« May 2016 | Main | July 2016 »

June 29, 2016

2929.6月のシネマ(5)

 今月観た作品は10本、うち4本は個別に紹介したので、残り6本をメモで記録しておく。
 また久しぶりにマイケル・ムアー監督のドキュメンタリー映画も見たが、こちらは他の作品と年末に総括して紹介する予定。
 
Img434_640
 
   「殿、利息でござる!」
.
 歴史経済学者・磯田道史が書いた「無私の日本人」の一篇、「穀田屋十三郎」を原作に描いた歴史実話。
 
Yjimagezehlw92e_640  250年前の江戸時代、藩の重い年貢に疲弊していく宿場町・吉岡を舞台に、商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)が、知恵者・菅原屋(英太)の奇想天外なアイディアを武器に、町を救うお話である。
 
 そのアイディアとは、財政再建に苦しむ藩に村中で集めた銭を貸して、殿さま(羽生結弦)から利息をいただこうというものだが・・・・。
 
 
Img433_640
 
   「ヘイル、シーザー!」
.
 こちらもビックリマーク(感嘆符)付きのタイトル だが、アカデミー賞常連監督のコーエン兄弟が、超豪華オールスターを集めて撮った映画業界の裏話。
 
355570_005_640  1950年代のハリウッドが舞台。
 超大作「ヘイル、シーザー!」撮影中に、シーザー役の大スター(ジョージ・クルーニ)が誘拐された。
 大混乱の撮影現場で、秘密裏に事件解決を負ったプロデューサー(ジョシュ・ブローリン)は・・・・・。
 
 チャイニング・ティタムやスカーレット・ヨハンソンが出演し、あの時代の話題映画を再現する。
 
Img452_640
 
  「エンド・オブ・キングダム」
.
 「ホワイトハウス」がテロに襲われた前作に続いて、今度はロンドンを舞台に「サミット7」の首脳たちが標的にされるストーリー。
 
Yjimage_640  主人公のシークレットサービス(マイク・バニング)に大統領(アーロン・エッカート)、副大統領(モーガン・フリーマン)と出演者は前作と同じ。
 
 ISを想像させるテロ集団との壮絶な闘いが見ものだが、日本をはじめとする各国首脳たちが犠牲となる中で、アメリカ大統領だけが救出される「アメリカ映画」である
 
 しかし撮ったのは、イラン出身のスエーデン人監督ババク・ナジャフィ。ブルガリアのオープン・スタジオでロケした。
 
Img451_640
 
  「マクベス」
.
 「ハムレット」「オセロ」「リア王」と並ぶシェイクスピアの四大悲劇のひとつ。
 没後400年を記念して、イギリスで製作した。
 
06b75980bf70fa06cc0544896b5ac44c6_2  勇猛果敢だが小心者のスコットランドの将軍マクベス(マイケル・ファスベンダー)が、魔女の予言と妻(マリオン・コティヤール)に唆されて主君を暗殺する。
 王位に就いたが友人の将軍を殺すなど暴政を強い、王子らの復讐に倒れる。
 
 舞台劇と異なり、スコットランドの荒野でロケした神秘的なバトル・スペクタル映像が見もの。
 オーソン・ウエルズが監督した「マクベス」('48)など、映画化はこれが4作品目(ジャスティン・カーゼル監督)。
 
Img460_640
 
    「スノーホワイト」
.
 「鏡よ、鏡。この世で一番美しいのは誰?」
 グリム童話の名作「白雪姫(スノーホワイト)」、その物語よりずっと昔。白雪姫をいじめた継母(シャリーズ・セロン)には、心優しき妹(エミリー・ブラント)がいた。
 
