「モナ・リザ」(1974年・東京国立博物館)など、館の秘宝を目玉にした「ルーブル美術館展」は、度々日本で開催されてきた。
 そして今回の目玉は「アルテミス」、18世紀にローマ近郊で発掘された
美しい白亜の彫像は、その地名をとって「ギャビーのディアナ」と称される。
 

 「ディアナ」とは、ギリシャ神話に登場する「狩りの女神アルテミス」のことで、この像がルーブルに所蔵(1808年)されて以来、今回初めて館外に出品された。
 作品名は「アルテミス:信奉者から贈られたマントを留める狩りの女神」。

Img195_640 今回の美術展のテーマは「地中海四千年のものがたり」。
 ルーブルにある八つの美術部門が一つのテーマのもとに結集し、270点を超える貴重なコレクションで地中海の変遷の歴史を辿るオリジナル企画展である。

Img197_640 構成は、古代文明の交流の拠点となったクレタ・キプロス・シチリアの関係性を出土品で綴る「序章・地中海世界ー自然と文化の枠組み」から始まり、BC2000~1000の交流を紹介する「第1章・地中海の始まり」(右の写真は交流のモチーフ船を描いた「黒像式杯」BC520)。

Img199_640 第2章は「統合された地中海~ギリシャ、カルタゴ、ローマ」と、ギリシャ化が進んだオリエント世界が、ローマ文明に統合されていく過程が(左写真は「プロメテウスの伝説が刻まれた石棺240年頃)。
 続く第3章で「中世の地中海」が、十字軍のエルサレム遠征から東地中海沿岸に建国された十字軍国家の稀少ない工芸品で語られる。

M0deqg0000006g23 海洋国家ヴェネチアとオスマン帝国との地中海の覇権争いの時代、西欧の芸術家が描くトルコ趣味の絵画が並ぶのは「第4章・地中海の近代ールネサンスから啓蒙主義の時代へ」(写真右はリオタールが描いた「トルコ風衣装のルヴェット氏とグラヴァーニ嬢」1740年)。

Img203_640 第5章は「地中海紀行」、若いイギリス貴族たちや芸術家たちは「グランドツアー」(修学旅行)と称してイタリアや南仏へ、ナポレオンのエジプト遠征以後は東方まで足を延ばす。
 芸術家たちの瑞々しい目がとらえた作品群が、最終章を飾る(左はシャセリオー作「アルジェリア、バルコニーのユダヤの女性たち」1849年)。

M0deqg0000005msp 273点の展示作品の中から、エピソードを二つだけ。
 右の「赤像式クラテル」(壺)」には、牡牛に変身したギリシャ神話の主神ゼウスが、エウロペを略奪するシーンが描かれている。
 このエウロペ、その後の「ヨーロッパ」の語源となったフェニキアの王女である。

 もう一つは、「ギリシャの英雄ヘラクルスによるエジプト王プシリスの殺害」が描かれた水瓶、その名は「カルピス」。
 といっても日本の飲料水「カルピス」の語源ではない。こちらは「カルシュウム+サルピス(熟酥)」の合成語。

Img196_640 「ミロのビーナス」と並ぶルーブルの「女神」、来日。
 「ルーブル美術館展~地中海 四千年のものがたり」は、9月23日まで東京・上野の東京都美術館で。観覧料は1500円(65歳以上は1000円)

 ちょっと涼しかった上野公園、帰りは不忍池を散策して広小路に。
 蓮の花が、まだ咲いている。

005_640002_640008_640007_640

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2013

2343.ワールド・ウォーZ

Img190_640 前号で紹介した「ホワイトハウス・ダウン」と観客動員数を競っている作品(4~5位)。
 若手イケメンの前号に対し、こちらは大スターのブラッド・ピットが映画化権を獲得して主演した。

 映画監督のメル・ブルックスとオスカー女優アン・バンクロフト(「奇跡の人」'62)の息子、マックス・ブルックスが初めて書いた長編小説が原作である。
 ブルックスは、映画の脚本家出身なのでストーリー展開での映像的イメージが受け、原作はベストセラーになった。
344974_100x100_004
 「ワールド・ウオー」とあるが、国家間の戦争を描いたものではない。
 「Z」と称される新型ウイルス感染者が、ゾンビとなって人間を襲う。Zに噛まれた人間は、12秒でZになってしまう。
 まさに、凶暴化したウイルス感染者対非感染者の最終戦争が、世界中で繰り広げられるのだ。

344974_100x100_001 主役のブラッド・ピットは、紛争の原因を調査してきた元国連職員。
 家族と静かに暮らすために引退したのだが、「Z」の発生の原因を探るために呼び戻された。残された家族の保護を条件に。
 彼は、韓国~イスラエルそして某国のWHO研究所と駆け巡る。

 SFパニック映画だが、最近のアフリカやアジアでの新型ウイルスのバンデミックのニュース映像を冒頭にもってきて、決して絵空事ではないことを示す。

 12年前に「チョコレート」を撮り、ハル・ベリーがアカデミー賞を受賞したドイツ出身の監督、そのマーク・フォスターは「ゾンビ映画を撮ったのではない。世界の終末を描いたのだ」と、話す。
 韓国とイスラエルを舞台に選んだのも、その地域が戦争の火種を抱えているからだ。
344974_100x100_005
 幾つかの痛烈なギャグのシーンに、硬派なメッセージを織り込む。

 韓国での「Z」発症をキャッチした北朝鮮は、数日で全国民の前歯を抜いてしまった。非感染者に噛みつかないように!
 イスラエルでは、エレサレルを高い塀で囲った。パレスチナに回らした分離塀の経験を生かして!
 しかし塀は、「Z」の「人柱」によって乗り越えられてしまった。

