« July 2016 | Main | September 2016 »

August 30, 2016

2950.8月のシネマ(6)

 8月のシネマ(4)でも触れたように、今月はスポーツ界の実話映画が多い。
 オリンピック・シーズンだっただけに、人々の関心も高かったからだろう。
 これまで紹介できなかった作品、メモとして記録する。
 
Img469_640
 
  「疑惑のチャンピオン」
.
 重症のガンを手術とリハビリで克服、自転車レースの最高峰「ツール・ド・フランス」で前人未到の7連覇をはたしたランス・アームストロング(ベン・フォスター)。
 
 ガン患者を支援する活動など慈善事業にも取り組み、スーパースターとしてファンの尊敬を集めていた彼が、実はドービングを使用していた。
 
356093_001_640  彼の薬物使用疑惑を追ってきた、イギリスのサンデー・タイムズ記者デヴィッド・ウォルシュ(クリス・オダウド)のノンフィクションをもとに、今もスポーツ界を毒しているドービングの生々しい手法と、人間の欲望と虚栄心を薬で得ようとしたスポーツ選手たちの、複雑な実像を抉り出していく。
 
 監督は、「クイーン」('06)でアカデミー賞ノミネイトのスティーヴン・ファリアーズ。
 
 
Img472_640
 
   「ペレ 伝説の誕生」
.
 前作が「穢れたアスリート」の実話だったが、こちらは「レジェンド」として今もその座に君臨するアスリートの物語である。
 
348081_001_640  1958年スエーデンで開かれたW杯で、ブラジルを初優勝に導いた17歳の少年ペレ。
 1962年・1970年のW杯にも貢献した彼は、1283点という世界記録を保持し「サッカーの王様」として世界中のファンの絶賛を浴びる。
 
 ブラジルのスラム街で育った彼が、「エースNO.10」を獲得するまでの試練の日々を、ハリウッドを代表するプロデューサーのコリン・ウイルソン(「アバター」'09)のもと、アカデミー賞受賞のスタッフたちが撮った。
 
Img510_640
 
  「栄光のランナー」
.
 1936年のベルリン・オリンピック、この大会で4つの金メタルを獲得したアメリカ代表選手がいた。
 ジェーシー・オーエンス(ステファン・ジェイムス)、伝説の陸上選手が偉大な記録を打ち立てるまでの2年間が描かれる。
 
356560_003_640  ベルリンオリンピックは、ナチスが国威高揚のため開催した大会。
 ナチスによるユダヤ人・有色人種排斥にたいして、オリンピックのボイコットを訴えるアメリカ世論、さらには国内での黒人差別という状況の中で、ただひたすら走ったオーエンス。
 
 彼を支えたコーチ(ジェイソン・サダイキス)と、最愛の妻(シャニース・バンタン)の姿がオーバーラップする。
 監督は、「プレデーター2」('91)のスティーブン・ホプキンス。
 
 
Img471
 
  「帰ってきたヒトラー」
.
 ヒトラーが、タイムスリップして現代に蘇った。
 物まね芸人と誤解されて、TVやユーチューブで大人気となったが、やがて彼のアジテターとしての情熱に惹かれ、大衆はまたあの30年代の道を進もうとする。
 
356055_003_640  4年前に出版された、ティムール・ヴェルメッシュの同名小説の映画化。
 絶賛と非難を浴びたブラックコメディ小説は、世界41か国で翻訳されて大ベストセラーに。
 ヒトラーを人間として描くことで、ナチスを台頭させた原因が今も存在していることをあぶりだした。
 
 主役は、無名だが舞台俳優出身のオリヴァー・マスッチ。
 彼は実在の政治家やネオナチの中に飛び込み、アドリブで現代を切った。
 
 
Img485_640
 
  「ヤング・アダルト・ニューヨーク」
.
 「ポスト/ウディ・アレンの大本命」と囁かれている、ノア・バームバック47歳。
 ニューヨーク生まれの彼が、ニューヨークを舞台に空前のジェネレーション・ギャップで困惑する現代を、リアルにかつユーモラスに描いた佳作。
 
Yjimage_640  ジェネレーションX(1961~1980に生まれた世代)の夫婦を、「LIFE!」('13)のベン・スティラーと「追憶の森」('16)のナオミ・ワッツが。
 ジェネレーションZ(1990~2009生まれの世代)の夫婦を、「スター・ウオーズ/フォースの覚醒」('15)のアダム・ドライバーと「クーパー家の晩餐会」('15)のアマンダ・サイフリットが演じる。
 
