« March 2014 | Main | May 2014 »

April 29, 2014

2467.写真展「101年目のロバート・キャパ」

Img515_640_2 Img513_640 伝説の戦場カメラマンとして知られるロバート・キャパ。
 左のパンフレットの写真は、「ツール・ド・フランス」(1939年)を撮ったユーモアあふれる写真。

 恵比寿の東京都写真美術館では、「誰もがボブ(愛称)に憧れた」と題する生誕101年を記念する写真展が開かれている。

Img518_640  キャパ(1913~1954)は本名アンドレ・フリーマン、ユダヤ系ハンガリー人としてブタベストに生まれる。
 学生時代の左翼活動により本国から追放されベルリンに、さらにはナチに追われてパリに逃れてカメラマン助手を務める。

Thiyeq9rfb_640  プロとしての初仕事は、「デンマークで講演するトロッキー」(左1932年)の写真。
 仕事を通じて知り合った恋人ゲルタ・タローが、「著名なアメリカ人カメラマン」として架空のロバート・キャパの名を売り込む。

Th3qogvqvx_640  そしてアメリカのグラフ雑誌「LIFE」に掲載されたのが、「死の瞬間の人民戦線兵士」(右)の写真。
 この時彼は22歳、スペイン内戦を撮ったこの一枚の写真「崩れ落ちる兵士」(別名)によって、キャパの名は全世界に知れ渡った。
 キャパの写真は、ピカソの「ゲルニカ」と並ぶ反ファッシズムのシンボルとなったのだ。

044_003_640 044_001_640  キャパはその後、「LIFE」などの特派カメラマンとして「スペイン内戦」はもちろん、「日中戦争」「第2次世界大戦(ヨーロッパ戦線)」「第一次中東戦争」「第一次インドシナ戦争」に従軍して数多くの写真を撮ったが、1954年5月ベトナムの戦場で地雷に触れ爆死した。
 享年40才、働き盛りの戦場カメラマンの死だった。

Thdf7o6kaf_640  今回の写真展には、世界でも有数のコレクションである東京富士美術館の所蔵作品を中心に、戦場写真だけでなくキャパならではのユーモアと優しさ、生きる喜びと励まし、友人(ヘミングウエイ、スタインベック、ピカソほか)や恋人たち(ゲルダ・タロー、イングリッド・バーグマン)への愛情が投影された作品が並ぶ。

Img516_640_2 なかでも良きパートナーだったゲルダ・タローのスナップ(左1936年)、スペイン内戦で戦車に巻き込まれ27歳て亡くなった1年前の写真が目を引く。

220pxgerda_taroanonymous_640  キャパとタロー(右)の関係については、雑誌「文藝春秋」('13.1)と「NHKスペシャル」('13.2)で放送された、沢木耕太郎の「崩れ落ちる兵士」を巡る調査報告で話題となった。

 ここ15年スペイン国内で歴史学者やジャーナリストの間で、この一枚の写真の真贋論争が続いていたが、沢木耕太郎はさらに新しい問題を提起をした。

 彼によると、この写真がローライフレックスで撮られたものであり、前後のネガのCG分析の結果、撮影場所も戦場ではないと指摘した。
 当時キャパはライカを使っており、そこから推論すればタローの撮った演習の写真とするのが理屈に合うと。

Thhoagdcm5_640 今回の「101年目のロバート・キャパ」展は、そんな推理を楽しみながら愛称「ボブ」を偲ぶことが出来る。

 写真展は5月11日まで、恵比寿・東京都写真美術館で。入館料は1.100円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2014

2466.アデル、ブルーは熱い色

Img510_640 「偉大な愛の映画、その一言に尽きる」
 昨年のカンヌ国際映画祭で審査委員長を務めたスティーヴン・スピルバーウは、こう絶賛して「パルムドール」(最高賞)を与えた映画。
 カンヌ史上初めて、アブデラティフ・ケシシュ監督だけでなく、出演した二人の女優アデル・エグザルコプロスとレア・セドウにも「パルムドール」を渡した。

347024_100x100_002_640 道ですれ違ったブルーの髪の女(レア)に、一瞬にして心を奪われた女子高校生17歳(アデル)。
 レスビアン・バーで再会した彼女は画家の卵、アデルは身も心も全てを彼女に捧げる。

347024_100x100_004_640 学業を終え教師となったアデルは、ブルーの髪の女と同棲して絵のモデルを務めながらの幸せの日々を過ごしていたが・・・・・。

347024_100x100_005_640 原作はフランスの人気コミック、若い女性作家ジュリー・マルが描いた「ブルーは熱い色」。
 チェニジア出身のケシシュ監督は、同じチェニジア出身の元女優ガリア・ラクロワと共同でシナリオを書き映画化した。

 二人は、ヴェネチア国際映画祭で審査委員特別賞など5部門を受賞した「クスクス粒の秘密」('08)でもコンビを組んでおり、男性には理解できない微妙な女性心理を映像化している。

Img512_640 今回もレズビアンの性愛がテーマで、細やかで情熱的な愛の描写が丁寧に描かれていくが、あくまでも男の視点からの生態分析であり、その冷徹さに原作者から批判の声も上がったという。

Img511_640_3  カンヌで話題となったのが「衝撃の愛の7分間」、映画史上最高に美しい官能的なセックスシーンだった。
 全てをさらけ出したアデルとレアの迫真の演技には、審査委員全員が感動しパルムドール受賞を決定的にしている。

 ヒロインとなったアデル・エグザルコプロス20歳は、ギリシャ系フランス人の新進女優。
 少女から女に成長するその瞬間を、カメラは美しくとらえる。

Bg_640_3 不思議な存在感を見せるブルーの髪の女、レア・セドウ28歳はフランス映画界を仕切る大物の一族で、「マリー・アントワネットに別れをつげて」('12)や「ミッドナイト・イン・パリ」('11)など、いま旬な女優として人気が高い。