344974_100x100_003_2 その「人柱」や旅客機の空中爆破など、CG技術を最大に生かした壮大なスケールの映像が次々と登場するが、出演者は地味だ。

 ブラッド・ピットの妻役ミレイユ・イーノス(「LA.ギャングストーリー」'12)ほか、ジェームズ・バッジ・デール(「ローン・レンジャー」'13)やデヴィッド・モース(「ハート・ロッカー」'08)など脇役俳優が中心。
 あの「終戦のエンペラー」で主役だったマシュー・フォックスも空挺部隊員として、ちょっと顔を出していた。
 ゾンビ役者たちも、意外と怖くない。

 破滅に向かう地球というストーリーだが、後味は悪くなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 25, 2013

2342.ホワイトハウス・ダウン

Img192_640 アーミー・ハーマー(「ローン・レンジャー」)、ヘンリー・カビル(「マン・オブ・スティール」)、そして「ホワイトハウス・ダウン」に主演したチャニング・テイタム。
 顔ヨシ、体ヨシ、演技ヨシ、ハリウッドで台頭する次世代スターたちの作品がこの夏は次々と登場している。

345554_100x100_004 とくに今回、海兵隊出身の警官としてホワイト・ハウスで大統領を守るチャニング・ティタムは、雑誌「ピープル」で「最もセクシーな男」に選ばれたナイス・ガイだ。

20130502004fl00004viewrsz150x 大統領シークレット・サービスの面接に落ちてしまった主人公、仕方なく娘(ジョーイ・キング)とホワイトハウスの見学ツアーに参加するが、そこでテロ攻撃に遭遇、残された大統領(ジェイミー・フォックス)を護衛する羽目になるというストーリー。

345554_100x100_007 大統領を守るか、人質となった娘を助けるか、アメリカ政財界の陰謀が蠢くなか、ヒーローの大活躍が描かれていく。

 派手な銃撃戦、地対空ミサイル、コブラに戦車、ホワイトハウスの中でのカーチェイス、パロディにジョーク、ちょっぴり涙、ハリウッドのアクション映画のまさに王道ともいえる作品になった。

345554_100x100_009 監督がドイツ出身で「破壊王」と呼ばれるローランド・エメリッヒだから、その破壊力は凄まじい。
 議事堂ドームの爆発に始まり、国宝級の文化財で飾られたホワイトハウス内での銃撃戦、大統領専用機「エアフォース・ワン」も撃ち落され、地上3階ホワイトハウスの象徴エグゼクティブ・レジデンスも爆破される。

345554_100x100_013 「インデペンデンス・デイ」('96)「デイ・アフター・ツモロー」('04)「2012」('09)など、地球規模のパニック・アクション映画で知られるエメリッヒ監督だが、今回はこれまで3回もぶっ壊したホワイトハウスの内部に拘って撮った。

Img188_640 そしてテロリストをアラブや北のエージェントではなく、アメリカの「内なる敵」としたところがユニークだ。
 オバマ大統領を彷彿させるオスカー俳優ジェイミー・フォックスの存在感も、今のアメリカならではの配役だろう。

Img189_640 6月には、ジェラルド・バトラー主演の「エンド・オブ・ホワイトハウス」も公開された。
 見る機会はなかったが、アメリカの権威の象徴が次々と攻撃されるのは、なぜか。
 それが単なる偶然だったら良いのだが。

345554_100x100_010345554_100x100_012 今作の脇役は、下院議長にリチャード・ジェンキンス(「扉をたたく人」'08アカデミー・ノミネイト)、大統領警護室長にジェームズ・ウッズ(「ゴースト・オブ・ミッション」'96アカデミー・ノミネイト)、その部下マギー・ギレンホール(「クレイジー・ハート」'09アカデミー・ノミネイト)と、ベテラン俳優が顔を揃えた。

 映画前半に次々と「伏線」が張られ、後半それを「回収」していくエメリッヒ流の演出手法も楽しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

August 23, 2013

2341.処暑・富士周遊

045_640 富士スバルライン5合目(2,305m)から見た富士山頂(3,775.6m)、正午前に到着した一瞬だけ雲が薄れた。

002_640 「そうだ!富士山に行こう」、突然思い立って定期観光バスに乗ったのが先日。

 世界遺産に登録されて皆が注目している富士山、いつも遠くから眺めるだけで登った事はない。
 といっても、山頂までの登山は体力的に無理。せめて5合目から見てみたいと、このコースを選んだ。

005_640_3006_640007_640025_640

 東京駅を8時20分にスタート、中央自動車道を走って山梨県大月から富士吉田に。
 「富士ビジターセンター」で見学を兼ね20分間休憩、富士スバルラインに入る。

026_640028_640  一合目(1,405m)付近はピーカンだったが、三合目(1,786m)あたりは霧の中、山の天気はくるくる変わる。
 時速50キロの制限速度をきっちり守り、およそ40分でスバルライン5合目に到着した。
 今月末まで続くマイカー規制のため、車は少なく渋滞なく目的地に着く。

061_640060_640 富士山を取り巻く多くの神社の中で、山頂にある浅間神社(奥宮)に次いで高所にある、小御岳神社にお参りして近辺を散策する。
 気温は20度、富士吉田が35度だったから、かなり涼しいのだが空気が薄いせいか息が上がってしまう。

041_640035_640 正午前の5合目は、山頂で「ご来光」を迎えた人たちが下山してここでバス待ち、またこれから頂上を目指す人たちが休憩と、売店の並ぶ広場は賑やかである。

 ガイドの説明によると、静岡側からの富士宮・御殿場・須走の3ルートに比べ、「吉田口ルート」の登山者が最も多いという。
 7~8月の夏山シーズンだけでも、富士スバルラインを加えると20数万、今年は30万近くに上るのではと言われている。

066_640086_640123_640080_640
 上左の写真は5合目登山口から撮った「青木ヶ原樹海」。
 貞観の大爆発(864年)で流れ下った溶岩流を、1200年かけて覆った木々が広がる。

129_640122_640_2 5合目で40分過ごした後下山して、その樹海の中を散策する。
 鳴沢村を中心におよそ30㎢、溶岩の上に生えた苔だけを頼りに、ツガやヒメコマツ、ミズナラが生えている。
 