 「若いつもり」でSNSに浸る40代と、クリエイティヴに生きる20代の交流とギャップが、カラフルに描かれる。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2016

2949.8月のシネマ(5)

300x_640  フランスの名優カトリーヌ・ドヌーヴ72歳。
 キャリアを重ねるたびに、その演技力に魅力がます。
 スクリーンに登場して半世紀、淑女から悪女まで、どんな役でも魅惑的に演じ今も第一線で活躍している女優は、ほかにいない。
 
Yjimagegopp4r68_640  ドヌーブは、俳優だった両親のもと10代のころから映画に出演、21歳で主演した「シェルブールの雨傘」('64)が大ヒットしてスターの座についた。
 
Yjimageejf34te5_640  多い年は5本の作品に出演するなど毎年欠かさず映画に登場、「インドシナ」('92)でアカデミー賞主演女優賞にノミネイト、1998年の「ヴァンドーム広場」ではヴェネツィア国際映画祭女優賞に輝いた。
 
 さらに2002年の「8人の女たち」では、ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を受賞している。
 
Faa0401s_l_640  私生活では、出演した「悪徳の栄え」('63)の監督ロジェ・ヴァディムとの間に息子クリスチャン・ヴァディムを、「哀しみの終わるとき」('71)で夫婦役を演じたマルチェロ・マストロヤンニとの間に娘キアラ・マストロヤンニをもうけている。
 
Yjimage_640  マストロヤンニとは、法的な夫婦関係にはなかったが晩年まで交際は続き、彼の臨終にも立ち合った。
 なお、息子・娘とも現在俳優として活躍している。
 
 今回紹介する作品「太陽のめざめ」は、「しあわせの雨傘」('10)以来6年ぶりの主演映画。
 昨年のカンヌ国際映画祭では、オープニング作品として上映されている。
 
Img506_640
 
  「太陽のめざめ」
.
 母親から育児放棄された6歳の少年、10年後に手の付けられないワルガキ(ロッド・パラド)となった彼が出会ったのは、子供の時助けてくれた児童問題担当の判事(カトリーヌ・ドヌーヴ)だった。
 
356458_006_640  自動車を盗み人を傷つけた少年、彼女は教育係(ブノア・マジメル)をつけて更生施設に送るが、ここでもまた彼は野生動物のように荒れる。
 
235250_640  親の愛を知らず心に傷を負った少年、何回も裏切られながらも彼を更生させようと情熱を傾ける判事や教育係を描きながら、人が生きるための糧となるものを求める。
 
 脚本を書き監督したのは、フランスで女優としても活躍している エマニュエル・ベルコ。
 監督作品がオープニング上映された昨年のカンヌでは、出演した「モン・ロワ」で女優賞も受賞している。
 
7918d8c7de9b2bf4f6bd2d4423bea13acb7  カトリーヌ・ドヌーヴについては冒頭紹介したので省くが、繊細な非行少年役で出演したロッド・パラトに、カンヌは称賛の声を上げた。
 
 たまたまオーディションに参加した職業訓練生、端正な顔立ちと強い光を放つ瞳、その強烈な 存在感に、アラン・ドロンの再来と騒がれている。
 
 また非行少年としての過酷な体験をした教育係を演じたブノワ・マジメルは、「ピアニスト」('01)でカンヌ・男優賞を受賞している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2016

2948.八月納涼大歌舞伎

Imgp0002_1_640  毎年8月の歌舞伎座は「納涼」と称して、若手を中心とした演目が上演される。
 また、3部制にして、新しい試みや演出による演目が並ぶのも恒例である。
 
Kabukiza_201608poster_640  今回は、その第一部のチケットをいただいたので、11時開演の歌舞伎座に駆け付けた。
 
 最初の演目は「嫗山姥(こもちやまんば)」、近松門左衛門が書いた人形浄瑠璃の歌舞伎化である。
 
 謡曲「山姥」を基に、源頼光が碓氷定光や卜部末竹、坂田金時を家来にする経緯や、彼ら四天王が活躍する全五段の浄瑠璃で、1712(正徳2)年に大坂・竹本座で初演された。
 
Imgp0003_1_640  歌舞伎では、二段目「兼冬館(かねふゆやかた)」だけが上演されるが、今回も武智鉄二の補綴で「岩倉大納言兼冬公館の場」として見せる。
 
 主人公は荻野屋八重桐(中村扇雀)、後に坂田金時の母となる人物で、物語はその誕生前日譚として展開する。
 
 大坂の廓で全盛をきわめた傾城・八重桐、惚れた男・坂田時行(中村橋之助)が親の敵を求めて出奔、行方知らずに。
 偶然、兼冬公館で煙草屋に見をやつした坂田に出会う。
 
 古風な紙衣(かみこ)姿で、廓の事や坂田に惚れ込んだ話を、館の主・沢瀉姫(坂東新梧)に語る「仕方話」、ここがこの演目の最大の見どころである。
 
Imgp0015_640  歌舞伎では、「しゃべり」を竹本が語る演出が普通だが、1938年(昭58)年の近松座で坂田藤十郎が初演した時、竹本と掛け合いでしゃべり、三味線にノッて動く型を演じた。
 
