« 2944.8月のシネマ(2) | Main | 2946.国立寄席 »

August 15, 2016

2945.8月のシネマ(3)

Sim_640  少年時代わくわくして見た邦画は前号で紹介した「ゴジラ」だったが、洋画はなんといっても「ターザン」である。
 戦前からハリウッドで製作されてきた「ターザン」が、巡回映画(ナトコ)として公民館の庭先で上映された。
 
 そして映画を楽しんだ後は「ターザンごっこ」、仲間たちと「アーア・アー」と雄叫びをあげ、野山を駆け巡った。
 
Yjimage56_640  私たちの見た「ターザン」はジョニー・ワイズミラー(1904~1984)、そしてヒロイン・ジェーンはモーリン・オサリヴァン(1911~1998)。
 「類人猿ターザン」('32)「ターザンの復讐」('34)「ターザンの逆襲」('36)「ターザンの猛襲」('39)「ターザンの黄金」('41)などなど・・・・。
 
55_640  ワイズミラーはご存知のように、戦前のオリンピックで大活躍した水泳選手。
 2回のオリンピックで、100m自由形などで五つの金メタルを獲得している。
 
 引退後メトロ映画と契約して「類人猿ターザン」の主役に抜擢され、世界にセンセーションを巻き起こした。
 
 またオサリヴァンは、今もハリウッドで活躍している演技派女優ミア・ファローの母親である。
 
 「ターザン」映画は、アニメやTVも含めると50本を超える。
 そして今回、実写映画としては17年ぶりに「ターザンREBORN」が公開された。
 
Img487_640
 
   「ターザンREBORN」  
.
 「新しいターザンは、英国貴族ーすべてを手にいれた男」と、ターザンの意外性を宣伝するが、実は原作に忠実な出自である。
 
Gallery013417_1_640  アメリカのSF作家エドガー・ライス・バロー(1875~1950) が1914年に刊行した「類人猿ターザン」には、本名グレイストーク卿ジョン・クレイトンとして登場する。
 
Gallery2_640  今作で回想シーンとして描かれるように、両親が赴任先に向かう途上、船員の反乱でアフリカ西海岸に置き去りにされる。
 ターザンはここで生まれたが、1歳で母を亡くし父親も類人猿カーチャクに殺される。
 そして彼は、類人猿カラに育てられジャングルの王になっていく・・・・・。
 
Thelegendoftarzanmargotrobbie1_640  「REBORN」では、イギリス政府の要人として活躍する貴族クレイトン(アレクサンダー・スカルスガルド)が、外交使節としてコンゴに赴くところから始まる。
 
 コンゴは彼がターザンとして育った故郷、しかしそれは仕掛けられた罠だった。
 愛妻ジェーン(マーゴット・ロビー)を誘拐された彼は、同行したアメリカの調査官(サミュエル・L・ジャクソン)とともに、「ターザン」として再びジャングルで戦う。
 
9vna7fs_640  ターザン映画が誕生してから、今作は98年目にあたる。
 無声映画~モノクロ~カラー、着ぐるみだった類人猿やジャングルの猛獣たちが、最先端CGでリアルに描かれる。
 
1149524_1200_640  そして選ばれたスターが、「世界で最もハンサムな男」アレクサンダー・スカルスガルド。
 
 スエーデン出身の俳優でアメリカのTVで活躍、映画では「メランコリア」('11)「ザ・イースト」('13)などに出演している。
 その鍛えられた肉体美が、新しいヒロー像を生み出した。
 
 製作陣は、「ハリー・ポッター」シリーズの最後の4本を監督したイギリス出身のデヴィッド・イェーツをはじめとする「ハリポタ」組。
 同監督による「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」も、今秋公開される。
「アーア~ア~」お馴染みの雄叫びは2度、姿は見えず声だけがジャングルに響く。
 

|

« 2944.8月のシネマ(2) | Main | 2946.国立寄席 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93334/64023585

Listed below are links to weblogs that reference 2945.8月のシネマ(3):

« 2944.8月のシネマ(2) | Main | 2946.国立寄席 »