096_640_2107_640_2098_640_2110_640 溶岩の下にある幾つかの洞窟、代表するのが「鳴沢氷穴」と「富岳風穴」。
 今回はおよそ40分、風穴の中を探索した。

 入り口は5m程あったが、中は凹凸があって身を縮めて歩く。
 総延長は200mほどあるが、見学できるのはその四分の一ほどだった。
 ほとんどが玄武岩の一枚板、温度は夏でも2~3度、その昔はここに蚕の卵を保存していたという。

130_640132_640 貞観の大爆発による溶岩流で、三つに分けられた世界遺産「西湖」「精進湖」「本栖湖」を車窓から眺めて、静岡県富士宮に入る。
 霧の「朝霧高原」を通り過ぎた先に、国の名勝・特別天然記念物「白糸の滝」がある。
 

133_640134_640138_640146_640_2 「この上に いかなる姫か おわすらん 
 おだまき流す 白糸の滝」

 富士の巻狩りで立ち寄った源頼朝が詠んだ歌で知られる「白糸の滝」、古富士泥流の上を富士の雪解け水が伏流水となって流れ落ちる。
 高さ20m、湾曲した絶壁200mを、大小数百の滝が玉簾となって落ちる。
 ここも、世界遺産構成要素の一つとして登録されている。

166_640165_640 白糸の反対側にある「音止めの滝」も、曽我兄弟仇討ちのエピソードを伝える。
 巻狩りに潜り込んで、親の仇・工藤裕経を討つために隠れた岩穴や、殺された裕経の墓もすぐ近くにある。
 

170_640_2168_640  今回の旅はここが最終地、夕方5時には富士ICから東名高速道路に入る。
 ところが秦野中井あたりで、二重の追突事故が発生したため一般道路に。
 厚木で再度東名に入ったが大渋滞、東京駅帰着は予定を2時間ほどオーバーして、夜9時近かった。

013_640_2014_640_2016_640017_640

 写真は最初に立ち寄った「富士ビジターセンター」に掲示されていたスライドの再撮。

 今回初めて5合目から山頂を眺めたが、感動は薄い。
 やはり富士山は、遠くから眺めるものなのだ。
 「三保の松原」、そして「我が家のテラス」から。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2013

2340.少年H

Img180_640 グラフィックデザイナー・舞台美術家・エッセイストの妹尾河童が、1997年に刊行した自伝的小説が原作。

Books 河童の旧名「肇」の頭文字をとって「H」と呼ばれた少年と、その一家。
 名もなき家族が昭和の時代を生き抜く物語は、340万超のミリオンセラーとなり、海外でも4か国語に翻訳された。

 映画化は今回が初めて。
 異国情緒ある神戸を舞台に、まだ小学生の少年Hと仲間たちのシーンから始まる。時は昭和10年の初めか。

20130420005fl00005viewrsz150x 仕立て屋の父(水谷豊)と熱心なクリスチャンの母(伊藤蘭)、気立ては優しいが泣き虫の妹(花田優里音)に囲まれて過ごすH(吉岡竜輝)は、腕白坊主。
 しかし根は真面目で正義漢が強く、「ひとこと多い」多感な少年だった。

344301_100x100_009 その少年Hが、「戦争」に巻き込まれた激動の時代をどう生き抜き、何を見て何を感じ取ったかが淡々と描かれていく。

 これまでもアニメやテレビドラマで放送されたが、今回は原作の中から父親に関わるエピソードを選んで構成した。
 脚本は、「ALWAYS三丁目の夕日」シリーズ」の古沢良太。水谷豊主演を念頭に置いて書いた。

344301_100x100_003_2 あの時代に健全な精神と理性的な洞察力を持った父親、「恥ずかしい人間になったらあかんよ」と少年Hを諭す。

 帰国した宣教師から少年Hに届いた絵葉書が原因で、スパイの疑いで特高から拷問を受けた父。
 ポーランドからシベリア経由で逃げてきたユダヤ人たちの、ボロボロの服を繕う父。
 小柄なせいで召集を免れた父は、消防士になり空襲で燃える火に立ち向かう。

344301_100x100_007 結婚以来初めて夫婦共演が実現した、母親役の伊藤蘭。
 隣人を愛しすぎるクリスチャンの信仰に、少年Hは時に反抗するがそれを優しく包み込む。
 母もまた、国防婦人会の役員となって防火訓練の先頭に立つ。

344301_100x100_010 監督は「あなたへ」('12)の降旗康男、キャスト・スタッフの中でただ一人の戦争体験者だった。

 出演は他に、「アカ」として連行されるうどん屋の兄ちゃんに小栗旬、少年Hを非国民扱いで甚振る軍事教練教官・原田泰造、同じ教官で元時計屋の佐々木蔵之助、兵役召集に抗して自殺する元女形・早乙女太一、近所に住む在郷軍人会の会長・国村隼、同じく銀行員の岸部一徳と、脇も豪華版。

 「少年H」は、今年のモスクワ国際映画祭で、特別作品賞を受賞した。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 19, 2013

2339.トゥ・ザ・ワンダー

Img178_640 1973年に「地獄の逃避行」で長篇デビューした、元哲学教師テレンス・マリック監督。
 続いて撮った作品、テキサスを舞台に若者たちの葛藤を描く「天国の日々」('78)は、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

Image_2 20年の沈黙を経てカムバックした作品が「シン・レッド・ライン」('98)、太平洋戦争中の若い兵士を描いたこの映画は、ベルリン国際映画祭で監督賞を受賞する。

 さらに「ニュー・ワールド」('05)、次いで「ツリー・オブ・ライフ」('11)はカンヌでパルムドールに輝く。
 「トゥー・ザ・ワンダー」は、伝説の巨匠と称される彼の6作目である。