 今回は父・藤十郎の演じ方を受け継いだ扇雀が、歌舞伎座ではじめて八重桐を見せた。
 
 物語は、自害した坂田の子を宿した八重桐が山姥となって荒れ狂い、姫や坂田の敵を追い散らすところで終わる。
 その山姥から生まれた子が、頼光の家来・金時である。
 
Imgp0004_1_640  二つ目の演目は「権三と助十」、岡本綺堂が1926(大正15)年に書いた「大岡政談」の番外編。
 政談では脇に回っている駕籠かき二人を主人公にした、江戸っ子堅気を描くせわものである。
 
 舞台は、神田橋本町の六郎兵衛長屋。
 真夏の井戸替えの日、もと長屋の住人・彦兵衛の倅(中村壱太郎)が、大坂からやってきた。
 隠居殺しの嫌疑で捕えられ、牢死した父の嫌疑を晴らすためである。
 
Imgp0018_640_2  実は駕籠かきの二人、権三(中村獅童)と助十(市川染五郎)は、犯行の日に怪しい男(片岡亀蔵)を目撃していた。
 一計を案じた家主の六郎兵衛(坂東弥十郎)、倅と駕籠かき二人を縛って南町奉行・大岡越前守に差し出したのだが・・・・。
 
 喧嘩早いが人情に厚く、貧しいながら助け合って暮らす江戸っ子の姿が生き生きと描かれていく。
 長屋の井戸替え、大人子供も交えて50人近くが舞台に現れ観客も大笑い。
 
 
Imgp0005_1_640  「八月納涼歌舞伎」は、第二部が市川猿之助演出の「東海道中膝栗毛」と、
 常磐津舞踊「艶紅曙接拙(いろもみじつぎきのふつつか)」。
 
 弥次郎兵衛(市川染五郎)と喜多八(市川猿之助)の宙乗りと、中村橋之助の舞踊がみどころ。
 
Imgp0016_640  第三部は、河竹黙阿弥作「土蜘蛛」と、新作歌舞伎「廓噺山名屋浦里(さとのうわさやまなやうらざと)」。
 
 新作歌舞伎は、落語家の笑福亭鶴瓶が昨年口演した人情噺が発端。
 その噺を聞いた中村勘九郎が、舞台化を試みたもの。
 原作は上方落語作家くまざわあかね、演出・今井豊茂。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2016

2947.8月のシネマ(4)

 ここ2~3ヵ月、ノンフィクションをドラマ化した佳作が、次々と上映されている。
 実在の人物が実名で登場し、ドラマチックな「真実」が描かれる。
 
Img472_640  今月末まとめて紹介する予定の「スポーツ系ドラマ」が3本。
 ガンを克服してツール・ド・フランス7連覇を果たしたランス・アームストロングを描いた「疑惑のチャンピオン」と、スラム街出身の少年がサーカーの王様となった「ペレ伝説の誕生」。
 そして1936ベルリン・オリンピックの金メタリスト・ジェーシー・オーエンの「栄光のランナー」。
 
Img377_640  金融界の内幕を実在の人物を通して描いた「マネー・ショート」(ブログ2899号)もそうだが、メディア・ジャーナリズムの世界で闘った人々を主役とした実話ドラマも3本ある。
 
 「スポットライト」(ブログ2911号)「アイヒマン・ショー」(ブログ2919号)「トランボ」(ブログ2942号)、さらに4本目が今回紹介する「ニュースの真相」である。
 
Img505_640
  「ニュースの真相」
.
 アメリカ・CBSニュースの看板番組「60ミニッツⅡ」で、イラクの捕虜虐待問題(「アブグレイブ報告」)をスクープするなど数々の実績をあげた女性プロデューサー、メアリー・メイプスの自伝の映画化。
 
356508_005_640  ブッシュ大統領が再選を目指していた2004年。
 CBSニュースは「ブッシュの軍歴詐称疑惑」をスクープ、伝説的ジャーナリスト・ダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)がアンカーマン務める「60ミニッツⅡ」で放送し、センセーションを巻き起こした。
 