 恋愛映画の老舗フランスが、それを超える作品を目指して、チェニジア出身の巨匠ケシシュに託したこの映画は、カンヌをはじめとする数々の映画賞を総なめしてヒットを続けている。

 都内では3館でしか上映されていないが、ウイークデイでもほぼ席は埋まっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2014

2465.中山道・板橋宿を歩く

006_640_2 005_640 春と秋に「江戸」を散策しグルメも楽しむ「ひとまく」仲間、今回は「板橋宿」がテーマ。
 午前10時、埼京線板橋駅東口に集合。

 といってもここは「北区」、板橋駅のホームは豊島区・板橋区・北区と重なっているのが面白い。

009_640007_640 スタートは駅前、滝野川にある「近藤勇の墓」。
 1868(慶応4)年、鳥羽・伏見の戦いに敗れた新撰組局長・近藤勇は江戸に帰り甲陽鎮撫隊を組織し、甲斐勝沼、下総流山と転戦したが捕えられる。

016_640 014_640  近藤は板橋宿に置かれていた新政府軍の本陣に送られ、同年4月板橋刑場で斬首された。(今日が命日)
 遺体の一部は明治に入ってから、生き残った長倉新八の手によって、この地に葬られたという。(右の写真は、当時の墓石)

018_640_2 Th_640_3  左は渓斎英泉が描いた「木曽街道 板橋之驛」(1837年)、道の中央に「これよりいたばし」と書かれた杭がたつ。
 右は現在の同じ場所、北区と板橋区の区境に位置する。

022_640_2  ここは「江戸四宿」の一つとして栄えた宿場町、日本橋を起点とする「中山道(なかせんどう)」の第一の宿で「平尾」「仲」「上」の四つに分かれ、それぞれに「脇本陣」が、仲宿に本陣が置かれた。

 街道の標識には「にんべん」の附いたものもあるが、江戸中期に新井白石が「東山道」「山陽道」などと同じく、「山道」の街道であることから「人」を外すよう指示した。

025_640_3 031_640  川越街道との分岐点「平尾追分」近くの東光寺には、「壱里塚」にあった庚申塔や地蔵菩薩像が残る。
 またこの寺は、八丈島に配流された豊臣五大老のひとり、宇喜多秀家の子孫の菩提寺で、島で亡くなった秀家の供養塔も残されている。

045_640046_640

 マンションに建て替えられた「平尾宿脇本陣」、豊田家の屋敷跡だった。
 近藤勇は、ここで処刑までの最後の日々を送った屋である。

070_640_2076_640_2  「板橋宿本陣跡」はスーパーマーケット。(左写真)

 14代将軍家茂に降嫁するため、中山道を下ってきた和宮が泊まった「中宿脇本陣」も、今は中層マンションになっている。
 写真左下あたりに、和宮のため特別に造った建物(浴槽)があったと伝えられている。

083_640 079_640  石神井川で隔てられていた「中宿」と「上宿」を結ぶ橋、昭和の初めまでは板の橋が架かっていた。
 板橋の地名は、この橋に由来している。

056_640  広重の浮世絵にも描かれているように、ここは桜の名所で北区の飛鳥山公園まで、川沿いは桜並木が続く。
 花小金井から流れてきた石神井川は、その先の堀船で隅田川にそそぐ。

087_640 084_640  今回の「板橋宿散策」のゴールは、上宿にある「縁切榎」。
 中山道の目印とされた欅の大木で、枝が街道を覆うように張っていた。

086_640 092_640  この下を通ると必ず不縁になると信じられ、和宮の行列も前もって普請された迂回路を通った。

 現在は3代目の若木だが、離婚を求める人やストーカーに悩む人たちの絵馬が奉納されていた。

057_640  今回の散策はおよそ2時間30分、歩数はちょうど1万歩。
 我々15名をガイドしてくれたのは、いたばし観光ボランティア「もてなしたい」4人のメンバーの方々。
 丁寧な案内で、いろいろと勉強になった。

102_640_2 103_640_2  グルメの方は、自然派ワインと旬の食材を使用したオーブン料理。
 
 「キノコとサルシッチァのジェノベーゼ」「スペアリブのトマト煮込み」など全7品でフリードリンク。

 アットホームな雰囲気漂う、「隠れ家レストラン」を貸し切って楽しんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2014

2464.フルートベール駅で

Img478_640 2009年の元日早朝、サンフランシスコ「フルートベール駅」のプラットホーム。
 若い黒人が警官に暴行されたうえ、射殺される瞬間を写した映像から映画は始まる。
 偶然同じ電車に乗っていた乗客に一人が、携帯電話で撮った映像。
 ユーチューブに流れて全米に怒りと悲しみの渦を巻き起こした、本物の映像である。

347688_100x100_001  殺されたのはオスカー・グラント22歳、3歳の娘とその母親と暮らす黒人青年。
 彼が事件に巻き込まれる直前の「人生最後の一日」を、丁寧に「再現」したのがこの作品である。

347688_100x100_002  その日大晦日は、青年の母親の誕生日だった。
 娘を保育所に迎えに行きちょっと遊び、家族一緒に母親の家で親戚たちとパーティー。
 娘を姉貴に預けて、友人たちとニューイヤーを迎える花火大会を見に行った帰りだった。

 丸腰の彼が、なぜこのような悲惨な最期を迎えなければならなかったのか、その死が家族や友人たちをいかに傷つけたか、不条理の死に対する静かな怒りが冷静、そして淡々と描かれていく。

347688_100x100_004  映画を撮ったのはその青年と同じ年齢、同じ街に住んでいた黒人監督のライアン・クーグラ。
 この事件にショックを受け、抗議デモに参加する中で映画化を考える。
 黒人青年の家族や友人たちへの綿密なリサーチのもと、脚本を書き上げた。
 