 大学で哲学を教えていただけに、彼の作品は神学的色彩が強い。とくに、ある家族の物語を壮大かつ根源的に描いた前作は、それが濃く現れた。

345794_01_03_03 今回はさらに踏み込む。
 永遠の愛を成し遂げられない人間の罪を、神が鋭く見つめる物語なのだ。

 話は、フランス西海岸に浮かぶ小島モン・サン・ミッシェルからはじまる。
 アメリカ人のエンジニアとフランス人のシングルマザーが恋に落ち、やがて愛を育み男の故郷オクラホマの田舎で同棲する。
 快楽を貪る日々、しかしこの地で二人の情熱は少しずつ薄れ、愛もまた不確かなものとなっていく。
 それは、どうしようもない人間の原罪なのだろうか。

345794_01_01_03 恋人たちを演じるのは、ベン・アフレックとオルガ・キュリレンコ。

 脚本家としてアカデミー賞を受賞(「グッド・ウイル・ハンティング」'97)、監督・主演した作品でアカデミー賞を受賞(「アルゴ」'12)したアフレックは、マリック監督に私淑しており最初に手を挙げたアメリカの俳優である。

 監督がノミネイトしたオルガは、ウクライナ出身の女優。最新作「オブビリオン」もヒットした。

345794_01_01_02345794_01_04_03 さらに失意のアフレックに寄り添う幼馴染が、カナダの女優レイチェル・マクアダムス(「ミッドナイト・イン・パリ」'11)。
 神に近づけない心の葛藤に苦しむカトリック神父に、スペインのハビエル・バルデム(「ノーカントリー」'07でオスカー受賞)と、国際色豊かな配役である。

345794_01_06_03 セリフは詩的なモノローグだけ、意識的に説明を省いたストーリー展開は、確かに難解だ。
 しかしワンカット、ワンカットが光の美しさを生かしたアート、鋭く静謐な映像が心を揺さぶる。

 そのカメラ、メキシコ出身のエマニュエル・ベッキ。アカデミー賞ノミネイト5回、マリック監督とはこれで3本目のタッグである。

 バックに流れるのがワグナーやチャイコフスキーの名曲、見る者の心の中に神の存在を確かなものにしていく。

 まさに、ビジュアルと5.1chサウンドが織りなす「究極の映像」の112分である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2013

2338.「花開く江戸の園芸」特別展

Img181_640 将軍から大名・旗本、御家人から長屋の庶民まで、花を愛する国民性と文化生活の高さを、幕末に来日したイギリスの植物学者(プラント・ハンター)ロバート・フォーチュンは、驚きの目でもって賞賛した。

 世界一の植木屋集中地帯の染井・巣鴨、一大庭園化した向島・隅田川河畔など、緑あふれる美しい江戸都市景観、フォーチュンの洋装本から展示は始まる。

 第1章は「花と緑の行楽文化」
 信仰と娯楽を兼ねての寺社巡りは、上野の寛永寺の桜、亀戸天神の藤、海晏寺の紅葉などなど。
 やがて花卉園芸が普及すると、町人が開設した庭園が増える。梅屋敷、花やしき、百花園、歌川広重・歌川豊国・歌川國貞らが描く錦絵が並ぶ。

Img184_640 第2章は「普及する植木鉢と高まる園芸熱」
 染井の植木屋跡地から出土した磁器の数々。
 園芸植物が商品となると、創意工夫を凝らした新品種が生まれる。
 その一翼を担ったのが植木鉢の普及で、植物の運搬を容易にしたその変化が、さらに園芸熱を煽った。
 右、國貞の描く「四季花比くらべの内 秋」は、縁日の植木市に持ち込まれた数々の植物

Img186_640 第3章は「武士が愛した不思議な植物たち」
 左は紀州藩赤坂の下屋敷のお庭、多くの鉢物が並んでいるが武士たちは美しく珍しい植物を「奇品」として愛でた。
 その代表が「万年青」だろう。葉の形や斑の入り方・色などに拘り、競って珍奇な植物を育てた。

Img182_640 第4章は「江戸園芸三花ー朝顔・花菖蒲・菊ー」
 江戸の花卉園芸の中でも特異な発展をみせたのが上の3品種。
 いずれも武士が深く関わり、植木屋がこれを受け継ぎ発展させていった。

025_640023_640 例えば「入谷の朝顔市」、江戸の頃に御家人たちが育てた「変種」が、今も人気を持って並べられる。

Img187_640 江戸の花卉園芸は、明治維新で大きく変化する。
 文明開花の掛け声の中、西洋品種が多種大量に輸入される。

 その代表が「洋バラ」、右の勝川春好が描いた「薔薇図」のように、文化・文政の時代に日本に自生する薔薇を愛でた画家たちもいたが、あくまで少数派。
 明治から昭和、そして平成に至る流れの中で、バラ園は全国に開設され日本を代表する花卉となった。

001_640_2138_004_640138_012_640138_001_640_2

 「江戸東京博物館・開館20周年記念特別展~花開く江戸の園芸~」は、9月1日まで同館で。観覧料は800円。

 上は、「入谷朝顔市」で先月7日に購入した朝顔の、今朝の写真。
 極暑の影響?か、毎朝6~13輪と咲き乱れる。
 江戸の武士たちが愛でて育てた「朝顔」である。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 15, 2013

2337.31年目の夫婦喧嘩

Img177_640 熟年夫婦の朝出勤前の光景、映画の冒頭は「軽いフレンチキス」、映画のラストは妻をテーブルに押し倒す「ディープキス」。
 夫婦の愛のシグナルがなぜこうも変わったのか、一週間の物語がそれを明かす。

345550_100x100_001 シリアスなコメディ映画、オスカー名優二人の演技合戦が作品を支える。
 ガンコで保守的な夫をトミー・リー・ジョーンズ、欲求不満の可愛い妻をメリル・ストリーブ。
 ほんとの年齢をちょっと若くした60代前半という役で、まだまだ枯れてはいない夫婦を演じた。

