« 2959.9月のシネマ(5) | Main | 2961.世界報道写真展2016 »

October 01, 2016

2960.METライブビューイング

Imgp0148_1_p_640  METとは、ニューヨークのマンハッタンにあるメトロポリタン歌劇場の略。
 観客席は3800、立見を含めると4000人がオペラを楽しめるという世界最大級の歌劇場である。
 
M_dsc062700c536_640  舞台プロセニアムの大きさが、幅・高さとも16.5m、舞台の奥行きは24.5m、舞台の鷹さ33.5mというから、壮大なスケールのオペラが楽しめる。
 
 このメトロポリタンオペラを、10台以上のハイビジョンカメラを駆使して中継録画し、5.1chサラウンド音響で届けるのがライブビューイング。
 
C0064260_03352658_640  10年前から始まったビューイングは、現在世界70国2000か所の劇場で上映されている。
 
 日本では松竹系の劇場を中心に19か所で上映されているが、今回はマンションの「まつりの会」のイベントとして、東劇でオペラを鑑賞した。
 
130029116520216202925_carmen0910_09  演目はかの有名なビゼー作曲の「カルメン」、6年前に上演された作品のアンコールである。
 
 女性に翻弄され転落していく男ドン・ホセ、運命の女カルメン出会いから悲劇までが歌いあげられる。
 
Carmen_garanca_and_alagna_0051_640  ホセを誘惑したカルメン、心変わりして闘牛士に近づくカルメン、ホセに指輪を投げつけ逆上した彼に殺されるというストーリー。
 
 オペラ「カルメン」の原作は、フランスの作家プロスペル・メリメが書いた同名小説(1848年)。
 
Img_3_640  1875年にパリのオペラ・コミック座で初演されたが、のちにジョルジュ・ビゼーの作曲を中心にグランド・オペラとして改作された。
 
 ビゼーは初演3か月後急死したため、グランド・オペラとしての「カルメン」に関わることが出来なかったというエピソードが残る。
 
Cg5qmev0qphlkyalewed5sev8idbn7llkqy  オペラ「カルメン」で歌われるアリアには、誰もが聞き覚えのある曲が多い。
 
 第1幕への前奏曲として「ハバネラ」(恋は野の鳥」と「セギディーリア」、第2幕への間奏曲として「ジプシーの歌」「闘牛の歌」(諸君の乾杯を喜んで受けよう)などなど。
 数々の名曲が歌われた舞台、3時間24分を決して飽きさせない。
 
Img_06_640  出演は、カルメンにエリーナ・ガランチャ、兵士ドン・ホセにロベルト・アラーニャ、ホセを恋した村娘ミカエラにバルバラ・フリットリ、闘牛士エスカミューリョにマリウーシュ・クフィエチン。
 
 カルメン役のエリーナ・ガランチャはラトビア出身、ラトビア国立歌劇場('07)、バイエルン国立歌劇場('10)、ウーン国立歌劇場('13)でもカルメンとして出演、国際的に活躍しているメゾソプラノ歌手である。
 
 音楽監督にカナダ出身のヤニック・ネガ=セガン、演出はリッチャード・エア。

|

« 2959.9月のシネマ(5) | Main | 2961.世界報道写真展2016 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93334/64215315

Listed below are links to weblogs that reference 2960.METライブビューイング:

« 2959.9月のシネマ(5) | Main | 2961.世界報道写真展2016 »