347688_100x100_005  その彼を支援して製作陣に加わったのが、オスカー俳優フォレスト・ウィテカー(「大統領の執事の涙」)。
 主人公役にマイケル・B・ジョーダン(「クロニクル」'12)、母親役にオスカー女優のオクタヴィア・スペンサー(「ヘルプ~心がつなぐストーリー」'11)、恋人役メロニー・ディアス(「僕らのミライへ逆回転」'08)が参加して作品は完成した。

347688_100x100_003_2  小さなプロダクションのインディペンデント作品だけに、当初に上映されたのは全米で7館のみだった。
 しかしサンダンス映画祭で作品賞と観客賞を受賞し、カンヌ国際映画祭でもフューチャーアワード賞(ある視点部門)に選ばれて異例のヒット、1000館を超える映画館で上映された。

 映画は、昨年の正月にフルーベール駅頭で開かれた慰霊と抗議イベントのドキュメント映像で終わるが、そこには7歳と成長した娘のアップが映し出されていた。
 なお、黒人青年を射殺した若い白人警官は、殺人罪で起訴されたが過失致死罪に減刑され、既に刑務所からは釈放されている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2014

2463.お江戸文化村in浜離宮

021_640_2 025_640 023_640 026_640
 この土・日に催された「お江戸文化村in浜離宮恩賜庭園」。
 中央区の商店街連合会が初めて開いたイベントである。
 春の一日、江戸の「文化」と「食」を感じ、楽しんで貰おうと企画した。

 お花畑横の特設ステージでは、地元の子どもたちによる「月島和太鼓」演奏や「櫻川流江戸芸かっぽれ」「江戸太神楽丸一仙翁社中」による出し物、明治座の役者さんたちの「殺陣の演武」、善竹富太郎の「狂言ワークショップ」が行われた。

019_640 071_640 073_640 074_640
 「食」の方は、卵焼きや人形焼、芝居小屋の幕の内や焼き鳥など、中央区にある老舗20数店が軒を並べる。

 加えて、江戸小紋柄巾着や風呂敷に扇子、漆器に竹細工などが色を添えていた。

055_640_3 037_640_3 044_640
 庭園は、今「サトザクラ」の季節。

 左から「駿河台匂」「一葉」「鬱金」、品種改良や突然変異で生まれた「サトザクラ」である。

046_640 049_640 061_640
 同じく「御衣黄」「関山」「普賢象」。

 八代将軍吉宗は、江戸庶民を楽しませるために王子の「飛鳥山」に桜を植えた。
 
 こちらは「ヤマザクラ」が主だったが、将軍家の庭園である「浜御殿」は「サトザクラ」というのも面白い。

067_640 068_640  「ソメイヨシノ」や「オオシマザクラ」より3週間ほど遅れて満開の「サトザクラ」。
 次の浜離宮は、来週あたりからの「フジ」が見ごろとなる。

 「江戸の食」も楽しいが、こちらは「団子より花」だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2014

2462.オール・イズ・ロスト

Img479_640 「All is lost」
 全てを失ったとき、人はそれでも希望を持ち続けられるか。

 「人はなぜ、未知の体験を求めるのか」
 「人はなぜ、愚かな過去に気付かないのか」
 「人はなぜ、生きるのか」

347514_100x100_004  脚本を書きロバート・レッドフォードただひとりをオファーしたJ・Cチャンダー監督は、そんな問題意識を観客に投げかける。
 金融サスペンス映画「マージン・コール」('11)でアカデミー賞脚本賞にノミネイトされた、彼の2作目は海洋サバイバルだった。

347514_100x100_002  映画は、レッドフォードのモノローグから始まる。
 「全てを失った・・・・・すまない」、そして事故が生ずる8日前へ。

 人生の晩年を迎えた一人の男、自家用ヨットでインド洋航海中に浮遊コンテナにぶつけられ浸水。
 さらには嵐に巻き込まれヨットは沈没、かろうじて救命ボートに乗り移ったが・・・・・・。

347514_100x100_005  極限にまで背景をそぎ落とした、シンプルな構成である。
 回想やドラマチックな演出を全て排し、一人の役者の動きだけで描く。

 舞台は大海原、登場人物はロバート・レッドフォードただ一人。
 セリフは、冒頭のモノローグのほか「ファック!」「ヘルプ!」の二つだけ、究極のサイレント映画ともいえる。
 そしてラスト、彼は「最後の手紙」を書いて瓶に入れ、大海原に流す。
 自らの存在を確認するかのように。

347514_100x100_003  104分間、観客をひきつけるのはレッドフォードの演技力が全て。
 
 生きる知恵、生への執着、希望と絶望、観る者は彼と一緒に疑似体験していく。

347514_100x100_007_2  過酷な時間を描きながら、ときおり見せる水中からの映像は美しい。
 ディーブブルーの海の底から見上げる、太陽と月光と魚たちの群れ。静寂の中に恐怖を閉じ込める映像は、「ライフ・オブ・パイ」('12)の水中撮影監督ピーター・ズッカリーニが撮る。

Th

 ノーベル賞作家ヘミングウェイ原作の「老人と海」('58)、たった一人で漁に出たスペンサー・トレイシーは港に帰り着いたが、「オール・イズ・ロスト」のレッドフォードは・・・・・。

 「映画史に残る傑作」(ハリウッド・エルスウェア)である。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2014

2461.鎌倉「五頭龍伝説」を歩く

Th8aaozs2w_640037_640_2  60年に1回しか会えない、「五頭龍大神」と「天女(弁天)」夫婦。
 古代から鎌倉に伝わる「五頭龍伝説」の所縁の地をたどり、夫婦神を愛でるというのが、今月の「ひとまくウオーキング」のテーマである。