356508_004_640  ベトナム戦争への従軍を逃れるためにテキサす州兵にコネ入隊するなど、ブッシュの軍歴詐称を証拠つける「キリアン文書」を入手するなど、疑惑の追及にあたったのがベテラン・プロデューサーのメアリー・メイプス(ケイト・ブランシェット)が率いるチーム。
 
 しかし「キリアン文書」が「偽造」であると、ブッシュ支持派のブロガーがネットで指摘、FOXなど同業他社による批判報道があふれ出る。
 
356508_003_640  事態を収拾しようとCBS上層部は内部調査委員会を設置、ラザーやメイプス、ほかのスタッフらを喚問しメイプスを解雇した。
 そしてダン・ラザーも番組のアンカーを降板し、翌年43年間務めたCBSを退社した。
 
 「21世紀最大のメディア不祥事」といわれるこの事件、「文書偽造問題」だけが焦点となり「軍歴詐称疑惑」は解明されないまま、ブッシュ大統領は再選された。
 
356508_007_640  権力の不正を暴くメディア、メディアに介入する権力、真実より組織維持に汲々とするメディア上層部、この「衝撃の実話」は10数年たった今も各地で発生している。
 
 ケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォード、2大オスカー俳優の名演技に元同業者として心揺さぶられる。
 監督は、「ホワイトハウス・ダウン」('13)などの脚本で知られるジェームズ・ヴァンダービルト。今回がデビュー作である。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2016

2946.国立寄席

Imgp0001_640Imgp0004_640_2 毎年お盆の頃に集まる「ひとまく会・暑気払い」、千代田・隼町の国立演芸場で寄席を楽しみ、隣のホテル・ラウンジで暑気払いとなる。
 
Imgp0005_640_2  今年の「中席」は、「桂歌丸噺家生活六十五周年記念」公演。
 恒例の歌丸の「トリ」、「怪談噺」が私たちの目的である。
 
 一昨年までの4年間は、三遊亭圓朝作「真景累ヶ淵」(前7幕)を聞いた。そして昨年は、同じ圓朝の代表作「牡丹灯篭」だった。
 
4109081850_640 今年は、「鏡ヶ池操松影」より「江島屋怪談」。
 「牡丹灯篭」に次いで有名な圓朝の怪談で、これまでも志ん生・今輔・馬生らが演じてきた。
 
 全15席という長講の物語だが、怪談の部分は2話。今回はその後半をおよそ1時間で語った。
 
 江島屋という古着屋に騙されて、「イカモノ」の婚礼衣装を買った娘。婚礼の日に、雨に濡れた衣装は破れ下半身は崩れ落ちる。
 それがもとで婚約破棄となり、娘は入水自殺。母親が亡霊となって、江島屋を呪い潰すという怪談である。
 
20160811oht1i50083l_640  今年の「国立演芸場・上席」は、演目よりも桂歌丸に注目が集まった。
 2度目の腸閉塞で入院していた歌丸が、国立演芸場の高座に登れるかどうかだった。
 しかし師匠、35キロにやせ細った体をネタにしながらも、11日からの中席を毎日一時間の怪談話で務めている。
 この14日は、80歳の誕生日でもあった。
 
Ph_20160107_01_640  「8月中席」(16日)他の出し物は、東京ボーイズの「歌謡漫談」、落語は滝川鯉白の「悋気の独楽」、桂歌助「桃太郎」、桂歌春「鍋草履」、三遊亭小遊三「幇間腹」。
 
 中入り後は、桂竹丸「石田三成」、江戸家まねき猫の「ものまね」、そしてトリ桂歌丸「江島屋怪談」と続く。
 
Yjimage_640  中入りのあと、歌丸師匠を囲んで一番弟子の歌春に小遊三、歌丸の兄弟弟子米丸の弟子・竹丸、まねき猫が司会してのお笑い座談も開かれた。
 
 歌丸の名跡を狙う!?歌春、芸術協会会長の後釜を狙う!?小遊三、まねき猫はドラマ「鬼平犯科帳」にも出演している三代目江戸家猫八の娘である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2016

2945.8月のシネマ(3)

Sim_640  少年時代わくわくして見た邦画は前号で紹介した「ゴジラ」だったが、洋画はなんといっても「ターザン」である。
 戦前からハリウッドで製作されてきた「ターザン」が、巡回映画(ナトコ)として公民館の庭先で上映された。
 
