« 2965.秋の鎌倉・足利一族の故地散策 | Main | 2967.10月のブックから »

October 19, 2016

2966.10月のシネマ(3)

A000286300_640  ハリウッドのスーパースター、クリント・イーストウッド86歳。
 
Fa6347ed7d5e25cb4b2f11750dbf8edeac3  若い頃イタリアの名監督セルジオ・レオーネに招かれて「荒野の用心棒」('64)「夕日のガンマン」('65)に出演、マカロニウエスタンの先鞭をきりスターとなった。
 
 その後ドン・シーゲルとタッグを組んだ「ダーティーハリー・シリーズ」('71~'88)が大ヒット、アクション・スターとしての地位を不動のものにした。
 
 イーストウッドのもう一つの顔がプロデューサー兼監督、自ら製作プロダクションを設立して「恐怖のメロディー」('71)など、もっぱらB級作品の監督兼俳優を務めた。
 
134976_01_640  その彼が、師であるセルジオ・レオーネとドン・シーゲルに捧げた「許されざる者」が('92)アカデミー賞監督賞・作品賞を受賞。
 
27f7a891fe6b253d444132b05c1cb35e_64  さらには「ミリオンダラー・ベイビー」('04)で2度目の監督賞・作品賞を受賞して、名実ともに巨匠と呼ばれるようになった。
 
 そして「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」('06)を監督、日本政府からも旭日中綬章を授与されている。
 
20051102_32513_640  俳優としては「人生の特等席」('12)が最新作だが、2年前にイラク戦争を舞台にした監督作品「アメリカン・スナイパー」が大ヒットして元気なところを見せ、今回の話題作「ハドソン川の奇跡」と続く。
 
Yjimage_640
 
  「ハドソン川の奇跡」
.
 まだ多くの人たちの記憶に残る7年前の事件。
 
Bnpr798_nysull_p_20160905150048_6_2  ニューヨーク・ラガーディア空港を離陸したUS1549便がカナダガンの群れに衝突、両エンジンが破壊されて、マンハッタン島西を流れるハドソン川に緊急着水、乗客乗務員155人全員が無事だった「奇跡」の映画化である。
 
Notlandung_640  あの事件は、テレビを通じて世界中に報道され、わずか208秒の間に冷静かつ的確な判断を下した機長は、国民的英雄としてアメリカ国中で称賛された。
 
 しかし一方で、国家運輸安全委員会が「乗客を危機に陥らせた」と機長・副操縦士を査問、空港へ緊急着陸出来たのではないかと厳しく問い詰めた。
 
C0131950_144031100_640  映画は、一躍有名になった機長が実はその裏側で、前代未聞の決断であるが故に厳しく糾弾され、精神的にも追い詰められていく姿を描く。
 
Ph_640  前作の「アメリカン・スナイパー」でも、伝説の狙撃手として英雄視された兵士が、PTSDで心身ともに壊れていく様子を描いたが、今回も「他人に理解されない孤高のヒーローの心情」を、事実通りに追っている。
 
24c7ca36l_640_2  作品のハイライトとなったハドソン川への着水場面も、忠実な再現を心掛けたというイーストウッド、若い頃兵士として乗っていた軍用機が、燃料切れで太平洋沖に不時着した経験が生きたという。
 
9743c4f0l_640  出演は、オスカー俳優(「フィラデルフィア」'93・「フォレスト・ガンプ」'94)のトム・ハンクスが機長。
 副操縦士役はアーロン・エッカト(「ラビット・ホール」'10)、機長の妻にローラ・リニー(「マイ・ライフ、マイ・ファミリー」('07)アカデミー賞ノミネイト)。

|

« 2965.秋の鎌倉・足利一族の故地散策 | Main | 2967.10月のブックから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93334/64315513

Listed below are links to weblogs that reference 2966.10月のシネマ(3):

« 2965.秋の鎌倉・足利一族の故地散策 | Main | 2967.10月のブックから »