 スタートは、湘南モノレール「西鎌倉」駅から5分ほど歩いた「滝口明神社」。
 海神(わたつみ)族の乙姫さま、後に神武天皇を生んだ玉依姫が祭神で、龍神を束ねているという事から、五頭龍のご神体もここに祀られた。

049_640  もともとは、龍口山の麓・龍口にあった白髭明神が発祥の地だったが、氏子たちの願いで36年前にこの地に移っている。

011_640 005_640_2  「五頭伝説」とは、ここ一帯を山崩れや洪水で苦しめた五つの頭を持つ龍のお話。

 江の島誕生のおり、空から舞い降りた天女にひと目惚れ、契る条件として善き龍になる事を誓わされたという。
 その後は村人のために尽くし、死後は山(龍口山)となって村々を自然の災害から守ってきた。

017_640_3013_640_2 鎌倉幕府の執権・北条家の家紋「ミツウロコ」は、龍神から授かった三枚の「鱗」を組み合わせたもの。

 またこの地が「腰越」と呼ばれる所以は、悪しき時代の五頭龍が、村の子どもたちを食い殺した「子死越」からきている。

024_640_2 020_640_2  その腰越を20分ほど歩いて着いたのは、「宝善寺」。
 越前・白山修験場を開いた泰澄(たいちょう)上人が、江の島に籠って修行し開山した寺である。

031_640_2030_640 創建は天平時代(765年)と古く、「泰澄山瑠璃光寺」「加持山霊山寺」と二つの寺号を持つ真言宗の寺である。

 この寺の「五頭龍伝説」との縁は、龍口明神社に納めた「五頭龍大神」のご神体を彫ったのが、泰澄上人だったことにある。

 また江戸時代には龍口明神社の別当も任じてきたし、江島神社の総別当を務めた岩本院の本家もこの寺だった。
 私たちが訪ねた日、秘仏・十一面観音がご開帳されていたが、観音の化身は九頭竜大神、こちらも「龍」と縁が深い。

044_640048_640_2  「五頭龍」は死して山となったが、その口にあたる場所が、その名の通り「龍口」。

 鎌倉時代ここは刑場で、「立正安国論」を表した日蓮聖人が処刑寸前で救われた「法難」の地でもある。

080_640 078_640  日蓮が幽閉された土牢も残されているこの地に、直弟子の日法上人は龍口寺を建立し、師の首の座敷革石などを安置した。

 創建は日蓮入滅後の1337年(文永8)年で、明治の初めまでは専任の住職はおかず、近隣八ヶ寺が輪番この霊場を守ってきた。

074_640 068_640_2  見事な本坊は、長野の蚕御殿を移築したもの。
 山門は大阪の豪商・鹿島家からの寄進(1864年)、鐘楼は千葉・法華寺からの移築(1971年)、神奈川唯一の総欅造りの五重の塔は1910(明治43)年完成と比較新しい。

088_640085_640 龍口寺から20分、弁天橋389mを渡って江の島に向かう。

 突如天地が鳴動し島が湧き出てきたのが、552(欽明13)年と「江島縁起」が伝える。
 この龍燈籠は、数えて1450年を記念して建てられた。

093_640109_640 新吉原の楼主たちが寄進した青銅の鳥居をくぐり、岩本楼(旧岩本院)前の参道を歩いて、江島神社への階段を上る。

 もともと島全体が信仰の地で、神仏習合の江戸時代までは辺津宮・中津宮・奥津宮を、岩本院(江嶋寺)が預かっていた。

094_640 107_640  なかでも庶民の信仰が厚かったのは弁天様。
 安芸の宮島・琵琶湖の竹生島と並ぶ三大弁財天の一つといわれ、音曲・芸能上達祈願の神として崇められてきた。
 今はまた、縁結びの神様、恋の成就を願う神様として、若い女性たちの人気を集めている。

Thxk4hw98f_640  今回のひとまくウオーキング「五頭龍伝説」の終点は、「裸形弁財天半跏像」を祀る奉安殿。
 26年前、60年ぶりに中津宮に並んで安置された「五頭龍」と「天女(裸弁天)」の歓喜の姿を思い浮かべながら、5時間の散策を締めた。

 好天の春の一日、歩いた距離はドアtoドアで18,559歩。
 今回は藤沢で精進落としをして、それぞれ帰途についた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2014

2460.ケルベロスの肖像

Img496_640220pxcerberusblake  「ケルベロス」とは、ギリシャ神話に登場する三つ首の冥界の番犬。「ダンテの神曲」でもおなじみだ。

 この肖像をシンボリックに書いたメディカル・ミステリー、医師でもある作家の海堂尊の「田口・白鳥シリーズ」(東城医大シリーズ)の6作目、最終回が原作である。

51gcqtegupl__sl160_ このシリーズは、「チーム・バチスタの栄光」('08)「ジェネラル・ルージュの凱旋」('09)と2作が、竹内結子・阿部寛コンビで映画化されたが、フジテレビが「チーム・バチスタ」シリーズとして連続ドラマで放送してきた。

 そして今回はその「FINAL」として映画化、出演者もテレビと同じ伊藤淳史・仲村トオルコンビなので、ちょっとややこしい。

 ただ原作者が外科医から病理医に、現在は放射線医学総研のAi情報研究室のリーダーと専門分野を変えており、それが小説のバックボーンになっているのが面白い。

347721_100x100_004 今回の舞台は、国際Ai(死亡時画像診断)センター。ここに顕微鏡レベルの解像度を誇るMRI「リヴァイアサン」が導入された。
 その推進役となったのが、医大心療内科医の田口(伊藤淳史)と厚労省技官の白鳥(仲村トオル)。
 そこに届いたのが「ケルベロスの塔を破壊する」との脅迫状、ケルベロスの塔とは冥界の入り口、つまりAiセンターを意味する。