 そして映画を楽しんだ後は「ターザンごっこ」、仲間たちと「アーア・アー」と雄叫びをあげ、野山を駆け巡った。
 
Yjimage56_640  私たちの見た「ターザン」はジョニー・ワイズミラー(1904~1984)、そしてヒロイン・ジェーンはモーリン・オサリヴァン(1911~1998)。
 「類人猿ターザン」('32)「ターザンの復讐」('34)「ターザンの逆襲」('36)「ターザンの猛襲」('39)「ターザンの黄金」('41)などなど・・・・。
 
55_640  ワイズミラーはご存知のように、戦前のオリンピックで大活躍した水泳選手。
 2回のオリンピックで、100m自由形などで五つの金メタルを獲得している。
 
 引退後メトロ映画と契約して「類人猿ターザン」の主役に抜擢され、世界にセンセーションを巻き起こした。
 
 またオサリヴァンは、今もハリウッドで活躍している演技派女優ミア・ファローの母親である。
 
 「ターザン」映画は、アニメやTVも含めると50本を超える。
 そして今回、実写映画としては17年ぶりに「ターザンREBORN」が公開された。
 
Img487_640
 
   「ターザンREBORN」  
.
 「新しいターザンは、英国貴族ーすべてを手にいれた男」と、ターザンの意外性を宣伝するが、実は原作に忠実な出自である。
 
Gallery013417_1_640  アメリカのSF作家エドガー・ライス・バロー(1875~1950) が1914年に刊行した「類人猿ターザン」には、本名グレイストーク卿ジョン・クレイトンとして登場する。
 
Gallery2_640  今作で回想シーンとして描かれるように、両親が赴任先に向かう途上、船員の反乱でアフリカ西海岸に置き去りにされる。
 ターザンはここで生まれたが、1歳で母を亡くし父親も類人猿カーチャクに殺される。
 そして彼は、類人猿カラに育てられジャングルの王になっていく・・・・・。
 
Thelegendoftarzanmargotrobbie1_640  「REBORN」では、イギリス政府の要人として活躍する貴族クレイトン(アレクサンダー・スカルスガルド)が、外交使節としてコンゴに赴くところから始まる。
 
 コンゴは彼がターザンとして育った故郷、しかしそれは仕掛けられた罠だった。
 愛妻ジェーン(マーゴット・ロビー)を誘拐された彼は、同行したアメリカの調査官(サミュエル・L・ジャクソン)とともに、「ターザン」として再びジャングルで戦う。
 
9vna7fs_640  ターザン映画が誕生してから、今作は98年目にあたる。
 無声映画~モノクロ~カラー、着ぐるみだった類人猿やジャングルの猛獣たちが、最先端CGでリアルに描かれる。
 
1149524_1200_640  そして選ばれたスターが、「世界で最もハンサムな男」アレクサンダー・スカルスガルド。
 
 スエーデン出身の俳優でアメリカのTVで活躍、映画では「メランコリア」('11)「ザ・イースト」('13)などに出演している。
 その鍛えられた肉体美が、新しいヒロー像を生み出した。
 
 製作陣は、「ハリー・ポッター」シリーズの最後の4本を監督したイギリス出身のデヴィッド・イェーツをはじめとする「ハリポタ」組。
 同監督による「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」も、今秋公開される。
「アーア~ア~」お馴染みの雄叫びは2度、姿は見えず声だけがジャングルに響く。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2016

2944.8月のシネマ(2)

Yjimagethohkmlr_640


 映画「ゴジラ」('54)を初めて見たのは、中学生の頃だったと記憶している。

 田舎の芝居小屋を兼ねた映画館だった。
 
 海底洞窟に潜んでいたジュラ紀の恐竜「ゴジラ」が、水爆実験で棲家を追われ東京に上陸。
 戦車や野砲で攻撃したが死なず、放射能閃光を吐き出しながら有楽町から銀座、テレビ塔も勝鬨橋もひっくり返して東京湾に消えていった。
 
Yjimageobjjrrki_640


 最後は大量破壊兵器「オキシジェン・デストロイヤー」で殺すのだが、科学者をはじめ多くの犠牲者をだして終わる。

 
 ビキニ環礁の核実験と「第五福竜丸」被爆事件が企画のきっかけで、本多猪四郎監督と円谷英二特撮監督のコンビ」゙で製作された。
 
Yjimage9jfv6frz_640


 宝田明・河内桃子主演の1作目は960万人が見たというが、8年後に製作された高島忠夫・浜美枝の「キングコング対ゴジラ」('62)は1.255万人と、驚異的な観客動員を記録している。