 その妹が、ある事件をきっかけに感情を殺し「氷の王国」を築き、世界征服に乗り出した。
 
Yjimage9_640  白雪姫と共に、国を乗っ取った継母を滅ぼした戦士(クリス・ヘムズワース)は、同じ戦士の恋人(ジェシカ・チャスティン)と共に、復活を遂げた邪悪な女王(継母)を打ち滅ぼすお話。
 敵役、オスカー女優シャリーズ・セロンの冷たい美貌と魔力がみもの。
Img459_640   
   「ヒメアノ~ル」
.
 コミカルな恋や友情、ポップなギャグ、そしてこの世の不条理を描く古谷実のコミック(「ヤングマガジン」'08~)の映画化。
 デビュー20周年を迎えたV6の森田剛が、映画初主演で話題を呼んでる作品。
354629_003_640  彼が演じるのはサイコキラー、無意味な殺人を繰り返す。
 同級生(濱田岳)の恋人(佐津川愛美)をストーキングしていることから、二人の間に危険な接点が生まれる。
 
 「ヒメノア~ル」とはヒメトカゲの事、猛禽類のエサになるヒメノア~ルは強者の餌となる弱者を意味する。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2016

2928.6月のシネマ(4)

_640  ミステリー作家・横山秀夫59歳、東京出身の元新聞記者。
 
 「陰の季節」('98)で松本清張賞を受賞して作家デビュー、「動機」('00)で日本推理作家協会賞受賞、この2作に続いて「半落ち」('03)も直木賞候補に、「クライマーズ・ハイ」('04)が本屋大賞2位、そして「64(ロクヨン)」('13)も本屋大賞2位に選ばれた。
 
Yjimageujeg4p95_640_2  とくに「64(ロクヨン)」は、体調を崩していた横山が7年ぶりに刊行した作品で大ベストセラーとなり、「週刊文書ミステリーベスト10」1位、「このミステリーがすごい!」1位に輝いた。
 
 横山の作品は、テレビドラマ化はもちろん映画化された話題作が多い。
 日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した「半落ち」('04)、「出口のない海」('06)、「クライマーズ・ハイ」('08)、「臨場 劇場版」('12)とあるが、現在公開中の「64(ロクヨン)」前後編は、映画史上に残る傑作と評されている。
 
 
Img457_640
 
  「64・ロクヨン」(前・後編)
 
 数千枚の原稿を削って640ページに絞った原作も読みごたえがあるが、映画も前・後編合わせて250分の大作である。
 
 「わずか7日間でその幕を閉じた昭和64年。その間に起きた少女誘拐殺人事件、通称『ロクヨン』。
 未解決のまま時は過ぎ、時効まで1年と迫ったある日、『ロクヨン』を摸した誘拐事件が発生するー」
 
354941_004_640  佐藤浩市が演じる主人公は、14年前の誘拐事件の時県警捜査一課特殊犯捜査係に所属していた三上刑事。
 優秀な刑事だったがなぜか警務部に異動、現在は広報官として記者クラブと県警上層部、そして捜索現場との板挟み状態に振り回されている。
354941_007_640  前編は三上の視点から、警察と記者クラブの対立、刑事部と警務部の対立、官僚(警察庁)と現場(県警)の対立が、組織と個人を巡る攻防として描かれる。
 
 そして後編、14年前の「ロクヨン」を模倣した類似事件の発生で、主要人物の心情が表に現れてくる。
 
354941_008_640_2  主要人物とは、警察関係者が刑事部長(奥田瑛二)、捜査一課長(三浦友和)、警務部長(遠藤賢一)、警務部調査官(仲村トオル)、本部長(椎名桔平)、広報官三上の部下(綾野剛・榮倉奈々)、元婦警で三上の妻(夏川結衣)、元ロクヨン捜査官(吉岡秀隆)。
 
354941_014_640  記者クラブ(英太・坂口健太郎)、さらに「ロクヨン」の被害者(永瀬正敏)と模倣事件の被害者(緒方直人)。
 
 「ロクヨン」の真相が明らかになっていく過程は、原作とは異なる。
 とくにラスト・シーケンスは、脚本の久松真一と監督・瀬々敬久によるオリジナルとなる。
 
354943_006_640  原作を読んで映画を観た人、これから原作を読む人によって、それぞれの受け止め方は変わるだろう。
 
 「作品としてすごく立体感が出た。作家としてはちょっと悔しいですね」と、原作者・横山秀夫は語る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2016