347721_100x100_008  時を同じくして、司法解剖では死因を判別できない集団不審死事件が発生する。
 犠牲者のひとりが白鳥の上司である厚労省幹部、そして製薬業界の幹部や新薬治験に関わった医師だった。

 これまでのシリーズでは、事件を捜査して解決してきたのがバチスタ・コンビ田口・白鳥だが、今回は事件の当事者として闇の世界に追い込まれていく。

347721_100x100_010 テレビドラマの完結編だけに、同じ出演者が顔を見せる。
 チーム・ジェネラル(救命救急センター)のリーダーに西島秀俊(前作の映画では堺雅人)、そのもとで働く研修医・松坂桃季、終末期医療を主とする地方病院の一族で産婦人科医に栗山千明、田口診療室看護師・名取裕子ほか。

347721_100x100_014  新たに登場するのは、厚労省がアメリカから招致したAiの教授・生瀬勝久と研修医の友人で医療ジャーナリストの桐谷美玲。
 このあたりが、事件の鍵を握る。

 監督は、テレビ版のディレクター星野和成。

347721_100x100_016 この作品には、現実の医学界での対立構造が反映されている。
 Ai (オートプシー・イメージング=死亡時画像診断)を推進する医師・海堂尊は、病理学会で法医学者・解剖医師グループと対立している。
 そしてAi反対派の医学部教授を批判した論文が、名誉棄損と訴えられて60万円の罰金刑を受けた。

 医療技術の進歩によっては、既得権を奪われる医師たちの存在。救急医療体制の在り方。新薬開発に関わる大学・製薬業界・医師たちの癒着問題。そして薬害。
 作品は、こうした現実をエンターテインメントとして、わかりやすく見せてくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2014

2459.白ゆき姫殺人事件

Img495_640 「主婦作家」として知られる、湊かなえの同名小説が原作。
 本屋大賞を受賞した「告白」('10)「北のカナリアたち」('12)に続く、映画化3作目である。
 今作もミステリー・サスペンスだが、ゴシップ・エンターティンメントの色合いが濃くでている。

347420_100x100_005  美人OLの殺人事件、ネット上に容疑者として浮かび上がったのが同期入社の女子社員(ヒロイン)。
 同僚・上司・同級生・家族・故郷の人々と、疑惑の女の関係者がそれぞれ証言した内容とは?

 無責任な「うわさ話」は、ツイッターを駆け巡り、ワイドショーに広がっていく。
 果たしてヒロインは残酷な悪女なのか、それとも・・・。
 噂を取材しワイドショーを仕掛けた契約ディレクターを道化役に、重層的なサスペンスが展開していく。

347420_02_01_03_640_2  大物俳優は登場しないが、今テレビ・映画で活躍する若手俳優たちが顔を並べる。

 ヒロインの井上真央(「八日目の蝉」'11)が平凡なOLと嫉妬深い女の裏面を見せ、契約ディレクター役の綾野剛がいい加減な男の軽さを上手く演じる。

 殺された美人OLは映画初出演の奈々緒、その後輩でネタを綾野に売り込んだ女性が蓮佛美沙子(「ハナミズキ」'10)。

 ヒロインの小学校以来の親友で引きこもりの女を貫地谷しおり(「くちづけ」'13)、ヒロインの元恋人の上司がドラマー出身の金子ノブアキ(「ストロベリーナイト」'13)。

347420_100x100_006  湊かなえの小説は「イヤミス」と称される。愚かな人間たちを次々と登場させ、そのどうしようもなさを愛おしく描く。つまり読んだ後「イヤ」になる「ミステリー」なのだ。
 そこで監督の中村義洋(「奇跡のリンゴ」'13)は、原作に忠実に物語を進めながら、ラストにオリジナルを加えた。
 そこで観客は、ホロリとする。

347420_100x100_004  「うわさ話」や「妄想」が積み重なって「本当」の話になっていく、現代のネット社会の怖さが逆に面白い。
 ふくらむ妄想、ねつ造される記憶、拡散する悪意、テレビで新聞で私たちはその世界に巻き込まれていく現実。

 黒沢明の名作「羅生門]('50)や、大林宣彦の「理由」('04)を思い出しながら劇場を後にした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2014

2458.特別展「栄西と建仁寺」

Img497_640 「国宝゛風神雷神゛5年ぶりに参上」
 ポスターに書かれたキャッチフレーズ、日本絵画の最高傑作を東京国立博物館・平成館で、ゆっくりと鑑賞した。

003_640  今回の特別展「栄西と建仁寺」は、寺を開創した栄西禅師(1141~1215)の没後800年を記念して開催された。
 仏教の言葉でいえば「800年遠忌」である。

 栄西(ようさい)は、日本に禅宗を広め、京都初めての最初の禅寺、「建仁寺」を開いた禅僧として知られる人物。

Img506_640_3  岡山の神職の子に生まれた彼は、14歳の時に比叡山で受戒、天台と密教を学んだ。
 彼は28歳と47歳の二度宋に渡っているが、二回目の入宋で禅を修行して帰国、源頼家の援助を受け「建仁寺」や鎌倉「寿福寺」を、さらには重源の後を継いで「東大寺」の再建に力を尽くしている。

Thsg1ftn19   近年、栄西自筆の書状や著作の発見が相次いでおり、彼の業績が禅宗だけでなく日本の宗教文化全体に貢献した事が、明らかになってきた。

 今回の特別展は、京都・高台寺や両足院など全国の建仁寺派寺院ゆかりの宝物の展示もふくめ、最新研究に基づく新しい「栄西の足跡」を紹介している。

Img503_640Img502_640_2  展示されている建仁寺所蔵の宝物の中で、最高の品は冒頭に紹介した国宝「風神雷神図屏風」。
 江戸時代初期に京都で活躍した琳派の祖、俵屋宗達が描いた傑作である。