345550_100x100_004_2 寝室は別、毎日同じ会話の繰り返し、その上5年近くもセックスレス、「死ぬまでこの生活?」と疑問を持ったメリル奥さんは、「滞在型のカップル・カウンセリング」にトミー旦那を誘い込む。

 
 無理やり旦那を連れて行った先が、映画の原題でもある「Hope Spring」。そこにはスティーヴ・カレン(「ラブ・アゲイン」'11)が、真面目な顔して待っていた。 
 一週間4000ドルのカウンセリングが始まる。

345550_100x100_002 「オルガスムス」「エクスタシー」「ラーゲ」「フェラチオ」と、ストレートなセックス用語が飛び交う。それが少しもいやらしく聞こえないのは、二人の演技の賜物。
 会話を通じ、二人の行動の奥にある心理が描かれる。映画はコメディを超えた人間ドラマとなっていく。

345550_100x100_003 脚本を書いたのはヴァネッサ・テイラー、独身女性の彼女が書くリアルな熟年夫婦の描写が話題となったが、それを上手く映像化したのがデビッド・フランケル監督である。

 アカデミー賞史上最多の17ノミネイト、3回受賞の大女優メリル・ストリープとは、「プラダを着た悪魔」('06)についで2本目のコンビ。
 ストリープから指名を受けた監督らしく、今回も「可愛い彼女の女心」を引き出した。

 「不機嫌」「怒り」「照れ」「戸惑い」「自己嫌悪」「歓喜」、多彩な表情でメリルに応じたトミー・リー・ジョーンズ。
 「40才の童貞男」('06)が大ヒット、コメディ俳優としての地位を確立したスティーヴ・カレンが真面目な顔でドクターを演じているのも、この作品の見どころのひとつである。

 どこにでもいそうな旦那と奥さんの映画、劇場内はそんな夫婦や中年女性グループでほぼ満席だった。
 思い当たる事があるようで、笑い声をあげるのは決まって女性たちだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2013

2336.ペーパーボーイ

Img175_640 「世界騒然!スキャンダラスな極上ミステリー」と謳うが、熱い暑いひと夏の「青春残酷物語」である。

 舞台は1969年夏のフロリダの田舎。鰐の棲む沼地に囲まれた町に住む新聞配達の青年が、年上のビッチに恋をして翻弄されながら「男」になるまでを、湿地特有のまとわりつくような蒸し暑さの中で描いた。

345292_100x100_005 登場人物の多くが変態的人物、全編息苦しく「二度と見たくない」と思わせる「生理的不快感」満載の作品だが、アメリカンドリームとは正反対のもう一つの現実を見据えた秀作でもある。

 原作は、登場人物の分身を思い浮かべるビート・デクスターが書いた、ベストセラー小説。
 もともと地方紙にコラムを書いていたジャーナリストだったが、記事にしたある殺人事件の関係者から暴行を受け瀕死の重傷に、以来フィクションの世界に「逃避」したライターである。
 今回は、アフリカ系アメリカ人監督でプロデューサーでもあるリー・ダニエルズのオファーを受け、彼と二人で脚本を書き上げた。

345292_100x100_001 ダニエルズ監督は、'09年に公開した「プレシャス」で脚光を浴びた監督。
 黒人女性の悲惨な生きざまと強い意志を描いたこの作品は、アカデミー賞6部門にノミネイトされ、脚色賞と黒人女性を演じたモニークが助演女優賞を受賞した。

 今回の「ペーパーボーイ」は白人を主人公にしているが、南部アメリカ特有の人種差別とプアホワイトの実態を鋭く抉る監督の視線は、前作と共通している。

345292_100x100_007345292_100x100_004 ハリウッドのスターたちの迫真の演技が評判だ。

 ザック・エフロン(「ヘアー・スプレー」'07)が演ずる主人公ペーパーボーイが惚れたビッチは、オスカー女優のニコール・キッドマン。
 文通だけで婚約した死刑囚を前に行う自慰行為、ペーパーボーイの頭に放尿するシーンなどなど、上品さを封印した体当たり演技を見せる。

 対する死刑囚役ジョン・キューザック(「コレクター」'12)、嫌悪感の固まりの様な演技。
 さらにペーパーボーイの兄、大新聞記者マシュー・マコノヒー(「リンカーン弁護士」'11)の隠された性癖。

345292_100x100_006 物語は、死刑囚の婚約者の依頼で再調査に走る新聞記者と彼を手伝う主人公を軸に、クライム・サスペンス風に描かれていくが、監督のテーマはやはり「残酷な夏の恋物語」だった。
 そこに60年代後半の、大国アメリカの「いかがわしさ」が見えてくる。

 カンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネイトされ、賛否両論の渦を巻き起こしたのも、その「いかがわしさ」だったからだ。
 猛暑のなかで見る猛暑の映画。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2013

2335.東京湾大華火祭

091_640092_640076_640093_640 
 

 東京・夏の風物詩のひとつが、東京湾上を彩る大華火祭。
第25回を迎えた今年は、例年よりスタートを10分早め18時50分にスタート、およそ1時間20分にわたってのカラフルな色彩と大音響が猛暑を吹き飛ばした。

019_640199_640205_640210_640

 晴海ふ頭公園と晴海沖から打ち上げられた花火は1万2000発。
 1,5尺玉10発、尺玉100発、さらには5輪などの芸術玉が加わる。

写真左は「グランド・オープニング」、まだ空がうっすらと明るい。そして写真右が「フィナーレ」、一斉に打ち上げられた花火で真昼の光景。

026_640_2036_640_2190_640_2081_640

 写真は、我が家のテラスから撮ったもの。
 昨年までは「コンパクトデジカメ」のため上手くいかなかったが、今年は初めて「ミラーレス・一眼カメラ」で挑戦した。
 以下はそのデータ。