 
 この作品は、初めてのカラー映画でゴジラシリーズ3作目にあたり、第1作と同じ本多・円谷コンビだった。
 
 以後「ゴジラ映画」は、モスラ・ラドン・キングギドラ・エビラ等々「怪獣映画化」して15作目('75)で終わるが、ほとんど見てはいない。
 
24481_l_640


 久しぶりに見たのがゴジラ誕生30周年記念の「ゴジラ」('84)、橋本幸治監督・中野昭慶特撮撮影で、出演は小林桂樹・沢口靖子。

 ソ連原潜を轟沈させたゴジラが、三原山噴火口に消えるというもの。
 
 さらに直近がアメリカ版「GODZILLA」('14)、ギャレス・エドワーズ監督で渡辺謙も出演していた(ブログ2513号'14.08.11)。
 
 そして今回紹介する「シン・ゴジラ」は、国内版29作目となる。
Img486_640
  「シン・ゴジラ」
.
 
 「シン」とは、「新」または「神」「真」だと総監督はいう。
 
 総監督・庵野秀明56歳、長編アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ('97~'12)の原作・脚本・総監督で知られる日本を代表するアニメーター。
 
20160414t15_56_47572ed_640


 実写映画もこれまで3本撮ったが、総監督・脚本・編集・音響設計・画像設計、それにゴジラコンセプトデザインと全てを手掛けるのは初めてである。

 
 その庵野とタッグを組んで監督・特技監督を務めたのが、「ローレライ」('05)「日本沈没」('06)の監督・樋口真嗣。
 怪獣映画「ガメラ大怪獣空中決戦」('95)で特技監督を務め、日本アカデミー賞を受賞している。
 
Japan952026_12801024x769_640


 樋口は、庵野の「新世紀エヴァンゲリオン・シリーズ」で画コンテや脚本協力を担当しており、お互い気心知れた仲といえよう。

 
 ストーリーは、東京湾アクアラインラインを壊して蒲田付近に上陸した可愛い!ゴジラのイントロから始まる。
 


Godzillaresurgence01_640_2


 一度東京湾に消えたものの、今度は118mを超える巨大生物となって鎌倉・七里ヶ浜に上陸、神奈川県を破壊しながら多摩川を渡り、ついに都心にというもの。

 
 この「想定外の緊急事態」に対して国はどう動いたか、また海外はどう反応したか。
 

Img508_640


 ストーリーは、首相補佐官(竹野内豊)・内閣官房副長官(長谷川博己)・米国大統領特使(石原さとみ)を軸として展開していく

 
68747470733a2f2f7062732e7477696d672


 「ゴジラ」のデザインは、シリーズでは初めて「着ぐるみ」ではなく「フルCG」で映像化された。
 荒々しいキバ、赤く発光している肌、そして長い尾、まさに超ド級のゴジラである。

 
 さらに庵野は、脚本の執筆段階から防衛省・自衛隊に協力を求め、「ゴジラが現れた場合、自衛隊はどのように対処するのか」「ゴジラに対して法的に武器の使用が認められるのか」などミーティングを行っている。
 それは庵野にとって、「ゴジラ」は単なる「虚構」ではないからだ。
 


D12dbf8c_640


 ビキニ水爆実験で誕生した60年前の「ゴジラ」は、今回「大津波」「原子炉暴走」に姿を変えて、「現実」として日本の首都を直撃したのである。

 
 クレジットされた出演者は主役の3人のほか325人、私が知る俳優だけでも50人は超えている。
 そしてスタッフ、日本映画では異例の三監督・四班体制、1000人が参加した。
 
 ゴジラの動きを制御する「モーションキャプチャー」役は野村万作と、ネットに書き込まれているが定かではない。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2016

2943.「ルネサンスの巨匠たち」展

 「ルネサンスの巨匠たち」といえば、レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ、ミケランジェロらフィレンツェの芸術家たちを思い浮かべる。
 イタリア国交樹立150周年を記念して、彼らの作品を中心とした特別展を、これまでも紹介してきた。
 
Imgp0001_4_640 Imgp0003_2_640  今回六本木・国立新美術館で開催されているのは、フィレンツェと並ぶもう一つの都市ヴェネツィアの、「ルネサンスの巨匠たち」展である。
 
Thk7oohmbt_640  水の都ヴェネツィアにあるアカデミア美術館。
 
 共和国だったこの都市がイタリア王国に併合された時 、美術アカデミーが管理していた作品や政庁・聖堂を飾っていた美術作品が集められ、一般に公開する美術館として誕生した。
 
Accademia_venice_640 所蔵するコレクションは2.000点、14世紀の前期ルネサンスから18世紀にかけてのヴェネツィア画派の絵画である。
 今回は、その中から珠玉の作品45点を選び、日本では初めての展覧会となった。
 