 「風神」は風の、「雷神」は雷・雨の神であり、浅草寺の雷門しかり、菅原道真の怨念を宿した雷神など古くから絵画化されている。

Img505_640  天空の広がりをあらわした金地に、墨と銀の雲、ユーモラスな表情をした二神を見ていると、何となく楽しくなる。

 博物館本館で同時公開されている重要文化財の「風神雷神図屏風」(右)は、宗達に影響を受けた尾形光琳の筆によるものである。

Img499_640_2  もうひとつ有名な作品が、重要文化財の「雲竜図」。
 応仁の乱によって荒廃した建仁寺が、安国寺恵瓊の手によってようやく再興された、安土・桃山時代(1599年)に描かれた梅北友松の作品である。

Img500_640_3  彼は桃山画壇を代表する絵師の一人で、建仁寺本坊方丈や山内塔頭には、「雲竜図」(8幅)をはじめとする「竹林七賢図」や「山水図」「花鳥図」などの水墨画が展開する。

 今回は、梅北友松の筆による重要文化財の水墨画50幅のうち、41幅を期間を分けて展示している。

Dscn2695  建仁寺は、京都五山第三位の格を持つ寺である。
 住職はひとつの門派に独占させず、広く有能な人物を登用している。(「十方住持制」)
 歴代住職には、鎌倉の建長寺を創建した蘭渓道隆や清拙正澄など、中国からの渡来僧の名も見られる。

Img501_640_3  また栄西が、中国から日本に持ち帰った「抹茶」による喫茶法は茶道の原型で、現在も「四頭茶会」の名のもと、今日まで引き継がれている。

 今回の特別展では茶会の「再現」もふくめ、国宝3点、重要文化財37点など計183の品々が展示されている。

 「栄西と建仁寺」展は5月18日まで、東京国立博物館・平成館で開催中。観覧料は1600円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2014

2457.LIFE!

Img477_640 「毎日毎日同じ生活を繰り返していますか?」
 「仕事で大きな失敗をしたことがありますか?」
 「空想することはありますか?」
 「大切な誰かのために、夢をあきらめたことがありますか?」
 「変わりたいと思ってますか?」
 三つ以上「YES」の人は必見の映画だ、というので劇場に足を運んだ。

347535_100x100_005  不器用でオクテ、そして空想癖のある冴えない男が主人公(ベン・スティラー)。
 グラフ週刊誌「LIFE」で写真管理の日々を送っていたが、会社は経営不振に陥り「LIFE」誌は休刊、彼もリストラの候補に。
 そのうえ最終号の表紙を飾る予定の、写真ネガを見失ってしまった。

347535_100x100_007  一大決心してカメラマン(ショーン・ペン)を捜す旅に出かけたが、そこには波瀾万丈の世界があった。
 北極圏のグリーンランドからアイスランドの火山地帯、そしてアフガンの山岳、平凡な男の一世一代の冒険は彼の人生を輝かす。

 映画の原作は、ジェームズ・サーバーが半世紀以上前に書いたファンタジー・アドベンチャー・コメディ。
 ダニー・ケイ主演「虹を掴む男」('47)で有名だが、今回舞台を2007年に置き換えてリメイクした。
 スピルバーグも狙っていたが、ベン・スティラーが率いるレッド・アワー・フイルムが権利を獲った。

347535_100x100_002_2  「ナイト・ミュージアム」シリーズ('06.'09)の俳優としてもおなじみのスティラーは、タイム誌が2010年に選んだ「世界で最も影響のある100人」のひとり、俳優・監督・脚本家・製作者を兼ねるハリウッドの奇才。
 今回は「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」('08)以来、5年ぶりの監督兼任である。

347535_100x100_004 オスカー俳優のショーン・ペン(孤高のカメラマン)とシャリー・マクレーン(主人公を信じる母親役)を脇役に配して、作品に厚みを持たせた。

 またコメディ女優のクリスティン・ウイグ(「ブライズメイズ」'11でアカデミー賞脚本賞ノミネイト)を空想の中のヒロインに、同じコメディ女優のキャスリン・ハーン(「幸せの始まりは」'10) を妹役にして話を盛り上げる。

347535_100x100_006 グリーンランドやアイスランドなど、極地のロケがダイナミックで美しい。
 細部までこだわったセンスある映像と音楽は、スティラーの得意とするところ、佳作である。

347535_100x100_001_2  因みに、世界でも有数のグラフ週刊誌だった「LIFE」は、この映画の通り2007年4月20日号をもって休刊となった。
 最盛期には850万部の発行を誇ったが、最後は無料雑誌に。そしてネット・ビジネスに経営を変えた。

 ロバート・キャパやユージン・スミス、土門拳の写真も掲載した「LIFE」、映画はそれへのオマージュでもある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2014

2456.ローン・サバイバー

Img475_640 映画「ゼロ・ダーク・サーティ」('13)でも描かれたように、アメリカ海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」は2011年5月「ジェロニモ作戦」を実行して、オサマ・ビンラディンを殺害した。

347542_100x100_003  しかしその6年前、ビンラディンの側近でタリバンのリーダー、アフマド・シャーの「捕捉・殺害」を目的とした「レッド・ウイング作戦」は完全に失敗、19人の兵士が犠牲となった。
 ネイビー・シールズ創設以来最大の惨事となったこの作戦では、たった一人の隊員だけが生還した。

 そのシールズ隊員、一等兵曹マーカス・ラトレルの手記「アフガン、たった一人の生還」をもとに描いた戦争映画が「ローン・サバイバー」である。

347542_100x100_002 作戦のコアとなったのは、シャーの存在を確認するためにアフガン山岳地帯に降下した4人のシールズ。
 隊員らは偵察行動中に羊飼いと遭遇、彼らを解放したため存在がバレて200人超のタリバン兵の攻撃にさらされる。