カメラ:PENTAXQ10、レンズ:06TETEPHOTO ZOOM(15-45mm)
ISO感度:100、シャッター速度:Bulb、絞り:F8

三脚が立てられないので、カメラをテラスの桟にガムテープで固定した。そのため縦サイズのショットは、撮れなかった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 09, 2013

2334.和様の書

Img160_640 「和様の書」とは日本独特の様式で成った書、筆がやや右に傾くような持ち方で書かれ、柔らかく優美だ。
 もとは中国から伝わった「唐様の書」、日本独自の文化の中で日本人の美意識が生み出した。

138_015_640 上野の東京国立博物館・平成館、ここでは今50点を超える国宝の書を中心に、およそ150点の至高の名筆が勢ぞろいしている。
 「美しい文字と好きな書に会いに」と、特別展「和様の書」が呼び掛ける。

Img167_640 絵画に比べて、「書」にはそれほど興味はなかった。「漢字」はともかく、崩した「仮名」が読めなかったからかもしれない。
 しかし「書聖・王義之展」(ブログ2241号)や「杉岡華邨展」(ブログ2252号)を見て、書を文字に拘らず絵画的に捉える面白さに気付いた。
 そして今回、日本を代表する能筆(書)に出会った。

Img161_640 見どころは、博物館のホームページを開いていただく事にして、私が特に興味を持った3点を紹介しておこう。

Img162_640 まず「三跡」という言葉。
 今にち「和様の書」と呼ばれる典麗優雅な書が完成したのは、平安時代の中期。
 この時代に活躍した能書は、基礎を築いた小野道風(右上の書・国宝)、それを発展させた藤原佐理(左の書・国宝)、そして大成させた藤原行成であり、この3人を「三跡」と称した

 「仮名の成立と三跡」のコーナーには、国宝や重要文化財の名筆20点あまりが並ぶ。

Img166_640 この言葉も初めて知ったが、「手鑑」。
 奈良時代から室町時代までの古筆を裁断して、一冊の本に切張りした見本帳(アルバム)である。

 会場には、「手鑑 翰墨城」(右の書)「手鑑 藻塩草」「手鏡 見努世友」「大手鏡」の国宝4点が一堂に会していた。
 江戸の初期、古筆鑑定専門家が持ち込まれた書の、作者の真偽を調べるために整た帖である。

Img163_640 さらに興味を惹いたのが「天下人の書」。

 「和様の書」は平安時代以降は宮廷貴族の教養の一つとされており、今回の展示でも天皇をはじめとする貴族たちの能書が並んだ。
 平安時代の後朱雀天皇(69代)や関白・藤原道長、鎌倉時代も後鳥羽上皇(82代)伏見天皇(92代)後伏見天皇(93代)、安土桃山時代は後陽成天皇(107代)と続く。

Img169_640_2 一方、戦国時代以降の権力者たちの「書」はどうか。
 彼らのもとには、筆の立つ「右筆」と呼ばれる秘書が控えており「書状」は彼らが認めた。
 ただ身内宛の「消息」は、自ら手を執ったらしくその幾つかが残されている。

 左上は織田信長が与一郎に宛てた「書状」(重要文化財)、右上は豊臣秀吉が正妻おねに出した「消息」(重要文化財)。
 それぞれの個性を伺わせる名筆である。

Img165_640  もうひとつ、「仮名」の成立時期を示す貴重な資料。
  2年前に京都の公家屋敷跡から発掘された9世紀頃の土器で、欠片には墨で書かれた「仮名」が読める。

 特別展「和様の書」は、東京国立博物館で9月8日まで。観覧料は1500円。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 07, 2013

2333.終戦のエンペラー

Img174_640 1945(昭和20)年9月27日、アメリカ大使館公邸で会見した連合国軍総司令長官ダグラス・マッカーサーと昭和天皇の写真。
 我々の世代以上の人たちは誰もが知っている、衝撃の写真だった。日本人はこの一枚で、日本帝国が敗れたことを実感した。

Image アメリカ映画「終戦のエンペラー」は、マッカーサーの厚木飛行場到着からこの会見に至るまでを忠実に描く。
 テーマは「天皇の戦争責任」、ただしあくまでもアメリカの視点で。

344808_100x100_001 日本を舞台に日本人を描いたハリウッド作品は多い。しかし日本の観客は、どことなく違和感を感じてきた。
 それは長い歴史と伝統文化に根差した日本人の「ものの考え方」が、完全には理解されなかったからである。
 この映画は、その「限界」をようやく乗り越えた。

344808_02_01_03_640_2 背景に、映画の企画者が日本人女性プロデューサーだった事実がある。
 奈良橋陽子、作詞家・映画監督・舞台演出家としても知られる彼女は、「ラストサムライ」('03)や「SAYURI」('05)「バベル」('07)のキャスティング・ディレクターとしてハリウッドとも深く関わってきた。

 さらに彼女は、宮内次官・関谷貞三郎(映画では夏八木勲が演じた)の孫で、子供の頃祖父からいつも「終戦秘話」を聞かされていた。

344808_100x100_007 もうひとつ、脚本のベースとなった元毎日新聞記者・岡本嗣郎のノンフィクションがある。
 そこには、YWCAの指導者のひとりで恵泉女学院を創設した河井道(1877~1953)と、マッカーサーの補佐官フェラーズ准将との戦前からの交友が描かれていた。

344808_100x100_003 奈良橋プロデューサーは、河井の愛弟子でフェラーズのアメリカでの学友だった一色ゆりの存在を知り、歴史的事実の中にフィクションとしての「悲恋物語」を加えた。

 アメリカ側のプロデューサー、ゲイリー・フォスターは作品に客観性を持たせようと、監督にはイギリスのピーター・ウエバー(「ハンニバル・ライジング」'07)を、また脚本にはブラジル出身の女性ヴェラ・ブラシを加えてストーリーを練り上げていく。
 キャスティングはもちろん奈良橋、それを息子で俳優の野村佑人が支える。