Img492_640 右の作品はベツリーニの「聖母子」、通称「赤い智天使の聖母」。
 15世紀後半初期ルネサンスを代表する画家で、詩情豊かな聖母子像を数多く描いている。
 
 このコーナーには、黎明期の画家たちの作品11点が並ぶ。
 
Img494_640 サン・サルバドール聖堂から特別に出品された「受胎告知」。
 高さ4.1m幅2.4mのこの大作は、16世紀初頭の黄金時代「盛期ルネサンス」の中心となった巨匠ティツィアーノの作品で、今回の展示では最大の見どころとなった。
 
Img493_640_2  豊かな色彩表現や自由闊達な筆使いは、ヴェネツィア独自の伝統的な絵画として、当時の批評家たちからも高く評価された。
 
 黄金時代の幕開けと銘打ったこのコーナーには、右の「聖母子」(ティツィアーノ)など11点が展示されている。
 
Img497_640 16世紀後半になると、老齢のティツィアーノに代わり3人の巨匠たちが活躍する。
 
 劇的な明暗表現で、宗教的な大作を次々と描いたティントレット(左「聖母被昇天」)。
Img498_640  華麗な色彩と古典的な様式が特徴のヴェロネーゼ(右「レパントの海戦の寓意」)。
 そして情緒豊かな田園風景に託して、聖書の主題を描いたバッサーノ 。
 
 三人の巨匠たちのコーナーには、彼らの作品11点が並ぶ。
 
Img500_640_2  宗教画に加えてヴェネツィア画派の画家たちは、実在の人物の姿を生き生きと描いた。
 
Img501_640  左の肖像画は、ヴェネツィア共和国のNO2サン・マルコ財務官ソランツォ。
 NO1の統領から枢機卿ら高官、名もなき女性や男性の肖像12点が並ぶ。
 
 最後のコーナーは、「ルネサンスの終焉~巨匠たちの後継者」と題した12点の作品群だった。
 
 「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」展は、10月10日まで六本木・国立新美術館で。入館料は、1.600円。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 06, 2016

2942.8月のシネマ(1)

354289_002_640  今年のアカデミー賞主演男優賞は、「レヴェナント:蘇えりし者」に主演したレオナルド・ディカプリオが受賞した(ブログ2913号5.12で紹介)。
 
188036_640  ノミネイトされたほかの俳優は、「オデッセイ」のマット・デイモン(ブログ2884号2.16)、「スティーブ・ジョブズ」のマイケル・ファスベンダー(ブログ2897号3.26)、「リリーのすべて」のエディ・レッドメン(ブログ2903号4.13)と、このブログで紹介してきた。
 
 そして最後の一人がブライアン・クランストン、出演した映画「トランボ」がようやく先月末から公開された。
 
Main_640  もともと舞台・TVで活躍してきた俳優で、4度のエミー賞主演男優賞そしてトニー賞を受賞している。
 映画では、「アルゴ」('12)「トータル・リコール」('12)「ゴジラ」('14)で脇役として出演している。
 
Img484_640
 
   「トランボ」
.
 冷戦時代のアメリカ、「赤狩り(マッカーシズム)」の最初の標的にされ投獄された売れっ子脚本家、ダルトン・トランボ(ブライアン・クラントン)の半生を描いた伝記映画。
 
355329_002_640_2  「潜水艦SOS」('37)で脚本家としてデビュー、「恋愛手帳」('40)でアカデミー賞脚色賞にノミネイトされた彼は、戦前からのコミュニストでハリウッドの労働運動を指導するなどして当局から睨まれていた。
 
355329_004_640  下院非米活動委員会の聴聞会に呼び出されたが、証言を拒み議会侮辱罪で実刑判決を受ける。
 さらに出獄後もブラックリストにのせられハリウッドから追放、メキシコで家族5人の貧困生活を強いられる。
 
 その彼が友人の名を借りて書いた「ローマの休日」('53)が、アカデミー賞原案賞を受賞。さらに偽名で書いた「黒い牡牛」('56)も原案賞を受賞するが、彼の名は公表されなかった。
 
355329_007_640  議会で証言を拒否した仲間たち「ハリウッド・テン」の生活を守るために、C級映画に手を入れB級映画に仕上げるなどして稼ぎ、家族と共に苦難の日々を過ごしてきたトランボ。
 
 ハリウッドのリベラル派俳優カーク・ダグラス(ティーン・オゴーマン)と、異色のユダヤ系監督オーットー・プレミンジャーの協力によって、「スパルタカス」('60)「栄光への脱出」('60)を本名で書いて、ハリウッドに復活するまでが描かれる。
 