2927.「メディチ家の至宝」展

 今年は「日伊国交樹立150周年」、それを記念して多くの展覧会が開催されている。
 このブログでも「カラヴァッジョ展」(2920号)「ボティチェリ展」「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」(2889号)と紹介してきた。
 
Imgp0003_1_640Imgp0009_1_640 白金台にある東京都庭園美術館で開催されている「メディチ家の至宝展」も、その150周年を記念した展覧会である。
 
 メディチ家、イタリア・フィレンチェの大金融業者・商人、15世紀初頭には財力をもって旧財閥を追放して市政を掌握した。
 
 また一族は、代々優れた芸術家たちの強力な擁護者となり、ルネサンス文化の興隆に貢献していく。
 
160422_photo11_640_3  一族からは教皇や枢機卿も輩出したが、コジモ一世がフィレンツェ公(在位1537~69)に、さらにはトスカーナ大公(在位1569~74)となって北部イタリアを支配した。
 
 そのメディチ家によるトスカーナ支配は、7代ジャン・ガストーネまで続くが、1737年彼の死去によって終焉する。
 
160422_photo03_640 160422_photo10_640  フェレンチェにあるウフィツイ美術館(元大公館跡)には、メディチ家が300年にわたって収集した膨大な美術工芸品が保管されている。
 
 トスカーナ大公家最後の公女アンナ・マリア・ルイーザが、「フィレンツエから持ち出さず、一般公開すること」を条件に、全財産を大公国に追贈したからである。
 
 今回の展覧会は、その美術工芸品のなかからおよそ80点の「ジェリーと名画」を初公開し、メディチ家一族の歴史とルネサンス時代の人々の息吹を伝える。
 
 主な展示品の数点を紹介しておこう。
 
160422_photo02_640 160422_photo07_640  左は「コジモ一世の公女マリアの若き頃の肖像」(1550-1551)、大公が最も愛した娘だったが、17歳で亡くなっている。
 肖像画は、フェレンツェの画家ブロンズィーノの作品で、滑らかな肌の質感の美しさが光る。
 
 続いて妹「イザベツラ・デ・メディチの肖像」、ブラッチャーノ公に嫁いだ公女を同じくブロンズィーノが描いている。
 
160422_photo08_l_640_2  右は「フランス王妃カテリーナ・デ・メディチの肖像」、メディチ家からフランスのアンリ2世に嫁いだ公女である。
 作者はジェルマン・ル・マニエとされるが、確かではない。
 
160422_photo09_640160422_photo13_640  左の工芸品は「赤ん坊を入れたゆりかご」(1695年)、オランダの金工家の作品で 金・七宝・バロック真珠・28個のダイアモンド・20の真珠で作られている。
 
 次の「男性像をともなう2頭立ての戦車」は、紀元前1世紀のカメオの断片を金によって補作したものである。
 
 「メディチ家の至宝~ルネサンスのジュリーと名画」展は、東京都庭園美術館で来月5日まで開催。入館料は1.400円。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2016

2926.6月のシネマ(3)

Yjimageie2xgpt9_640   「告発の行方」('88)「羊たちの沈黙」('91)で、アカデミー賞主演女優賞を受賞したジョディ・フォスター53歳。

 プロデューサー・監督としても活躍している彼女が、監督4作目「マネーモンスター」を公開した。
 
Yjimageimjkpf9d_640   一作目が天才少年の心の葛藤を描いた「リトルマン・テイト」('92)、続いて「ホーム・フォー・ザ・ホリディ」('95)、そしてメル・ギブソン主演の「それでも、愛している」('12)、「マネーモンスター」は4年ぶりの社会派作品である。
 