344808_100x100_002 そのキャスティング。

 主人公のフェラーズ准将にはアメリカのテレビで活躍するマシュー・フォックス、マッカーサーはオスカー俳優トミー・リー・ジョーンズ。
 野心家マッカーサーのもう一つの側面を、ジョーンズが上手く演じる。

Img173_640 日本側は実在の人物たち、東條英機(火野正平)、近衛文麿(中村雅俊)、木戸幸一(伊武雅刀)、そして先述の関谷貞三郎(夏八木勲)。
 注目の昭和天皇には、歌舞伎界から片岡孝太郎を招いた。役者としての気合いがこもる。
 今思うと、終戦までの24時間を描いた名作「日本の一番長い日」('67)も、天皇役は歌舞伎界から、八代目松本幸四郎(白鴎)をもってきた。

 フィクションの部分は、フェラーズの恋人に初音英莉子(「ノルウエーの森」'12)、その叔父で駐在武官出身の大将・西田敏行、その妻・桃井かおり、フェラーズの通訳・羽田昌義。
 主人公に日本人の精神文化を教える、西田の流暢な英語が特に印象に残る。

344808_100x100_004 ロケは、ほとんどニュージーランドで行われた。
 オークランド郊外の火災跡地につくられた、焼け野原の東京のセットが痛々しい。
 日本での実写は皇居周辺のみだったようだが、連合国軍総司令部(GHQ)が置かれた第一生命ビルも、見事にセットとして復元されている。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 05, 2013

2332.ローン・レンジャー

Img170_640 時はアメリカ西部開拓時代、テキサスを舞台に活躍する黒マスクの「ローン・レンジャー」。
 先住民「トント」と愛馬「シルバー」と組んで、悪と戦う「正義のヒーロー」の活劇。流れてくるのは「ウイリアム・テル序曲」、あの運動会の音楽だ。

344573_100x100_001  60年代の日本、外国ドラマ「ローン・レンジャー」は、6年間に全211話が放送され高視聴率をあげた。
 「キモサベ(相棒、友達)」「ハイヨー、シルバー」「白人嘘ツク、インディアン嘘ツカナイ」のセリフが、子供たちの間で流行し黒マスクが売れた。

344573_100x100_003 21世紀の「ローン・レンジャー」は、ジョニー・ディップ(出演)×ジェリー・ブラッカイマー(製作)×ゴア・ヴァービンスキー(監督)の「パイレーツ・オブ・カビリアン」トリオによって生まれた。
 そして主役のローン・レンジャーには、若手のアーミー・ハーマー(「白雪姫と鏡の女王」'12)を配し、ディップは悪霊ハンター(トント)に扮してもうひとりの「ヒーロー」となる。

Img172_640Img171_640_2 この半世紀、アメリカ映画では「白人」対「インディアン」「黒人」の関係が大きく変わった。
 従来の西部劇に見られる野蛮で凶悪な「インディアン」は、「先住民」として尊厳ある位置に置かれる。

 だから60年代のテレビ映画で主従関係だった「ローン・レンジャー」と「トント」は、今回「キモサベ」関係になりダブル主役として登場するのだ。

344573_100x100_002 その昔流行語にもなった「キモサベ」、アメリカでは「kemo sabe」と書くポピュラーな言葉だそうだ。
 「頼りになる相棒」を意味するが、語源ははっきりしていない。先住民の言葉で、「友人」「アバッチ族」「斥候」の意味とも言われるが諸説がある。
 しかし今回の映画では、重要なキーワードとなる。

344573_100x100_005 「この夏ー日本中の友(キモサベ)に、この映画を捧ぐ!」と大宣伝する「ローン・レンジャー」、149分の大長編映画のため前半はダレルが、後半に入ると文字通りのジエットコースター西部劇にな
る。

 テレビ映画時代のテーマ曲「ウイリアム・テル序曲」をバックに、白馬シルバーに跨ったローン・レンジャーが颯爽とかけめぐる。
 それを助けるトントと、時にはドタバタしてしまうが、暴走列車上の怒涛のクライマックスは暑さを忘れさせてくれる。

344573_100x100_004 脇役にも、謎の女ヘレナ・ボナム=カーター(「英国王のスピーチ」'10でアカデミー賞ノミネイト)、鉄道王トム・ウイルキンソン(「フィクサー」'07でアカデミー賞ノミネイト)、悪霊の無法者ウイリアム・フィクトナー(「ダークナイト」'08)、テキサス・レンジャーの兄ジェームズ・バッジ・デール(「アイアンマン3」'13)、その妻ルース・ウイルソン(「アンア・カレーニナ」'12)と、ベテラン俳優たちが顔を並べて、「王道エンターテインメント」を盛り上げる。

 最後に私的エピソードをひとつ。
 若いころ、今回ローン・レンジャーを演じたアーミー・ハーマーの祖父に大変世話になった。
 彼はテキサスを中心に石油で当てたハーマー財閥のボス、彼の一声で大物たちが取材に応じてくれたのである。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 03, 2013

2331.夏の旅・伊豆大島

130730_001_640130730_012_640 クルーズ船「にっぽん丸」が停泊していた熱海港。
 この日は62年の歴史を誇る「熱海海上花火大会」の日だった。
 春夏秋冬、年13回も行われる人気の花火である。

 郷里・鹿児島と大阪から上京してきた「竹馬の友」、その昔「ワルガキ4人組」と呼ばれた仲間の小旅行は、熱海からスタート。

130730_025_640130730_021_640 目的地は「伊豆大島」、翌11時私たちは高速ジエット船セブンアイランド「夢」に乗船、岡田港に向かう。
 

 「夢」、翼をアップすると全長30.78m、幅は8.5m、254名の乗客を乗せて時速80キロで航行する。
 出発してスピードが加わると離水、船体は浮き上がり翼走に移る。まるで飛行機に乗っている心地、45分で大島に到着した。