355329_001_640  なお「黒い牡牛」のオスカー像は1975年に改めてトランボに贈られ、「ローマの休日」のオスカー像は彼の未亡人クレオ(ダイアン・レイン)の手に渡された。
 受賞後40年後の事である。
 
355329_013_640  「赤狩り」を支援する右派系俳優のジョン・ウエイン(ジェームズ・エリオット)やレーガン、トランボと敵対した右翼コラムニストのヘッダ・ホッパー(ヘレン・ミレン)らが実名で登場し、激動期のハリウッドの内幕がリアルに描かれる。
 
 固い信念を貫いたトランボの、型破りでユーモアに満ちた人生と家族愛に、心を揺さぶられる。
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 03, 2016

2941.盛夏・しなの路

Imgp0002_1_640Imgp0001_640 毎年春・夏・秋と訪ねる信濃路。
 
 今年の夏は、南軽井沢にある高校先輩の別荘をベースに、佐久平~白樺高原~ビーナスライン~諏訪湖、帰途は中山道の和田峠~望月宿~追分宿とドライブした。
 
Imgp0008_640Imgp0002_640
 出発してから40分、最初の休憩所は白樺高原にある蓼科牧場。
 
 雨境峠一帯にある牧場には、牛や馬が放牧されていたが、遠くてカメラではとらえられない。
 右のスナップには、遠く妙義山が写る。
 
Imgp0017_640Imgp0018_1_640_2 牧場から15分ほどで「夕日が丘」の展望所。
 左の山並みは、車山(1.925m)~霧ヶ峰、そして3.000級の穂高連峰。
 
 さらに右に眼を移すと、槍ヶ岳(3.180m)常念岳(2.897m)が夏雲に隠れていた。
 
Imgp0019_640Imgp0013_640_2 近づくにつれ、車山と高原の緑がくっきりと見える。
 この車山には、2年前の同じ日に登っている。
 その時は、向こうからこちら蓼科山(2.530m)をカメラに収めてた。
 
 
Imgp0027_640Imgp0024_640 さらに10分、大門峠(1.441m)を下り白樺湖を通過、車山高原から ビーナスラインへと、車を進める。
 夏休みに入っているが、行き交う車は少ない。
 
 
196_640151_640_2  霧ヶ峰高原の快適なドライブは11時ころ。
 ニッコウキスゲも、今が見ごろだろう。
 一昨年のブログには、霧ヶ峰高原の花々をいっぱい紹介した。
 
Imgp0051_640Imgp0052_640 お昼前に諏訪湖畔へと下る。
 
 今年は藻が異常発生して、ワカサギなど湖の魚が酸欠で死んだと、先日ニュースが伝えていた。
 湖面を緑の膜が覆い、漁船による回収作業も行われていた。
 
Imgp0040_640Imgp0038_640_2  諏訪湖の水が天竜川にそそぐ岡谷の釜口水門、今回のドライブの最大の!目的地がここ。
 
 ネットで日本一美味いと書き込まれた鰻屋、その名の通り水門である。
 
Imgp0042_640Imgp0043_640Imgp0044_640Imgp0045_640_2
 
 店の駐車場は、関西・関東ナンバーの自家用車が並び、その評判を証明する。
 
Imgp0047_640_2Imgp0048_640 12時15分に店に到着、席に着けたのが13時。
 12時20分には「売り切れ」の看板が出たので、滑り込みセーフだった。
 そのお味は?関西風の「うな重」、二段重ねでいうことなし。
Imgp0058_640Imgp0067_640  
帰途、疲れを癒すために、上諏訪温泉の片倉館で
ひと風呂浴びる。
 
Img503_640  近代化産業遺産として、国の重要文化財に指定されている片倉館は、明治維新後岡谷で製糸業を興した片倉組の文化福祉施設。
 
 シルクエンペラーと称された2代目片倉兼太郎が、ヨーロッパ視察で感銘した労働者や地域住民への福祉施設を、諏訪湖畔に建設した。
 
 1928(昭和3)年に竣工した洋風建築は、新宿御苑などを手掛けた森山松之助の設計。
 大浴場は大理石造り、100人が一度に入浴できることから、千人風呂の愛称で呼ばれる。
 
Imgp0004_640Imgp0033_640 朝9時に軽井沢をスタートして、帰着したのが午後5時。
 
 その昔、降嫁のために江戸に向かう和宮一行が難渋した和田峠(1.500m)、峠を下るときに驟雨にあったが 夏空に恵まれた一日だった。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2016 | Main | September 2016 »