 公開を前に来日したフォスター監督は、「ハリウッドにも『ガラスの天井』がある」と映画界がいまだに男性中心の社会である事を嘆いていた。
 CGを駆使した超大作中心の昨今の映画界、彼女の作品はどう受け入れられるのだろうか。
 
Img456_640 
   「マネーモンスター」
.
 オスカー俳優(「シリアナ」'05)ジョージ・クルーニーと、オスカー女優(「エリン・ブロコビッチ」'00)ジュリア・ロバーツが主演する、「リアルタイム・サスペンス」映画である。
 
355989_003_640  財テク・バラエティTV番組「マネーモンスター 」が、生放送中に「ジャック」された。
 
 人質となって自爆ベストを着せられたのが売れっ子の司会者(ジョージ・クルーニー)、犯人(ジャック・オコンネル)の主張は「TVに騙されて全財産を失った」と。
 
355989_008_640  副調整室にいた番組ディレクター(ジュリア・ロバーツ)は、生放送を続けながら、あらゆる手を尽くして事件の背景を探り、「ウオール街の闇」を明らかにしようとする。
 
 スタジオを取り巻く警察の狙撃手、全米の視聴者がテレビにくぎ付けされる中、司会者と犯人がタッグを組むなど、事態は意外な展開を見せていく。
 
355989_005_640  監督ジョディ・フォスターが、出演せず監督に専念した作品。
 子役時代から家族を経済的に支えてきた彼女は、「お金の持つ意味」にこだわる。
 「金融制度は、資本主義を動かすために必要だが、様々な問題を改革すべきだ」という。
 
355989_007_640  そのテーマが、ジュリア・ロバーツの演じるディレクターのアクションに込められ、ナマ中継が金融資本主義の「真実」を暴露するのだ。
 
 犯人役のジャック・オコンエルは、アンジェリーナ・ジョリー監督の問題作「不屈の男アンブロークン」('14)に抜擢されたイギリスの俳優。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2016

2925.梅雨・長谷寺

Imgp0017_640Imgp0008_640 
 花菖蒲と並んで梅雨を代表する花は「紫陽花」。
 今月の「ひとまくウオーキング」は、紫陽花の「花の寺」として知られる鎌倉の長谷寺を訪ねた。
 
 鎌倉の紫陽花寺として有名なのは、一昨年に訪ねた明月院や昨年の成就院もあるが、、40種類の紫陽花を鑑賞できるのは長谷寺。
 1~2時間待ちとのTVニュースも流れたので、朝9時に入寺した。
 
Imgp00141_640Imgp0002_640 本尊「十一面観世菩薩像」で有名な長谷寺は、736(天平8)年開基の古刹。
 坂東三十三所観音霊場として、多くの参詣客が訪れる浄土宗の寺である。
 
 由比ガ浜から遠くは三浦半島・相模湾を眺望する観音山の中腹は、2.500株の紫陽花で埋め尽くされていた。
 
Imgp0038_640Imgp0040_640Imgp0031_640Imgp0042_640
 「ハナテマリ」「小町」「アレキサンドリア」「長谷の四片」・・・・・・。
 幕末に日本原産の「ガクアジサイ」を、ヨーロッパに持ち帰ったのがシーボルト博士。
 
 かの地の人々を魅了した「東洋のバラ」が、人工的に改良されて日本に里帰りした。
 それが「ハイドランジアン」、西洋紫陽花である。
 
Imgp0041_640Imgp0049_640Imgp0050_640Imgp0045_640
 
 寺の入り口で貰った団扇の写真と照らし合わせてみた。
 
 「かまくら」「エーゲ海」「長谷の潮騒」「ブルースカイ」「長谷の祈り」「墨田の花火」「浜辺の詩」・・・・、微妙な色の変化で照合も難しくなる。
 
Imgp0021_640_2Imgp0023_640_2Imgp0024_640_2Imgp0075_640
 
紫陽花は、土壌の酸性度で花の色が変わるという。
 酸性なら青系統、アルカリ性なら赤系統と言われるが、日にちが経つと色も変化していく。
Imgp0006_640Imgp0013_640 
 
 「あじさいの径」を散策して30分、観光客も増えてきた。
 入り口では、入場制限も始まる。
 「ひとまくウオーキング」の仲間たちは、次の目的地に向かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2016

2924.六月大歌舞伎

Kabukiza_201606ff_16acaac26115a9393  知人から、歌舞伎座の招待券をいただいた
 2月以来、久しぶりの歌舞伎鑑賞である。
 
 今月は、[仮名手本忠臣蔵」「菅原伝授手習鑑」と並ぶ、「歌舞伎三大名作」の一つ「義経千本桜」。
 源義経がたどる数奇な運命を軸に、「千本桜の三役」平知盛・いがみの源太・狐忠信が、午前・午後・夜の主役となって登場する。
 
Imgp0042_640  「義経千本桜」は、二世竹田出雲・三好松洛・並木千柳合作による義太夫狂言。
 
 1747(延享4)年、大坂・竹本座で人形浄瑠璃として初演、翌年には江戸・中村座で歌舞伎化された。
 
 源義経が平家討伐の後、兄頼朝に疎まれて追われる間の物語で、彼に敗れた平知盛・維盛・教経の復讐と義経の「吉野落ち」が描かれる。
 
Img453_640_2    第一部 「碇知盛」
 
 この演目は「義経千本桜」の二段目にあたり、「渡海屋」と「大物浦」の二幕で構成される。
 
 謡曲「船弁慶」や「碇潜(いかりかづき)」を素材に、九州に落ち延びようとする義経(尾上松也)に、復讐しようととする知盛(市川染五郎)が幽霊姿になって挑むお話し。
 
Imgp0043_640  戦に負けた知盛が、自らの体に碇の綱を巻き付けて、碇と共に後ろ向きに海に飛び込む「背ギバ」が一番の見せどころとなる。
 
 出演は他に典侍の局に市川猿之助、相模五郎に市川右近と澤瀉屋の面々。
 
Img454_640    第二部 「いがみの権太」
 
 今回鑑賞したのはこの演目で、三段目にあたる。
 主人公は大和・吉野のならずもの、いがみの権太(松本幸四郎)。
 「いがみ」とは上方言葉で、嫌われ者、無法者のこと。
 
Imgp0045_640  高野山に潜んでいる重盛の嫡男・維盛(市川染五郎)を訪ねて、妻の若葉の内侍(市川高麗蔵)と一粒種、家来の小金吾(市川松也)がやってきた。
 その一行からお金をだまし取ったのが、いがみの権太(「木の実」の幕)。
 
 源氏方の追手に囲まれ、奮闘し内侍親子を逃す小金吾。縄を使った大掛かりな立廻りなど、20分近いタテがみどころ(「小金吾の討死」の幕)。
 
 維盛捕縛のため鎌倉からやってきた梶原景時(坂東彦三郎)に、維盛の首と縛り上げた妻子を差し出したのが権太。
 褒美をもらって喜ぶ権太を、維盛を匿っていた父・弥左衛門(松本金吾)が刺した。
 
Imgp0046_640  実はこの首が・・・・・という粗筋で、悪人・いがみの権太が実は善人だったという「もどり」が見せ場となる(「すし屋」の幕)。
 
 この権太の演じ方には、大和の無頼漢という上方式と江戸風にすっきりと見せる江戸式があり、今回は五代目幸四郎が創出した、小気味よい江戸っ子らしい男を九代目の幸四郎が演じた。
 
