« 2930.7月のブックから | Main | 2932.入谷朝顔まつり »

July 05, 2016

2931.猛暑・甲斐路

Imgp0004_640_2Imgp0001_640_2 恒例の「月島一之部西町会」日帰りバス旅行、猛暑の予報がでた日曜日に中央道を走った。
 
 近所に新築マンションが完成して町内会員も増えたので、若い家族連れが多い。
 今回はバス3台、90名の旅である。
 
Imgp0007_640Imgp0010_640  月島を出発して2時間、最初の目的地甲州市の「シャトー勝沼」に到着。
 ここ鳥居平は、ワイン用の葡萄産地としては日本一の生産量を誇る。
 
Imgp0017_640Imgp0019_640  ビン詰工場やワインセーラーを見学して 、みなさんは試飲コーナーへ。
 こちらは周囲の葡萄畑で、今秋の実りを想像した。
 
Imgp0022_640_2Imgp0023_640  葡萄畑の中から、突然お湯が噴出した。
 
 笛吹川沿いにある「石和温泉郷」は、湧出してから55年と歴史は浅い。
 時あたかも高度成長期、JRで1時間半前後、中央自動車道も開通して東京の奥座敷になった。
 
 町会参加者一同はここで昼食、「温泉」を楽しみながらひと時を過ごす。
 
Imgp0046_640Imgp0031_640 食後のデザートは「白桃」、バス旅行のハイライトは園内食べ放題の「桃狩り」である。
 
 日本一の「桃源郷」といわれる笛吹市一宮、7月上旬は「日川白桃」が完熟している。
 およそ30か所の農園には、39度を超える猛暑の中観光客で賑わっていた。
 
Imgp0041_640Imgp0036_640 園内でもいだ桃は、何個でも無料で食べられる。
 持ち帰る場合は量り売り、日によって価格は変わるが今回はキロ890円、4個弱の値段だった。
 
Imgp0053_640Imgp0048_640 帰途、同じ一宮にある「桔梗屋」に立ち寄る。
 
 一個一個を手で包装し、最後は風呂敷包みにした「信玄餅」の工場である。
 一個を包むのに6秒、一日約10万個が生産されるという。
 
Imgp0029_640_2Imgp0005_640  町会の「日帰りバス旅行」は、年1回のイベント。
 参加費は、バス代・食事・桃狩りをふくめ4.000円。
 町内会費や区の地域活動活性化補助などもあり、実費の半分で済む。
 
Imgp0060_640Imgp0061_640 「談合坂」で休憩をとり東京へ。
 
 小仏トンネルあたりから渋滞が始まり、八王子JCでは動くなった。
 人身事故による交通規制のためらしい。
 
 16時に笛吹を出発して中央自動車道に、自宅に着いたのは21時15分だった。
 予定より3時間遅れ、楽しかったが年寄りには少々堪えた旅行となった。
 

|

« 2930.7月のブックから | Main | 2932.入谷朝顔まつり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93334/63867627

Listed below are links to weblogs that reference 2931.猛暑・甲斐路:

« 2930.7月のブックから | Main | 2932.入谷朝顔まつり »