130730_073_640130730_068_640 東京の南西120キロに位置する伊豆大島、東西9キロ南北15キロ、周囲およそ52キロ。
 海底火山の噴火によって島は誕生、「御神火様」と崇められる三原山758mを内輪山・外輪山が囲む。

130730_079_640_3130730_075_640_2
 1986年、三原山の山頂から火柱が天を衝く。
 「大嶋焼出」と記録に残る安永の噴火以来、210年ぶりの大噴火だった。
 山頂から噴き出した溶岩は、内輪山の内側を埋め尽くす。
 島には観光客5000人が訪れ、自然の驚異を楽しんだ。

130730_091_640130730_085_640 しかし6日後、地震が頻発する。
 夕方の4時15分、元町港に近い山腹に割れ目が広がり火砕が噴出、溶岩は町の墓地近くまで流出してきた。
 夜10時50分、町は全島避難を決定。町民1万人は、全ての客船・漁船を動員して島を離れる。
 島に住民が帰還できたのは、一か月後だった。

130730_030_640130730_031_640 大島・岡田港に到着後、車を借りて島を一周する。
 元町港近くの「かあちゃん」に寄ってエビ・アワビが入った「磯ラーメン」で腹拵え、南端の港・波浮に向かう。

130730_033_640_4130730_037_640_2 途中車を止めたのが「間伏地層切断面」。
 一周道路建設で山を切り崩すと、時代の異なる火山灰や礫が重なるバームクーヘンのような層が現れた。
 砂岩層、玄武岩層、安山岩層、「御神火」の歴史を物語る貴重な遺物である。

130730_038_640 「磯の鵜の鳥 日暮れにゃ帰る
 波浮の港は 夕焼け小焼け」

 野口雨情の唄で知られる波浮は、「風待ちの港」として江戸の頃から栄えた。
 与謝野鉄幹・晶子夫妻や大町桂月、幸田露伴など、多くの文人墨客もここを訪れた。

130730_040_640_2130730_041_640 川端康成の「伊豆の踊子」のモデルとなった旅芸人一座も、ここが拠点。
 彼女たちが芸を見せた旧港屋旅館は、「踊り子の里資料館」となって往時を偲ばせる。
 林芙美子もここに滞在して、いくつかの小説を書いている。

130730_081_640130730_048_640  今回の小旅行を企画してくれた友人は、俳人。
 波浮から東海岸を周遊する、「文学の散歩道」を案内してくれた。
 野口雨情や大月桂月、与謝野晶子の歌碑に並んで、彼の俳句の師・清崎敏郎の句碑があった。

 「島日和 つづきて鳥の 渡る頃」

 「ホトトギス」の高浜虚子、続いて富安風生に師事した清崎は、師の没後「若葉」主宰を継承した。俳人協会副会長、1999年没。

130730_057_640130730_060_640 一夜を過ごした宿は、三原山の7合目にある温泉ホテル。
 伊勢海老・アワビなど大島の海の幸を、特産の椿油で揚げる「椿フォンデュ」が名物。
 地元の芋焼酎「御神火」を酌み交わしながら、竹馬の時代を語りつくす。

130730_100_640130730_096_640 翌日午前中は「あじさいレインボーライン」で三原山頂口、山腹噴火口を見学、「三原山登山道路」で山を下って岡田港に。
 11時、高速ジエット船「愛」に乗船。東京・竹芝桟橋には、12時45分到着した。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2013

2330.ベルリンファイル

345367_01_04_03 東西冷戦のシンボルだったベルリンが舞台、今もなお分裂国家として激しい情報合戦を繰り広げている韓国と北朝鮮の、秘密工作員たちの攻防を描くスパイアクション映画。
 韓国スパイ映画の名作「シュリ」('99)ほどの衝撃はないが、ハリウッドなみのスケール感はある。

345367_100x100_001 キム・ジョンイルからキム・ジョンウンへ権力が世襲された今日の北朝鮮。
 ベルリンで「ゴースト」と呼ばれる北の諜報員が本国内部の権力闘争に巻き込まれ、大使館の通訳として働く妻に二重スパイの疑いがかけられる。
 その「ゴースト」を追うのが韓国の一匹狼の工作員。
 CIAエージェント、イスラエルのモサド、アラブのテロ組織、そして北から送り込まれた冷酷な保安監視員が絡んで、話は展開していく。

345367_100x100_002 主人公である北の工作員がハ・ジョンウ(「哀しき獣」'10)、その妻がチョン・ジヒョン(「猟奇的な彼女」'01)、南の工作員ハン・ソッキュ(「白夜行」'09)、北の保安監視員リュ・スンボム(「容疑者X天才数学者のアリバイ」'12)と、韓国映画界のカリスマ俳優4人が顔をそろえる。

345367_100x100_004 そして監督・脚本がリュ・スンワンだから決して退屈はさせない。
 彼は「相棒~シティ・オブ・バイオレンス」('06)で監督・脚本・出演を務め、以来アクション映画の雄と呼ばれる。
 またアクション監督に、コンビのチュン・ドウホンを配する。
 彼もまた、ハリウッドで今年公開された「G・Iジョー バック2リベンジ」で武術を指導するなど、その道のベテランである。

345367_100x100_007 2か月にわたるロケを敢行したベルリンの街並みが、国際的な陰謀が渦巻く世界をリアルに映し出す。
 ブランデンブルグ広場でのカーアクション、ウエスティンホテルでの銃撃戦、ハケショマーク市場やオッペンバウム橋も舞台となるが、ラトビアのリガで撮影を補完するなど、スタッフはヨーロッパに拘った。

345367_100x100_006 韓国映画の配給網を世界に拡げたいとする、プロデューサーたちの狙いがそこにあるようだ。
 ラストシーンで主人公を彷徨わせ、続編を匂わせているのもそうした布石なのかもしれない。

 「シュリ」で主役だったハン・ソッキュが、まだまだ元気にアクションシーンを演じていたのがうれしい。

| | TrackBack (1)

« July 2013 | Main | September 2013 »