347542_100x100_001  世界一の戦闘能力を誇るシールズだが多勢に無勢、救援に向かったヘリもロケット砲で撃墜されてしまう。
 完全に包囲されてしまった4人、絶望的な状況の中で彼らは・・・・・。

 ハリウッド映画だから、当然アメリカ側の目線で描かれる。しかし一方的なプロバカンダには陥ってない。
 負け戦の「恐怖と絶望」を、リアルに極限の緊張感をもって描いていく。
 それが「殺し合い」のむなしさを訴える。

347542_100x100_005 サウジでのアルカイダとFBIの闘いを描いた「キングダム/見えざる敵」('07)を撮った、ピーター・バーグ監督による久々のシリアスな作品である。
 「デイパーテッド」('06)でアカデミー賞にノミネイトされたマーク・ウォールバーグが、製作も兼ねて生き残った主人公を演じた。

 残り3人も、テイラー・キッチェ(「バトルシップ」'12)、ベン・フォスター(「メッセンャー」'09)、エミール・ハーシュ(「イントゥ・ザ・ワイルド」'07)と、アクション映画の実力派俳優たちが演じた。 

347542_100x100_004  なぜ一人だけが生還出来たのか、その「驚愕の事実」がクライマックスになるが、アメリカとタリバン、そしてアフガンの村人、今も変わらない構図を映画は記す。

 出版した手記がベストセラーになったマーカス・ラトレルは、退役後その印税で「ローン・サバイバー財団」を設立し、帰還兵や軍人遺族たちのリハビリや教育に資金を投じている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2014

2455.鳳凰祭4月大歌舞伎

P1404_640 舞台女優の若い友人に誘われた今月の歌舞伎座は、新開場1周年と松竹経営百年を記念して、「鳳凰祭」を冠にした大歌舞伎である。

Img494  1889年この地で初めて歌舞伎座が開場した時、舞台の水引幕は「鳳凰丸」だった。
 また第3期(1925年)では、唐破風の正面玄関の先端に、東西に羽を広げた鳳凰像が象られた。
 そして第4期(1951年)、新開場した第5期には「三面鳳凰丸」が飾り瓦となって唐破風に飾られている。

「鳳凰丸」は、歌舞伎座の「座紋」、シンボルなのだ。

 観覧したのは「夜の部」、まず初めに「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」の二幕が始まる。

 この演目は、源義経に関した説話・史実を題材にした義太夫狂言の名作「鬼一法眼三略卷」全五段の四段目。
 一昨年国立劇場で鑑賞したときは、そもそもの話の発端から「三段目」「四段目」と通しで鑑賞したが、今回は見どころである「四段目」を「檜垣」「奥殿」と二幕にして見せてくれた。

007_640_2  物語は、義経の母・常盤御前を妻にした公卿・一條大蔵卿が、平家全盛の世を生き抜くために「作り阿呆」を装うというもの。

 「檜垣」では、大蔵卿の徹底した阿呆ぶりが見もので、表はうつけ者のふりをしながらも、一方では公家の品位を保ちながら、それとなく本心を見せる難しい場面が登場する。
 そして「奥殿」、大蔵卿が阿呆と正気、愚者と賢者を演じ分ける技巧のおもしろさが見どころとなる。

 大蔵卿は、中村吉右衛門の当たり役で、国立劇場でも吉右衛門が演じた。
 この役は彼が、大叔父の17代目中村勘三郎に手取り足取り仕込まれて、15歳の時初演した。

 出演は常盤御前に中村魁春、源氏再興を志す吉岡鬼次郎夫婦を中村梅玉・中村芝雀。

009_640  続いて「女伊達」、1809(文化6)年に江戸中村座で初演された長唄舞踊だが、長らく上演されず昭和30年代に歌舞伎座で復活上演された。

 舞台は桜満開の新吉原仲ノ町。
 男伊達として知られる助六を気取り、尺八を腰にさして花道から現れた女伊達(中村時蔵)、男伊達(中村松江・中村萬太郎)をあしらっていく粋な舞踊劇である。

006_640  最後の演目は「梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)、通称「髪結新三」。
 河竹黙阿弥が書いた大岡政談物のひとつで、1873(明治6)年東京・中村座で初演された。
001_640  この時に新三役を5代目尾上菊五郎(右の銅像)が演じ、以来「菊五郎家」の芸として上演を重ねてきた。

 3年前に、新橋演舞場で鑑賞したときは7代目菊五郎だったが、今回は松本幸四郎である。
 幸四郎は、6代目菊五郎からこの芸を引き継いだ愛弟子・2代目尾上松緑の甥。全く無縁ではない。

008_640  初夏の江戸の風景を背景にした生粋の世話狂言。
 上総無宿の小悪党・新三は男を上げようと、手代(中村橋之助)を騙して恋人の娘(中村児太郎)をかどわかす。
 身代金を巡って、新三と親分(中村歌六)、家主(中村彌十郎)もしゃしゃり出て丁々発止の騙し合い、黙阿弥の得意とする悪の世界が鮮やかに描き出される。

130326_023_640  深川閻魔堂や永代橋(写真右)と、ご近所が舞台。
 見どころのひとつが、その永代橋で手代を踏み敷いた新三の「傘づくし」の長セリフ。もちろん隅田川も登場する。
 応援している市村萬次郎も、家主の女房役で場内を沸かせていた。

 時蔵と息子の萬太郎、幸四郎と孫の金太郎、橋之助に甥の児太郎、歌舞伎での家族共演は当たり前だが、こうして芸は引き継がれていくのだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2014