 出演は他に、権太の妻に片岡秀太郎、妹に市川猿之助、母親に市川右之助。
 
Img455_640    第三部「狐忠信」
.
 四段目「四の切り」は、通称「川連法眼館(かわつらほうげんやかた)」。
 
 筋書は能登守教経の義経への復讐だが、眼目は源九郎狐(市川猿之助)の報恩。
 大和に残る古い説話を下敷きにしている。
 
Imgp0048_640  初音の鼓を持つ静御前(市川染五郎)と従う狐忠信、吉野山桜爛漫の道行きに始まり(道行初音旅)、義経が隠れる川連法眼(市川猿弥)の館がクライマックス。
 
 猿之助が佐藤忠信と狐忠信の二役を演じ、床下の早抜け、欄干渡り、蘭間抜け、幕切れの宙乗りなど、ケレン味溢れる「猿之助型」の狐の所作を見せる。
 
 「流転する義経に翻弄された三人の男たちー長編歴史ロマンの三部作」、6月の歌舞伎座である。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2016

2923.6月のシネマ(2)

 ヨーロパの映画界で「4K」と呼ばれる日本の監督たち、黒沢清・河瀬直美・北野武そして是枝祐和。
 彼らの作品はカンヌで、ベルリンで、ヴァネチェアで様々な賞を受賞してきた。

 今年のカンヌ国際映画祭では、新進監督・深田晃司が「淵に立つ」で「ある視点部門」の審査員賞を受賞したが、是枝監督の「海よりもまだ深く」もノミネイトされていた。

Yjimageix50j4co_640  是枝祐和54歳、テレビマンユニオンでドキュメンタリーのディレクターとして活躍していたが、1995年「幻の光」で映画監督デビューし、作品はバンクーバーとシカゴの映画祭でグランプリを獲った。

Yjimage1_640  以降、「ワンダフルライフ」('99)「誰も知らない」('04)「歩いても歩いても」('08)「奇跡」('11)と、世界各地の映画祭で作品賞や監督賞などを受賞してきた。

 さらに「そして父になる」('13)でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞、昨年の「海街diary」は、日本アカデミー賞最優秀監督賞・作品賞・脚本賞など日本の映画賞のほとんどを独占している。
.

Img448_640
   「海よりもまだ深く」

 劇中に流れるテレサ・テンの唄、その歌詞からとったタイトルは「海よりも深い」不器用な人生の愛し方を描く。
 
Yjimageev8q2011_640  15年前に一度、文学賞を受賞したきりの「自称作家」(阿部寛)が主人公。
 妻(真木ようこ)にも逃げられ、今は食うために探偵事務所で働く。
 
Yjimage0wslxsih_640  そんな彼と別れた妻と子(吉澤太陽)が、ひょんな事から団地住まいの母(樹木希林)の家に集まる。
 その夜は台風が襲来、4人は長い一夜を過ごすことになる。
 
Yjimagebhpml8z9_640  「なりたかった大人」になれず、必死でもがくダメ中年男、それだけに息子が気になる母親。
 
Yjimagefbj3j9oj_640  世話になった姑の想いに複雑な気持ちを抱く元妻、そしてもう一度「家族」になりたい息子の想い。
 
 「海よりもまだ深く」愛しあえる家族を取り戻せるのか、是枝監督は優しくユーモラスに綴っていく。
 
 樹木希林と阿部寛は「歩いても歩いても」以来8年ぶりの親子、出演はほかに小林聡美、リリー・フランキー、池松壮亮、橋爪功。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2016

2922.梅雨・東御苑

Imgp0034_640090_640 皇居東御苑、ビルに囲まれた広い庭園を散策するのは今年5回目。
 高校同窓生や歌舞伎愛好仲間を案内したり、ひとりでゆっくり歩いた日もあった。
 
 昨日は梅雨のシーズンを代表する「花菖蒲」を見ようと、連れ合いの希望もあって、小雨の中を出かけた。
 
Imgp0018_640  江戸城の正門、大手門から東御苑に入り、右手に進む。
 江戸時代には、将軍世嗣の御殿や別邸として使われた二の丸の庭園がある
 
 庭園の池に、明治神宮の菖蒲池から花菖蒲の株が移されたのが50年前。
 今では120種を超える花が、池を彩る。
 
052_640013_640026_640041_640
 
左から「万里響」「五月晴」「九十九髭」「連城の碧」。
 
 花菖蒲は、もともと山野に自生していた「ノハナショウブ」を改良した、園芸品種である。
 
 江戸時代から全国で品種改良が進み、現在は「江戸系」「肥後系」「伊勢系」と分類されている。
 ここに二の丸庭園の花菖蒲は、もちろん「江戸系」。群生の美が特徴である。
 
021_640029_640070_640078_640
 
 赤紫の花を撮る。
左から「鳳台」「加茂川」「浪乗舟」「江戸自慢」。
 
 突然変異や掛け合わせで、微妙な色合いの変化を生かして育てる。
 
 それぞれ優雅な名前が付けられて、目を楽しませてくれる。
 
062_640055_640_2 「いずれあやめかかきつばた」
 池の脇にあった案内板に、アヤメ科の花の区別の解説が書かれていた。
 
 花の大きさや葉の葉脈などで、「カキツバタ」「ハナショウブ」「ノハナショウブ」「アヤメ」「イチハツ」 と区別されるが、地域によっては呼び方が逆になる事もあるらしい。
 
023_640  花菖蒲は、紫陽花と並ぶ梅雨の季節の花。
 都内では、「小石川後楽園」「堀切菖蒲園」「明治神宮」「清澄庭園」「水元公園」などで、いま花菖蒲が見ごろである。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2016

2921.6月のシネマ(1)

Yjimage_640  イギリスの演技派女優として知られるシャーロット・ランプリング70歳、ブログ2905号(4.19)でも紹介したように、今年のアカデミー賞主演女優賞にノミネイトされた5人の女優の中で最年長だった。
 
 オスカーの受賞は逸したが、作品「さざなみ」で見せた演技は、イングリット・バーグマンの再来と批評家たちの称賛を浴びた
 

Yjimage6_640

 1965年モデルから女優に転じたが、注目を集めたのは主演したイタリア映画「愛の嵐」('74)、ナチ親衛隊将校ダーク・ボガードを前に上半身裸にサスペンダー、ナチ帽をかぶって踊るユダヤ人少女は、あまりにも有名である。
 
 その後も多くの作品に出演してきたが、1992年にフランスの新鋭監督フランソワ・オゾンの「まぼろし」に主演し、ふたたび世界の注目を集める。
 
 続いて同監督の「スイミング・プール」('04)「エンジェル」('07)「17歳」('14)に出演、演技派として女優の地位を確立した。
 
Img430_640
 
   「さざなみ」
.
 今年のアカデミー賞で、シャーロット・ランプリングが主演女優賞にノミネイトされた作品だが、すでに前年にベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を受賞、ヨーロッパ映画賞など多くの女優賞も受賞している話題作である。
 
355325_004_640  私たちの年代の男にとっては、「怖い映画」である。
 結婚して45年、周囲からはおしどり夫婦と敬愛されてきたカップルの「愛の破たん」が描かれる。

355325_006_640

 きっかけは夫(トム・コートネイ)に届いた一通の手紙である。
 結婚前に山岳事故で亡くなった元恋人の遺体が、氷河の中から見つかった、という知らせである。
 遺体は、半世紀前のそのままの若い姿だった。

355325_003_640

 夫は、過去の恋愛の記憶を、日毎に蘇生していく。
 そして妻(シャーロット・ランプリング)は、存在しない女への嫉妬心を夜毎に重ねていく。
 それはやがて、夫へのぬぐいきれない不信となり、45年にわたる夫婦生活のむなしさが募ってくる・・・。
 
355325_005_640  男のいだく結婚観と恋愛観、女の求める結婚と恋の感情、それは埋められない溝なのだろうか。
 
 結婚45周年記念のパーティーで、「煙が目にしみる」の名曲にのって夫と踊るシャーロットの苦い幻滅の表情が、それを物語る。
 
 監督アンドリュウ・ヘイ(「ウイークエンド」'11)は、そのクライマックスで「人を愛することの意味」を、観客に突きつけた。
 
 原題は「45 YEARS」、邦題の「さざなみ」は私が14年前にプロデュースした日本映画と同名なので、ちょっと複雑な気持ち。
 こちらは唯野未歩子・豊川悦司・岸部一徳・松坂慶子出演、長尾直樹監督作品である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2016

2920.カラヴァッジョ展

113  フランスの建築家ル・コルビュジェが設計した国立西洋美術館、来月決定される世界遺産の候補となって話題を呼んでいる。
 
Img435_640_2  その美術館で現在催されているのが日伊国交樹150周年記念の「カラヴァッジョ展」、ルネサンスを超えた男といわれる彼の傑作11点と、彼から影響を受けた画家たちの作品40点が展示されている。
 
20160115013553_640  ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571~1610)は、ヨーロッパ美術史上偉大な巨匠とよばれたイタリアの天才画家。
 
 ミラノに生まれた彼は、20代のころから画家として頭角を現し、ローマ・ナポリ・マルタ・シチリアで活躍した。
 
Img436_640  彼の画法は劇的な明暗法によって人物を浮かび上がらせる表現法、バロックという新時代の美術を開花させた先駆者として、ルーベンスやレンブラントなど17世紀の多くの画家たちに影響を与えた。
 
 展示は「五感」「風俗」「光」「斬首」などのテーマごとに構成、カラヴァッジョの作品とカラヴァジェスキの作品とを併せて紹介する。
 
Img442_640  カラヴァッジェスキとは、彼の画法を模倣し継承した同時代・次世代の画家たちの総称。
 
 弟子を採らなかった彼なので、カラヴァジェスキたちは直接本人を知ることはなく、作品の魅力に引き寄せられてその画法を学び発展させていった。
 
 今回もフランス人のラ・トゥール(右の作品)やイタリア人のマンフレーディ、オランダ人のブリュッヘンらの作品が並んだ。
 
Yjimage307xcq6h_640 今回の展示の目玉となったのは、幻の傑作といわれてきた「法悦のマグダラのマリア」(1606年)。
 
 個人蔵のこの作品は世界で初めて公開されたもの、無法者的な生き方をしてきたカラヴァッジョが、殺人事件を犯してローマからナポリに逃げ込んだ頃描いた。
 
 闇に溶けそうなマリア、罪の意識を抱える彼の心象風景が読み取れる名画である。
 
Img441_640 同じころに描かれたもう一つの作品「エマオの晩餐」、彼の晩年様式の端緒を飾る作品で、深い闇に人物が沈んでいくかのような、静謐で内省的な光の表現が特徴である。
 
Img440_640_2 こちらも話題作である。
 
 「エッケ・ホモ」(1605年)、マッシミ枢機卿が3人の画家に同じ「エッケ・ホモ(この人を見よ)」を主題に競作させた作品。
 今回は、現存するもう一点のチゴリの作品と並列して紹介する。
 
Yjimageauepn3a0_640  ほか 冒頭のポスターで紹介された「トカゲに噛まれる少年」(1596年頃)、「果物籠を持つ少年」(1593年頃)、「メドゥーサ」(1597年頃)、「洗礼者聖ヨハネ」(1602年)など、大画家の傑作11点が並ぶ。
 
Yjimagehssgoyye_640_2  38歳で没したカラヴァッジョ、現存する真筆は60点余と言われている。
 世界各国の美術館や個人蔵から選ばれた今回の出品数は、日本でも初めての規模となった。
 
 「カラヴァッジョ展」は、今月12日まで上野国立西洋美術館で開催。観覧料は1.800円。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2016 | Main | July 2016 »