2454.博物館でお花見を

Img490_640  毎年この季節には、下町を中心に開花した桜の写真を紹介してきた。
 ご近所の佃・明石町など隅田川河畔にはじまり、大横川や仙台堀など深川の運河や掘割、もちろん向島の墨堤から墨田公園、上野公園に飛鳥山、千鳥ヶ淵、北の丸公園などなど。

Img491_640_2  今年は、左上のパンフレットに誘われて東京国立博物館のお花見に出かけた。
 古今の名品を鑑賞した後、このシーズンにしか入園出来ない「庭園」を散策する。

Img493_640  本館・日本ギャラリーに並ぶのは、桜をモチーフにした様々な作品。

 水を入れると桜の花が浮かんで見える景徳鎮の「桜川水指」(明時代)や、鉢の内にも外にも満開の桜が描かれた仁阿弥道八の「桜樹図透鉢」(江戸時代)、喜多川歌麿が描く「美人の花見」(江戸時代・左)。

Img492_640_4  八重桜が総刺繍で描かれた「紅綸子地八重桜小袖」(江戸時代)、桜咲く川辺を描いた「桜楓蒔絵印籠」(江戸時代)、藤原定家の和歌をもとに狩野永敬が筆した「花鳥図屏風」(江戸時代・右)など、陶磁器から仏像、衣装に絵画と館内で「お花見」を楽しんだ。

019_640  東京国立博物館の本館は、江戸時代の寛永寺本坊跡に建てられている。
 江戸末期、彰義隊がここに立てこもり官軍との戦乱でほとんど焼失した。

 明治政府が、上野の山を日本初の西洋式都市公園として整備、その一角に博物館が置かれた。
 
 展示室裏に広がる庭園も、その一環として当時の本坊の庭を改修して保存した。

006_640  庭園には、池を中心に各地から移築した五棟の茶室か配されている。

 右の「九条館」は、京都御所九条摂家にあったもので1934年に移築。
 床張りや襖には江戸初期の狩野派の手による山水画が描かれている。

007_640012_640

 左は、尾張の明眼院にあった書院を1933年に移築した「応挙館」。
 円山応挙が描いた障壁画が残っているので、こう呼ばれる。

 右は「六窓庵」、茶人・金森宗和の所縁の茶室。 
 もともと奈良・興福寺塔頭にあったもので1877年に移築、奈良国立博物館にある「八窓庵」と並ぶ「大和三茶室」のひとつ。

016_640  
023_640  次が「転合庵」、小堀遠州が茶会のため京・伏見に建てた茶室。
 その後大原・寂光院に移築され、1963年博物館に寄贈された。

 最後は「春草蘆」、江戸時代に河村瑞賢が摂津の淀川改修工事に際して、役人たちの休憩所として建てたもの。
 横浜・三溪園を経て、1959年にこの庭園に移築された。

035_640 028_640_2 036_640037_640
 庭園の桜は、テラスから眺める「エドヒガンシダレ」が満開だった。
 また「オオシマザクラ」も青空に映える。

041_640043_640 「博物館でお花見」は、今月13日まで開催されており、庭園の解放もこの日で終わる。
 庭園の入園料は無料だが、本館の観覧料600円が必要。
 また平成館での特別展を観覧した方は、その日に限って無料となる。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2014

2453.ゼウスの法廷

Img474_640 アカデミー賞にノミネイトされた作品を追っかけていたせいか、このところ洋画が続いた。
 「ゼウスの法廷」は、久しぶりの邦画である。 知人の舞台俳優に、ぜひと勧められたので「シネマート六本木」に出かけた。

 いわゆる「単館上映」作品である。
今のところ上映されているのは東京ではここだけ、今月以降に横浜や大阪、京都などで公開される。

Th、 製作したのは、「ポチの告白」('05)などで知られるグランカフェ・ピクチャーズ。
 国際性ある新鮮な映画づくりを目指す、俳優やプロデューサーたちの集団である。
 今回も、このプロダクションのリーダーである高橋玄が脚本を書き、監督した。

347861_100x100_017  タイトルの「ゼウス」とは、ギリシャ神話に登場する全知・全能の天空神、オリュンポスなど十二神を統べる主神。
 作品は、自分たちだけがその「ゼウス」だと、錯覚している裁判官が登場する法廷劇である。

347861_100x100_002  ヒロインとなる被告(小島聖)は、その「ゼウス」と婚約した女性。
 常時300件近い訴訟を抱える婚約者の判事補(塩谷瞬)は、激務に追われてかまってくれない。
 その寂しさから、学生時代の元恋人(川本淳市)の誘いに乗ってしまった彼女は、誤って彼を死なせてしまう。
 重過失致死罪、その裁判を担当したのは婚約者だった判事補なのだ。  

347861_100x100_015  サスペンスフルな法廷劇であると同時に、究極のラブストーリーでもある。
 裁判を通して愛の本質が問われていく。その中から、日本の司法制度の矛盾が見えてくる。

 刑事訴訟法で、判事は親族や関係者の訴訟を担当しないことになっているし、そうした慣習が確立している。
 だから元婚約者を裁くことは、ありえない。しかし敢えてこの設定にしたことで、司法の盲点を突く展開となる。

347861_100x100_009  ヒロイン役・小島聖(「悪の教典」'12)をはじめ、塩谷瞬(「バッチギ」'05)、川本淳市(「ポチの告発」'05)、判事補の母親・風祭ゆき(「アキレスと亀」'08)、ヒロインの弁護人・野村宏伸(「津軽百年食堂」'11)、元恋人の愛人・速水今日子(「たそがれ」'07)など、この映画に登場する役者に旬のスターはいない。
 しかし、いずれもベテランだけに、演技はしっかりしている。

347861_100x100_012 なぜかヒロインの故郷が、鹿児島県薩摩川内市であることが強調される。この町は私の父親の故郷だが、なにか意味があるのだろうか。

 また、塩谷のセリフを椙本滋が吹き替えているが、それも不可解である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »